<   2017年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2017年 07月 21日

22年前のパリ(Paris)

寝不足が続いています(笑)

子供が生まれたばかりなので仕方ないですが、この死ぬほど暑い
スーパー猛暑とあいまって厳しい夏になりそうです。

出産後しばらく子供を連れて実家に戻る母親は多いと思いますが、
うちの場合はそれをやりませんでした。(色々と事情もあり)

今は赤ん坊と妻のケアで精一杯で、写真などを撮りに行くことはできません。
もちろん家の中では家族写真をそれなりに撮っていますけどね。

先日、自分が生まれたばかりの顔はどんな感じだったのかを確かめたくて
古いアルバムを漁っていました。

生まれたばかりの子供と、自分の生後間もない頃の顔を見比べたら、
少し似ているかな?と思いました(笑) でも、それほど似ていません。



古いアルバムを漁っていると、昔フィルムカメラで撮影した懐かしい写真が
色々と出てきました。

今は風景写真を撮りに行く時間がほとんどないので、苦し紛れに昔の写真を
アップしたいと思います。

フィルムから直接スキャンしたのではなく、プリントしてあった
古くて傷んだ写真を取り込んだものなので画質は悪いです。






b0290189_17234687.jpg
こちらは、22年前の冬に撮ったパリのシャンゼリゼ通り。

今のようにLEDではなく、昔ながらの電球です。

電球のほうが暖かみがあり雰囲気も良いと思うのですが。

パリでは当時から三脚の使用は禁止されていたと記憶しています。

しかし、当時のフィルムカメラでは三脚を使わないと夜景など撮れるわけありません。

コッソリと・・・ほんの一瞬だけ・・・(笑)






b0290189_17234792.jpg
同じく22年前(1995年)の冬に撮ったエッフェル塔。

ロングコートの中に三脚を隠して歩いていた記憶があります。

よく映画とかでありますよね。

トレンチコートの中にショットガンを隠し持っていて、ターゲットが
現れたらバサッ!とコートを開いて撃ちまくる。

まさにああいう感じで一瞬だけコソっと・・・(笑)



パリに限らずヨーロッパの都市では三脚NGの所が多いかもしれません。

だけど、著名なプロの風景写真家に聞いたら、パリでは注意されたことは
なかったと言っていたような・・・特別許可もいらなかったと。

実際のところどうなのかよくわかりません。


ヨーロッパは美術館や博物館も撮影OKな所が多いので、それはすごく良いですね。

ルーブル美術館も大英博物館も普通に撮影できました。


また機会があれば、昔の写真をアップしたいと思います。



カメラ:ミノルタ α-7xi
露出等:記録も記憶も無し
フィルム:ポジではなくネガ(たぶんフジカラー)



[PR]

by view-finder | 2017-07-21 17:49 | 風景 | Comments(6)
2017年 07月 12日

BIRTH ~ 小さな命

b0290189_16534090.jpg
先週のことになりますが、我が家に新しい家族が仲間入りしました。

私たち夫婦にとって初めての子どもです。

お産にかかった時間は26時間以上で、最終的には帝王切開手術となりましたので
妻は本当に大変だったと思います。

私も丸2日間ほぼ一睡もせずに側にいましたが、やっぱり出産は命がけなんだと
改めて思いました。

妻には感謝の気持ちでいっぱいです。





b0290189_16534015.jpg


「小さな命」とは良く言いますが、私にとってはすごく大きな命です。

そもそも命に大きさなどない・・・今回のことを経験して、そのような思いを
強く抱くようになりました。


この年になっても、まだ涙が出るほど感動できることが残っていたとは
自分でも驚きでしたし、心の底から嬉しかったです。


ずいぶん遅い父親デビューになってしまいました。

誕生する前は、この年で親になることへの不安も正直少しありましたが、
今はもうそのような感情はなくなりました。

命に代えてもこの子を守らねばならない。 それだけです。

しっかり成長するまで自分はくたばるわけにはいかないわけです(笑)

これまで以上に強い気持ちで仕事も頑張れそうです。


しばらくの間は飛行機とかマジックアワーとか、今までよく撮っていたような
写真を撮りに行くことは難しくなります。

その代わり、今まであまり撮らなかったポートレートが増えそうです。

滅多に使わなかった単焦点レンズの出番も増えています。

我が家には犬もいますので、赤ん坊と犬がじゃれ合って遊んでいるような
写真も撮ってみたいです。

そういうわけで、しばらくの間はあまり更新できなくなることは必至ですし、
過去写真の蔵出しなどしか出来なくなるかもしれませんがご容赦ください。









[PR]

by view-finder | 2017-07-12 18:13 | Comments(20)
2017年 07月 04日

どんなときも。

b0290189_14312836.jpg

どんなに忙しくて時間に追われていても、夕日の時間帯になると
ソワソワして空を眺めてしまう自分がいる。

昨日も一昨日も、日中は曇っていたけど、日没の頃になると
綺麗な夕焼けを見ることができた。(写真は別の日)






b0290189_13400715.jpg
綺麗なものを見て、素直に綺麗だと感じられる時は、まだ大丈夫。

気持ちに余裕がなくなると、美しい風景にすらあまり感動しなくなってしまう。

過去に何度かあったけど、それは危険なサイン。

美しいものに感動できるかどうかが、心の健康のバロメーター。








b0290189_14005202.jpg


どんなときも

どんなときも

ビルの間きゅうくつそうに

落ちて行く夕陽に

焦る気持ち溶かして行こう



b0290189_13400827.jpg

[PR]

by view-finder | 2017-07-04 14:05 | 風景 | Comments(8)