タグ:特別塗装機 ( 9 ) タグの人気記事


2017年 03月 30日

C-3PO ANA JET

昨日(3月29日)のことですが、羽田空港第2ターミナルの展望デッキに
少しだけ行く機会がありました。

わずか15分程度の滞在でしたが、展望デッキに出てみると・・・
ヤツがいたんです。


b0290189_17223396.jpg
3月21日に就航したC-3PO JETです。

しかも、出発した直後で、これから離陸するというあまりにもタイミングの
良い場面に出くわしました。

ANAのSTAR WARS JETは、これを含めて4つのバージョンがあるのですが、
このC-3PO JETが最も新しいSTAR WARSシリーズになります。






b0290189_17223365.jpg
運航スケジュールを事前に調べていたわけではないので、本当にたまたまで
ラッキーでした。

なんせ10分ちょっとしかない滞在時間の中でしたから奇跡的だと思います(笑)





b0290189_17223476.jpg
STAR WARS を見たことがない方には「C-3PO」と言われても何のことだか
意味不明だと思います。

ちなみに私はSTAR WARSシリーズは昔から大好きですが、そんな私から
見てもこれがC-3POと言われても・・・イマイチよくわかりません(笑)


でも、そんなのはどうでもいいんです!

この黄色の機体が個人的に好きです。
ANAの青と黄色は、非常に合うと思います。





b0290189_17223419.jpg
これは一番良い瞬間ですが、フレーミングがカツカツすぎて撮影的には失敗してます!

トリミングしてこうなったわけではなく、本当にギリギリで・・・
もう少しではみ出すところでした。

前方に余裕がなさすぎて良くないです。

以前しょっちゅう撮ってる頃なら、こんな失敗はしなかったのですが
やっぱり腕は鈍るものですね。 すごくブランクを実感しました。






b0290189_17223246.jpg
黄色の機体といえば、真っ先にピカチュウジャンボを思い出します。

青空にあの黄色い機体が映えて好きでした。

そういう意味で、このC-3PO JETは何か懐かしい気持ちにもなりますし、
青い空に映える機体なので撮りがいがあると思います。

昨日はあまり良い空じゃなかったので、真っ青な空をバックに撮ってみたいですね。









[PR]

by view-finder | 2017-03-30 17:54 | 羽田空港 | Comments(10)
2016年 11月 17日

夜の東京国際空港

b0290189_12430411.jpg
東京国際空港(Tokyo International Airport)

通称、羽田空港

夜になると特にロマンを掻き立てられる場所。







b0290189_12430568.jpg
羽田空港には第1ターミナル、第2ターミナル、国際線ターミナルと3つの
ターミナルがあります。

日没~夜間にかけては、私は第1ターミナルが一番好きです。

沈みゆく太陽と夕焼け、そして2010年にオープンした近代的な国際線ターミナルが
正面に見えることが一番の理由です。

逆に、国際線ターミナル側から第1ターミナルを見ると、建物が古臭いという
印象が否めません。







b0290189_12430448.jpg
最後の写真は、かなり前に撮ったものですが、以前にアップしたかどうか
定かではありません。

1/30秒なのでそれほどスローシャッターではありませんが、離陸滑走は
速いので「ある程度」は流れます。

ちなみに、焦点距離は180mm(換算270mm)


特別に飛行機マニアでなくても、「空港が好き」という人は意外と多いようですね。



[PR]

by view-finder | 2016-11-17 17:28 | 羽田空港 | Comments(12)
2016年 05月 09日

久しぶりの京浜島

b0290189_18255088.jpg
いつ以来でしょうか。

ものすごく久しぶりに、京浜島から着陸機を撮影してきました。

撮影日はゴールデンウィーク最終日の5月8日。
ガスっていて視程も悪く条件的に厳しかったのですが、あまりにもブランクが
あくと撮り方を忘れてしまいますので、練習を兼ねて行ってきました。

SKY TEAM塗装のA330は初めて撮りました。






b0290189_18292073.jpg
JALの787も本当に久しぶりです。

最後に撮ったのはいつだったか・・・思い出すことすらできません(笑)







b0290189_12491413.jpg
ソラシドエアのくまモン機。

737は普段あまり撮らないのですが、これは押さえておきました。

熊本の皆さんは今も大変な状況が続いていると思いますが、
気持ちをしっかりと持って困難を乗り切って欲しいです。






b0290189_18320355.jpg
すごく久しぶりに来たのですが、以前とちょっと景色が変わったことに気が付きました。

以前は、この滑走路(Bラン)の横に盛り土などが置いてあり、視界を妨げて
ゴチャゴチャとした風景だったのが、いつの間にかそれらがなくなっており
スッキリしていました。






b0290189_18341132.jpg
こんな感じで、Bランにタッチダウンする瞬間を綺麗に真横から撮ることは
以前は出来なかったと記憶しています。

この角度からアップで狙うと、けっこう迫力のある着陸シーンが撮れそうです。

まだ一部に盛り土が残っていますが、それらもいずれ消滅するかもしれません。







b0290189_12492974.jpg
75周年目を迎えたフィリピン航空(PR)

やっぱりエアバスA330のスタイルはとても好きです。
ヒップが上がっているのも気に入っています。

タッチダウン直前、スレッシュホールドの白いペイントの反射によって
機体底部が明るくなる瞬間があります。



久しぶりに超望遠ズームを手持ちで振り回していると腕が痛くなりました(笑)

私が使っているレンズとカメラなんて、たいした重量ではないのにこのザマです。

これはマズイ、たまには撮影しないとダメだなと痛感した次第です。







[PR]

by view-finder | 2016-05-09 18:45 | 京浜島 | Comments(2)
2016年 04月 12日

政府専用機

順番が前後してしまいましたが、2週間ほど前に羽田空港で
政府専用機を撮影する機会がありました。

b0290189_18002498.jpg
離陸する飛行機を滑走路脇から撮るということを1年以上していないので、
感覚を忘れてしまわないように久しぶりに羽田空港へ行ったのです。

いつもは平日の夕方なんて閑散としているのに、妙にカメラマンが密集している
エリアがあったので「なんだろう?」と思ったのも束の間・・・


ふと滑走路の方向を見ると政府専用機がこちらに向かって動いてくるのが見えました。






b0290189_18004576.jpg
しかも動きが速い・・・

どう見ても離陸滑走です。

カメラの設定をろくに確認する余裕もなく、とりあえず撮りました(笑)








b0290189_18010587.jpg
やはりボーイング747の離陸はカッコイイですね。

久しぶりに”ジャンボ”の離陸を撮影することができて良かったです。

機体番号を見てわかると思いますが、今回撮影できたのは
副務機(随行機)のほうです。

アメリカのワシントンDCへ向けて出発しました。
皆これを狙っていたわけですね。






b0290189_18014288.jpg
コールサインは「Japanese Air Force 002」

それにしても、25年くらい使用している機体とは思えないほど
いつもエンジンがピカピカですね。







b0290189_18025844.jpg
展望デッキの南端へ行けば、もっと横から撮れたと思いますが
移動している時間すらありませんでした!

でも、この角度から見るのも力強くて非常に良いと思います!




まさか、約1年半ぶりのブランク後に初めて撮影する離陸機が
政府専用機になると思いませんでした。


結局、この日に撮影した離陸機は、この政府専用機を含めて4機のみでした。

「一発目にして燃え尽きた」感が強かったです(笑)


撮影日:3月30日





[PR]

by view-finder | 2016-04-12 18:15 | 羽田空港 | Comments(4)
2015年 06月 23日

サンセットタイム

b0290189_18031414.jpg
羽田空港で迎えるサンセットの写真を選んでみました。

一部を除いて全て異なる日に撮影したものです。

撮影場所は全てターミナル1の展望デッキです。




b0290189_18052563.jpg
日没間際になって、うっっっすらと富士山のシルエットが浮かび上がりつつあるのが
見えますでしょうか?

羽田空港に夕日の時間帯に行くなら、ターミナル1がオススメです。



b0290189_18064472.jpg
富士山の頂上部分が雲海の中に浮かんでいます。

日没後のマジックアワー!!

いかにも夏らしい空です。(8月)





b0290189_18084624.jpg
これも完全体ではありませんが富士山のシルエットが見えます。

雲が秋らしくなっています。(9月)





b0290189_18131869.jpg
日没後の夕焼けが分厚い雨雲の隙間から見えました。

夏至のあたりは太陽が北西の方角に沈みます。





b0290189_18155481.jpg
完全に闇になる前の薄暮の時間帯。

これくらいの明るさなら、感度を上げれば飛んでいる飛行機と
地上の様子を同時に写せます。

たまたま政府専用機がJALのハンガーの前に駐機していました。






b0290189_18181369.jpg
完全に夜。

これはタキシング中です。

走行スピードが遅いので、あまり流れません(笑)

これ以上シャッター速度を落とすとブレますしね。
手持ちなので。


ここのところ仕事があまりにも忙しくて空港に行く時間が取れません!

なんとか時間を見つけて近いうちに行きたいと思っています。





[PR]

by view-finder | 2015-06-23 18:25 | 羽田空港 | Comments(0)
2015年 04月 13日

ヒコーキ X モノクロ

b0290189_19062902.jpg
唐突ですが・・・モノクロ(monochrome)写真はお好きですか?(笑)

私について言えば、昔はあまりモノクロは好きではありませんでした。

でも、写真をやればやるほど、モノクロ写真にも魅力を感じるようになりました。

モノクローム = 黒白写真(白黒写真) ではないのですよね。厳密には。

モノクロの「クロ」は「黒」ではありません。
モノクローム/monochrome = 1つの色 です。(mono = 単一)

実際モノクロームはBlack and White(黒白)が多いことは確かですが、
色が付いていても単色ならばモノクロームです。
セピアなどが良い例ですね。









b0290189_19083162.jpg
個人的な好みで言いますと、完全な黒と白だけでなく、少し色がついた
モノクロームも好きです。

(今回アップした写真は全て完全な黒白です)


どんな写真もモノクロに変換すると何となく芸術的になる・・・
などと言われることもありますが、私は全ての写真がそうではないと思います。

モノクロに適した光の状況、モノクロが似合う被写体というは確かに存在すると思います。






b0290189_19391235.jpg
一つの色しかなく、光の強弱を濃淡で表現するわけですから、
シャドーとハイライトが比較的ハッキリした状況に向いているのでは
ないでしょうか。

つまり、ある程度コントラストがあるということです。

無機質なモノ、同じパターンが続くような絵、造形美、シルエット的な表現、
そういう時にもモノクロ写真が威力を発揮するような気がします。

ヒコーキも状況によってはモノクロがとても似合うと思います。






b0290189_19205577.jpg
こういう状況もモノクロにすると非現実的な感じが強調される気がします。

カラー写真は、その時の色がとても美しければ誤魔化しが利く・・・
と言ったら語弊があるかもしれませんが、構図や露出がイマイチでも
色が本当に美しければ感動することができるかもしれません。

その点モノクロは、色で表現することができませんから、構図や
露出(シャドーとハイライトの具合)に気を使う必要があると思います。


「写真の基本を勉強するならモノクロが良い」と聞いたことがあるのですが、
それはこういう理由からなのかもしれない、と最近思っています。


中にはモノクロ写真は全く好きじゃない人もいると思うので、
そういう方は読み流してください(笑)





[PR]

by view-finder | 2015-04-13 19:41 | 羽田空港 | Comments(2)
2014年 11月 20日

日本初飛来!エアバスA350

b0290189_16214142.jpg
エアバスの次世代大型旅客機A350が19日午後、羽田空港に国内初飛来しました。
すでにアメリカとヨーロッパで形式証明は取得済みで、今回の飛行はアジア各国へ
向けたデモフライトです。

昨日は、たまたま私たち夫婦の結婚記念日ということで、有給を取っていました。
都内のホテルでランチをとった後、せっかくのチャンスなので、思い切って
羽田空港まで足を伸ばすことにしました。


b0290189_16252589.jpg
もしも撮影に行くとすれば、浮島にしようと最初から決めていました。
韓国から飛んでくること、風向きは終日北風であることを天気予報で知ってたので、
使用滑走路は34L(A滑走路)でほぼ決まりだろうと踏んでいたからです。

そして、予想どおりの結果となりました。



b0290189_16293101.jpg
当初の予定では、15時20分前後に羽田に到着すると聞いていました。

私が現地に到着したのは15時10分! かなりギリギリでした。

浮島に着いてみると、平日だというのにモノスゴイ数のカメラマンが!
皆さん休みを取っているのですね(笑)

今年の3月31日、ANAジャンボのラストフライトの日よりも人が多かったと思います。



b0290189_16353004.jpg
翼の先っぽ、ウイングレットの部分が特徴的だと思いました。

個人的には、ボーイング787を初めて見た時ほどのインパクトはありませんでしたが、
ピカピカの最新機ですから望遠レンズを通してアップで見ているとカッコ良かったです。

エアバスA350シリーズは全部で3タイプあるのですが、今回飛来したのは
A350-900型です。


b0290189_18211119.jpg
とにかく、すごい数の人がいたので、撮影するのも大変でした。

人の頭が入ってしまったり(笑)

上の写真も、本来この場所から撮影する時の構図は、自分の中では少し違うんです。
でも、周りにたくさん人がいたので、これが精一杯でした。



b0290189_16393653.jpg
これはトリミングしてあります。(写真は全てクリックで拡大できます)

ちょっと見づらいかもしれませんが、空港の展望デッキにも大勢の人が居るのが
見えますでしょうか?

ご存じの方も多いかもしれませんが、このエアバスA350という飛行機は、
JALがボーイング777の後継機として大量発注しました。

ゆくゆくはJALの主力機として、このA350が飛びまくる日が来るということもあって
注目度が高いのかもしれませんね。



b0290189_16403296.jpg
これがラストショットです。(トリミングあり)

なんとかランディング直前まで、それなりに撮ることができました。

感想としては、今回はエアバス社の特別塗装だったのでカッコ良かったのですが、
JALのあのシンプル過ぎる(質素すぎる)塗装だとどうだろう・・・
と思ったりもしました。

まぁ、JALに納入されるのはまだ5年くらい先なので、それまでには
JALのカラーリングが変わっている可能性も無くは無いですが(笑)


この飛行機を次に撮影するのは果たして何年後なのか・・・
あまり初モノの飛行機を撮ったりしたことが今までなかったので、
とても新鮮だったし、良い経験になりました。


撮影データ(共通):
Nikon D7100
SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
マニュアル露出|F9|1/1250秒|ISO280

[PR]

by view-finder | 2014-11-20 16:55 | 浮島 | Comments(4)
2013年 10月 04日

JA8957 ピカチュウジャンボ 追悼

前回の記事でもお伝えしたとおり、JA8957(通称:ピカチュウジャンボ)は
9月30日をもって退役いたしました。

もう二度と撮影することはないと思いますが、せっかくですから
過去に撮影した写真をいくつかアップさせていただきます。
b0290189_18263645.jpg
<2012年3月20日撮影>

羽田空港第2ターミナルの展望デッキより。
着陸後にタキシングしている風景です。
このあと、目の前のゲートにやってきました。


b0290189_18305888.jpg
<2012年11月25日撮影>

出発に向けてプッシュバックを開始しました。
間近で見ると747ジャンボの迫力を感じます。少し重厚感を出してみました。


b0290189_18334191.jpg
<2012年6月10日撮影>

羽田空港C滑走路(RWY16L)を力強くテイクオフ。
メインギアが地面から離れた瞬間です。

どん曇りの空でしたが、そんな天気でも真っ黄色のピカチュウジャンボは目立ちます。


b0290189_18363760.jpg
<2012年8月19日撮影>

真夏の真っ青な空がバックだと反対色(補色)の黄色いボディは実に映えます!

ピカチュウジャンボが最も絵になるのは、やはり抜けるような青空の中を
飛んでいる風景かもしれませんね。

ANAの飛行機はわりと特別塗装機が多いかもしれません。
最近では「ゆめジェット」でしょうか。

基本的に白ベースの塗装がほとんどの中、このピカチュウジャンボや、昨年退役した
「お花ジャンボ(JA8956)」などは、白い部分がほとんど見えない派手派手な塗装で
異様かつ威容な(笑)機体だったと思います。

はるか遠くからでも一目でわかるような塗装の機体が、またいつか登場することを願っています。
[PR]

by view-finder | 2013-10-04 18:47 | 飛行機 | Comments(0)
2013年 10月 01日

ピカチュウジャンボとのお別れ

残り4機だったANAのボーイング747-400D。

そのうちの1機である JA8957、ピカチュウジャンボの愛称で親しまれていた
機体が9月30日をもって退役しました。

よって、今日現在残りは3機となってしまいました。

退役当日は平日だったので撮影には行けませんでしたが、その1日前が日曜日で、
しかも運良く天候に恵まれましたので、お見送りに行ってきました。

お見送りと言っても、空港からではありません。
たぶん空港はすごい人だろうと思ったので、城南島海浜公園から離陸を狙いました。

この日のピカチュウは羽田-新千歳を2往復するという運用でした。
予報では終日北よりの風だったので、風向きが変わらなければRWY34Rからの
上がりを城南島から狙えます。


b0290189_133134100.jpg
13時00分発の新千歳行き、NH65便としてピカチュウジャンボがブロックアウトしました。

第2ターミナルの展望デッキには、人がたくさんいるのがレンズ越しに見えました。
ちょうど、スターアライアンス特別塗装機、ANAの777が34Lに降りてきました。

恐らく自分が生で見るピカチュウはこれが最後・・・
ゆっくりとプッシュバックされる機体をレンズ越しに見ていると、
ちょっとウルっときてしまいました(笑)


b0290189_18372272.jpg
風向きが変わってランチェンすることもなく、狙いどおり34Rから力強くテイクオフしました!

今一度 万感の思いを込めて エンジンが唸る

今一度 万感の思いを込めて ヒコーキが行く

さらば ピカチュウ・・・

さらば JA8957!!



大好きな銀河鉄道999の名シーンとダブりました(笑)


b0290189_1863669.jpg
条件的に完全なる順光ではなかったですが、ちょうど雲が全くない青空バックで撮ることができました。

思えばこのピカチュウジャンボ・・・最初の頃は、正直申しますとあまり好きな機体ではなかったです(笑)

なんか異様に派手で子供っぽいと言いますか、お上品でもないし、洗練されたデザインでもない。

しかし、何度も見ているうちに、この黄色い機体は実に青空に映えるし、
たとえ雲がバックでも黄色だからとても引き立つと思うようになりました。

日本の航空会社で、こんな色、こんなデザインのヒコーキは類を見ない。

そんなピカチュウともこれで見納め。
ちょっといつもよりも慎重にフレーミングをしてしまったせいか、迫力のある
アップが撮れず、ちょっと引き気味になってしまいました(笑)

二度とお目にかかることはないかもしれないけど、こんなに派手で賑やかで
子供たちの憧れのヒコーキだったから、しんみりとお別れするのは似合わない。

私の好きな柳○慎○氏の決めゼリフを拝借して・・・・



b0290189_18133041.jpg


あ ば よ !!!!!(笑)
[PR]

by view-finder | 2013-10-01 18:39 | 城南島 | Comments(2)