タグ:B777 ( 59 ) タグの人気記事


2017年 09月 12日

赤子に飛行機を見せる

b0290189_17283082.jpg
生後2ヶ月の息子に初めて飛行機を見せに行きました。

日没間際の本当に短い時間でしたが、太陽は雲に隠れてしまい
綺麗な夕焼けもなく、撮影的には不発に終わりました。

そして、生まれて初めて飛行機を間近に見た息子はと言うと、
最初から最後まで(わずか30分ですが)ずっと寝ていました(笑)






b0290189_17283026.jpg
焦点距離58ミリですから、かなり近くて音も大きいんですけどね。

抱っこ紐を使って私が抱っこしながら少しだけ撮影しました。

妻も隣にいましたが、何故か自分で抱っこしながら撮りたかったんです!

飛行機への愛情、飛行機の魅力やカッコ良さ、胸の高鳴り・・・
それを息子に感じて欲しかったのですが、全く目を開けることもなく
爆睡したまま終わってしまいました(笑)


まぁ仕方ないですよね・・・まだ2ヶ月ですから。

少しずつ一緒に楽しめるようになれたら良いですね。







b0290189_17283134.jpg
帰り道、レインボーブリッジの隙間から月が見えたので記念にパチリ。

足場的に三脚は使えなかったので手持ちです。
(500mm、ISO2200、1/60秒、F7.1)


7月と8月は、仕事以外ではほとんど家から出ない生活をしていましたが、
少しずつ子どもを連れて外出できるようになってきたので、ブログも定期的に
更新できるようになりつつあります。



撮影日:2017年9月10日

Nikon D7100

SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM



[PR]

by view-finder | 2017-09-12 17:41 | 城南島 | Comments(6)
2017年 03月 30日

C-3PO ANA JET

昨日(3月29日)のことですが、羽田空港第2ターミナルの展望デッキに
少しだけ行く機会がありました。

わずか15分程度の滞在でしたが、展望デッキに出てみると・・・
ヤツがいたんです。


b0290189_17223396.jpg
3月21日に就航したC-3PO JETです。

しかも、出発した直後で、これから離陸するというあまりにもタイミングの
良い場面に出くわしました。

ANAのSTAR WARS JETは、これを含めて4つのバージョンがあるのですが、
このC-3PO JETが最も新しいSTAR WARSシリーズになります。






b0290189_17223365.jpg
運航スケジュールを事前に調べていたわけではないので、本当にたまたまで
ラッキーでした。

なんせ10分ちょっとしかない滞在時間の中でしたから奇跡的だと思います(笑)





b0290189_17223476.jpg
STAR WARS を見たことがない方には「C-3PO」と言われても何のことだか
意味不明だと思います。

ちなみに私はSTAR WARSシリーズは昔から大好きですが、そんな私から
見てもこれがC-3POと言われても・・・イマイチよくわかりません(笑)


でも、そんなのはどうでもいいんです!

この黄色の機体が個人的に好きです。
ANAの青と黄色は、非常に合うと思います。





b0290189_17223419.jpg
これは一番良い瞬間ですが、フレーミングがカツカツすぎて撮影的には失敗してます!

トリミングしてこうなったわけではなく、本当にギリギリで・・・
もう少しではみ出すところでした。

前方に余裕がなさすぎて良くないです。

以前しょっちゅう撮ってる頃なら、こんな失敗はしなかったのですが
やっぱり腕は鈍るものですね。 すごくブランクを実感しました。






b0290189_17223246.jpg
黄色の機体といえば、真っ先にピカチュウジャンボを思い出します。

青空にあの黄色い機体が映えて好きでした。

そういう意味で、このC-3PO JETは何か懐かしい気持ちにもなりますし、
青い空に映える機体なので撮りがいがあると思います。

昨日はあまり良い空じゃなかったので、真っ青な空をバックに撮ってみたいですね。









[PR]

by view-finder | 2017-03-30 17:54 | 羽田空港 | Comments(10)
2017年 02月 23日

Reflections

b0290189_17041712.jpg
久しぶりの飛行機ネタです。

元々このブログは飛行機に関する記事が半分くらいのボリュームを占めて
いたのですが、どんどん割合が少なくなってきていますね(笑)

今回はリフレクション(反射)をテーマにしてみました。







b0290189_17041746.jpg
すべて羽田空港第1ターミナルからの撮影です。

ジュラルミン(アルミニウム合金)に反射する光の美しさに、いつも見惚れます。

ちなみに、ボーイング787やエアバスA350の外板(スキン)は金属ではなく
カーボン樹脂(炭素繊維強化プラスチック!)です。







b0290189_17041806.jpg
第1ターミナルなので、どうしてもJAL機が多くなってしまいます。

ちなみに、昔のロゴは「JAPAN AIR LINES」というふうに AIR と LINES の
間にスペースが入っていましたよね。

どうでもいい話ですが(笑)






b0290189_17041751.jpg
ボディの各部に反射する光の具合、微妙な陰影。

とくかく飛行機は抵抗を少なくするために、限りなく丸く、そして
滑らかな形をしているわけですが、そのことが絶妙な反射具合を
生み出しているのですね。

逆光LOVEですよ!!(笑)

順光ではこうなりませんから。







b0290189_17041693.jpg






[PR]

by view-finder | 2017-02-23 17:33 | 羽田空港 | Comments(12)
2016年 11月 28日

明日に向かって

b0290189_17312498.jpg
夕焼けや夕日に向かって飛ぶヒコーキ

それが、すごく好きなんです


明日に向かって飛ぶ! 

そういう感じがしませんか?







b0290189_17312630.jpg

嫌なことも日没とともに忘れよう

明日には明日の風が吹く


そういう気持ちにさせてくれます。







b0290189_17312520.jpg
飛行機は前に飛ぶことしかできません。

後ろ向きに飛ぶことはできないのです。

そういうところも、飛行機を好きな理由の1つかもしれません。



[PR]

by view-finder | 2016-11-28 17:53 | 城南島 | Comments(12)
2016年 11月 17日

夜の東京国際空港

b0290189_12430411.jpg
東京国際空港(Tokyo International Airport)

通称、羽田空港

夜になると特にロマンを掻き立てられる場所。







b0290189_12430568.jpg
羽田空港には第1ターミナル、第2ターミナル、国際線ターミナルと3つの
ターミナルがあります。

日没~夜間にかけては、私は第1ターミナルが一番好きです。

沈みゆく太陽と夕焼け、そして2010年にオープンした近代的な国際線ターミナルが
正面に見えることが一番の理由です。

逆に、国際線ターミナル側から第1ターミナルを見ると、建物が古臭いという
印象が否めません。







b0290189_12430448.jpg
最後の写真は、かなり前に撮ったものですが、以前にアップしたかどうか
定かではありません。

1/30秒なのでそれほどスローシャッターではありませんが、離陸滑走は
速いので「ある程度」は流れます。

ちなみに、焦点距離は180mm(換算270mm)


特別に飛行機マニアでなくても、「空港が好き」という人は意外と多いようですね。



[PR]

by view-finder | 2016-11-17 17:28 | 羽田空港 | Comments(12)
2016年 08月 09日

対照的

ひさしぶりのヒコーキ写真。

数日前の猛暑の中、熱中症覚悟で少しだけ出撃してきました。

現地に滞在した時間は、わずか30分(笑)

日陰もないところで何時間もいたら、下手したら死ぬと思いました。



下の2枚は全く同じ場所で、ほぼ同時刻に撮った写真です。


b0290189_18501599.jpg
広角レンズ

夏らしさ

爽やかさ









b0290189_18501554.jpg
超望遠レンズ

大胆なマイナス補正

強いコントラスト

シルエット









だから何?

と言われたらそれまでですが(笑)


露出、ホワイトバランス、現像によって、同じ場所でも全く異なる
写真になるという作例..?



余談ですが、ニコンのカメラは親指だけで露出補正が瞬時にできるので
けっこう楽なんですよね。

2枚目の写真は絞り優先AEでマイナス1.7補正で撮影し、現像時に
さらにマイナス補正をしました。

他社のカメラも指1本のみで露出補正はできるのでしょうか?






[PR]

by view-finder | 2016-08-09 19:02 | 城南島 | Comments(8)
2016年 05月 25日

地平線の向こう側から

b0290189_11215489.jpg
地平線の向こう側から、ゆっくりとせり上がるように姿を現すヒコーキ。

主翼前縁のきらめき、少しずつ大きくなるエンジン音。

飛行機が好きな人にとってはたまらないシーンだと思います。


ブログアイコンに使用している写真も同じ場所で撮りました。



[PR]

by view-finder | 2016-05-25 16:27 | 飛行機 | Comments(4)
2015年 11月 09日

メタルボディ

b0290189_18412086.jpg
かなりマニアックな内容かもしれません。

日没間際の間接光、日没直後の残照が飛行機のボディに反射する様は
非常に萌えるものがあるのですが・・・

飛行機にあまり興味がない人には、どのように感じるのかわかりません^^;







b0290189_18462025.jpg
かなりマイナス補正で、なおかつコントラスト高めの設定で撮ります。

肉眼で見ている以上にボディの反射が強調されて、実に痺れるのです!






b0290189_18471072.jpg
この滑らかなスキン・・・うっとり・・(笑)






b0290189_18562091.jpg
羽田空港第1ターミナルから国際線ターミナル方面。

500mm(換算750mm)ノートリミングでこのくらいですから、
かなり距離はあります。







b0290189_18493161.jpg
太陽が沈んだ後の残照・・・

たまりません。


たぶん、きっと、いや間違いなく・・・飛行機マニア以外には
何も感じないと思います(笑)





[PR]

by view-finder | 2015-11-09 18:58 | 羽田空港 | Comments(6)
2015年 08月 18日

夏雲

b0290189_16015621.jpg
ここのところ夕景ばかりで、いかにも夏!と感じる写真を
アップしていませんでしたね。

ということで、夏らしい写真、夏らしい雲を撮ってきました。





b0290189_16274634.jpg
夏らしい空といえば、やっぱりこのような入道雲。

空のスケールに比べると、ジャンボ(ボーイング747)も
とても小さく見えます。






b0290189_16105486.jpg
やっぱり縦でも撮ります(笑)

ヒコーキ写真を縦で撮る人あまりいないですよね。

横のほうが空の雄大さを表現できることは間違いないと思いますが、
私はもともと縦構図が好きなもので。







b0290189_16124017.jpg
機体(機種)によって上昇の具合がかなり異なるのが
離陸写真の難しいところですよね。






b0290189_16150816.jpg
着陸はどの機種でも飛んでくるラインがほとんど変わらないので
構図を決める上では簡単なのですが、離陸機はなかなか思うように
いかないこともしばしば。






b0290189_16153222.jpg
雲を飛び越える! というイメージですね。






b0290189_16160156.jpg
入道雲の元気がなくなってきたので撤収いたしました。

久しぶりに熱中症覚悟で真っ昼間の炎天下で撮影しました。

日陰が全くない場所だと本当に気をつけないと文字どおり死にますからね(笑)

そういえば、いかにも夏!と言った感じの海もまだ撮っていませんでした・・・

次回の課題ですね。
でも、急がないと夏が終わってしまいます。





[PR]

by view-finder | 2015-08-18 16:24 | 京浜島 | Comments(6)
2015年 06月 10日

アップで迫る

b0290189_19152070.jpg
久しぶりにアップで迫った写真です。

最近あまりこういうヒコーキ写真を撮ってませんでした。

情景写真が一番好きなのですが、たまにこういうアップ系も欲しくなるんです(笑)






b0290189_19174182.jpg
後ろ姿。

太陽が水平線に沈む直前の時間帯です。

何を撮っても絵になる時間帯ですね。
まさにマジックアワー

マジックアワーは、厳密には太陽が水平線に沈んだ後の薄暮の時間帯を言う
ようですが、私的には、雲が水平線近くにあって柔らかい光になっていれば
マジックアワーと呼んで差し支えないと思います。






b0290189_19221033.jpg
もはや、本当に空を飛んでるのかどうかもよくわからない写真(笑)

光の具合がすごく綺麗だったので・・・

ノーズギア(車輪)を格納する扉に「701」という数字が書いてありますよね?

これは飛行機が固有に持っている機体番号を示しています。

この飛行機の機体番号は「JA701A」ですが、JA は日本国籍の全ての機体に付く
共通のものです。

最後のAは「ANA」の頭文字。これも全てのANA機は共通。
(ただし、古い機体など一部例外あり)

従って、真ん中の「701」という数字だけで、正確な機体番号がわかるわけです。

ちなみに、701の「7」はボーイング77であることを示しています。

長くなりましたが、ちょっとした豆知識でした。






b0290189_19294912.jpg
こちらはボーイング787。

機体番号は「JA833A」

先ほどの法則のとおりです。

833の「8」は、77を意味しています。

ちなみに、ボーイング77の機体であれば「JA622A」という感じです。


上の写真の機体は787-9で、ストレッチ型(長胴型)なのですが
違いがわかりますでしょうか。

ちなみに、基本型の787-8は下の写真。

b0290189_22562748.jpg
全く同じ角度の写真はなかったのですが、違いがわかりますか?

詳しい説明は割愛しますが、ハッキリ言って、マニア以外は一瞬で
判断することは難しいでしょう(笑)






b0290189_19341533.jpg
こちらは777ですね。

今回は知っていてもほとんど役に立たない無駄なウンチクが多くて失礼いたしました(笑)



ところで、昨日の首都圏は素晴らしい夕焼け空となりました。
色々な場所であの感動的な夕焼けをご覧になった方が多いと思います。

b0290189_22564987.jpg
私は職場の近くで眺めることができました。

ちゃんとしたカメラは持ってませんでしたが、なんとかスマホで撮りました。

今まで見た夕焼けの中でも、ものすごく印象に残る空でした!
間違いなく、今年見た中では一番美しかったです。

梅雨は鬱陶しいですが、たまに梅雨の晴れ間にこのような劇的な空が
突如として出現することがあるので面白いですね。






[PR]

by view-finder | 2015-06-10 19:47 | 城南島 | Comments(0)