人気ブログランキング |

タグ:横浜 ( 24 ) タグの人気記事


2016年 06月 20日

昼と夜

b0290189_18042123.jpg



若干フレーミングは異なるけど
同じ場所で撮った昼と夜の写真。

ここは横浜にある現役の貨物線。





b0290189_18043079.jpg


同じ場所でも撮影する時間帯と光線具合によって
まったく違った写真になりますね。

この線路でも、逆光、トップライト、日没間際、薄暮、完全な夜・・・
それぞれ違った表情を見せてくれると思います。

だから、写真は面白いのですよね。


ちなみに、線路の先に1つだけ背の高いマンションが見えると
思いますが、あそこに住んでいたことがあります。

その頃は横浜の夜景が毎日見られて良かったです。




by view-finder | 2016-06-20 18:15 | 風景
2016年 06月 13日

ヨコハマ・トワイライト(超広角)

b0290189_19062967.jpg
ブルーモーメントの横浜です。

先週の金曜日のことになりますが、仕事が休みだったので久しぶりに
黄昏の横浜を撮ってきました。

写真に詳しい方が見ればわかると思いますが、私の写真にしては
今までにないほどのワイドアングルです。

しかも、ウルトラ・ワイドアングルというレベル。

以前に「今年の目標」として述べたとおり、ついに超広角に手を出してしまいました。


しかし・・・実を言いますと、すでに4月には手元にあったのです(笑)

出し惜しみしていたわけでは決してなく、なかなか超広角が適した被写体を
撮りに行く機会がなかっただけです。

でも、一度だけブログの中でコッソリ1枚だけ出していました。
ダイヤモンド富士もどき の1枚目の写真がソレです。






b0290189_19142630.jpg
同じ写真ですが、こちらはHDRではなく通常の1枚撮り。

最初の写真はHDR(3枚を合成)です。

どちらが良いかは、好みが分かれると思います。

私は、ぶっちゃけた話、どちらでもいいです(笑)

HDRもそんなに不自然な感じにはしていないつもりです。
いかにもHDRです!的なド派手は写真は好きではありません。

しかし、今回に限って言えば、たまたま空に三日月があったのですが、
HDRですと月が「3重」になってしまっています(笑)

このサイズだと気になりませんが、大きいサイズで見ると月が3個並んでいるので
ボツ(NG)写真だと思います。 月を消すという方法もあるかもしれませんが。





b0290189_17275561.jpg
もう1枚追加します。(6/14)

こちらも通常の1枚撮りですが、2枚目とほぼ同じ現像パラメーターで
ピクチャーコントロールを「風景」にしたものです。

2枚目は「スタンダード」です。

「風景」にしたことによって彩度とコントラストが上がりました。
コントラストに限っていえば、ピクチャーコントロールの中で「風景」が
最もコントラストが強くなります。(ビビッドよりも)


このレンズに対する自分なりの感想などは、追ってレポートさせていただきます。

ちなみに、今回の写真の焦点距離は10mm(フルサイズ換算15mm)です。





by view-finder | 2016-06-13 19:21 | 風景
2015年 12月 10日

I LOVE YOKOHAMA

b0290189_19083581.jpg
あまりにもベタなタイトルで申し訳ございません・・・(笑)

前回の記事で、とても嬉しいコメントをもらったので調子に乗って
横浜の写真を連投です。


私が撮った横浜の写真からは「愛情が感じられる」と
あおそら写真社の放し飼いさんがおっしゃってくださったですが
それが自分でもとても嬉しかったのです。


実際、横浜に対する愛情は相当なものがあると自負しており、
写真を撮る時はいつもテンションが上がっています。







b0290189_19113875.jpg
現在は東京都内在住ですが、横浜は人生の中でもっとも長く暮らした街であり、
唯一「地元」という単語を自分の中で使うことができる場所です。

人生の中で・・・と申しましても、あくまで「現時点では」ですが(笑)

通算で20年近く横浜に住んでいたことになります。

住み始めた当初は、このベイブリッジすらまだ存在していませんでした。

その頃と比べると、港の風景はかなり変わりました。








b0290189_19152452.jpg
大黒ふ頭から眺めた黄昏の横浜です。

撮影日は2015年11月30日。

このように見える風景も、今から30年前、私が横浜に来た1980年代半ばの
風景は全然違いました。

しかし、常に変わり続けることが横浜の魅力でもあります。

横浜という街は昔からそうでした。

姿はどんどん変わっても、何故か、常に魅力的なのが横浜だと思っています。


一体、横浜の魅力とは何なのか・・・
どういうわけか、なかなかそれを口では説明することができないのです(笑)


海があり、富士山も見える、街並みが綺麗、異国情緒がある・・・・等
それらしい理由はいくらでも後付けすることはできるのですが、しかし、
横浜を愛する多くの人は、そういう単純な言葉で表現できることが理由では
ないような気がしています。


これからも、心から愛してやまない横浜の変わりゆく姿をずっと見守っていきたい。

そして、少しでも多くの写真を撮っておきたいと思います。


関連記事: ザ・マジックアワー(約1年前に同じ場所から撮影した写真)




by view-finder | 2015-12-10 19:31 | 風景
2015年 12月 03日

空からヨコハマ

b0290189_17453164.jpg
(クリックで拡大します)





空から眺めるヨコハマの夜景です。

露出の異なる3枚を使ったHDRです。(マイナス2.0、適正露出、プラス2.0)

ご存じの方も多いと思いますが、横浜ランドマークタワー69階にある
展望フロア「スカイガーデン」での撮影です。

なので、実際は空を飛んでいるわけではありませんが(笑)

地上273メートルで、なおかつ他の建物がそれほど高層ではないため
まるで空から眺めているような錯覚をおこします。







b0290189_17545822.jpg
こちらはHDRではなく通常の一発撮りです。

それほど大きく変わりませんね。

HDRもそれほど極端な感じにはしていないのと、逆に上の一発撮りの
写真はHDR風に仕上げることで差があまりないということです。








b0290189_17543417.jpg
こちらは横浜駅方面の眺め。

この写真は少し派手目なHDRになっていますね。

好みが分かれるところですが、都会の夜景や工場夜景などは
私はHDRが合うと思っています。


この日は少しガスっていて期待したほどの視程ではなかったのが残念でした。

めちゃくちゃ視程の良い日に、また撮影したいです。




横浜というタグを作りました。)









by view-finder | 2015-12-03 18:26 | 風景
2015年 11月 22日

雨のヨコハマ



雨に煙る港ヨコハマ

大雨ではないけれどベイブリッジが霞んで見える

大さん橋には横浜船籍のおなじみ飛鳥II

強風により極端なスローシャッターは使えない

b0290189_00065089.jpg

三脚使用だけど感度を上げて絞りも少し開ける

許容できるギリギリのバランスでなんとか撮影

その直後

大きな汽笛とともに大さん橋を離岸する飛鳥II

漆黒の海へ向けて航海が始まる


Bon Voyage !



(撮影日:11月18日)


by view-finder | 2015-11-22 00:22 | 風景
2015年 08月 08日

第30回神奈川新聞花火大会(後編)

前回(前編)からの続きになります。

b0290189_16293544.jpg
実際に打ち上げられた順番のとおりです。

オリジナルのアスペクト比は3:2ですが、バランスを考えて4:3
またはスクエアにトリミングしてあります。







b0290189_15414410.jpg
露光時間は、だいたい10秒前後が多いです。

状況に応じて決めます。
時間を計っているわけではありません。

経験上、露出オーバーにならないようなタイミングでレリーズボタンから
手を放します。







b0290189_15420008.jpg
全て単露光(Single Exposure)で、コンポジットや多重露光は
行っていません。

コンポジットや多重露光による表現も否定はしませんが、自分の中の
こだわりとして、花火は一回の露光で撮りたいというのがあります。







b0290189_15420454.jpg
どれも花火だけの写真なので、見ていて飽きると思いますが・・・

正直、自分でも見ていて飽きることがあります(笑)

本当は人物を絡めたりして写したいという気持ちもあるのですが、
今回陣取ったカメラマン専用席には、主にむさくるしいカメラマンしか
いないエリアでして・・・

華やかで艶やかな浴衣の女性などは皆無なのです(笑)







b0290189_15420818.jpg
上の写真は例外的に60秒の露光です。

途中で2回ほど遮光板を使いました。

下のほう(低い位置)でチョロチョロ上がる花火って、
露出オーバー(完全な白トビ)になりやすいんです。

それを抑えるために・・・

言ってみれば、これも一種の多重露光なんですけどね(笑)







b0290189_15421259.jpg
花火写真を撮りなれている方はよくご存じだと思いますが、
明るさ(花火の見え具合)は感度と絞りで調整します。

カメラが進歩して、ほとんどのシチュエーションではカメラ任せのオートで
十分に美しい写真が撮れる現代において、昔ながらと言いますか、三脚に
ガッチリ据えて、レリーズケーブルを使って、露出もピントも全て手動・・・

それが花火写真の魅力なんです。個人的に。

いかにも「写真を撮ってるなぁ!」という気持ちになれるから好きなんです。








b0290189_15421763.jpg
前編のトップに載せた写真と同じです。
念のため(笑)

もしかすると、これも遮光板を使ったかもしれません。(30秒露光)

覚えていないのですが、露光時間から考えるとその可能性が高いです。
とにかく完全な白トビ(データ無し)の状態を避けることが肝要ですね。

ちなみに、遮光板と言っても、ものすごくテキトーな物です。
そのへんにあったクリアファイルに、黒いフエルトを貼っただけの
非常に簡素な自作の遮光板です。

ペラペラなので風が強い日は使い物になりません(笑)

長所は、ペラペラだからバッグに入れる時に楽なこと。曲げられる。
そして非常に軽い。
レンズにあたってもペラペラだからあまりブレない。






b0290189_15422163.jpg
フィナーレです。

どこの花火大会もそうですが、フィナーレの怒涛の連発を綺麗に撮るのは
むずかしいです。

上の写真は、わずか3秒の露光。
絞りもかなり絞っています。

長く露光すると、完全に真っ白になります。



以上、長くなってしまいましたが、今年の神奈川新聞花火大会の写真を
いくつか紹介させていただきました。



では、また来年(笑)







by view-finder | 2015-08-08 16:20 | 風景
2015年 08月 06日

第30回神奈川新聞花火大会(前編)

b0290189_11575700.jpg
8月4日に横浜で開催された神奈川新聞花火大会へ行ってきました。

この花火大会は今年で30回目を迎えました。

私にとっては、ほぼ毎年の恒例行事になっています。


え?仕事?

も ち ろ ん 休 み ま す !


台風などの悪天候によって中止になった年も過去にはありましたが、
30回のうち恐らく半分くらいは見に行っているのではないかと思います。

自宅(高層マンションのベランダ)から見えた時代もありました。






b0290189_12010544.jpg
待機中の様子(スマホで撮影)

毎年同じ場所から見てはつまらないので、少しずつ場所を変えてます。
今年は大桟橋から見ることに。

現地到着は16時頃でした。

余談ですが、花火が始まる何時間も前から三脚にカメラをセットしてる人が
多いのですが、そんなに早くからセットする必要はあるのでしょうか?(笑)

私は30分くらい前にセッティングを開始しました。






b0290189_12040421.jpg
ビルの谷間に沈む太陽。






b0290189_12060416.jpg
花火開始15分前。

観光船やクルーザーなども含めてたくさんの船が打ち上げ場所付近に
集まってきます。






b0290189_12112830.jpg
みなとみらいのバックに薄明光線が出現!

まもなく花火が始まるというのに、夕焼けオタク、マジックアワーマニアに
とってはこの風景も見逃せません!

花火が始まる前に、けっこうたくさん撮ってしまいました。






b0290189_17512663.jpg
午後7時00分。

観覧車のライトが消えているのがわかりますでしょうか?

観覧車のライトが消えたら花火が打ち上がる合図です。

赤レンガ倉庫の周りには、ものすごくたくさんの人で埋め尽くされているのが
見えますでしょうか。







b0290189_17385838.jpg
始まりました!

毎年まだ空が明るいうち、マジックアワーの最中から始まります。







b0290189_12193374.jpg
少しずつ夜の帳が下りてきます。

ここからが本番です。

長くなったので後編に続きます。






by view-finder | 2015-08-06 12:36 | 風景
2015年 02月 24日

横浜と富士山

b0290189_18282958.jpg
横浜から見た富士山です。

日没の約30分後で、撮影場所は大桟橋の屋上デッキです。

横浜の別の場所から見た富士山も以前の記事でアップしています。

(過去記事:ザ・マジックアワー


このように横浜はビルが建ち並んでいるので、大桟橋でも見える位置は限られます。

富士山のよく見える日は、その富士山の見えるポイントには大勢のカメラマンが
三脚を並べています。

屋上はウッドデッキになっているのですが、ご丁寧に富士山が見えるポイントに
印がついていますので、行けばわかると思います。

この大桟橋の屋上の難点は、ウッドデッキであることです。
お台場などにもありますが、ウッドデッキは長秒露光にとって大敵です。

かなり離れた場所を人が歩いただけでも揺れるんです!

この日もそうでした。
露光中に地面が揺れたことによる微ブレが何度も発生しましたし、
上の写真も実は微ブレしているんです。

私は根気がないので、すぐにあきらめますけど(笑)




b0290189_18395112.jpg
日没後約45分です。

この日は視程が良かったので、美しいブルーモーメントになりました。

いつも思うのですが、太陽が沈むとわりと早く撤収してしまう人がいるんですよね。

もう少し粘って長秒露光で撮影すれば、美しいブルーモーメントを
写すことができるのに。

まぁ、多くの方は日没のだいぶ前から三脚を立ててスタンバイしているから
疲れているのかもしれませんが。

私はこの日も日没と同時に現地に到着したような感じですから(笑)

ちなみに上の広角で撮った写真ですが、本当は右端の横浜ベイホテル東急
(旧パンパシフィックホテル)は切らずに全部入れたかったのですが
物理的に不可能でした。良いポジションはすでに取られていましたので。

このことから言えることは、本気で良い写真を撮りたい方は、私のように
のんびりと出向くのではなく、現場には早くついて良い場所を確保して
スタンバイしておくことが肝要です!(笑)



撮影データ(1枚目):
Nikon D7100|AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED
絞り優先AE|F9|6秒|ISO100|WB:マニュアル|三脚|RAW
Capture NX2で現像・調整


撮影データ(2枚目):
Nikon D7100|SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
絞り優先AE|F9|6秒|ISO140|WB:マニュアル|三脚|RAW
HDR(トーンマッピング)処理



by view-finder | 2015-02-24 19:07 | 風景
2015年 02月 09日

海ほたるから富士山 sanpo

b0290189_18153554.jpg
東京湾アクアラインのPAである海ほたるからは、天気が良ければ
美しい富士山を望むことができます。

アクアラインのトンネル部分を掘削したシールドマシンのカッターフェイスと、
その向こうに見える形の良い山は言うに及ばず富士山でございます。

このカッターフェイスは本物ではなく、あくまでもモニュメントだそうです。
しかし、サイズは実物大です。

高さ(直径)は約14メートルあります。
マンションの5階くらいの高さでしょうか。

ちなみに、ガンダムに出てくるガンダンクの頭部で15メートルです(笑)



b0290189_18063301.jpg
横浜の背後にそびえ立つ富士山のシルエット。

横浜から富士山まで80km以上あるのに、この存在感というか
威圧感はスゴイと思いませんか。

日没してから40分後のマジックアワーです。

** 縦構図以外の写真は拡大表示ができます


b0290189_18084762.jpg
似たような写真ですが、少しズームしてみました。

平日だったので横浜の灯りがにぎやかです。
これが休日だと灯りが少なくて寂しい感じになります。


海ほたるは単なる高速道路のPA(パーキングエリア)という範疇を超えた
素晴らしい場所だと個人的には思っています。




b0290189_18324703.jpg
少し遠いですが、東京の街並みをバックに羽田空港D滑走路(RWY05)を
離陸する飛行機や、その光跡を写すことができます。

この日は日没後に急に風が強くなったので、シャープに写すことができませんでした。

いつか条件の良い日に、綺麗に撮りたいと思っています。





by view-finder | 2015-02-09 18:19 | 風景
2014年 11月 26日

ザ・マジックアワー

b0290189_16171385.jpg
黄昏の横浜です。

ザ・マジックアワー と呼べるような写真を撮ることができました。

大気の状態が良い日は、このような美しい景色が見られることはずっと前から
知っていましたし、高速道路を走行中にベイブリッジの上から見たことは
何度かありました。

でも、運転中は写真が撮れないし、高速道路だから停車できないし・・・

しかも、土日はビルの明かりが少なくなるので見栄えはイマイチですから
平日でなければならない。

平日でも、日が長い季節だと太陽が沈んだ後はすでに灯りが少なくなっている
こともある。

ということは、平日で、なおかつ日が短い季節。
そして、空気がとても澄んだ日。

そのような条件でなければなりません。

やっと、その条件を満たす日に撮影することができました。





b0290189_17313780.jpg
写真の順番が前後しますが、現地に到着したのは16時20分頃。

場所は大黒ふ頭です。

この日の日没時刻は16時37分。

日没後の一番美しいブルーモーメントが訪れるのは、大気が非常に
澄んでいる場合は、私の経験上では日没後30~40分あたりです。

その時を待つ間、ベイブリッジなどを撮影したりしました。





b0290189_17373863.jpg
日没です。

観覧車の時計の時刻は16時36分。

富士山のシルエットがバックライトによって浮かび上がります。

手前の船は、サザンオールスターズの曲「LOVE AFFAIR 〜秘密のデート」にも
登場するマリーンルージュです。

あの曲で知名度が上がったのではないでしょうか?

余談ですが、私はマリーンルージュには乗ったことがありません。
ロイヤルウイングは何度も乗ったことがあります。

個人的にはロイヤルウイングのほうが、いかにも という形で好きなんです(笑)





b0290189_17461581.jpg
17時01分。

まもなく、日没してから30分が経とうとしています。

空の色が良い感じになってきました!!



そして、今日のハイライトが訪れます。
b0290189_16171385.jpg
一番上と同じ写真ですが・・(笑)


実は、この日はかなりの強風でした。
撮影は無理かもしれないと思って、行くか行かないか結構迷ったのです。

現地に到着してみると、案の定かなりの強風で、撮影するのに苦労しました。

本当は最低感度で撮りたかったのですが、100%不可能なほどの風だったので
仕方なく感度は560です。

シャッター速度は1/4秒。


それでも強風によるブレがひどくて、何度も連続でレリーズボタンを押しました。

その中で、一番マシだったのが上の写真です。

等倍で見るとブレています。

できれば、冬の条件の良い日に、いつか再挑戦したいです。
その際には、きっちりと最低感度でキレのある写真を撮りたいです。


撮影データ(2枚目以外):
Nikon D7100|AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED
絞り優先AE|F8|1/200秒~1/4秒|ISO400~560|三脚使用


撮影データ(2枚目):
Nikon D7100|SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
絞り優先AE|F8|1/100秒|ISO140




by view-finder | 2014-11-26 18:05 | 風景