2017年 12月 22日

未来に残したい風景

b0290189_17245677.jpg
以前の記事で続きを投稿する予定だったことを、すっかり失念していました。

あまりにも遅すぎて、いまさら感がありますが・・(笑)






b0290189_17245707.jpg
まだ11月の始めでしたからね。 

さすがに今(12月下旬)の時期は、海に入ろうと思う人は少ないでしょうね。







b0290189_17245678.jpg
ちなみに、この場所でも過去記事「SNSの影響力」と同じことが起きていました。

以前は本当に人が少なかったのに、あ・・あ・・あまりにも大勢の観光客が
押し寄せて来て、とても驚きました。

何十人という団体が突然現れたり。

大型バスでやって来るんですかね?
観光ツアーに組み込まれているのでしょうか?

もう、知る人ぞ知る風景などでは完全になくなってしまったようです。







b0290189_17245664.jpg
この最後の写真は、素晴らしい瞬間でした!

撮影が終わってカメラも三脚もしまって、さぁ帰ろうと車を出そうと思い、
ふと海のほうを見てみたら・・・空と海が大変なことになってました。

慌てて三脚とカメラを再びセット。

そのタイムラグのせいで一番綺麗な瞬間は逃してしまったのですが・・・

やっぱりこの時間帯は勝手に自分で見切りを付けてはダメですね!!!

日没後、最低40分は様子を見なければダメだということです!

この時は水没した足が冷たくて(笑)早く撮影を切り上げたかったから
というのが敗因です。

それと、少し高い場所から眺めることにより、絶妙な角度で残照が反射していた
ことも理由だと思います。

ほんのわずかな角度で反射の仕方が大きく変わりますよね。

スローシャッター(2秒)なのに写っている女性がブレていないのも良かったです。
この女性もご自身のスマホで撮影する際に、ブレないように静止していたからですね。







b0290189_17245740.jpg
これは2016年4月に行った時の写真です。

この頃くらいまでは、まだまだ人が少なかったです。

この時点で撮影していた人は、私を除いてたったの1人でした。

桟橋も壊れておらず、桟橋の先端まで歩いて行くこともできました。

ぼんやり富士山も見えます。

こういうのんびりした雰囲気はもう見られないのですかねぇ。








[PR]

# by view-finder | 2017-12-22 17:58 | 風景 | Comments(4)