2016年 11月 22日

目黒川の桜もみじ

b0290189_11350438.jpg
この1週間ほど、目黒川沿いの桜もみじが見頃を迎えていました。

職場のすぐ近くなので、毎日カメラを持参して昼休みにちょくちょく
撮影していました。






b0290189_11350722.jpg
撮影日は11月16日から21日です。

ほとんどの写真は「Nikon 1 J1」+「1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6」の
組み合わせで撮影。

フルサイズ換算で、おおよそ80mm-300mmの画角に相当します。

最後の1枚のみレンズが「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」







b0290189_11350950.jpg
どうも、桜の紅葉はカエデ(モミジ)と比べるとあまり人気がないようです。

桜は紅葉しない、と思っている人すらいるかもしれませんね。もしかすると。

「桜もみじ」という季語もあるんですけどね。

春には、あれほどものすごい花見の見物客で賑わうのに、紅葉の季節は
「あえて」見に訪れる人はほとんどいない印象です。






b0290189_11350772.jpg
たしかに、カエデ(モミジ)のような鮮やかさとか、光に透かした時の
感動的な美しさなどはないかもしれません。

葉っぱが厚くて光をあまり通さない、表は色づくけど裏は地味。







b0290189_11350675.jpg
でも、私は桜の紅葉もすごく好きなんですよね。

毎日のように通る場所だから、一番の見頃を見逃さないということもありますが。








b0290189_11350810.jpg
川沿いの並木と東急目黒線。

今回、久しぶりに家で眠っていたNikon 1 J1を引っ張り出してきたのは、
会社に一眼レフ+交換レンズを持ってくるのが重たくて億劫だったからです(汗)

特に私の場合は望遠ズームが必須なので。
車なら全く気になりませんが、満員電車ですからね・・・

ふだん使い慣れているレンズやカメラ(D7100)で撮りたいという気持ちも
あったことは確かですが、想像しただけでちょっと辛くて。

完全に老化ですね(笑)







b0290189_18260738.jpg
J1はセンサーが1インチですし、5年も前の機種なので、それなりの
写真しか撮れませんが、記録写真としては使えるかもしれません。

小さくて軽いので、持ち歩くのが全く苦じゃないです。

それって、けっこう大事なことなのかもしれませんね。

とにかく常にカメラを持っていることが何より大事
なのではないかと。

撮りたいと思った時にカメラがあること!
(スマホでも別にいいのですが)

実はスナップ写真もけっこう好きなので。


そんなことをここ数日間で考えていました。

最近は小型軽量かつ素晴らしい画質のミラーレスカメラがたくさんありますね。

そういう意味では、SONYのフルサイズ・ミラーレスなんかは、とても魅力を
感じますね。

そのうち私も小型軽量機がメインカメラになる日が来るのかもしれません(笑)



撮影データ(共通):
Nikon 1 J1|1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6(最後の1枚のみ)
絞り優先AE|F3.8~5.6|ISO100~400|RAW(最初の1枚目のみJPEG)


00000010_13281537.png


by view-finder | 2016-11-22 12:35 | 風景


<< 明日に向かって      夜の東京国際空港 >>