タグ:外国 ( 14 ) タグの人気記事


2018年 05月 23日

南国の海 #2

b0290189_17101465.jpg
前回の続きです。

いかにもグアムらしいビーチの写真から。
ここは宿泊した Hyatt Regency の目の前です。






b0290189_16292589.jpg
基本的に毎日晴れていましたが、この時が最も雲が少なかったです。

雲が多い日もありましたし、スコールが降って虹が出たこともありました。






b0290189_16292400.jpg
撮影場所はこちら

日中の海は全てPLフィルター使用です。

あまりPLフィルターを効かせすぎると海が暗くなってしまうのでイメージに近い
写真になるように効き具合をそのつど調整します。







b0290189_16292451.jpg
場所はこちら

ここは車(レンタカー)がないと行けません。






b0290189_16292420.jpg
撮影場所はこちら

ショッピングセンターの駐車場です。

グアム国際空港へ向けてアプローチ中のT'Way航空。

10分ほど粘ったんですが・・・
いずれも小型機(ボーイング737)しか降りてこなかったのが残念です。

妻子を車で待たせていますから10分が限界でした(笑)







b0290189_16292556.jpg
タモンの町(観光の中心地)にて。

ゴーストが盛大に出て見苦しくて申し訳ありません。

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSMは、結構ゴーストが出ちゃうのが
難点かもしれません。 絞りとか角度にもよりますが。






b0290189_16292539.jpg
アウトリガー(OUTRIGGER)ホテル前のビーチ。

太平洋に沈む夕日、手をつないだ親子、ヤシの木・・・
とても絵になる風景でした。






b0290189_16292592.jpg
同じくアウトリガー前のビーチ。

実にトロピカルな雰囲気の夕焼け空で感動的でした。



ちなみに、スマホカメラで撮った写真がこちら↓

b0290189_16292611.jpg
スマホで撮って出しJPEGですが、こちらの方が良く見えなくもない・・(笑)

スマホではありますがホワイトバランスや露出はマニュアルです。

スマホでもわりと自分のイメージどおりの写真は撮れるんです。

ぶっちゃけた話、旅のスナップ写真程度ならスマホで十分なんじゃないかと
今回の旅を通して思いました。

小さい子ども連れですと、一眼レフカメラ+交換レンズ1~2本という組み合わせは、
いかんせん重たくて億劫になってしまうのです。

または軽くて高性能なミラーレスカメラなどがあれば便利だろうと思いました。


グアムの写真は、あと1回だけアップさせてもらうかもしれません。
しつこくて申し訳ありません!(笑)






[PR]

by view-finder | 2018-05-23 17:06 | 風景 | Comments(3)
2018年 05月 15日

南国の海

ご無沙汰しており申し訳ございません。

4月は何かと多忙で結局ブログを一度も更新することができませんでした。

ゴールデンウィークが明けた後に有給休暇を取り、グアムへ家族旅行へ
行ってきました。

混雑するゴールデンウィークをあえて避けて行くのがポイントです(笑)

というわけで、しばらくグアムの写真が続くと思いますのでお付き合いください。


b0290189_18015495.jpg
今回は赤子連れということもあり、安心のJALを選択。
機材はB767-300ER (JA606J)  機齢15歳のベテランです。

と言ってもキャビンは JAL SKY SUITE(JAL SKY WIDER)ですから
足元も広くて、とても快適です。

上の写真はスマートフォンのカメラですが、本当に最近のスマホは非常に
よく写りますね・・・コンデジが全く売れなくなったのも納得できます。






b0290189_18015461.jpg
わずか3時間半のフライトで、あっという間にグアム上空に到達。

この時点で2300フィート(約700メートル) 速度190kp/h(約350km/h)
グアム国際空港へ向けてファイナルアプローチ

この後すぐに約90度の左旋回を行います。






b0290189_18015493.jpg
ファイナルターン後、滑走路に正対して降下中。
グアムの中心街が見えてきます。

もちろん忍者レフを使いました。

しかも、赤ん坊を抱っこしながら撮りました(笑)






b0290189_18015573.jpg
今回お世話になったホテルはハイアットリージェンシーです。

こちらに4泊させていただきました。






b0290189_18015436.jpg
グアムには以前にも行ったことがありますが、ハイアットに泊まったのは
初めてです。

日本語を話せるスタッフも何人かいるようですが、滞在中には一度も
日本語スタッフとは話さなかったです。






b0290189_18015555.jpg
渡航前にメールで問い合わせを送った際には、日本人の方がとても
丁寧に返信してくれたので、小さい子供連れには安心感がありました。






b0290189_18302294.jpg
数あるグアムのホテルの中でも、ハイアットリージェンシーは高級な部類に
入ります。 敷地がとても広く、プールも充実しています。







b0290189_18015515.jpg
いかにも南国という景色ですよね!

続きは、また近いうち(たぶん)にアップさせていただきます。





[PR]

by view-finder | 2018-05-15 18:36 | 風景 | Comments(4)
2017年 08月 01日

最果ての地 #4 (キャノンビーチ)

b0290189_18052150.jpg
久しぶりに 最果てシリーズです。

ここはアメリカ合衆国オレゴン州にある海岸で、キャノンビーチと呼ばれています。

カメラメーカーのキヤノンとは関係がありません(笑)

スペルは Cannon Beach です。


前方に見える大きな岩(ヘイスタック・ロック/Haystack Rock)は
世界で3番目に大きな一枚岩らしいです。

撮影したのは1994年・・・大昔すぎて申し訳ありません。

94年から95年にかけては、ワシントン州シアトルに居ましたので、
その間は色々な場所を訪れました。







b0290189_18052110.jpg
超が付くほど果てしなく広大な面積を誇るアメリカですから、
海岸は紛れもなく「最果て」なんです。

内陸部、たとえばサウスダコタ州あたりに住んでいる人ですと、
たぶん今でも海を一度も見たことがない人がいると思います。

なんせ最寄りの海に行くのに車で20時間くらいかかるのですから・・・

南のメキシコ湾でも、西の太平洋でも、どっちも同じくらいの遠さです。

それと比べると日本はどこに住んでいても海は「めちゃ近」と言えますね。



話が変わりますが、2枚目の写真は以前にアップした写真となんとなく共通点が
あるような気がします。

故・植田正治的と言いますか・・・

全然違うよ!というツッコミは甘んじて受け入れます(笑)



カメラ:ミノルタ α-7xi
露出等:記録も記憶も無し
フィルム:ポジではなくネガ(たぶんコダック)


[PR]

by view-finder | 2017-08-01 18:24 | 風景 | Comments(6)
2017年 07月 21日

22年前のパリ(Paris)

寝不足が続いています(笑)

子供が生まれたばかりなので仕方ないですが、この死ぬほど暑い
スーパー猛暑とあいまって厳しい夏になりそうです。

出産後しばらく子供を連れて実家に戻る母親は多いと思いますが、
うちの場合はそれをやりませんでした。(色々と事情もあり)

今は赤ん坊と妻のケアで精一杯で、写真などを撮りに行くことはできません。
もちろん家の中では家族写真をそれなりに撮っていますけどね。

先日、自分が生まれたばかりの顔はどんな感じだったのかを確かめたくて
古いアルバムを漁っていました。

生まれたばかりの子供と、自分の生後間もない頃の顔を見比べたら、
少し似ているかな?と思いました(笑) でも、それほど似ていません。



古いアルバムを漁っていると、昔フィルムカメラで撮影した懐かしい写真が
色々と出てきました。

今は風景写真を撮りに行く時間がほとんどないので、苦し紛れに昔の写真を
アップしたいと思います。

フィルムから直接スキャンしたのではなく、プリントしてあった
古くて傷んだ写真を取り込んだものなので画質は悪いです。






b0290189_17234687.jpg
こちらは、22年前の冬に撮ったパリのシャンゼリゼ通り。

今のようにLEDではなく、昔ながらの電球です。

電球のほうが暖かみがあり雰囲気も良いと思うのですが。

パリでは当時から三脚の使用は禁止されていたと記憶しています。

しかし、当時のフィルムカメラでは三脚を使わないと夜景など撮れるわけありません。

コッソリと・・・ほんの一瞬だけ・・・(笑)






b0290189_17234792.jpg
同じく22年前(1995年)の冬に撮ったエッフェル塔。

ロングコートの中に三脚を隠して歩いていた記憶があります。

よく映画とかでありますよね。

トレンチコートの中にショットガンを隠し持っていて、ターゲットが
現れたらバサッ!とコートを開いて撃ちまくる。

まさにああいう感じで一瞬だけコソっと・・・(笑)



パリに限らずヨーロッパの都市では三脚NGの所が多いかもしれません。

だけど、著名なプロの風景写真家に聞いたら、パリでは注意されたことは
なかったと言っていたような・・・特別許可もいらなかったと。

実際のところどうなのかよくわかりません。


ヨーロッパは美術館や博物館も撮影OKな所が多いので、それはすごく良いですね。

ルーブル美術館も大英博物館も普通に撮影できました。


また機会があれば、昔の写真をアップしたいと思います。



カメラ:ミノルタ α-7xi
露出等:記録も記憶も無し
フィルム:ポジではなくネガ(たぶんフジカラー)



[PR]

by view-finder | 2017-07-21 17:49 | 風景 | Comments(6)
2015年 11月 14日

南の島へ逃避行

b0290189_18545011.jpg
立冬が過ぎました。

そして週末の東京地方は雨模様です。

こういう時は、南の島へ逃避行でもしたくなります。

今実際に逃避行している最中ではありません(笑)

あくまでも願望を表現しています。

べつの言い方をすると、昔の写真の蔵出しです(笑2)







b0290189_18581902.jpg
あぁぁ・・・ 海に溶け込みたい・・・







b0290189_19000254.jpg
お遊びでHDR風に処理してみました。

願望が先走りすぎて。







b0290189_19101555.jpg
海に沈むサンセットは大好きで、普段からよく見に行っていますが、
南の島で眺めるそれは格別です。

また、大好きな南の島へ行ける日を楽しみにしながら、
今日(土曜日)も仕事をがんばっております(笑)






[PR]

by view-finder | 2015-11-14 19:15 | 風景 | Comments(6)
2015年 10月 09日

最果ての地 #3 (北の大地)

最果てシリーズです。

今回は、これまでとは少し趣向が異なります。

下の写真は、どこの風景だと思いますか?


b0290189_19014949.jpg


答えは

北朝鮮です。

色々な意味で有名な、かの国です。

ここは韓国との国境付近です。

日本は、かの国とは国交がないし ”国” とも認めていないので
「国境」という言い方は正しいのかわかりませんが。

何はともあれ、川の向こうが北朝鮮と呼ばれる地域です。

フルサイズ換算300mmで撮影した写真です。(カメラはNikon 1 J1)




b0290189_19063290.jpg

実際は現在も「停戦中」というだけで終戦はしていません。

北緯38度線付近が軍事境界線(停戦ライン)となっています。

この茶色の川は臨津江(イムジン川)

手前は韓国、向こう岸は、かの国。

境界線には隙間なく鉄条網が張り巡らせれており、ライフルを構えた兵士たちが
見張りを行っています。

地雷もたくさん埋め込まれており、ここから先は進むことができない。
もとは同じ国だったのに。

そういう意味では 最果ての地 だと言えると思います。





b0290189_19122194.jpg
朝鮮半島の人や国のことについては、個人的には色々思うことはありますが
もともと1つの民族・国だったところが、このように分断されたということは
客観的に見れば悲劇ですよね。

日本も分断されていた可能性もあったわけで。

たまたま現在は私たち日本人は平和に暮らしていますけど、
いつ、どのようなことが起こるかはわかりませんね。


何はともあれ、平和が一番ですね。



撮影データ: Nikon 1 J1
1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6(1~2枚目)
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6(3枚目)






[PR]

by view-finder | 2015-10-09 22:58 | 風景 | Comments(0)
2015年 09月 16日

最果ての地 #2

b0290189_17271867.jpg

階段を昇って辿り着いた場所は


まるで天空の神殿のようだった


最果の地で立ち尽くす男たち




(中華人民共和国 遼寧省 大連市)







最果てシリーズ(笑)第二弾

実際は「天空」というほど高い場所ではありません(笑2)

この人物の配置が絶妙で、なかなか狙って撮れる写真ではないような気がします。

本当にたまたまなのですが、とても良いタイミングでした。

スナップ写真の醍醐味ですね。

同じ場所ではこの1枚しか撮っていません。

モノクロにすると、なんとなくシュールな感じがして、旅行で撮った写真の
中では自分でも気に入っている1枚です。





[PR]

by view-finder | 2015-09-16 17:47 | 風景 | Comments(4)
2014年 10月 30日

2年が経ちました

b0290189_18085907.jpg
Panasonic|DMC-FX9|F5.6|1/500秒|ISO80




ブログを始めて、昨日で 丸2年 になりました。

人生初のブログであり、このブログ以外は過去にも全く経験がありません。


日記すらまともに続いたことがない自分なので、ブログなんて3日坊主
とまではいかなくても、そんなに長く続くとは当初は思っていませんでした。


日記のように毎日書かなくても、時間のある時や、気が向いた時だけアップする
というスタイルであれば、案外長続きするのかもしれませんね。


時間に追われて1ヶ月くらい更新できなかったこともありますが、
とりあえず、なんとか2年は続けることができました。


これもひとえに、こんな稚拙なブログを見てくださる方々のおかげだと思っています。

いくら自己満足のようなブログであっても、誰も見てくれていなければ
さすがにアップする気力もなくなってしまうと思いますので(笑)



これからも毎日のようには更新できないと思いますが、自分のペースで
ゆるゆると続けていこうと 今のところは 思っています。



なお、上の写真と本文の内容は特に関係がありません(笑)

ニューカレドニアのウベア島に行った時に、ホテルで自転車をレンタルして
島を探検した時のものです。

Panasonicの古いコンデジ(DMC-FX9)ですが、けっこう良く写るんですよね。
もちろんRAWなどありません。JPEGオンリーですが、わりと気にっています。




というわけで・・・

今後とも何卒よろしくお願いいたします!!




[PR]

by view-finder | 2014-10-30 18:34 | 風景 | Comments(8)
2014年 07月 24日

明けましておめでとうございます

b0290189_17022809.jpg
Nikon 1 J1|1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
64mm(換算172mm)|絞り優先AE|F5.6|ISO100

明けましたね。

関東地方は7月22日に梅雨明け宣言が出ました。

私はとにかく高温多湿が嫌いなので、個人的には梅雨明けは嬉しくないのですが(笑)


上の写真は、先月の梅雨の晴れ間に潮干狩りへ行った時のものです。
場所は横浜市金沢区にある海の公園です。

素晴らしい夏雲ですよね。
このような雲とヒコーキの組み合わせは最高なんですよね。
この写真にヒコーキは写っておりませんが・・・


「梅雨明け10日」という言葉がありますけど、空の具合は良くありませんね。
ものすごい湿気ですし、空はどんよりとしていてイマイチです。

そして毎年のことですが猛烈に暑い・・・
今日の都心は35度くらいまで上がったと思います。溶けてしまいそうでした。





こんな時は綺麗な海に飛び込みたくなりますよね!

b0290189_17083632.jpg
Nikon D90|AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR

こちらは何年か前にグアム島に行った時のものです。
グアム島の最北端にあるリティディアンビーチ(Ritidian beach)

どこでもいいから、透明度の高い海へ行きたい衝動に駆られております!!

休みと旅費の問題さえクリアになれば、今すぐにでも飛んで行きたいです(笑)

実際は、仕事柄9月頃までは長い休暇を取ることは不可能に近いのですが・・・

なんとか今年も気合を入れて夏を乗り切りたいと思います!

[PR]

by view-finder | 2014-07-24 17:32 | 風景 | Comments(2)
2014年 04月 24日

外国で見たヒコーキ

もうすぐゴールデンウィークですね。
皆さんは何かご予定はありますか?

私は特にありません(笑)
会社がカレンダー通りの営業ですし、ゴールデンウィークは仕事が忙しいので、
休暇を取って9連休とか10連休とか、そんなことはヒンシュクものです・・・
お盆休みもありません。

そのかわり、それ以外の時期であれば好きな時に有給休暇が取れますので
その点は恵まれていると思います。
超繁忙期に出かけても混んでいて疲れますからね。


というわけで、あいかわらず最近は時間に追われており、写真を撮りに行く
時間を作ることができません。

今日は趣向を変えまして、これまでに外国で見た飛行機といいますか
旅行のついでに空港で撮った写真をちょぼちょぼ紹介したいと思います。

写真のネタ切れによる苦し紛れの策とでも言いましょうか(笑)


b0290189_19121233.jpg
まずは、エアカラン(エア・カレドニア・インターナショナル)のエアバス A330-200。
場所はニューカレドニアのヌメア国際空港(ヌーメア=ラ・トントゥータ国際空港)。

こんなふうに大型機を撮れる国際空港って、なかなかないですよね。
しかし残念なことに、近年PBB(パッセンジャー・ボーディング・ブリッジ)が
完成してしまいました。

よって、今はこのような撮ることはできないでしょう。



b0290189_19173899.jpg
同じくエアカランのA330-200。
タラップで搭乗する際にパチリと。

この角度・・・たまりませんなぁ(笑)
やっぱりヒコーキはタラップに限りますね!

ちなみに、一番上の写真を見ていただければわかりますが、ビジネスクラス用の
タラップは完全に覆われちゃってますよね。
だから、このような写真は撮れないわけです。
エコノミーの特権!!(笑)



b0290189_19194896.jpg
こちらは、エール・カレドニー(Air Caledonie)のATR 42-500 という飛行機。
場所はヌーメア・マジャンタ空港。ニューカレドニアの国内線用の空港です。

エール・カレドニーはニューカレドニアの国内線の航空会社なのですが、
国際線のエアカラン(エア・カレドニア・インターナショナル)と
会社自体は同じだったはずです。たしか。

ATRというメーカーは海外ではメジャーなのですが、日本ではほとんど見かけませんよね。

ちなみに、このATRのプロペラ機に乗って向かった先は「天国に一番近い島」として
知られている ウベア島 です。(本当に天国のような所でした!!)


上記の3枚は古いコンデジ(Panasonic DMC-FX9)で撮った写真で、なおかつ
最後のはガラス越しという条件なので画質についてはご容赦ください・・・
なんか色カブリしてますよね(笑)




b0290189_19325242.jpg
こちらは、中華人民共和国の大連周水子国際空港で撮ったものです。
遼東半島にある大連の玄関口です。

JAL機の頭が切れているので構図的に中途半端なのですが、バックの街並みが
なんとなくエキゾチックな感じなので外国という雰囲気は出ているかなと。

JAL機、ANA機ともに機材はボーイング767-300ERです。

ちなみに、この写真はガラス越しの撮影なので画質についてはご容赦を(笑)




b0290189_19372762.jpg
こちらは、ホノルル国際空港。 
言うまでもないかもしれませんが、ハワイでございます。

JALのジャンボが3機もあります!!
一番手前のは767ですが、奥に見えるのは747-400です。
今では絶対に見られない光景・・・

JAL=ジャンボ というイメージがありましたよね。間違いなく。
時代は変わったものです。

ちなみに、こちらの写真はガラス越しでもなくコンデジでもないので、
画質的には一番マシです。


今回はこのへんで。
マニアであれば外国の空港で長時間ヒコーキを撮ったり、または空港以外の場所からも
撮ったりする人もいるのでしょうが、私はそこまではやりません(笑)
本当についでにチョロっと撮る程度で。

でも、一度は本気モードで撮ってみたい気もしますね。外国で。
色々とリスクもありますけどね。

その点で日本は本当に安全だと思います。治安が良すぎるほど良い。
外国に行くと特にそのことを実感しますよね。

いつまでもこのような平和な日本であって欲しいと願います。



[PR]

by view-finder | 2014-04-24 19:53 | 飛行機 | Comments(2)