タグ:マジックアワー ( 99 ) タグの人気記事


2017年 11月 09日

秋の夕暮れ

b0290189_16231553.jpg
週末になると天気が悪くなることが数週間続きましたが、11月に入ると
ようやく気持ちの良い秋晴れの日が増えてきましたね。

文化の日からの3連休は、天候にも恵まれて各地で行楽日和だったことでしょう。

我が家は子どもがまだ小さいのであまり遠出はできませんが、日帰りの
ドライブを2回ほど楽しみました。





b0290189_16065705.jpg
久しぶりにこの場所に行きましたが、先日の台風21号により桟橋の一部が
破壊されていました。

現在「立入禁止」になっています。




b0290189_16065755.jpg
ご覧のように真ん中部分は木製ですからね・・・
この桟橋が出来てから100年近く経つそうです。

きっと100年の間に何度も壊れたことがあったと思います。

以前にも壊れていたことがあったのですが、その時は寄付により修繕を
行うことが出来たと聞いたことがあります。

今回は復旧の見通しは立っていないようです。





b0290189_16065679.jpg
この写真を撮っている時に、思いっきり足が海の中に沈みました。

少し大きな波が押し寄せたのですが、ファインダーを覗いていて
全く気がつきませんでした。

撮影後に靴下と靴を買って履き替えました(笑)

この日は残念ながら富士山は見えなかったのですが、日没後のマジックアワーは
とても素晴らしかったです。

それはまた次回に。


撮影日:2017年11月5日

Nikon D7100

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED

[PR]

by view-finder | 2017-11-09 16:52 | 風景 | Comments(0)
2017年 10月 16日

Silhouette

b0290189_17141159.jpg
日中に見ると本当に全く何とも思わない風景なのですが、夕焼けに染まる
時間帯に見せた一瞬のマジックに心が奪われました。

何の変哲もない風景すら突如美しく魅力的な風景に変えてしまう夕焼けの偉大さ・・・






b0290189_17141167.jpg
実は、太陽が完全に雲に隠れる少し前に、ものすごく美しい光が差し込んで
いたのですが、残念ながら撮り損じてしまいました・・・

(車を停めることができず!)






b0290189_17141157.jpg
今回は全てシルエットで表現してみました。

完全に黒く潰れているわけではないので、厳密にはシルエットとは
言えないのかもしれませんが。(どうなのでしょうね?)







b0290189_16330222.jpg
バックライトによって富士山の上部だけがかろうじてシルエットで
浮かび上がっていました。

富士山の影絵をバックに釣りに興じる人たち。

とても絵になっていました。







b0290189_17141080.jpg
ここ最近は仕事や育児に追われて、撮影に行ったりブログを更新する
時間がなかなか取れません。

ここのところ天気もずっと悪いですね。

せっかく涼しくなってきたのですから気持ち良い秋晴れを見たいものです。


撮影日:2017年10月9日(最後の1枚のみ9月3日)

Nikon D7100

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED



[PR]

by view-finder | 2017-10-16 17:33 | 風景 | Comments(8)
2017年 09月 12日

赤子に飛行機を見せる

b0290189_17283082.jpg
生後2ヶ月の息子に初めて飛行機を見せに行きました。

日没間際の本当に短い時間でしたが、太陽は雲に隠れてしまい
綺麗な夕焼けもなく、撮影的には不発に終わりました。

そして、生まれて初めて飛行機を間近に見た息子はと言うと、
最初から最後まで(わずか30分ですが)ずっと寝ていました(笑)






b0290189_17283026.jpg
焦点距離58ミリですから、かなり近くて音も大きいんですけどね。

抱っこ紐を使って私が抱っこしながら少しだけ撮影しました。

妻も隣にいましたが、何故か自分で抱っこしながら撮りたかったんです!

飛行機への愛情、飛行機の魅力やカッコ良さ、胸の高鳴り・・・
それを息子に感じて欲しかったのですが、全く目を開けることもなく
爆睡したまま終わってしまいました(笑)


まぁ仕方ないですよね・・・まだ2ヶ月ですから。

少しずつ一緒に楽しめるようになれたら良いですね。







b0290189_17283134.jpg
帰り道、レインボーブリッジの隙間から月が見えたので記念にパチリ。

足場的に三脚は使えなかったので手持ちです。
(500mm、ISO2200、1/60秒、F7.1)


7月と8月は、仕事以外ではほとんど家から出ない生活をしていましたが、
少しずつ子どもを連れて外出できるようになってきたので、ブログも定期的に
更新できるようになりつつあります。



撮影日:2017年9月10日

Nikon D7100

SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM



[PR]

by view-finder | 2017-09-12 17:41 | 城南島 | Comments(6)
2017年 06月 23日

盤州干潟

b0290189_18375608.jpg
大好きな木更津から眺める夕日。

東京湾に広がる巨大な盤州干潟は、時にドラマチックな風景を見せてくれる。

今はすっかり有名になった(なりすぎた?)海中電柱があるのも、この盤州干潟。


残念ながら水平線近くに厚い雲があり、太陽が隠れてしまった。

今日は焼けないな・・・


そう思ったのもつかの間、急に空が赤くなり始めて、それと同時に
波が引き始めた。




b0290189_18375756.jpg
つい先ほどまで足元まで海水だったのに、見る見るうちに姿を現す砂浜。

まだ濡れている砂浜に反射する空の色。

まるで示し合わせたかのようなタイミングの良さに驚いた。

すっかり干潮になると、いったい海岸線がどこにあるのかわからないほど
遥か彼方まで潮が引く。






b0290189_18375602.jpg
焼けていたのは、ほんの少しの間。

時間にして10分もなかった。

何が起こるか予想がつかないからサンセットタイムは虜になる。






b0290189_18375891.jpg

【近況報告】

ここのところ、あまり撮影する時間も、出かける時間もありません。

この夏は、さらに更新のペースがダウンするかもしれません。

このような情けない状況ではありますが、ブログはまだ続けるつもりなので
今後ともよろしくお願いいたします。






[PR]

by view-finder | 2017-06-23 18:58 | 風景 | Comments(8)
2017年 06月 13日

田んぼの中の夕焼け

b0290189_18073968.jpg
今の時期特有の不気味な夕焼け空。

冬によく見られるような綺麗なグラデーションも素晴らしいですが、
たまに劇的な夕焼け空になることがあるのは夏の魅力でしょうか。






b0290189_18013027.jpg
何度か当ブログにも登場している横浜北部を走る「こどもの国線」です。

2両しかない編成がイイ味を出してるんです。






b0290189_18012954.jpg
田んぼに反射する空が綺麗だったので、全てシンメトリーの構図で・
視線を上下させて、最もよく反射する高さを探しました。

最大限に反射させたかったので、C-PLはもちろん外しています。

もっとも、1枚目はC-PLを使いたくても使えないんですけどね。
レンズの前玉が出っ張っているので。



Nikon D7100
SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM (1枚目)
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM (2, 3枚目)






[PR]

by view-finder | 2017-06-13 18:28 | 風景 | Comments(8)
2017年 05月 14日

トワイライト・リバー

b0290189_01025466.jpg
黄昏の多摩川です。

薄暗くて良く見えませんが、電車も写っています。







b0290189_23090658.jpg
薄暮、黄昏、夕暮れ、薄明、トワイライト、dusk・・・

色々な言い方がありますが、全て太陽が沈んだ直後の美しい時間帯のこと。






b0290189_23073097.jpg
このあたりもそうですが、日中の風景は特別に立ち止まって眺めるほどの
ものでもないのに、日が落ちた直後の美しい色に包まれると途端に魅力的な
風景に見えてきます。






b0290189_23073116.jpg
もともと美しい風景は、より美しく・・・

なんでもないような風景すら美しく魅力的な風景に変えてしまう魔法(マジック)


日中はどんよりとした空模様で、今日はあまり良い夕焼けにはなりそうにない・・・
そう思っていたのに、日没後の極短時間だけ感動的な色を見せてくれました。

これだからマジックアワーは病みつきになってしまうのです。






[PR]

by view-finder | 2017-05-14 23:24 | 風景 | Comments(6)
2017年 05月 08日

三浦夕景

b0290189_16034713.jpg
久しぶりに三浦で夕景を撮りました。

ゴールデンウィークは特別に遠出などはせず、近場で日帰りドライブを
楽しんだり、家でのんびりと過ごしたりしてました。






b0290189_16034710.jpg
今回はAdobe系のソフトは一切使わず、長年使い慣れたNikon Capture NX2
のみで現像しました。

JPEG撮って出しに近いです。






b0290189_16034837.jpg
夕景の写真は Nikon Capture NX2 で扱うほうが楽だと気づきました。

撮影時のカメラの設定がそのまま反映されるのもメリットです。

けっこう私は撮影時にピクチャーコントロールやホワイトバランスを
マニュアルで設定するので、PCで開いた時にそのイメージのまま
表示されるのは気持ちが良いです。







b0290189_16034705.jpg
今回は風が強かったので全て手持ちです。

やっぱり三浦で見る夕焼け、そして富士山の組み合わせは絵になります!

三浦は何百回訪れても飽きません!






b0290189_16034854.jpg
Powered by HONDA と黄昏富士・・・・

サイコーじゃないですか!!(笑)



お花シリーズが長く続いたので、その反動でしばらく黄昏系の写真が
続くかもしれません。







[PR]

by view-finder | 2017-05-08 16:20 | 風景 | Comments(8)
2017年 02月 23日

Reflections

b0290189_17041712.jpg
久しぶりの飛行機ネタです。

元々このブログは飛行機に関する記事が半分くらいのボリュームを占めて
いたのですが、どんどん割合が少なくなってきていますね(笑)

今回はリフレクション(反射)をテーマにしてみました。







b0290189_17041746.jpg
すべて羽田空港第1ターミナルからの撮影です。

ジュラルミン(アルミニウム合金)に反射する光の美しさに、いつも見惚れます。

ちなみに、ボーイング787やエアバスA350の外板(スキン)は金属ではなく
カーボン樹脂(炭素繊維強化プラスチック!)です。







b0290189_17041806.jpg
第1ターミナルなので、どうしてもJAL機が多くなってしまいます。

ちなみに、昔のロゴは「JAPAN AIR LINES」というふうに AIR と LINES の
間にスペースが入っていましたよね。

どうでもいい話ですが(笑)






b0290189_17041751.jpg
ボディの各部に反射する光の具合、微妙な陰影。

とくかく飛行機は抵抗を少なくするために、限りなく丸く、そして
滑らかな形をしているわけですが、そのことが絶妙な反射具合を
生み出しているのですね。

逆光LOVEですよ!!(笑)

順光ではこうなりませんから。







b0290189_17041693.jpg






[PR]

by view-finder | 2017-02-23 17:33 | 羽田空港 | Comments(12)
2017年 02月 06日

富士山が見えすぎる

b0290189_13041473.jpg
三浦半島から眺める富士山。

先日テレビのニュースをなにげなく見ていたところ

「この冬は富士山が見えすぎる」

という内容の記事を放送していました。







b0290189_13041362.jpg
確かに自分でも、そう思っていたのです。

富士山が見えるかどうか確認するのが日課のようになっているのですが、
この冬は東京からクッキリと見える日が例年より多いと感じていました。

そのニュースでは、和歌山県から見た富士山と、奈良県から見た富士山を
それぞれ映像で紹介していました。

いずれも、この冬に撮影したものでした。







b0290189_13041495.jpg
以前アップした記事で述べたことがありますが、計算上は約236km先まで
富士山が見えるそうです。

でも、和歌山県は場所にもよりますが300km以上離れています。

それでも富士山が見える理由は、高い場所から眺めているからです。

約236km先まで見えるというのは、あくまでも海抜0メートル地点の話です。
海抜0メートルからだと、どんなに視程が良くても、236km以上離れると
富士山は地平線の下に沈んでしまうということですね。

しかし、仮に海抜1000メートルまで登れば、水平線までの距離は単純計算で
110km以上先になりますから、富士山ほどの高さがある山であれば、例え
300km離れていても、視程さえ良ければ見えるということですね。







b0290189_13041513.jpg
三浦半島のこの場所から富士山までは、たった80kmしか離れていないので、
よく見えるのは当たり前といえば当たり前なのですが・・・

いや、でも大気の状態が悪い時は、全くこのようにハッキリとは見えません。

雲があれば、全くその姿が見えないことも多々あります。

下の写真は昨年の夏に撮った、ほぼ同じ方向の眺めです。


b0290189_16243133.jpg
今年の冬に富士山が見えすぎているのは、乾燥のしすぎが原因のようです。

東京でも1月9日以降、約1ヶ月の間1mm以上の雨は一度も降りませんでした。

日中の湿度(屋外)が20%のこともありました。 
空気がカラッカラッでした!


そして、昨日(5日)ものすごく久しぶりに雨が降りました。

ほんのちょっとですが(笑)



撮影日:2017年1月21日(最後の写真を除く)

Nikon D7100

AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED (1, 2, 4, 5枚目)

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM (3枚目)











[PR]

by view-finder | 2017-02-06 13:46 | 風景 | Comments(4)
2017年 01月 19日

遠⇔近

b0290189_15510732.jpg
離れて眺める東京スカイツリー(距離3.0km)







b0290189_15510854.jpg
近づいて眺めるスカイツリー(距離500m)







b0290189_23263635.jpg
さらに近づいて眺めるスカイツリー。

ほぼ真下。

超広角(8mm/換算12mm)だからこそ撮れる画。



単純に考えると、近くから見たほうが存在感がありそうに思えますが、
逆に、離れて見たほうが存在感が強いと思うのは私だけでしょうか。







b0290189_15510906.jpg
2km先から見る東京タワー。







b0290189_15510964.jpg
真下から見る東京タワー。


距離が近すぎると、逆に見えないモノってありますよね。

モノだけではないですね。

人と人との関係も同じことが言えると思います。



なんて・・・哲学っぽいことを言ってしまいました(笑)







b0290189_1753421.jpg
この写真は再掲になります。

4年前にもアップしましたが、この時の空と東京タワーが見せてくれた
存在感はとても印象に残っています。




人生の目標として、いろいろな意味で存在感のある人間になりたいです(笑)



[PR]

by view-finder | 2017-01-19 16:07 | 風景 | Comments(11)