2014年 09月 02日

エアバス A330 / A340

b0290189_19024069.jpg
羽田空港 C滑走路(RWY 34R)を離陸するルフトハンザドイツ航空のミュンヘン行き。

機体はエアバス社のA340-600。

この機体は昔から気に入っています。形がすごく好きなのです。

とにかく機体が長い・・・
この流麗なフォルムにエレガントさを感じるのです。

上の写真はトリミングしています。(距離が遠いので・・)
空の具合が良くないのが残念です。




b0290189_18304769.jpg
ボーイング747-8が登場するまでは、世界最長の民間航空機でした。
747-8はアッパーデッキがありますが、このA340はシングルデッキなので、
見た目にはこちらの方が長く見えますよね。

この機体は、上昇がとても緩やかなことで知られています。
ギアアップが遅いことでも有名ですね(笑)

ドッカン!と力強く上がっていく飛行機も迫力はありますが、
ゆっくりと優雅に上昇していく様も品があって好きです。




b0290189_00165427.jpg
ウイングレットから微かにヴェイパーが出ています。

ちなみに、A340のカラーリングとしては、ヴァージン・アトランティック航空が
一番好きです。

ルフトハンザのはちょっと地味かなと思います(笑)

このA340は、すでに生産が終了しています。
今飛んでいる機体も随時退役していくでしょうから、今のうちにたくさん
見ておきたいです。

初期型のA340は巡航速度が遅くて他の飛行機に上空で抜かされるし、4発機ゆえに
燃費でも不利だし・・・消えてゆくのは時代の流れなのかもしれませんね。

効率の良さを求めるのは航空会社としては当然のことですが、世界中の飛行機が
みんな双発機だらけになってゆくのは寂しいですよね。




b0290189_18445798.jpg
こちらは同じ日に撮ったエアバスA330-300です。

フォーカスポイントの選択ミスにより、ちょっと機体の位置が悪いですが
気にしないでください(笑)

A330とA340は基本的な構造は同じです。
タイトルを「A330/A340」としたのは、そういう理由です。

ざっくり言うとエンジンが2つか4つかの違いということです。

しかし、A340も長胴型の-500型と-600型は翼が改良されています。
エンジンもパワーアップして巡航速度も上がりました。



b0290189_18481835.jpg
スカイマークのA330です。

こちらも同じくA330-300型。

A330は-300が標準で、短胴型の-200もあります。
エンジンは同じですが、-200は航続距離がより長くなっています。


ミニスカCAのことが物議を醸したスカイマークのA330ですが、
それとは関係なく全席プレミアムクラスというのは魅力的ですよね。

スカイマークのB737は乗ったことがありますが、A330も一度乗ってみたいです。





[PR]

by view-finder | 2014-09-02 19:04 | 城南島 | Comments(2)
Commented by hanashigai at 2014-09-05 19:25
エアバスシリーズ良いですね♪

スカイマークカラーのA330も綺麗です!
初期の頃に導入されていたB767を思い出します。
スカイマークはA380の事が残念でしたが、苦労人の友人が整備で頑張っているので、
危機を乗り越えて欲しいと思っています。

最初の関空撮影でルフトハンザのA340-600を見た時は、その大きさとスタイルに圧倒されました。
衝撃度としてはA380を見た時よりも上だったと思います。
細い分、長さが強調されてとにかくデカく見えたのです!

今年は予定していた夏の関空撮影(郡上八幡や乗鞍も)は叶いませんでした!
スケジュールは確保できたのですが、天候があまりにも悪すぎて・・・。


Commented by view-finder at 2014-09-07 22:45
▼ hanashigaiさん

スカイマークは当初は767オンリーでしたよね。懐かしいですね。
ご友人がスカイマークの整備士なんですか?
会社が大変な状況だと思いますが、なんとか危機を脱することができるといいですね。

A340-600は初めて見ると本当に圧倒されますよね!
僕も初めて生で見た時は驚きました。そして惚れました(笑)
たぶんA340もどんどん退役が進むと思うので、今のうちですよね。

関空に行けなかったのは残念でしたね。
どうも最近大荒れの天気が多いですよね。
自然にはいくら頑張っても勝てませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 羽田空港夜景      熱海海上花火大会(毎年恒例) >>