タグ:鉄道 ( 22 ) タグの人気記事


2017年 04月 04日

東京さくら便り(5分咲き)

今年の桜は本当に開花のスピードが遅すぎます・・・

昨年が自分史上もっとも遅い年だったのですが、今年はさらに上をいく遅さです。

東京での開花宣言が出たのは昨年も今年も全く同じ3月21日

目黒川の桜並木については、昨年は4月6日がもっとも見頃でした。

今の状況をみる限り、今年は昨年よりも満開になるのが遅くなりそうな気配です。

毎日のように一眼レフ、スマホ、小型ミラーレス(その日によって違う)を持ちながら
桜を観察しているのですが、あまりにも花が咲かないので本当に満開になる日が来るのか
心配になります(笑)


とりあえず・・・能書きはこのへんにしておいて、ここ数日間の様子を
途中経過としてアップします。


b0290189_17410287.jpg
4月2日に隅田川沿い(佃)で撮った花ですが、ソメイヨシノとは違う品種でしょうか?

ピンクの色が濃かったです。

4月2日に「都心部で満開宣言」が出ました。

しかし、都心部といっても場所によってかなりの差があり、隅田川沿いの桜は
この時点で半分も咲いていませんでした。

日当たりの悪い側なんて1分程度でした。






b0290189_18152385.jpg
4月3日、目黒川沿いのソメイヨシノ。

あいにくの曇天ですが、曇天だからこそコントラストが付きすぎず
綺麗に撮れるというのもありますよね。







b0290189_17251088.jpg
そして今日(4月4日)

目黒川の桜は、全体的に見れば4~5分咲き程度だと思います。

この太鼓橋のところは日当たりが良いので早くに咲いて、早くに散ります。

上の写真で見ても、まだ奥のほうはスカスカなのがわかると思います。







b0290189_17410265.jpg
目黒雅叙園の前、先ほどの太鼓橋に通じる道です。

毎年この道の桜が目黒界隈では最も早く開花します。

今日は晴天で気温も17度くらいまで上がり、花見客で賑わっていました。

毎年のことですが 老人率 がめちゃ高いです。







b0290189_17410269.jpg
これはスマホで撮った写真ですが、良く写っていて気に入りました。

重たい一眼レフを持っているのに、スマホで撮った写真のほうが気に入る・・・

そういうこともたまにあるんですよね(笑)


写真は機材ではないです。

それは間違いないと思います。



満開になったら再び撮影しようと思っていますが、どうも天気があやしいのです。

もしかすると、最も勢いのある時期は天気が悪いかもしれません。

どうなるかわかりませんが、また満開を迎えた頃に「桜だより」をお届けします。




撮影データ:
Nikon D7100|SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM (1枚目)
Nikon 1 J1|1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6(2枚目)
Nikon D7100|AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED (3, 4枚目)
Samsung Galaxy S6(5枚目)






[PR]

by view-finder | 2017-04-04 18:08 | 風景 | Comments(10)
2017年 01月 30日

昭和の遺構 (後編)

前回の続きとなります。

横浜市鶴見区にあるJR鶴見線国道駅。

JRよりも 国鉄 と言いたくなる歴史的建造物です。

b0290189_17225712.jpg
国道15号線(第一京浜)沿いにあるから「国道駅」

なんとも安易なネーミングに感じますが、この駅が開業した当時(昭和5年)は
きっと他に何もなかったのでしょう。

横浜に長年住んでいましたので、この場所は何度も通ったことはあります。

この駅の存在は以前から知っていたのですが、中に入ったことは一度もありませんでした。







b0290189_17270261.jpg
今回初めて駅の中に入ってみたわけですが、駅と言うよりもまるで洞窟です。

前回もお伝えしましたが、駅の構内は本当に薄暗い。

今は冬ですが、真夏はどうなんでしょうね。

空気がひんやりとしているのか、それとも空気がこもってしまってムシムシ暑いのか・・・






b0290189_17323773.jpg
こちらは国道側とは反対の出入り口です。






b0290189_19490270.jpg
薄暗くて不気味に感じる理由は、もしかすると、この駅に残っている
戦争の爪痕のせいかもしれません。


国道側には不自然に壁が削れている個所が多いことに気が付きます。

実は、これは1945年5月29日の横浜大空襲における傷跡と言われています。




b0290189_17352489.jpg
壁がえぐれている部分は、米軍戦闘機による機銃掃射の痕と言われています。

諸説あるのですが、この部分については直撃ではなく跳弾によるものだと思います。

おそらく道路に跳ね返った弾、またはえぐられた道路によって削れたのでしょう。







b0290189_23574001.jpg
この青い鉄橋部分にも機銃掃射の痕が残っていたそうですが、10年ほど前に
行われた補修工事の際に、綺麗に再塗装されたそうです。

歩行者用信号の右側にも、おびただしい弾痕が以前はあったようですが、
現存するものは少なくなっています。






b0290189_00004401.jpg
防護ネットで覆われているコンクリート部分に穴があいていますが、
これが全て弾痕(跳弾痕)であるかどうか、正確なことはわかりません。

私が色々と調べて思ったことは、全てではないが跳弾の痕と思われる部分は
いくつかある、ということです。






b0290189_17481724.jpg
こちらは建物の角部分。

これらの痕は、ほぼ間違いなく機銃掃射の直撃によるものだと言われています。

つまり、P-51マスタングによる機銃掃射痕と思って間違いありません。

この建物の壁は今は鉄板で覆われた部分が多いですが、その鉄板の下には
無数の弾痕があったのです。

ここではあえて横浜大空襲のことは詳しく述べません。

しかし、有名な東京大空襲のことは多くの人が知っていても、横浜大空襲に
ついては知らない人が多いという印象です。

興味がある方は調べてみてください。

横浜にはB-29が投下した焼夷弾の痕なども残っているそうです。

横浜だけでなく、東京都内にも戦争が残した傷跡はまだけっこう残っています。







b0290189_17550305.jpg
1945年5月29日

ここにいた人たちは、この空を眺めて何を思っていたのか・・・


まるでタイムスリップしたような錯覚にとらわれるこの駅を訪れて、
思わずそのような感傷に浸ってしまいました。


今回は時間がなくてホームに入ることができませんでしたが、いつか
実際にこの電車に乗って、そしてこの駅で降りてみたいと思います。



長々とお付き合いくださいまして、ありがとうございました。






[PR]

by view-finder | 2017-01-30 18:07 | Comments(6)
2017年 01月 25日

昭和の遺構 (前編)

b0290189_17285539.jpg
いつもの私の作風とは異なりますが、以前から撮ってみたい場所があって
先日撮りに行くことができました。

長くなったので2回に分けて掲載させてもらいます。

ここは何かわかりますでしょうか?

写真を趣味にしている人や鉄道マニアなどには有名かもしれませんが、
横浜市鶴見区にあるJR国道駅です。






b0290189_17293619.jpg
昭和5年に完成した建物です。

「昭和の遺構」とタイトルをつけましたが、まだ現役の駅なので
正確には遺構とは言えませんね。






b0290189_17293792.jpg
何が凄いって、改札の位置などは開業当時と変わっているようですが、
建物自体は昭和5年に完成してから一度も改築していないそうです。

ちなみに、当時の雰囲気を出すために、あえて彩度を低くして、さらに
ノイジーにしてあります。





b0290189_17293579.jpg
改札口です。

無人駅です。

この雰囲気に「Suica」という文字や機械は似合いません。






b0290189_17293719.jpg
改札からホームへ昇る階段。

時刻表が見えますが、イメージと違ってけっこうな本数が走っているのがわかります。

地方のローカル線よりはよっぽど本数がありますね。







b0290189_17293510.jpg
スゴイものを見つけました。

土地の使用票なのですが「期間」を見てください。



拡大してコントラスを上げました。

b0290189_17293564.jpg
昭和82年です!

発行されたのが昭和62年。

その翌々年には昭和がなくなっているとは、この時点では誰も知る由もありません。

いや・・・これを発行した人も、現実的に考えて昭和82年という年を迎えることはない
と思ったかもしれませんが。

でも、日本の歴史において、これまで使われた元号の数は240以上あるそうですが、
「昭和」が圧倒的に最長だったわけで、昭和という時代が終わるということは想像する
ことができなかった人も多いと思います。

私は平成の時代になってもしばらく馴染めませんでしたし、いつまでも
「よそ者」というか「なんか別の時代にお邪魔してすみません(笑)」
みたいな気持ちがずっとありました。



話が脱線しまくっていますが・・・もし昭和が続いていれば今年(2017年)は
昭和92年になるんですかね? どちらにせよ、この使用票は期限切れです。






b0290189_17293690.jpg
駅構内にあるやきとり屋。

夜は営業しているそうです。

構内はとても薄暗いです。

人によっては気味が悪いと感じるかもしれません。

大げさに暗く写しているわけではありません。
かなりマイナス補正して撮っていますが、この写真の感度は1600です。

上の使用票の写真なんて感度4500です。

本当に暗いのです。







b0290189_18071459.jpg
駅の外に出てみます。

高架下の雰囲気がもう・・・

なんだかタイムスリップしてきた気分です。






b0290189_17293879.jpg
長くなりましたので、次回に続きます。



Nikon D7100

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

絞り優先AE|ISO400-4500|Lightroomで現像



[PR]

by view-finder | 2017-01-25 18:17 | Comments(8)
2017年 01月 12日

鉄分多め

b0290189_17512351.jpg
横須賀線です。

私は鉄道の車両型式とか全く知りませんし、鉄道自体にそれほど興味が
あるわけでないので、詳しいことは本当に何も知りません(笑)

でも、鉄道のある風景は昔から好きです。

あくまでも風景の1つとして見ています。

これまでも鉄道関係の写真をたまに載せることがありましたが、
もしかすると今年は例年以上に鉄分が多めになる可能性があります。






b0290189_17512317.jpg
アップで撮ろうと思っても、どのように撮ればいいのかわかりません。

飛行機だったら「この角度がカッコイイ」とか、「この部分がたまらない!」
というようなものが自分の中にあるのですが、鉄道にはそういう部分がない(笑)





b0290189_17512490.jpg
なぜ珍しく駅の写真などがあるのかと言いますと、先日鎌倉へ行った時は
車ではなく電車を使ったからです。(写真は北鎌倉駅)

昔からどこへ行くにも車だった私からすれば、非常に珍しいことです。

でも、車で移動していては決して見ることのできない風景、電車に乗って
初めて目にできる風景というものが言うまでもなくあるわけですよね。

少し自分の視点を変える意味でも、これからはたまに電車に乗ってみるのも
良いかな?と思うようになりました。






b0290189_17512265.jpg
こちらは小田急線。

これは電車そのものよりも、電車や線路に反射する夕日、そして架線の
ごちゃごちゃ感に惹かれて撮りたい衝動にかられた風景です。

これは自分でも「イイ!」と最初から思ったので、露出を切りつめて
狙って撮りました。

10分ほど同じ場所で撮っていたのですが、本当に美しいのは一瞬、
この1枚のみでした。

直接太陽や空を見なくても、その反射する光だけでも、やはり夕日の時間帯は
まさに秒単位で表情が変わることを改めて実感しました。




Nikon D7100

AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED (1,2,4枚目)

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM (3枚目)











[PR]

by view-finder | 2017-01-12 18:27 | 風景 | Comments(16)
2016年 12月 03日

妖しい夜景

b0290189_18075765.jpg
一見すると何なのかよくわからない怪しい風景。

鉄道が好きな方は、車両基地だとすぐにわかると思います。

後ろに見える光跡は、通過中の電車です。







b0290189_18100166.jpg
昼間は特別なんとも思わないのですが、夜になると途端に
怪しいというか妖しいというか(笑)
とても魅力的な空間に見えてきます。



どのように現像しようか迷う被写体でもあります。




b0290189_18114017.jpg
モノクロでもすごく良いと思います。

ちなみに1枚目と同じ写真です。






b0290189_18145860.jpg
こちらも1枚目と同じですが、HDR的処理を施しています。

どれが好みかは人によって異なるでしょうね。

日中の風景写真でHDRを使うのは好きではないのですが、
夜景とHDRは相性が良いと思います。


私はあまり鉄道関係の写真を撮りませんが、このような風景が
お好きな方もいらっしゃるのではないでしょうか。

世の中には、鉄塔マニアとか、鉄骨萌え(笑)な人もいると聞きます。

私はそれほど萌えないのですが、今回アップした写真を自分でじっくりと
見てみると、そういう方たちの気持ちも少しわかる気がします。





[PR]

by view-finder | 2016-12-03 14:50 | 風景 | Comments(14)
2016年 11月 22日

目黒川の桜もみじ

b0290189_11350438.jpg
この1週間ほど、目黒川沿いの桜もみじが見頃を迎えていました。

職場のすぐ近くなので、毎日カメラを持参して昼休みにちょくちょく
撮影していました。






b0290189_11350722.jpg
撮影日は11月16日から21日です。

ほとんどの写真は「Nikon 1 J1」+「1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6」の
組み合わせで撮影。

フルサイズ換算で、おおよそ80mm-300mmの画角に相当します。

最後の1枚のみレンズが「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」







b0290189_11350950.jpg
どうも、桜の紅葉はカエデ(モミジ)と比べるとあまり人気がないようです。

桜は紅葉しない、と思っている人すらいるかもしれませんね。もしかすると。

「桜もみじ」という季語もあるんですけどね。

春には、あれほどものすごい花見の見物客で賑わうのに、紅葉の季節は
「あえて」見に訪れる人はほとんどいない印象です。






b0290189_11350772.jpg
たしかに、カエデ(モミジ)のような鮮やかさとか、光に透かした時の
感動的な美しさなどはないかもしれません。

葉っぱが厚くて光をあまり通さない、表は色づくけど裏は地味。







b0290189_11350675.jpg
でも、私は桜の紅葉もすごく好きなんですよね。

毎日のように通る場所だから、一番の見頃を見逃さないということもありますが。








b0290189_11350810.jpg
川沿いの並木と東急目黒線。

今回、久しぶりに家で眠っていたNikon 1 J1を引っ張り出してきたのは、
会社に一眼レフ+交換レンズを持ってくるのが重たくて億劫だったからです(汗)

特に私の場合は望遠ズームが必須なので。
車なら全く気になりませんが、満員電車ですからね・・・

ふだん使い慣れているレンズやカメラ(D7100)で撮りたいという気持ちも
あったことは確かですが、想像しただけでちょっと辛くて。

完全に老化ですね(笑)







b0290189_18260738.jpg
J1はセンサーが1インチですし、5年も前の機種なので、それなりの
写真しか撮れませんが、記録写真としては使えるかもしれません。

小さくて軽いので、持ち歩くのが全く苦じゃないです。

それって、けっこう大事なことなのかもしれませんね。

とにかく常にカメラを持っていることが何より大事
なのではないかと。

撮りたいと思った時にカメラがあること!
(スマホでも別にいいのですが)

実はスナップ写真もけっこう好きなので。


そんなことをここ数日間で考えていました。

最近は小型軽量かつ素晴らしい画質のミラーレスカメラがたくさんありますね。

そういう意味では、SONYのフルサイズ・ミラーレスなんかは、とても魅力を
感じますね。

そのうち私も小型軽量機がメインカメラになる日が来るのかもしれません(笑)



撮影データ(共通):
Nikon 1 J1|1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6(最後の1枚のみ)
絞り優先AE|F3.8~5.6|ISO100~400|RAW(最初の1枚目のみJPEG)


00000010_13281537.png

[PR]

by view-finder | 2016-11-22 12:35 | 風景 | Comments(6)
2016年 11月 12日

横浜のローカル線

b0290189_15004295.jpg
横浜市内にあるローカル線の風景です。

東急こどもの国線。

単線です!2両編成です!(笑)

横浜市内で単線の鉄道は他にあるでしょうか?? 
私はコレしか知りません。






b0290189_15004158.jpg
あまりにものどかな田園風景・・・

以前にも述べたと思いますが、横浜の北部には基本的に田舎の風景です。

決して悪い意味ではなく、私はこの風景が大好きです。

北海道から横浜北部に引っ越して来た時に感じたことは・・・
「場所によっては北海道とあまり変わらないな」 ということでした(笑)







b0290189_15004246.jpg
当時の横浜市緑区、のちに青葉区となったエリアは、私にとって
もっとも馴染みのある土地です。

この「こどもの国線」には、あまり乗ったことがないのですが、
横浜とは思えないローカルな雰囲気は昔から気に入っていました。

全部で3駅しかないのですが、そのうちの1つは 無人駅 です!







b0290189_15004172.jpg
撮影した日は立冬の2日前。

空はとても澄みわたり、日没の30分後にはこのように綺麗な
ブルーモーメントに。

本線の田園都市線沿線は、どんどん開発が進み、車窓から見える風景が
年を経るごとに変わっていき、自然が少なくなったと思います。

こどもの国線沿線は、まだまだ昔の風景が残っている貴重なエリアです。


今年の春に投稿した過去記事でも、このあたりの写真を載せたことが
ありますので、よろしかったらご参照ください。





[PR]

by view-finder | 2016-11-12 15:28 | 風景 | Comments(11)
2016年 06月 20日

昼と夜

b0290189_18042123.jpg



若干フレーミングは異なるけど
同じ場所で撮った昼と夜の写真。

ここは横浜にある現役の貨物線。





b0290189_18043079.jpg


同じ場所でも撮影する時間帯と光線具合によって
まったく違った写真になりますね。

この線路でも、逆光、トップライト、日没間際、薄暮、完全な夜・・・
それぞれ違った表情を見せてくれると思います。

だから、写真は面白いのですよね。


ちなみに、線路の先に1つだけ背の高いマンションが見えると
思いますが、あそこに住んでいたことがあります。

その頃は横浜の夜景が毎日見られて良かったです。



[PR]

by view-finder | 2016-06-20 18:15 | 風景 | Comments(0)
2016年 06月 08日

多摩川の夕暮れ sanpo

b0290189_17513545.jpg
6月5日(日曜日)の夕暮れです。

風が穏やかなせいで川面に反射する夕焼けの色と太陽がとても美しく、
あえて空はカットしてみました。

逆光がさす列車の窓も、ある程度狙いどおりです。








b0290189_18163219.jpg
実は、6月5日に関東の梅雨入り宣言が出ました。

梅雨入り初日のくせに、何故かこのような美しい夕暮れに(笑)

梅雨の時期にありがちな劇的な夕焼けにはなりませんでしたが、
まん丸な夕日を堪能できました。


余談ですが、このようなモロに太陽が入る構図では、アクティブD-ライティングの
設定は「より強め」で撮ることが多いです。

撮影時に「オート」や「弱め」にしておいて、現像時に「より強め」に変えると
露出が変わってしまいます。 同じにはならないのです。

Nikonユーザーにしかわからない余談でした。








b0290189_18252232.jpg
太陽が山に沈んだ後、マジックアワーの始まり。

この後に用事があったので、撮影を続けることはできず
この時点で撤収。

あいかわらず分刻みと言いますか、わずかな時間の隙間を見つけての
撮影になっています。

長くダラダラと撮影していれば良い写真が撮れるわけでもないですしね。

「ちょっと物足りないな」 と思うくらいが、私にはちょうどいい。
だから、長く続けられているのかもしれません。
思う存分いつも長時間撮影していたら、私の性格からして飽きるかもしれません(笑)





[PR]

by view-finder | 2016-06-08 18:07 | 風景 | Comments(6)
2016年 06月 03日

光の洪水

b0290189_18102581.jpg
光の洪水の中を泳いでいるイメージです。

私には珍しい鉄道の写真ですが、何年も前からこの場所で撮ってみたいな
と思っていて、よーーーやく重い腰を上げて撮ってきました(笑)

こういうネオンがバリバリの夜景は、AEの出た目(露出補正無し)では
暗すぎますから、かなりプラス補正します。

これはマニュアルモードでの撮影ですが、AEの出た目プラス1.7EV相当です。
もちろんハイライトは白飛びしますが、それは全然OKです。

明るさの好みはそれぞれがあると思いますが、私はこれくらいの明るさが
ちょうどいいと思っています。

冬のイルミネーションなども、かなりプラス補正しないと暗い印象になりますね。







b0290189_18171094.jpg
これは同じ場所から高感度(ISO3200)で止めた写真です。
歩道橋の上から撮ったのですが、けっこう揺れるので三脚は使っていません。
なにより通行人の邪魔になります。

仮に三脚を使っても、揺れるのでスローシャッターは使えないと思います。

余談ですが、こういう非常にゴチャゴチャした被写体だとデータ量が大きくて、
アップロードする前にかなり圧縮しなければなりません。

せめて、上限を700KBくらいに上げてもらえないですかね?(笑)
無料で使わせてもらっているので偉そうなことは言えませんが!


ちなみに、何年も前から撮ろうと思っていたのに、さっさと撮らなかった理由は
新宿という町が昔から好きじゃないというのが一番大きいです。

嫌いな理由を挙げたらキリがないのですが、ここでは割愛します。
もしかしたら新宿が大好きな人もいらっしゃるかもしれませんし(笑)

撮り方によってはとても面白い写真が撮れる町であることは事実ですが。

他にも、ずっと前から撮りたいと思っている新宿の写真はあるので
また折を見てチャレンジしてみます。








[PR]

by view-finder | 2016-06-03 18:27 | 風景 | Comments(4)