2013年 12月 02日

海ほたるでヒコーキ撮影

昨日(1日)は東京湾アクアラインの途中にある海ほたるで初めてヒコーキを撮影しました。

ご存知の方も多いと思いますが、海ほたる東京湾アクアラインの途中にある
海に浮かぶパーキングエリアです。

今まで何度も立ち寄ったことはありますが、そこでヒコーキを撮ったことは
ありませんでした。距離がちょっと遠いということもあります。

でも、冬は夕焼けが綺麗で、都心の夜景とも絡められるのではないかと思って
撮影を試みました。

b0290189_18465993.jpg

日没の数十分前に到着して展望デッキに出てみると・・・
冬なのに都心方面はかなりガスっていました。
都心方面を写すことは早々にあきらめました(笑)

でも、ガスっていることが幸いして、かえって空は良い味を出していました。
なんとも形容しがたい淡いグラデーションで、海も空もとても良い感じです!
思わず興奮いたしました。

上の写真はホワイトバランスは撮影時のまま(太陽光)ですが、色々と編集を
がんばってみても、実際に目で見たような色合いにはなりませんでした。
自分の技術のなさを痛感いたします・・(笑)



b0290189_16230711.jpg
JALのボーイング767がファイナルアプローチしてきました。
雲が適度にあることで空に表情が出て良い感じです。


b0290189_18584284.jpg
夕日をバックに・・・
実に良いです!!!

願わくば、もうちょっと太陽とヒコーキの距離が近ければ良いと思いました。


b0290189_17034775.jpg
JA8674。ボーイング767。
ANA創立60周年記念特別塗装機です。通称ゆめジェット

ちょっと露出的に厳しいというか、逆光ゆえに機体が暗くなってしまいましたが、
他機がニアミスっぽく写りこみました(笑)


b0290189_19074296.jpg
太陽が沈みました。

ヒコーキを撮ることを目的に海ほたるへ行ったのですが、この日は空と海の
表情が素晴らしくて、飛行機よりも風景に目を奪われていました。

着いてしばらくの間、シャッターを押すこともできず、ただただ美しい風景に
溜め息をついていました。

枚数が多くなってしまいますので、風景の写真は次回にアップいたします。




[PR]

by view-finder | 2013-12-02 19:11 | 飛行機 | Comments(2)
Commented by hanashigai at 2013-12-12 00:30
どれも美しいですね!
飛行機を撮る時の「空の表情」が大切であるのを改めて理解しました。
三枚目の写真はこれで完璧だと思いますよ~!
「太陽と飛行機の距離」と云うのは、機体の高さの事だと思いますが、青い空、夕焼け空、その境界にたなびく雲、海と空の比率、太陽の位置、飛行機の位置のバランスが完璧ですし、
逆になにか一つの要素がずれると・・・特にこのタイミングより低い高さに機体があると、縦構図が成立しにくくなると思いました。
やはり空のブルーが美しさの印象を高めていると思うので、その色を画面に存在させるためにも飛行機の位置は、今回撮られた位置で良いと思いました。
と勝手に長々と評論してしまい申し訳ありませんm(_ _)m
自分も撮ってみたいと素直に感じさせて貰える、素晴らしい写真です\(^o^)/
Commented by view-finder at 2013-12-12 16:29
▼ hanashigaiさん
すごく丁寧でわかりやすいご講評をいただきまして嬉しいです!
ありがとうございました。

「太陽と飛行機の距離」の意味はおっしゃるとおりです。
本当は、もっと太陽に近い位置を飛行機が飛ぶのを横位置で撮りたいと思ったんですが、
無理そうだったので縦構図にしました。

構図については、黄金分割というものを僕もいちおう理解はしていますが、
あまりそれを意識して撮ることはなく、自分の直感と言いますか、なんとなく
この位置が良いなと思うところで撮っています。

それって、平たく言えば 「テキトー」 ということになるのでしょうね(笑)

でも、お褒めいただけたことで、すごく励みになりました。
これからも色々とご教授いただければ幸いです。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 海ほたるでヒコーキ撮影(2)      紅葉の東京 >>