タグ:月 ( 10 ) タグの人気記事


2018年 02月 01日

Lunar Eclipse

b0290189_18123854.jpg
撮影日 2018年1月31日

スーパー・ブルー・ブラッドムーン(Super Blue Blood Moon)

皆さんのお住いの地域では見ることができましたか?

事前の天気予報はあまり芳しくなかったのですが、運良く東京地方では
綺麗な姿を見ることができました。

Super Blue Blood Moonの意味はエキブロをやっている方なら皆さん
ご存じだと思うので、あえて割愛させていただきます!

東京ではスカイツリーと絡めるのが定番というか流行り?だったみたいです。

私は自宅の部屋から少しだけ(一番美味しい時間帯だけ)証拠写真程度に撮りました。







b0290189_18123826.jpg
これは完全に影に入った後です。(22時05分頃)

あえて「頃」と述べるのは、カメラの時刻設定が正確ではないからです(笑)

満月だと500mm手持ち低感度でも撮れるくらい明るいですが、皆既状態では
ものすごく暗くて、上の写真でISO1600 F8 1秒です。

ホワイトバランスは全く同じです。 完全に影に入ると、とても赤くなります。

私のショボい機材と腕では、これくらいが限度ですね。

約7年前(2011年12月)にも撮影したのですが、見返してみますと
その時の写真のほうがシャープに写っているような気がします。

今回は感度を上げすぎたのと、1秒も露光してしまったのが失敗だったのかも
しれません。 微妙に月が動いてブレてしまっています。
月の周りに見える小さい点は星ですが、微妙に動いていることがわかります。

ちなみに3年前にも皆既月食がありましたが、その時は撮影していません。
天気も悪くてあまり見えませんでした。








b0290189_18123858.jpg
これは以前に撮った半月。

ISO100 F9 1/50秒(三脚)

全然明るさが違いますよね。







b0290189_18252541.jpg
こちらも以前に撮ったものですが、完全無欠のフルムーン。

ISO100 F8 1/125秒

皆既状態の月と比べると、もはや同じ物体とは思えないほどの明るさです。



こんなことを言うと身も蓋もないのですが、個人的には皆既月食にそれほど
興奮いたしません(笑)

月はいつも満ち欠けしていますからね・・・

もしも月が太陽と同じように常に真ん丸であれば、欠けていく月を見て
感動するかもしれません!

以上、簡単ですが私のスーパーブルーブラッドムーン2018レポートを
終わらせていただきます。







[PR]

by view-finder | 2018-02-01 18:39 | Comments(2)
2017年 12月 14日

湘南平

b0290189_19091639.jpg
忙殺されております(笑)

なかなかブログをアップする時間も取れません。

先週のことになりますが、久しぶりに湘南平(しょうなんだいら)へ行ってきました。




b0290189_19091651.jpg
平塚市にある小高い丘陵で、大した高さはないのですが、周りにこれほど
高い場所はないので、とても見晴らしが良いです。

神奈川県の人には有名な場所で、昔は(今も?)夜景の名所の1つで、カップルで
訪れる人がすごく多かったです。





b0290189_19091764.jpg
ここには展望台が2つあります。

こちらが新しいほうの展望台。

もう1つは昔からあるテレビ塔の展望台です。






b0290189_19091679.jpg
晴れていれば富士山もよく見えます。

この日はガスっていたのですが、かえってそれが良いグラデーションを
作り出していました。






b0290189_19091800.jpg
この日は満月で、しかも今年で一番大きな月(最も地球に近づいた満月)
いわゆるスーパームーンでした。

スーパームーンが地平線から昇ってくるところを撮る目的だったのですが、
残念ながら東の空は西の空よりさらにガスっていて、月の出はぼんやりとしか
見えませんでした。

月の出から数分経って、ようやくハッキリとその姿を見せてくれました。(上の写真)

これは昔からある展望台(テレビ塔)から撮りました。




b0290189_19091743.jpg
ちなみに、方角的にはこんな感じです。

この航空写真を見ても、神奈川から東京にかけて一望できることがよくわかると思います。

湘南平には10代や20代の始めの頃はたまに行っていたのですが、最近は
全然行かなくなりました。 今回は6年ぶりでした。

天気が良ければ海もすごく綺麗に見えますのでオススメです。




Nikon D7100
Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED
SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM


[PR]

by view-finder | 2017-12-14 19:27 | 風景 | Comments(4)
2017年 02月 16日

望月

b0290189_18210167.jpg
東京の月の出を狙いました。

月の出る方角と気象条件が揃ったので絶好のチャンスでした。

計算どおり、六本木ヒルズと東京タワーの間あたりから満月が昇ってきました。

言うまでもありませんが、合成や多重露光などは一切行っていません。

このように超望遠レンズを使って、なおかつ地上の対象物と一緒に写す場合、
地上の対象物から離れれば離れるほど(=小さく写せば写すほど)相対的に
月が大きく見えるわけですが・・・

これの難しいところは超望遠レンズ+低速シャッターによるブレです。

それと、どれだけ視程が良いかどうかにかかってきますね。


今回は条件が良かったのですが、2つ残念なことが・・・・






b0290189_18210272.jpg
すでに1枚目の写真でお気づきの方もいたかもしれませんが・・・

東京タワーの色が!!(笑)

こんな時に限って、いつもの存在感抜群のオレンジ色ではなく、
特別ライトアップになってました (¯―¯٥)

このライトアップは近くで見れば、まぁそれなりにムードがあって良いのですが、
遠方から見るとなんとも存在感が薄いです。


それともう1つは、たまたま満月が土日に重なってしまったので、
オフィスビルの灯りが少ないことです。







b0290189_14070685.jpg
と言っても、そこそこ灯りはついていたので、それほど寂しい印象には
ならずに済みました。

これで東京タワーがオレンジ色だったら・・・(笑)


なかなか100%満足のいく写真は撮れないものですね。

次回の課題とさせていただきます。



撮影日:2017年2月11日

Nikon D7100|SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM




[PR]

by view-finder | 2017-02-16 18:59 | 風景 | Comments(10)
2016年 01月 27日

月の出

b0290189_18500665.jpg
東京の月の出

私にとって、こういう写真は本当に難しいです。

ほぼ1ヶ月に1度しか満月は訪れないので、仕事の休みとなかなか合わないのです!

そのうえ季節によって月の出る方角がどんどん移動してしまう・・・

満月の前後1日でも、月自体はまん丸に近いので絵になりますが、
夜景と絡めることはできません。

月が昇ってくる時間は平均して毎日50分ずつ遅くなるからです。

これよりも50分遅いと地上の景色と月の輝度差がありすぎてダメですし、
50分早ければ全く夜景になっていません(笑)





b0290189_18562453.jpg
これが1枚目の写真の30分前です。

30分前でも灯りは全くありません。

ご覧のように、日没間際には反対側の東側にある雲を見事に赤く染めて
とても美しかったです。

この分厚い雲があったので、月が昇ってきた直後は見えなかったわけです。

ちなみに、この写真は500mm(換算750mm)で、最初の写真は290mm(換算435mm)

NTTドコモのビル(代々木)とスカイツリーの間あたりから月が昇ってくれば
迫力がありそうです。

その日の天候状況、月の出る方角、月の出る時間、自分の立ち位置、
そして仕事が休めるかどうか!(笑) 

これらの条件を全て考えなければならないのが大変です。

撮影場所はいくつかピックアップしてあるのですが、撮る機会自体が
なかなかないのが悩ましいところです。

次回は、もっと迫力のある月の出を撮りたいです。





[PR]

by view-finder | 2016-01-27 19:11 | 風景 | Comments(6)
2015年 09月 29日

スーパームーン

b0290189_19140746.jpg
昨日(9月28日)は今年唯一のスーパームーンでした。

その前日(9月27日)は、中秋の名月(十五夜 = 旧暦8月15日)でした。

なので、この2日間に多くの人が月を観察したり撮影したりしたことでしょう。

写真は昨日のスーパームーンです。

あいにく地平線近くは雲に覆われていて、「これは見えないかも・・・」と
思っていたのですが、薄いながらもなんとか見ることができました。






b0290189_19164369.jpg
雲のせいなのか、すごく色が赤かったです。

まるで皆既月食のような色でした。

最初、地平線近くから昇ってきた時は、あまりの薄さに気が付きませんでした。

ちなみに、海外ではスーパームーンと皆既月食が重なった地域もあったようですね。

昨日は事情があって三脚を持っていなかったので、全て手持ちでの撮影です。

良い天気の日であれば、残照があるので日没直後はもっと明るいのですが
昨日は非常に暗くて露出がすごく厳しかったです・・・・

高感度で撮影せざるをえず、非常に画質が悪いので、あくまでも記録写真として
アップします。




b0290189_19211367.jpg
パソコンで写真を確認している時に気が付いたのですが、
月の中に飛行機が入っているっぽいです(笑)

あまりにも小さすぎて(蝿レベル)撮影中は全く気が付きませんでした。





b0290189_19224526.jpg
最初は雲かと思ったのですが、シルエットとエンジンのブラストから考えると
恐らく飛行機で間違いないと思います(笑)


三脚がなかったのが本当に残念です・・・

全体的にあまりにもノイジーなので、低感度で綺麗に撮りたかったです。







b0290189_19260250.jpg
場所を移動しました。

ここまで輝度差がついてしまうとキビシイです。

これはダメだと思い、また別の場所へ移動。






b0290189_19264992.jpg
同じくらいの輝度の被写体を見つけました(笑)



「スーパームーンとは一体何なのか?」

ここ何年かメディアでも取り上げられているので、多くの方はご存じかも
しれませんが、簡単に言うと、月が地球に近づいている時に見られる満月の
ことですね。

月の軌道は真円ではなく楕円形なので、地球から見ると月は僅かに近づいたり
遠ざかったりしています。

地球に一番近づく時期に見られる満月がスーパームーンというわけですね。

最も近い時と、最も遠い時の大きさの差は約14%、明るさの差は約30%です。


ただ、一番地球に再接近する時にちょうど満月になるとは限りません。

もっとも近づく日から1週間以内に見られる満月は
エクストリーム・スーパームーン と呼ばれていて、
それは18年に1回しかチャンスがありません。

去年は一度ありましたね。

月の動きは太陽と違って複雑なので奥が深いです。




b0290189_19353076.jpg


撮影データ(共通):
Nikon D7100|SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
マニュアル|F7.1~F8|1/15~1/125秒|ISO1600~2200RAW|手持ち

最後の1枚のみ自宅から撮影|ISO100|三脚使用


[PR]

by view-finder | 2015-09-29 19:52 | 風景 | Comments(4)
2014年 10月 01日

月を横切るヒコーキ

前回の ダイヤモンド富士 の続きです。

月とヒコーキが近くに見えて、コレはもしかすると上手く絡めることが
できるのではないか?と思ったわけです。

木更津からは、羽田空港へアプローチする飛行機が見えます。
この日は北風運用だったので、34L(A滑走路)と34R(C滑走路)への着陸でした。

b0290189_18485530.jpg
17時40分。
太陽はすでに沈んでいます。

結構ヒコーキと月は離れています。

でも、月はこれから西の空へ沈む・・・月は1時間に約15度移動する・・・

着陸機はILS(計器着陸装置)を使って降りてくるから、各々の飛行機が
通る位置は極めて正確・・・

故に、このまま粘っていれば飛行機が月を横切る時が来ることは明白!!


ということで・・・
ダイヤモンド富士が 遅刻 により消化不良に終わったこともあって
居残りで撮影を継続することにしました(笑)




b0290189_18541631.jpg
17時47分。

まだ距離がある。

が・・・みるみる暗くなってきてEV値が厳しくなってきた。

月との輝度差を考えても、これくらいの時間に重なってくれたらベストだったのですが・・・

上の写真は月にピントを合わせています。



b0290189_18570158.jpg
17時52分。

ついに掠った!

JALの767、残り少ないサンアーク塗装。




b0290189_19002899.jpg
そして、1分後の17時53分。

ANAのトリプルが、モロにヒットする角度でやって来ました。

露出はもちろんマニュアルですが、ISO4500、F7.1、1/200秒という値。





b0290189_19015150.jpg
クロスしました・・・

アンコリでもピカってくれたらアクセントになったかもしれませんが、
でも、それだとちょっとうるさい絵になるかなとも思います。


ヒコーキの通る位置はほぼ一定で、月が勝手にヒコーキに近づいてきてくれたので
ある意味で楽だったのですが、露出が厳しかったです。

飛行機の動きに合わせてカメラをパンしてますが、少しだけ月が流れてしまっています。
感度とシャッター速度を、もう少しだけ上げれば良かったかなと思っています。

D7100はD90に比べれば若干高感度の画質は良くなっていますが、
最近のカメラの中では決して低ノイズの部類には入りません。

現像時にノイズとシャープネスの折り合いをつけるのがめんどくさかったです(笑)

どちらかというと、僕はあまり現像に時間をかけたくないタイプなので。


月の中に飛行機がすっぽりと入るような写真も、いつか撮ってみたいと思います。

いつになるか全くわかりませんが・・・
そんな日は永遠に来ないかもしれませんし(笑)



[PR]

by view-finder | 2014-10-01 19:32 | 飛行機 | Comments(0)
2014年 07月 14日

妖しい空 (台風一過)

かなり久しぶりの更新です。

あまりの忙しさに6月は一度も飛行機を撮りに行くことができませんでした。

先週は台風8号が日本列島を横断しましたが、なんとか台風一過の空を撮りたいと
計画を練っていました。

土曜日あたりが台風一過になる予想を立てていたのですが、思ったよりも早くやってきて
金曜日の朝には関東を通り過ぎてしまいました。

こうなったら仕方がない・・・会社を早退するしかありません(笑)

ヒコーキ撮影をやってる人にとっては、台風直後の夕焼けを撮りに行くのは
義務のようなものですから・・・


b0290189_17425784.jpg
羽田空港第1ターミナルの展望デッキより。
日没直前の18時51分。(日没は18時59分)

結論から言うと、予想していたような台風一過の空にはなりませんでした。
朝はものすごく空が青かったので、遠方まで澄み渡った夕焼け空を期待していたのですが、
午後から湿度がぐんぐん上がり雲が出てきました。

やがて、夕方には都心にゲリラ豪雨が降る始末・・・

でも、そのおかげで、今まであまり見たことがないような、なんとも形容しがたい
妖しくも神秘的な空になりました。



b0290189_17481777.jpg
都心方面の空です。
アンビリーバボーな色、見たことのないデザインの空。

この時点では、まだ雨がやんでいなかったかもしれませんね。
雨粒に太陽光が反射している感じでした。
都心では虹が見えたそうです。

ちなみに、羽田空港には雨は降りませんでした。
すぐ近くまで真っ黒い雨雲が近づいてきていましたが。




b0290189_17522131.jpg
興奮してカメラを持つ手がちょっと震えました(笑)

こういう空の時は秒単位で色が変化していくので、とにかくシャッターを
切り続けるしかないですね。

1~2分も経てば、色はだいぶ変わってしまいます。

それにしても、平日の展望デッキはすいていて快適ですね。
ポジション撮りにも苦労しません。

土日は正直あまりデッキには行きたくないです。



b0290189_17572162.jpg
日没後の残照です。

素晴らしかったです・・・ 雲の切れ間は、まさに燃えるような赤でした。

不思議なことに、展望デッキにいた他の人は、あまりこの角度の写真を
撮っていないように見えました。本当に好みはそれぞれなんですね。

ワイヤーフェンスがあって、しかも角度的にかなり厳しかったので、
滅多に使うことのないライブビューで撮りました。


今回の台風8号は、途中から勢力が突然弱くなって、関東に来た頃には普通の
低気圧みたいになっていましたね。ちょっと拍子抜けした感じでした。

もちろん、その分台風による被害がほとんどなかったことは喜ばしいことです。

思い描いていた空にはなりませんでしたが、結果として、見たこともないような
妖しくも美しい空になりました。

いつも台風の後だけは、どんな空になるか予想がつきません。

だから!

台風の直後は例え仕事をサボっても行かねばならないのです(笑)


撮影データ:
Nikon D7100
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED (1枚目、3枚目)
AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR(2枚目、4枚目)
絞り優先AE WB:晴天 マイナス0.7~1.0補正 Capture NX2でコントラスト調整



おまけ。

一昨日の満月は通常よりも地球に近い=大きいスーパームーンでした。

b0290189_18133632.jpg
家の前で1枚撮りました。
雲が多かったですが、雲が切れた隙にパチリと。
もちろんトリミングしています。

スーパームーンは毎年ありますが、いつ見ても正直あまり違いはわからないです(笑)

要は、月の軌道は楕円形なわけですが、1年の中で最も地球に近づいた時の(近地点)
満月がスーパームーンなわけですよね。

写真に撮っても、もともとのサイズが小さいので、たいして違いがありません。

夢のない話で申し訳ありません(笑)




[PR]

by view-finder | 2014-07-14 18:25 | 羽田空港 | Comments(2)
2014年 05月 17日

月とヒコーキ

b0290189_17585336.jpg
先日、城南島で撮影した写真の続きですが、この日は十三夜でした。
古代から十五夜の次に美しいとされる月です。

月の出は平均すると毎日約50分ずつ遅くなります。
十五夜の月は太陽が沈んでから昇りますが、十三夜の月はまだ明るい時間帯に
昇ってきますので、風景などと絡めるには適していると思います。




b0290189_18030712.jpg
JA61AN  全日空のB737-800
これを撮るのに、けっこう苦労しました。

引いて撮るのはわりと簡単ですが、ここまでアップにするとシャッターのタイミングが
なかなか合いません。単に私が下手クソなだけかもしれませんが(笑)





b0290189_18055835.jpg
よし!と思ったら、月と重なってしまったり(笑)





b0290189_18063597.jpg
これくらい引けば、さほど難しくはありません。




b0290189_18083747.jpg
空のグラデーションがたまりません。

1人だけ立っている女性がいます。
この女性は飛行機を撮っていて、後ろの男性はスカートの中を撮っている・・・ 
ように見えませんか?(笑)

なんだか人物の配置が面白くて、この写真は気に入っています。




b0290189_18015078.jpg
これは、あえて傾けています。
こうすると、ちょっと離陸っぽい?

日没間際の太陽が機体を赤く染めて本当に美しいです。

やっぱり、この時間帯は全ての景色が美しく見えて本当に素晴らしいです。
夕暮と日没後の数十分間は、何を撮っても絵になる時間帯ですよね。



[PR]

by view-finder | 2014-05-17 18:17 | 城南島 | Comments(0)
2013年 09月 20日

黄昏のエアポート

今年の9月は2週続けて3連休がありますね。
最初の3連休は、あいにく日本列島に台風が直撃しました。
東京に台風が上陸したのは9月16日。
その日の夕方は台風一過のものすごく素晴らしい夕焼け空が広がりました。

そういう時にこそ撮影をしなければいけないのに!所用のため願いかなわず・・・orz

悔しいので1日遅れで夕焼け空を撮りに行ってきました。
16日ほどではありませんでしたが、わりと綺麗に焼けました。
b0290189_17194489.jpg
茜色の空に、AIR DO(エア・ドゥ)が舞い上がる。
新コントロールタワーと絡めるも、ちょっと機体が小さいか(笑)


b0290189_17293314.jpg
太陽が地平線に沈む間際、残り少なくなったサンアークの777が降りてきた。
スラストリバーサーを作動させて減速する機体がうまくフレームに入った。

太陽がモロに入るシーンで、なおかつシャドー部にある物をある程度見せたい場合は、
アクティブD-ライティングを「より強め」にして撮っている。

逆に、シャドー部をしっかり締めたい場合は、「弱め」または「しない」で撮る。
このあたりは好みの問題で、人それぞれの撮り方があると思います。

b0290189_1732231.jpg
反対外の東の空では、満月の次に美しいとされる十三夜月と
ボーイング787が控えめな距離を保って競演していた。


b0290189_1740306.jpg
太陽が地平線の彼方へ沈んだ後のマジックアワーと呼ばれる一番好きな時間帯。
残照の中に富士山のシルエットが微かに浮かび上がる。
この風景が以前から本当に好きです。

夏の間は見える回数が少ないですが、これからの季節は羽田空港から
富士山の姿を拝める日も増えていくことでしょう。
[PR]

by view-finder | 2013-09-20 17:46 | 羽田空港 | Comments(2)
2013年 05月 27日

夕刻の城南島

先週末、ひさしぶりに城南島へ出撃いたしました。

忙しさも一段落ついたので、これからはまたチョロチョロと出撃できると思います(笑)
b0290189_16222747.jpg
エアバスA330-300です。 好きな機体です。
後ろになんか飛んでるのが見えますが、UFOではなさそうです(笑)

これの4発機であるA340はもっと好きなのですが、羽田には定期便がありません。
たまに成田からのダイバートとか、特別機などで飛来することもありますが、
一度もホカクしたことがありません(笑)

たしか来年以降に、VS(ヴァージン・アトランティック航空)がロンドン/羽田線を就航させる予定で、
その機材にA340-600を投入するという話がありましたので、楽しみにしています。


b0290189_16315156.jpg
航空会社のロゴなど一切見えない中途半端な写真かもしれません・・・
どのみちデザインらしいデザインは何もないJ社の機体ですし(笑)

でも、この777の造形美は美しくて好きです。

以前は長胴型の-300が好きだったのですが、最近は-200のほうが好きです。
見た目のバランスは-200のほうが良いと思うのですが。


b0290189_16382082.jpg
この日は、ほぼ満月だったので、飛行機と月が重なるのを期待していたのですが、
どの機も全くかすりもしませんでした(笑)
立ち位置が悪いんでしょうね。

ドンピシャで月と飛行機が重なってる写真をたくさん撮っている方もいますが、
下調べや根気が必要で、そして幾度の失敗を重ねてモノにしたものだと思います。
根気の足りない自分には、とても無理かもしれません・・・

残念ながら月とは重なりませんでしたが、意外とこの写真も一部の人には
ウケが良いようです(笑)

次回は、もうちょっと雰囲気のある月とヒコーキの写真を撮ってみたいです!


<Nikon D90 Sigma APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM (3枚とも)>
[PR]

by view-finder | 2013-05-27 16:18 | 城南島 | Comments(0)