2013年 01月 07日

江戸城ライトアップ

b0290189_15571651.jpg

江戸城

現、皇居 ~ The Imperial Palace

先月23日の天皇誕生日から特別にライトアップされていました。
昨日(6日)で終わってしまいましたが・・・

城の巨大な堀とか石垣を見るたびに、よく重機も使わずにこれだけの物を作れたものだな
と関心します。

それは日本各地の城、もっと言えば世界中にあるさまざまな遺跡にも言えることですが。

江戸の町(あくまでも江戸時代の江戸)や、江戸城に対する思い入れは、
とても深いものがあります。

歴史小説好きなのも影響していると思いますが。

「江戸城・・・?ってどこにあるの?」 と言っていた友人が身近にいます。
歴史に無関心な人はそんなもんなんでしょうか・・?
いや、そんなわけないですよね!
しかも東京に住んでる人ですよ、その人は。
江戸愛好家の私としては、驚きのあまり顎が外れそうになりました(笑)

もしもタイムマシンがあったら真っ先に行ってみたいのが江戸なんです。
江戸時代といっても約260年ありますけどね・・・

とりあえず、「剣客商売」や「仕掛人・藤枝梅安」の舞台となった江戸の中期頃に
行ったみたいですね。 

池波正太郎の小説は、ほとんど全部持っています。かなり好きです。
そのことについては、おいおいと・・・(笑)

<Nikon D90 AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 三脚使用>
[PR]

by view-finder | 2013-01-07 16:16 | 風景 | Comments(6)
Commented by hanashigai at 2013-01-08 06:21
おはようございます
此方の写真も美しいですね!?とても丁寧な作業をされて撮られているのが伺えます。
私は城には詳しくありませんが江戸城が何処にあるかくらいはもちろん(苦笑)でも興味が無いとそんなものかも知れませんよ~!
以前、仲良くさせて戴いてた京大出身の女の子が「石垣島」が沖縄県に在ると知らなかったのに驚きましたから!

D4、イイですよね~。
僕も「超余裕」があれば欲しい・・・かも?ですが、あの重い機材を2台もぶら下げて仕事するのは考えただけでグッタリかも(^_^;)スペック的にも自分にはオーバーですし。
D300、D700をメインに使ってますが、この二機種は操作系が全く同じなので同時仕様がスムーズなんです。
これって瞬時に設定をイジる場面が多いので僕にはかなり重要なんですよ~。
D700はセンサーがD3と同じなので高感度に強く重宝してます。(今なら中古が手頃価格な筈ですから良いかも知れませんよ)

昨年末、D7000を手に入れましたが、高感度はD300よりはマシな程度でD700には及ばない印象でした。
しかも操作系が他の二機種と全く違うので、今でも戸惑いながら使ってます(^_^;)
もちろん良いカメラなので使い倒します(^O^)/

Commented by view-finder at 2013-01-08 12:43
hanashigaiさん
お褒めの言葉をいただきまして恐縮です・・・ありがとうございます。
今は高感度を使えば夜景も手持ちで撮れてしまいますが、やっぱり
ノイズが気になりますので。
あと、フィルム時代の習慣がいまだに抜けないのか、夜景=三脚 という考えがあります。
三脚を使ってしっかり構図を決める、そういう作業も楽しいですよね。
そのうち三脚なんてどんどん減っていくのですかね?

僕もD4は、すごく余裕があれば買ってみたいとは思いますが、
今の自分にはあまり現実的ではないなと。

D3って、ある意味革命的なカメラですよね?
D3以前とD3以降では、かなりの違いがあると言いますか、逆にD3以降の
カメラはまだまだ画質的には現役で使えるというか、劇的な進化はして
おらず、むしろレンズを変えたほうが劇的に変わると、ある写真家の方が
おっしゃっていました。

D7000の後継機種が出たら買おうか、もしくは、D600にしようか・・・
今はそんなことを考えております(笑)
D700の中古という手もありますよね・・・うぅむ・・・悩みますね。

hanashigaiさんはたくさんのカメラをお持ちなんですね。
プロのカメラマンのお仕事をなさっているのでしょうか?
Commented by hanashigai at 2013-01-08 20:22
僕も三脚には気を使ってますよ~。
昼間でも風景をじっくりと撮る時は三脚は必須ですよね。
三脚は高価&荷物になるので多くの方は敬遠されますが、表現の幅を広くえきるので有るに越したことはないですし、
手持ちで高感度が必要と考えて無理やり撮ると、余分な光も拾ったりノイズも出たり、まだまだ犠牲にする要素が多いと撮影結果を観る度に感じてるのが現状です。(街スナップのような速写性を求める場合は邪魔在にもなりますが)

なるほど!D3以前とD3以後、解りやすい表現ですね。
D3以前は、デジよりフィルムの魅力に軍配が在ったのが個人的な気持ちです。
ニコンで謂うと新レンズがようやくボディ性能に追いついて来たと感じてて、画像素子の高画素化もまだ追求できるでしょうけど、レンズの解像度がなければ無意味ですし、例えばD800がよいなぁ~!と思っても見合ったレンズが手持ちに無いので高画素化の弊害が現れる確率の方が気にリます。
D700は良い加減ですよ(笑)

僕は一応、仕事で使わってますが、個性を活かせる写真家では無いので、もっと頑張らなければいけません(汗)

Commented by view-finder at 2013-01-09 16:32
▼ hanashigaiさん

非常にためになるお話をありがとうございました。
D800はレンズの良し悪しが如実に現れるでしょうね。
さすがにD800のボディに加えて高級レンズまで揃える余裕はありません(笑)
D600も使いこなせるかどうか・・・
そうなるとD700というのは良い選択かもしれませんね。
D7000の後継機は、D300sとD7000を統合させたようなものになる、
そして今年中には発売になるのではないかという噂もあり、それがかなり
気になっております(笑)
やっぱり、フルサイズのほうが良いのですかね?
僕は飛行機を撮ることが最近とても多いので、フルサイズ機でもクロップモードとか
けっこう使ってしまいそうですし、それなら最初からAPS-C機でもいいのかな?
などといろいろ今から悩んでいます(笑)
画素数はそんなにいりません。
データの扱いも大変ですし・・・ノイズのこともありますし。

hanashigaiさんは、やはりプロの方なのですね。
レベルが違うなと思っていました。これからもたくさんお写真を拝見して
勉強させていただきます!
Commented by hanashigai at 2013-01-12 23:37
こんばんは
APS-Cはとてもバランスのとれたボディだと思っています。
僕も2機使っていますし、特に航空機のような圧縮させた距離感が欲しい被写体には適していますよね。
ニコンユーザーはD300、D7000の次のボディが待ち遠しいところだと思います。
僕は買ったばっかりなので次のは見送りますが(笑)

フルサイズはフィルム時代の間隔が染み付いている場合には使いやすいのですが、大きさと重さがネックで機動性に掛ける(比較論ですが)ので、撮影するリズムみたいなものが変わって来る気がしています。(高感度には少し余裕があるので光源の少ない場所では重宝しています)

僕は伊丹では広角をD700、望遠をD300と使い分けています。
夕方以降はD700オンリーですが、そうなると望遠側が物足りないのが玉にキズと言った具合です。
年に2、3回程度しか行けないので我慢出来るンですが(笑)
余裕があればレンズ欲しいですね(^_^;)
Commented by view-finder at 2013-01-15 14:36
▼ hanashigaiさん

フルサイズとAPS-Cの2台体制って良いですね・・・
僕もそれをやりたいくらいです(笑)

なんだか最近はフルサイズがどんどん普及してきていますね。
価格が下がってきていますね。

理想としては、風景写真にはフルサイズ、飛行機写真はフルサイズと
APS-Cの2台体制でやりたいです!

たしかに大きさと重さは、非常に重要なポイントですよね。
あまり重たすぎると、撮影していて疲れるんですよね(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< TOKYO エアポート      流し撮り ~ 夜の空港 >>