タグ:三浦半島・湘南 ( 31 ) タグの人気記事


2017年 10月 16日

Silhouette

b0290189_17141159.jpg
日中に見ると本当に全く何とも思わない風景なのですが、夕焼けに染まる
時間帯に見せた一瞬のマジックに心が奪われました。

何の変哲もない風景すら突如美しく魅力的な風景に変えてしまう夕焼けの偉大さ・・・






b0290189_17141167.jpg
実は、太陽が完全に雲に隠れる少し前に、ものすごく美しい光が差し込んで
いたのですが、残念ながら撮り損じてしまいました・・・

(車を停めることができず!)






b0290189_17141157.jpg
今回は全てシルエットで表現してみました。

完全に黒く潰れているわけではないので、厳密にはシルエットとは
言えないのかもしれませんが。(どうなのでしょうね?)







b0290189_17141052.jpg
バックライトによって富士山の上部だけがかろうじてシルエットで
浮かび上がっていました。

富士山の影絵をバックに釣りに興じる人たち。

とても絵になっていました。







b0290189_17141080.jpg
ここ最近は仕事や育児に追われて、撮影に行ったりブログを更新する
時間がなかなか取れません。

ここのところ天気もずっと悪いですね。

せっかく涼しくなってきたのですから気持ち良い秋晴れを見たいものです。


撮影日:2017年10月9日(最後の1枚のみ9月3日)

Nikon D7100

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED



[PR]

by view-finder | 2017-10-16 17:33 | 風景 | Comments(4)
2017年 09月 20日

台風過ぎて

b0290189_16464028.jpg
せっかくの三連休だったのに、最初の二日間は台風で潰れましたね。

ようやく台風が過ぎ去った3日目の夕方に、三浦まで海を見に行きました。

海の前のレストランで食事をして、美しい夕日を眺めていました。







b0290189_16464157.jpg
風はほとんどおさまってましたが、まだ海には強いうねりが。

それを狙って波乗りしている人も多かったです。

拡大すればサーファーが見えるかもしれません。







b0290189_16464100.jpg
残念なことに、富士山は雲に隠れていました。
(写真右側に富士山の裾が見えています)

しかし美しい薄明光線を拝むことができました。







b0290189_16464135.jpg
海上には波飛沫が舞っていて視程はあまり良くありませんでした。

この日は台風一過の劇的な黄昏や富士山を狙って、けっこう多くのカメラマンが
絶景ポイントで三脚を立てていましたが、たぶん皆さんガッカリしたでしょうね。

西の空にあった厚い雲のせいで、期待したような空にはなりませんでした。

でも、太陽が沈むまでの時間は、とても素晴らしいものでした。










[PR]

by view-finder | 2017-09-20 17:01 | 風景 | Comments(8)
2017年 05月 31日

森戸の夕照

b0290189_16482088.jpg
先週、葉山の海で見た夕日。

中途半端なゴーストが出てしまったのが残念ですが、とても美しい
夕日にファインダー越しに感動してしまいました。







b0290189_16482013.jpg
こちらはゴーストは出ていません。

場所は森戸神社の近くの海岸です。

波の動く方向が1つではないことがわかりますでしょうか?
その様子がとても美しく素晴らしいものでした。

これは動画のほうが良いのかもしれません。







b0290189_16482149.jpg
かながわの景勝50選の1つ「森戸の夕照」

夕照(せきしょう)という言葉が実に良いです!

この日は残念ながら水平線近くに厚い雲があったので、最後まで太陽を
見ることができませんでした。

富士山も最後までシルエットすら浮かび上がることがありませんでした。

それでも、この空の色にはとても癒やされたことは確かです。


下の写真は以前に同じ場所から撮ったものですが、雲さえなければ
このように富士山の姿を拝むことができます。

b0290189_16482036.jpg


森戸神社から見る「森戸の夕照」 

とてもオススメです。




[PR]

by view-finder | 2017-05-31 17:04 | 風景 | Comments(8)
2017年 02月 06日

富士山が見えすぎる

b0290189_13041473.jpg
三浦半島から眺める富士山。

先日テレビのニュースをなにげなく見ていたところ

「この冬は富士山が見えすぎる」

という内容の記事を放送していました。







b0290189_13041362.jpg
確かに自分でも、そう思っていたのです。

富士山が見えるかどうか確認するのが日課のようになっているのですが、
この冬は東京からクッキリと見える日が例年より多いと感じていました。

そのニュースでは、和歌山県から見た富士山と、奈良県から見た富士山を
それぞれ映像で紹介していました。

いずれも、この冬に撮影したものでした。







b0290189_13041495.jpg
以前アップした記事で述べたことがありますが、計算上は約236km先まで
富士山が見えるそうです。

でも、和歌山県は場所にもよりますが300km以上離れています。

それでも富士山が見える理由は、高い場所から眺めているからです。

約236km先まで見えるというのは、あくまでも海抜0メートル地点の話です。
海抜0メートルからだと、どんなに視程が良くても、236km以上離れると
富士山は地平線の下に沈んでしまうということですね。

しかし、仮に海抜1000メートルまで登れば、水平線までの距離は単純計算で
110km以上先になりますから、富士山ほどの高さがある山であれば、例え
300km離れていても、視程さえ良ければ見えるということですね。







b0290189_13041513.jpg
三浦半島のこの場所から富士山までは、たった80kmしか離れていないので、
よく見えるのは当たり前といえば当たり前なのですが・・・

いや、でも大気の状態が悪い時は、全くこのようにハッキリとは見えません。

雲があれば、全くその姿が見えないことも多々あります。

下の写真は昨年の夏に撮った、ほぼ同じ方向の眺めです。


b0290189_16243133.jpg
今年の冬に富士山が見えすぎているのは、乾燥のしすぎが原因のようです。

東京でも1月9日以降、約1ヶ月の間1mm以上の雨は一度も降りませんでした。

日中の湿度(屋外)が20%のこともありました。 
空気がカラッカラッでした!


そして、昨日(5日)ものすごく久しぶりに雨が降りました。

ほんのちょっとですが(笑)



撮影日:2017年1月21日(最後の写真を除く)

Nikon D7100

AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED (1, 2, 4, 5枚目)

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM (3枚目)











[PR]

by view-finder | 2017-02-06 13:46 | 風景 | Comments(4)
2017年 01月 12日

鉄分多め

b0290189_17512351.jpg
横須賀線です。

私は鉄道の車両型式とか全く知りませんし、鉄道自体にそれほど興味が
あるわけでないので、詳しいことは本当に何も知りません(笑)

でも、鉄道のある風景は昔から好きです。

あくまでも風景の1つとして見ています。

これまでも鉄道関係の写真をたまに載せることがありましたが、
もしかすると今年は例年以上に鉄分が多めになる可能性があります。






b0290189_17512317.jpg
アップで撮ろうと思っても、どのように撮ればいいのかわかりません。

飛行機だったら「この角度がカッコイイ」とか、「この部分がたまらない!」
というようなものが自分の中にあるのですが、鉄道にはそういう部分がない(笑)





b0290189_17512490.jpg
なぜ珍しく駅の写真などがあるのかと言いますと、先日鎌倉へ行った時は
車ではなく電車を使ったからです。(写真は北鎌倉駅)

昔からどこへ行くにも車だった私からすれば、非常に珍しいことです。

でも、車で移動していては決して見ることのできない風景、電車に乗って
初めて目にできる風景というものが言うまでもなくあるわけですよね。

少し自分の視点を変える意味でも、これからはたまに電車に乗ってみるのも
良いかな?と思うようになりました。






b0290189_17512265.jpg
こちらは小田急線。

これは電車そのものよりも、電車や線路に反射する夕日、そして架線の
ごちゃごちゃ感に惹かれて撮りたい衝動にかられた風景です。

これは自分でも「イイ!」と最初から思ったので、露出を切りつめて
狙って撮りました。

10分ほど同じ場所で撮っていたのですが、本当に美しいのは一瞬、
この1枚のみでした。

直接太陽や空を見なくても、その反射する光だけでも、やはり夕日の時間帯は
まさに秒単位で表情が変わることを改めて実感しました。




Nikon D7100

AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED (1,2,4枚目)

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM (3枚目)











[PR]

by view-finder | 2017-01-12 18:27 | 風景 | Comments(16)
2017年 01月 06日

START UP 2017

b0290189_12072870.jpg

あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます


新年のご挨拶が遅くなりまして申し訳ありません

ようやく始動しました


新春ということで・・・
滅多にない日の出の風景です


なにぶん早起きが苦手なもので・・・基本的に
トワイライト/薄明の撮影はいつも日の入りの時間帯です

早朝の撮影など1年に1回あるかどうかです(笑)




早いもので当ブログを始めてから4年以上が経ちました


色々と事情もあり 今年は昨年よりもさらに
写真を撮りに行く時間が少なくなると思います


でも

時間が無ければ無いなりに 身近なところで新しい
魅力的な被写体を探して撮る方法もあると思います


それが今年の目標です


時間がないことを言い訳にせず
写真はどこでもいつでも撮れるということを実践したい


もしかすると これまでよく撮影していた被写体や
作風が変わったりすることもあるかもしれませんが
引き続きお付き合いいただければ幸甚です


本年が皆さまにとって良い年でありますように
お祈り申し上げます



[PR]

by view-finder | 2017-01-06 12:26 | 風景 | Comments(20)
2016年 12月 13日

鎌倉の紅葉 (円覚寺)

b0290189_16313073.jpg
前回の続きです。

明月院の後は、こちらの円覚寺にお邪魔しました。

この円覚寺の紅葉も素晴らしいと以前から聞いていたので、
ぜひ一度来てみたかったのです。

このお寺を訪れたのは今回が初めてでした。





b0290189_16313277.jpg
評判どおり、境内を歩いていると、そこかしこで美しい光景が
目に飛び込んできました。






b0290189_16313161.jpg
平日って素晴らしい・・・(笑)

土日だと人が多いので、撮影にも気を使うし、人がいない瞬間を
待つのも大変だと思います。

この時も、門をくぐろうとした方が一人いたのですが、カメラを構えた
私の姿を見て、わざわざ門の影に隠れてくださったのです。

お心遣いに感謝いたしました。






b0290189_12160428.jpg
すでに夕方になっていたこともあり、もともとの色温度が高めです。

綺麗な光線状態で撮影を行うことができました。






b0290189_16313173.jpg
けっこう風があったので、被写体ブレに注意しました。

あいかわらず私は縦構図が多いですね(笑)

その場の状況と被写体によりけりですが、かなり積極的に縦を使うほうです。






b0290189_16312992.jpg
和み地蔵(ほほえみ地蔵)を見つけました!

長谷寺にはたくさんいるのは知っていますが、この円覚寺にもありました。

文字通り見ているだけで和やかな気持ちになってきます。



初めて訪れた円覚寺ですが、本当に素敵な場所でした。

他にもたくさん写真を撮ったのですが、私の拙いセンスと技術では
その魅力を伝えきれないのが残念です!

行ったことがない方は、ぜひ一度行ってみることをお勧めします!



撮影日:2016年12月9日

Nikon D7100

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM (C-PL)









[PR]

by view-finder | 2016-12-13 17:13 | 風景 | Comments(8)
2016年 12月 10日

鎌倉の紅葉 (明月院)

b0290189_13072771.jpg
時間が空いたので、ぶらっと一人で鎌倉へ。

目的はもちろん鎌倉の美しい紅葉。

上の写真は有名な場所なので、ご存じの方や見たことがある方も多いはず。

明月院の本堂にある丸窓、通称「悟りの窓」






b0290189_17235929.jpg
ふと、本堂の屋根を見上げると、可愛いリスが。

望遠レンズを付けている時で良かったです。







b0290189_17240062.jpg
明月院は「あじさい寺」と呼ばれているくらい、紫陽花の季節が有名で、
その時期はかなりの混雑です。

そして、実際とても美しい。

紅葉の時期に来たのは初めてでしたが、この季節もまた、格別に美しいと
感じました。




b0290189_17244101.jpg
平日なので、思ったほどの混雑ではなく、わりとのんびりと
撮影することができました。

やっぱり観光地へ行くのは平日に限る!! と改めて思いました(笑)




b0290189_17275615.jpg
紅葉と一口に言っても色々な木がありますが、カエデは今が見頃だと
思います。

鎌倉は温暖なので紅葉が始まるのが遅いです。

鎌倉の中でも、北鎌倉と海寄りの鎌倉では時期が微妙に異なります。







b0290189_11564206.jpg
1枚目と同じ部屋ですが広角側で。

ただ、歪みをソフト側で補正しているので、若干切り取られています。

混雑がピークのシーズンだと、ここの写真を撮るのも大変らしいです。

窓の向こう側に人が立っていることもすごく多い。

この写真も、よく見ると窓の向こうに1人だけいるのがわかります。

1枚目の写真は、誰もいない瞬間を待って一瞬のチャンスにシャッターを押しました。


この後は明月院のすぐ近くにある円覚寺に向います。

そちらは次回に。



撮影日:2016年12月9日

Nikon D7100

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM (3,4,6枚目)

AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED (1,2,5枚目)



[PR]

by view-finder | 2016-12-10 17:47 | 風景 | Comments(4)
2016年 10月 25日

漁港夕景

b0290189_17203097.jpg
黄昏時の漁港・・・以前から好きなんです。

漁港という場所柄、午後はとても静かですよね。

夕暮れ時は人もあまりいないことが多いです。







b0290189_17203245.jpg
貴重な人影(笑)

あの人達からは(方向が逆なので)この水面に反射する美しい色は
見えていないのでしょうね。







b0290189_17203189.jpg
静かに揺れる船と、夕焼け空を映す水面(みなも)

なんとも言えない心地よさで、そこはかとない癒やしを与えてくれます。

ほんのちょっとの角度で水面への映りこみ具合が変わります。

一番綺麗な角度を探して、中腰になって撮る・・・







b0290189_17202942.jpg
東京や横浜からもすぐに行くことができる三浦半島にも、
たくさんの漁港があります。

今回の写真は全て秋谷漁港です。

漁港だけをテーマにして撮ってみても面白いかもしれないですね。







[PR]

by view-finder | 2016-10-25 17:36 | 風景 | Comments(4)
2016年 10月 03日

太陽のありがたみ sanpo

b0290189_17352130.jpg
ものすごく久しぶりに見た夕陽に心から感動しました。

ここは三浦半島の、とある漁港。

夕焼けや夕陽の写真は私のブログの中でもよく登場しますし、ぜんぜん珍しくもない
と思われるかもしれませんが、実際この日に見た夕陽はすごく久しぶりだったのです。


何故ならば、最近の関東地方はあまりにも天気が悪い日が続いているからです。

9月11日以降の天気をご覧ください。
b0290189_17354152.jpg
信じられますか?(笑) 

じつに3週間のうち太陽のマークが1つもありません。

ここまで日照時間の短い9月は記憶にありません。


しかし、約3週間(時間にして500時間以上)
ずーーっと太陽が全く顔を出さなかった・・・というわけではありません。

予報が外れて日中わりと晴れていた日もありました。





b0290189_17354154.jpg
この日のように、日没間際に太陽が顔を出したことも。

でも、自分自身は1ヶ月以上ぶりに夕陽を見たので、太陽のありがたみを
実感するとともに、久しぶりの夕陽に感動したのでした。






b0290189_17354193.jpg
防波堤に座っていた女性が、太陽に手を振っていたように見えました。
あれは実際に手を振っていたのだと思います。

そうしたくなるほど最近はどん曇りの天気が続いていたわけです。







b0290189_17354149.jpg
残念ながら水平線近くに厚い雲があったので富士山は見えませんでした。

たとえ上空に雲があっても水平線近くに雲がなければ富士山を望むことができます。

参考までに、下の写真は以前に同じ場所で撮ったものです。




b0290189_17354097.jpg
この時は3月でしたが、昼間ずっと曇っていて色のなかった空が、
日没間際になって突如燃え上がるように焼け始めたのです。

車を運転中、ものすごいことになっている空に気がついて、あわてて
とにかく一番近い海岸へ!と車を走らせて着いたのがこの場所でした。

その時以来、ここはお気に入りの場所になっているのですが、この時のような
美しい空にはいまだに再会できていません。

1年に数回あるかないかという劇的な空の日に、たまたま自分がそこに
いるかどうか、カメラを持っているかどうか・・・

これはサラリーマンにとっては運次第なんですよね。

またいつか、このような感動的な空に出会える日を心待ちにしています。





[PR]

by view-finder | 2016-10-03 18:04 | 風景 | Comments(12)