2018年 03月 07日

橋とスカイツリー

b0290189_17035607.jpg
今や東京の下町で最も存在感を放っているのは
東京スカイツリーに違いないでしょう。

どこに居ても、その姿を見ることができます。

そして、東京の下町(城下町)といえば川が多いのが特徴です。

今はかなり埋められてしまいましたが、江戸の頃は縦横無尽に川や水路があり、
東洋のベニスとも言われていたと聞いたことがあります。

江戸時代の古地図を見てもそのことが良くわかります。






b0290189_17035565.jpg
だから、東京の下町には今も川が多いです。

川が多いということは、必然的に橋も多くなるわけですね。

江戸の方言に「むこうがし(向こう河岸)」とか「こっちがし(こっち河岸)」と
いう言い方があるのですが、会社の同僚にもそのような言葉を今でも使っている人がいます。
(あっち側、こっち側、の意味)

江戸の町と川の関係を良く表している言葉だと思います。






b0290189_17035557.jpg
東京タワーは山の手側にあるので川は少なく、スカイツリーのあるエリアとは
だいぶ雰囲気が違うんですよね。

東京にある2つのシンボルタワーを色々な面で比べてみるのも面白いです。










by view-finder | 2018-03-07 17:26 | 風景


<< 桜開花状況(目黒川)      ZUSHI >>