カテゴリ:風景( 197 )


2018年 05月 31日

初めての花火

b0290189_20050969.jpg
日帰りで熱海へ行ってきました。

目的は花火です。

0歳の息子にとっては生まれて初めて見る花火です。

私にとっては今年初めての花火です。





b0290189_18084644.jpg
大きな音にビックリして泣いてしまう赤ちゃんも多いそうですが、我が息子は
まったく平気でした。

最初はポカーンと口を開けて「なんだこれは」という表情で不思議そうに眺めて
いましたが、途中からハシャギだしました。

この日は「ほぼ満月」の夜で、しかも花火が上がる方向に月が出ていたので
良い条件とは言えませんでした。上の写真に月が写っているのが見えますか?






b0290189_18084632.jpg
こんな感じで(笑)

まぁこれはこれで良いのかもしれませんが。

空や雲や煙が月明かりで明るくなってしまうので、私はあまり好きじゃありません。






b0290189_18084713.jpg
昨年の夏は子どもが生まれたので花火大会どころではなく、結局
昨年は一度も花火を見ることができずに終わりました。

私にとっては約2年ぶりに見る花火となりました。

2年ぶりに花火を撮ったこともあり、感覚が鈍っていて写真としてはイマイチでした(笑)







b0290189_18084771.jpg
熱海の花火は一年中やっていますが、夏は毎回5000発が上がるのに対して
それ以外の季節は3000発と少ないです。

よって花火の内容的には少し物足りない感じがあるのですが、久しぶりだった
こともあり、とても感動しました。

この季節の花火大会は全く混んでいなくて、なおかつ涼しいので快適です。


今年はもう一度だけ熱海へ行く予定です!

次回は少し違った角度から見る(撮る)予定です。




[PR]

by view-finder | 2018-05-31 18:25 | 風景 | Comments(4)
2018年 05月 23日

南国の海 #2

b0290189_17101465.jpg
前回の続きです。

いかにもグアムらしいビーチの写真から。
ここは宿泊した Hyatt Regency の目の前です。






b0290189_16292589.jpg
基本的に毎日晴れていましたが、この時が最も雲が少なかったです。

雲が多い日もありましたし、スコールが降って虹が出たこともありました。






b0290189_16292400.jpg
撮影場所はこちら

日中の海は全てPLフィルター使用です。

あまりPLフィルターを効かせすぎると海が暗くなってしまうのでイメージに近い
写真になるように効き具合をそのつど調整します。







b0290189_16292451.jpg
場所はこちら

ここは車(レンタカー)がないと行けません。






b0290189_16292420.jpg
撮影場所はこちら

ショッピングセンターの駐車場です。

グアム国際空港へ向けてアプローチ中のT'Way航空。

10分ほど粘ったんですが・・・
いずれも小型機(ボーイング737)しか降りてこなかったのが残念です。

妻子を車で待たせていますから10分が限界でした(笑)







b0290189_16292556.jpg
タモンの町(観光の中心地)にて。

ゴーストが盛大に出て見苦しくて申し訳ありません。

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSMは、結構ゴーストが出ちゃうのが
難点かもしれません。 絞りとか角度にもよりますが。






b0290189_16292539.jpg
アウトリガー(OUTRIGGER)ホテル前のビーチ。

太平洋に沈む夕日、手をつないだ親子、ヤシの木・・・
とても絵になる風景でした。






b0290189_16292592.jpg
同じくアウトリガー前のビーチ。

実にトロピカルな雰囲気の夕焼け空で感動的でした。



ちなみに、スマホカメラで撮った写真がこちら↓

b0290189_16292611.jpg
スマホで撮って出しJPEGですが、こちらの方が良く見えなくもない・・(笑)

スマホではありますがホワイトバランスや露出はマニュアルです。

スマホでもわりと自分のイメージどおりの写真は撮れるんです。

ぶっちゃけた話、旅のスナップ写真程度ならスマホで十分なんじゃないかと
今回の旅を通して思いました。

小さい子ども連れですと、一眼レフカメラ+交換レンズ1~2本という組み合わせは、
いかんせん重たくて億劫になってしまうのです。

または軽くて高性能なミラーレスカメラなどがあれば便利だろうと思いました。


グアムの写真は、あと1回だけアップさせてもらうかもしれません。
しつこくて申し訳ありません!(笑)






[PR]

by view-finder | 2018-05-23 17:06 | 風景 | Comments(4)
2018年 05月 15日

南国の海

ご無沙汰しており申し訳ございません。

4月は何かと多忙で結局ブログを一度も更新することができませんでした。

ゴールデンウィークが明けた後に有給休暇を取り、グアムへ家族旅行へ
行ってきました。

混雑するゴールデンウィークをあえて避けて行くのがポイントです(笑)

というわけで、しばらくグアムの写真が続くと思いますのでお付き合いください。


b0290189_18015495.jpg
今回は赤子連れということもあり、安心のJALを選択。
機材はB767-300ER (JA606J)  機齢15歳のベテランです。

と言ってもキャビンは JAL SKY SUITE(JAL SKY WIDER)ですから
足元も広くて、とても快適です。

上の写真はスマートフォンのカメラですが、本当に最近のスマホは非常に
よく写りますね・・・コンデジが全く売れなくなったのも納得できます。






b0290189_18015461.jpg
わずか3時間半のフライトで、あっという間にグアム上空に到達。

この時点で2300フィート(約700メートル) 速度190kp/h(約350km/h)
グアム国際空港へ向けてファイナルアプローチ

この後すぐに約90度の左旋回を行います。






b0290189_18015493.jpg
ファイナルターン後、滑走路に正対して降下中。
グアムの中心街が見えてきます。

もちろん忍者レフを使いました。

しかも、赤ん坊を抱っこしながら撮りました(笑)






b0290189_18015573.jpg
今回お世話になったホテルはハイアットリージェンシーです。

こちらに4泊させていただきました。






b0290189_18015436.jpg
グアムには以前にも行ったことがありますが、ハイアットに泊まったのは
初めてです。

日本語を話せるスタッフも何人かいるようですが、滞在中には一度も
日本語スタッフとは話さなかったです。






b0290189_18015555.jpg
渡航前にメールで問い合わせを送った際には、日本人の方がとても
丁寧に返信してくれたので、小さい子供連れには安心感がありました。






b0290189_18302294.jpg
数あるグアムのホテルの中でも、ハイアットリージェンシーは高級な部類に
入ります。 敷地がとても広く、プールも充実しています。







b0290189_18015515.jpg
いかにも南国という景色ですよね!

続きは、また近いうち(たぶん)にアップさせていただきます。





[PR]

by view-finder | 2018-05-15 18:36 | 風景 | Comments(4)
2018年 03月 28日

目黒川で全開率100%

b0290189_17571939.jpg
3月27日に目黒川の桜が十分咲きになりました。(当社調べ)

場所によっては3月28日(本日)に十分咲きとなりました。
日当たりによって若干の差があることは仕方ありませんね。






b0290189_17572040.jpg
老若男女たくさんの花見客で賑わっています。

外国の方も近年どんどん増えてきています。

海外でも目黒川は桜の名所として有名になっているのかもしれません。






b0290189_12040754.jpg
よく言われることですが、「満開」というのは「八分咲き」のことで
十分咲きとは異なります。

どちらが良いかは好みですけどね。






b0290189_17572043.jpg
今年は珍しく桜が開花してからずっと良い天気が続いています。

毎年だいたい途中で桜流しの雨が降るのですが、今年はそれがありません。

この先の天気予報も晴れ続きなので長持ちするかもしれませんが、
早く咲いた花びらはすでに散り始めています。

今週末には桜吹雪となっていることでしょう。

目黒川の桜は、あと1回だけアップします。


Nikon D7100
Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED(C-PL)
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM(C-PL)




[PR]

by view-finder | 2018-03-28 18:15 | 風景 | Comments(6)
2018年 03月 23日

桜開花状況(目黒川)

東京では3月17日に桜の開花宣言が出ました。
これは観測史上2番目の早さとのこと。

最も早かったのは2002年と2013年の3月16日。
2013年は私のブログでもお伝えしました。

開花に至るまでの様子を記録しておきました。
ほとんどスマホでの撮影ですがご了承ください。


b0290189_18045750.jpg
3月13日
気温がぐんぐん上がって蕾が急に膨らみました




b0290189_18060871.jpg
左:3月14日 / 右:3月15日






b0290189_18060935.jpg
左:3月16日 / 右:3月17日






b0290189_18060970.jpg
3月19日






b0290189_18060963.jpg
ミモザ(フサアカシア)も咲いています。






b0290189_18060820.jpg
3月23日(今日)

桜まつりの準備がようやく整ったようです
予想外に早く咲いてしまいましたからね







b0290189_18060869.jpg
全体的には5分咲きくらいだと思います

来週中頃(3月28日前後)に最も見応えのある
十分咲きになると私は予想しています

十分咲きの圧倒されるような迫力を味わえるのは
本当に短い間だけです

目黒川でお花見する予定がある方の参考になれば幸いです


[PR]

by view-finder | 2018-03-23 18:21 | 風景 | Comments(0)
2018年 03月 07日

橋とスカイツリー

b0290189_17035607.jpg
今や東京の下町で最も存在感を放っているのは
東京スカイツリーに違いないでしょう。

どこに居ても、その姿を見ることができます。

そして、東京の下町(城下町)といえば川が多いのが特徴です。

今はかなり埋められてしまいましたが、江戸の頃は縦横無尽に川や水路があり、
東洋のベニスとも言われていたと聞いたことがあります。

江戸時代の古地図を見てもそのことが良くわかります。






b0290189_17035565.jpg
だから、東京の下町には今も川が多いです。

川が多いということは、必然的に橋も多くなるわけですね。

江戸の方言に「むこうがし(向こう河岸)」とか「こっちがし(こっち河岸)」と
いう言い方があるのですが、会社の同僚にもそのような言葉を今でも使っている人がいます。
(あっち側、こっち側、の意味)

江戸の町と川の関係を良く表している言葉だと思います。






b0290189_17035557.jpg
東京タワーは山の手側にあるので川は少なく、スカイツリーのあるエリアとは
だいぶ雰囲気が違うんですよね。

東京にある2つのシンボルタワーを色々な面で比べてみるのも面白いです。









[PR]

by view-finder | 2018-03-07 17:26 | 風景 | Comments(8)
2018年 02月 19日

ZUSHI

b0290189_17322028.jpg
逗子は大好きです。

外国っぽい雰囲気もあって気に入っています。

オシャレなRon Herman(ロンハーマン)カフェでランチやお茶をしながら
海や富士山を眺めてみてはいかがですか?







b0290189_17322104.jpg
10月の台風により無残に破壊されたフェンスが痛々しかったですが、
あいかわらず眺めは最高です。






b0290189_17322174.jpg
ちょっと金曜ロードショー入ってますね・・・

古い世代限定ネタ(笑)





b0290189_17322152.jpg
三浦半島の西側からは基本的にどこからでも富士山は見えますが、
その中でも逗子から見る富士山はすごく好きです。

江ノ島とのバランスが良いと思います。







b0290189_17322053.jpg
春になると霞んだ空が多くなって、このようにくっきりと富士山のシルエットが
見える夕焼けはだんだんと見られなくなるでしょうね。

私は花粉症なのですが、だんだん花粉を感じるようになりました・・・

毎年のことですが、憂鬱な季節が到来です。







[PR]

by view-finder | 2018-02-19 16:18 | 風景 | Comments(0)
2018年 01月 26日

大寒波の透明感

b0290189_17162722.jpg
大寒波到来ですね。

日本中が寒気に包まれています。

東京でも雪が積もり、気温は氷点下、33年ぶりに低温注意報が出ました。

北国育ちの私としては、「マイナス4度ごときでそれほど騒がれましても・・・」
というのが正直な気持ちなのですが(笑)







b0290189_17162641.jpg
低温と乾燥の影響(恩恵)により、昨日は視程が抜群に良く、美しい黄昏と
夜景を見ることができました。

さすがに地上150メートルの吹きさらしは、ちょっと寒いと感じました(笑)

風がなければ全く平気ですが、風があると体温がどんどん奪われます。

三脚禁止、ガラス越し、そして普及価格帯のレンズとボディでもこの程度は
写るので、もっと良い条件なら更に良い写真を撮れるはずです。







b0290189_17364075.jpg
距離10km以下のスカイツリーと、100km以上離れている富士山が、
大げさではなく同じくらいハッキリと見えました。

都会の夜景を撮るための条件(平日、仕事が休み、良く晴れている)が
全て揃うことは滅多にないので昨日はラッキーでした。

それにしても、東京は雪と寒さに弱いと改めて感じた1週間でした。

北国の方が東京の 大雪 のニュースを見ると一笑に付すことでしょう。

かつては私もそうでしたから(笑)




撮影日:1月25日
Nikon D7100
Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED
絞り優先AE+0.7補正|F10|ISO200|70~155mm(換算105~232mm)
三脚は使用禁止


[PR]

by view-finder | 2018-01-26 17:37 | 風景 | Comments(4)
2018年 01月 05日

START UP 2018

b0290189_17160624.jpg
暮も押し迫った頃に身内の不幸があり、あまりにもバタバタとした年末年始となりました。

そのため、毎年恒例の1年を振り返る記事をアップする時間がありませんでした。

年末のご挨拶もできずに申し訳ありませんでした。






b0290189_17160671.jpg
そういうわけなので、年末年始はほとんど何処にも出かけることはできませんでしたが
東京タワーに表示された2018という数字を見て、新しい年が始まったのだなぁと
かろうじて実感することができました。





b0290189_17160653.jpg
新しい年を表示するのは元日から3日まで(三が日)だけです。

立ち並ぶビルの隙間から見えた東京タワー。




b0290189_17160590.jpg
タワーの上から下まで完全におさめるのも良いですが、このように隙間から
覗く東京タワーも面白いです。




b0290189_17160523.jpg
お正月の六本木は閑散としていました。

ここまで離れると2018の数字もほとんど見えません(笑)

2~3年前までは、南東の面に表示されていたはずですが、ここ最近は
南西方面に表示されているようです。

南東方面であれば増上寺の境内から良い画が撮れるんですけどね・・・
是非また南東方面にも表示して欲しいものです。

なんなら、ケチらずに全部の面に表示してもらっても構いません!




最後はオマケで、首都高を走行中に見えた東京タワーの映像です!
ドライブレコーダーの映像なので画質は良くありません。





本年も引き続き当ブログをよろしくお願いいたします!



[PR]

by view-finder | 2018-01-05 17:51 | 風景 | Comments(17)
2017年 12月 22日

未来に残したい風景

b0290189_17245677.jpg
以前の記事で続きを投稿する予定だったことを、すっかり失念していました。

あまりにも遅すぎて、いまさら感がありますが・・(笑)






b0290189_17245707.jpg
まだ11月の始めでしたからね。 

さすがに今(12月下旬)の時期は、海に入ろうと思う人は少ないでしょうね。







b0290189_17245678.jpg
ちなみに、この場所でも過去記事「SNSの影響力」と同じことが起きていました。

以前は本当に人が少なかったのに、あ・・あ・・あまりにも大勢の観光客が
押し寄せて来て、とても驚きました。

何十人という団体が突然現れたり。

大型バスでやって来るんですかね?
観光ツアーに組み込まれているのでしょうか?

もう、知る人ぞ知る風景などでは完全になくなってしまったようです。







b0290189_17245664.jpg
この最後の写真は、素晴らしい瞬間でした!

撮影が終わってカメラも三脚もしまって、さぁ帰ろうと車を出そうと思い、
ふと海のほうを見てみたら・・・空と海が大変なことになってました。

慌てて三脚とカメラを再びセット。

そのタイムラグのせいで一番綺麗な瞬間は逃してしまったのですが・・・

やっぱりこの時間帯は勝手に自分で見切りを付けてはダメですね!!!

日没後、最低40分は様子を見なければダメだということです!

この時は水没した足が冷たくて(笑)早く撮影を切り上げたかったから
というのが敗因です。

それと、少し高い場所から眺めることにより、絶妙な角度で残照が反射していた
ことも理由だと思います。

ほんのわずかな角度で反射の仕方が大きく変わりますよね。

スローシャッター(2秒)なのに写っている女性がブレていないのも良かったです。
この女性もご自身のスマホで撮影する際に、ブレないように静止していたからですね。







b0290189_17245740.jpg
これは2016年4月に行った時の写真です。

この頃くらいまでは、まだまだ人が少なかったです。

この時点で撮影していた人は、私を除いてたったの1人でした。

桟橋も壊れておらず、桟橋の先端まで歩いて行くこともできました。

ぼんやり富士山も見えます。

こういうのんびりした雰囲気はもう見られないのですかねぇ。








[PR]

by view-finder | 2017-12-22 17:58 | 風景 | Comments(4)