タグ:B787 ( 35 ) タグの人気記事


2016年 05月 09日

久しぶりの京浜島

b0290189_18255088.jpg
いつ以来でしょうか。

ものすごく久しぶりに、京浜島から着陸機を撮影してきました。

撮影日はゴールデンウィーク最終日の5月8日。
ガスっていて視程も悪く条件的に厳しかったのですが、あまりにもブランクが
あくと撮り方を忘れてしまいますので、練習を兼ねて行ってきました。

SKY TEAM塗装のA330は初めて撮りました。






b0290189_18292073.jpg
JALの787も本当に久しぶりです。

最後に撮ったのはいつだったか・・・思い出すことすらできません(笑)







b0290189_12491413.jpg
ソラシドエアのくまモン機。

737は普段あまり撮らないのですが、これは押さえておきました。

熊本の皆さんは今も大変な状況が続いていると思いますが、
気持ちをしっかりと持って困難を乗り切って欲しいです。






b0290189_18320355.jpg
すごく久しぶりに来たのですが、以前とちょっと景色が変わったことに気が付きました。

以前は、この滑走路(Bラン)の横に盛り土などが置いてあり、視界を妨げて
ゴチャゴチャとした風景だったのが、いつの間にかそれらがなくなっており
スッキリしていました。






b0290189_18341132.jpg
こんな感じで、Bランにタッチダウンする瞬間を綺麗に真横から撮ることは
以前は出来なかったと記憶しています。

この角度からアップで狙うと、けっこう迫力のある着陸シーンが撮れそうです。

まだ一部に盛り土が残っていますが、それらもいずれ消滅するかもしれません。







b0290189_12492974.jpg
75周年目を迎えたフィリピン航空(PR)

やっぱりエアバスA330のスタイルはとても好きです。
ヒップが上がっているのも気に入っています。

タッチダウン直前、スレッシュホールドの白いペイントの反射によって
機体底部が明るくなる瞬間があります。



久しぶりに超望遠ズームを手持ちで振り回していると腕が痛くなりました(笑)

私が使っているレンズとカメラなんて、たいした重量ではないのにこのザマです。

これはマズイ、たまには撮影しないとダメだなと痛感した次第です。







[PR]

by view-finder | 2016-05-09 18:45 | 京浜島 | Comments(2)
2015年 11月 02日

エアボーン(Airborne)

b0290189_16274673.jpg
1年以上ぶりに展望デッキから離陸を撮影しました。

飛行機マニアにはあえて説明の必要はありませんが、エアボーン(Airborne)とは
飛行機が地面から離れた瞬間、離陸した瞬間のことを指します。

上の写真はAIRDO(エアドゥ)のボーイング767-300ER






b0290189_09284455.jpg
787がエアボーンする瞬間の主翼の反り返り具合は、いつ見ても良いですね。

「最新でピカピカ」というイメージがあった787も、汚れが目立つようになりました。

早いもので、ANAが787を初受領してから4年も経つんですよね。







b0290189_16390183.jpg
羽田空港第2ターミナルの展望デッキから離陸を撮ることは、空港の外で
撮影するのに比べて自分にとっては難しいです。

ここは照明灯が非常に邪魔なんですよね。
照明灯と照明灯の間に来た瞬間のみがシャッターチャンス・・・という感じです。







b0290189_10550636.jpg
ここが羽田空港第2ターミナルの屋上展望デッキなわけですが・・・
このワイヤーフェンスも慣れないと苦労する人がいるみたいですね。

私はワイヤーフェンスはさほど気にならないのですが。







b0290189_16452405.jpg
休日に展望デッキに行くことは最近はまずありません。

理由は、混んでいるから(笑)

人混みの中で撮影するのが嫌いです。
というよりも、人混み自体が苦手です・・・







b0290189_17030935.jpg
わずか30~40分の滞在だったので、とても物足りない感じでしたが
しばらく行くことはないでしょう(笑)







[PR]

by view-finder | 2015-11-02 17:11 | 羽田空港 | Comments(2)
2015年 10月 24日

Dreamy

b0290189_18595686.jpg


Dreamy(どり~みぃ)

【英語/English】
・空想[幻想]にふける.
・夢のような,非現実的な.
・夢見るような,美しい.
・ぼんやりした,おぼろげな.



いつもの作風とは違いますが、こういう写真も好きなんです。

この日はヘイジーで視程が悪かったので、それを逆手にとりました。


タイトルはお気づきだとは思いますが、Dreamy と Dreamliner(B787)を
かけたんですけどね・・・(笑)




[PR]

by view-finder | 2015-10-24 19:19 | 城南島 | Comments(2)
2015年 06月 10日

アップで迫る

b0290189_19152070.jpg
久しぶりにアップで迫った写真です。

最近あまりこういうヒコーキ写真を撮ってませんでした。

情景写真が一番好きなのですが、たまにこういうアップ系も欲しくなるんです(笑)






b0290189_19174182.jpg
後ろ姿。

太陽が水平線に沈む直前の時間帯です。

何を撮っても絵になる時間帯ですね。
まさにマジックアワー

マジックアワーは、厳密には太陽が水平線に沈んだ後の薄暮の時間帯を言う
ようですが、私的には、雲が水平線近くにあって柔らかい光になっていれば
マジックアワーと呼んで差し支えないと思います。






b0290189_19221033.jpg
もはや、本当に空を飛んでるのかどうかもよくわからない写真(笑)

光の具合がすごく綺麗だったので・・・

ノーズギア(車輪)を格納する扉に「701」という数字が書いてありますよね?

これは飛行機が固有に持っている機体番号を示しています。

この飛行機の機体番号は「JA701A」ですが、JA は日本国籍の全ての機体に付く
共通のものです。

最後のAは「ANA」の頭文字。これも全てのANA機は共通。
(ただし、古い機体など一部例外あり)

従って、真ん中の「701」という数字だけで、正確な機体番号がわかるわけです。

ちなみに、701の「7」はボーイング77であることを示しています。

長くなりましたが、ちょっとした豆知識でした。






b0290189_19294912.jpg
こちらはボーイング787。

機体番号は「JA833A」

先ほどの法則のとおりです。

833の「8」は、77を意味しています。

ちなみに、ボーイング77の機体であれば「JA622A」という感じです。


上の写真の機体は787-9で、ストレッチ型(長胴型)なのですが
違いがわかりますでしょうか。

ちなみに、基本型の787-8は下の写真。

b0290189_22562748.jpg
全く同じ角度の写真はなかったのですが、違いがわかりますか?

詳しい説明は割愛しますが、ハッキリ言って、マニア以外は一瞬で
判断することは難しいでしょう(笑)






b0290189_19341533.jpg
こちらは777ですね。

今回は知っていてもほとんど役に立たない無駄なウンチクが多くて失礼いたしました(笑)



ところで、昨日の首都圏は素晴らしい夕焼け空となりました。
色々な場所であの感動的な夕焼けをご覧になった方が多いと思います。

b0290189_22564987.jpg
私は職場の近くで眺めることができました。

ちゃんとしたカメラは持ってませんでしたが、なんとかスマホで撮りました。

今まで見た夕焼けの中でも、ものすごく印象に残る空でした!
間違いなく、今年見た中では一番美しかったです。

梅雨は鬱陶しいですが、たまに梅雨の晴れ間にこのような劇的な空が
突如として出現することがあるので面白いですね。






[PR]

by view-finder | 2015-06-10 19:47 | 城南島 | Comments(0)
2015年 06月 04日

京浜島夕景

b0290189_16593460.jpg
羽田空港のすぐ近くに京浜島という島があります。

南風運用時はRunway22へ降りてくる飛行機を近くで見ることができます。
日没前後の時間帯は、たとえ短時間であっても非常に楽しむことができます。

島と言っても埋め立ての人工島です。

でも、人も住んでいるそうです。(by Wikipedia)
2人だけ(笑)

羽田で飛行機を撮影する人にとってはメジャーな撮影スポットです。




b0290189_17051482.jpg
非現実的な色に見えますが、背景の色を変えたり無理やり彩度を
上げたり、そういうことはしていません。

太陽が沈む方向とは逆ですが、日没間際の色温度の低い太陽光線が
雲を染め上げることがたまにあります。





b0290189_17171102.jpg
このように平行着陸(パラレル)で同時に降りてくることもよくあります。






b0290189_17143208.jpg
タッチダウン寸前の着陸機と、今まさに飛び立ったばかりの離陸機。







b0290189_17092075.jpg
キャセイパシフィック航空の777が滑走路へ向かいます。

金属のボディに反射する残光、タキシーライト、滑走路の灯り、夕焼け空・・・

なんかこういう景色って良いなぁと思いながら撮ってました。

これは北風運用の日です。




b0290189_17120107.jpg
同じく北風運用の日。

D滑走路(Runway05)に向かう出発機です。

距離が近いといっても、大きく写すには超望遠レンズが必要です。




b0290189_17025138.jpg


以上、京浜島夕景でした。





[PR]

by view-finder | 2015-06-04 17:22 | 京浜島 | Comments(2)
2015年 05月 01日

離陸

b0290189_18363047.jpg
羽田空港A滑走路を離陸する飛行機を浮島から撮ったものです。

かなり距離があるので超望遠レンズは必須ですし、視程が悪いとクリアに写りません。

実はこの日も大気の状態はイマイチでした。





b0290189_18175036.jpg
引いた画です。

船は「海のSHIP」 ヒコーキは「空のSHIP」

両者の競演はおもしろいと思いました。





b0290189_18201168.jpg
そのような条件ですから、ここから離陸機を撮っている人は
あまりいません。

北風運用の時は着陸機をかなり間近で見ることができるので
スポッティングには最適の場所です。

北風運用時に撮影した記事:「晴天順光」「日本初飛来!エアバスA350






b0290189_18254633.jpg


余談ですが、長らく愛用していたNikon D90を先日ドナドナしてしまいました。

去年、D7100をゲットしてからは、ほとんど使うことがなくなってしまったので
思い切って手放しました。

D90を購入したのは2009年4月25日、手放したのは2015年4月25日。
奇しくも同じ日でした(笑)

手元にあった期間はピッタリ6年でしたが、実質使用していたのは5年間となります。

Exif情報で見てみたらシャッター回数は約2万回でした。
5年で2万回ですから、1年あたり4千回、1ヶ月あたりだと333回
シャッターを切ったことになります。

多いのか少ないのかよくわかりませんね。
デジタルでは少ないほうかもしれません。
私はあまり連射をしませんし。

少なくともフィルムカメラ時代よりは多く撮っていることは間違いないですが(笑)

海外にも何度か持って行きましたし、自分としてはかなり使い込んだという
思いがあります。 実際とても良いカメラで気に入っていました。


いままでありがとう!

と心の中でつぶやきました。





[PR]

by view-finder | 2015-05-01 18:39 | 浮島 | Comments(0)
2015年 03月 17日

空港で働く人たち

b0290189_16574394.jpg
進入灯の点検なのでしょうか。
羽田空港RWY22(B滑走路)の進入灯を何やら点検していたように見えました。

まだスカイマークのA330が飛んでいた頃に撮影したものです。

この僅かな隙間に機体が滑り込んでくることを機体して待っていました。



b0290189_17025989.jpg
こちらはRWY34R(C滑走路)を離陸するボーイング767。

望遠レンズの圧縮効果を出してみました。

本当はもっと人物と近づいた画を撮りたかったのですが、アングル的に難しかったです。

500ミリ(換算750ミリ)で撮っていますが、さらにトリミングしました。




b0290189_17042200.jpg
ANAの機体整備工場内で撮影した1枚。

ボーイング777の巨大なエンジン Pratt & Whitney PW4090 を
整備するメカニックの方々。

こうして見ると本当に巨大なエンジンだということがわかりますね。

上の写真は掲載の許可を取ってあります。

ANAのハンガーは事前に許可を取れば写真を公開することができます。
他のお客さんの顔が写っていたりするとNGになります。



b0290189_17085675.jpg
こちらは羽田空港第2ターミナル前のエプロン。
プッシュバックが終わってトーイングバーを外したところです。

ノーズギアの格納蓋にある「801」という数字から、この機体は
ANA 787の1号機「JA801A」であることがわかります。

3枚目と4枚目はトーンマッピングで加工しているので好き嫌いが分かれると
思いますが、あえて遊んでみました。

全体の彩度を極力落として、ハイライト部分のみ彩度を強めにしました。
自分では、3枚目のエンジンを整備している写真が気に入っています。


今日の東京は20度を超えました。

あまりの陽気でソメイヨシノのつぼみも爆発しそうな勢いです(笑)

来週には開花しそうです。

ついに本格的な春がやってきましたね。





[PR]

by view-finder | 2015-03-17 17:22 | 羽田空港 | Comments(2)
2015年 01月 23日

サンセット・フライト

b0290189_13322321.jpg
久しぶりに海ほたるで撮影しました。

位置的に東京湾の真ん中というような感覚ですが、
ここから見る夕日や飛行機も素晴らしいです。


b0290189_13342927.jpg
こちらは着陸機。

羽田空港C滑走路(RWY34R)にアプローチ中。



b0290189_13360448.jpg
こちらは離陸機。

羽田空港D滑走路(RWY05)から上がり、東京湾でぐるっと右旋回をしながら上昇。

質素すぎるJALの機体も、夕日を浴びれば映えます。


b0290189_13361754.jpg




そして日没の時間が訪れます。
b0290189_13374789.jpg
東京湾に沈む太陽。
三浦半島にかかっているので、水平線に沈むわけではありませんが。

日没直前の太陽は、動きがすごく早く感じるんですよね。
みるみる沈んでいく。

そういう時に、見ず知らずのオッチャンが

何撮ってるの? 太陽撮ってるの??

などと話しかけてきたのです。

無視することはできませんから、カメラのモニターを見せて「こんな感じです」と
相手しましたけどね。

おー!キレイだね。肉眼だと眩しくてさぁ、ぶひゃひゃひゃ・・・ by オッチャン

のんびりしてる時なら普通に雑談しますけど、こういう一番良い瞬間だけは
カンベンして欲しいですよね(笑)



b0290189_13394355.jpg
羽田空港へアプローチする飛行機。

富士山のシルエットをバックに。





b0290189_13401288.jpg
海ほたるは土日や連休は混雑することが多いので平日がオススメです。

平日だと一番綺麗な時間帯でも、こんなに人が少ない・・・

基本的に人ごみが苦手なので、人が少なければ少ないほど嬉しくなる性格です(笑)

素晴らしい風景を一人占めにしている時って、ものすごく贅沢な気分になれます。




[PR]

by view-finder | 2015-01-23 13:54 | 飛行機 | Comments(0)
2015年 01月 10日

冬の空港

b0290189_19031791.jpg
真冬の羽田空港です。

真冬と言っても羽田は滅多に雪が降らないので、いかにも冬らしい
といった風景ではありませんが。

冬らしさを出すために、ススキを入れてみました。



b0290189_19075051.jpg
日が傾いた時間に、ANAのボーイング787が離陸していきました。

本来は、ススキは秋をイメージする植物だと思いますが、
暖かいせいなのか東京では真冬でも枯れませんね。

羽田ではこういう写真を撮れる場所がほとんどありませんが、
かろうじて良い場所がありました。




b0290189_19095103.jpg
Runway 34L(A滑走路)に降りるANAの787。

後続のJAL機がファイナルターンをしているのが見えますね。

空気の揺らぎ(メラメラ)でシャープには写せませんが、
こういうシーンはなかなか好きなのです。





[PR]

by view-finder | 2015-01-10 19:16 | 城南島 | Comments(0)
2014年 12月 03日

交錯

b0290189_16225088.jpg
ご存じの方も多いと思いますが、羽田空港は日本で一番の過密空港です。

発着回数が年を経るごとに少しずつ増えてきて、今年は45万回前後になる見込みです。
ちなみに、成田空港は30万回前後です。

そのために、空港の周囲には常に複数の飛行機が飛行しているような状態で、
写真を撮っていても、他機がフレームに入ることがよくあります。



b0290189_16532993.jpg
私はそのような写真が好きで、2機(またはそれ以上)を一緒に撮る
ということをよく行っています。

他機がフレームに飛び込んでくると言っても、望遠レンズは画角が狭いので
本当に一瞬のことです。

望んだ位置にピタリとおさめるには、ワンショットでは私の技術では外してしまう
ことがありますので、この時だけは連写します(3コマくらい)
それ以外で連写することは滅多にないです。



b0290189_17030843.jpg
羽田では珍しいJALのボーイング787が着陸するシーンです。
日中のこの時間帯に降りてくることが珍しいという意味です。

私の知る限り、通常のスケジュールでは太陽の高い時間帯にJALの787が
羽田に降りてくることはないと思います。

この時は、たまたまフェリーフライトだったようです。

拡大してもらうとわかるかもしれませんが、上の写真には
4機も飛行機が写っています。

飛行中の機体が4機も写りこんだことは、私の経験ではこの1枚だけです。




b0290189_18534424.jpg
こちらは JALのB777と、スカイマークのA330。
そして東京モノレール。

この角度、この風景が以前から気に入っています。


羽田空港には滑走路が4本あります。
北風卓越時はそのうちの3本を使い、南風卓越時は4本全てを使います。

発着回数をさらに増やすために、新しい滑走路の運用を模索したり、
5本目の滑走路を作ることも検討しているようで、今後の動きに
注目していきたいと思います。



[PR]

by view-finder | 2014-12-03 19:00 | 飛行機 | Comments(0)