<   2016年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2016年 12月 30日

PLAYBACK 2016

2016年も残すところ僅かとなりました。

これが本年最後の更新となります。

2016年のまとめとして、今年撮影した中で印象に残っている写真を
主に月ごとにまとめてみました。

この1年でシャッターを押した回数=レリーズ数は約3600回でした。

あくまでもメインで使っているカメラ(Nikon D7100)の回数です。

その他にNikon 1 で180回ほど(←少なすぎ)

あとはスマートフォンのカメラですね。
スマホでは頻繁に色々なモノを気軽に撮っていますが、ブログにアップ
したことはほとんどありません。


ちなみに、2015年はD7100だけで約4800回

その前の2014年は約8300回


年々少なくなってます!(笑)

もちろん無闇にシャッターをたくさん押せばいいというものではないと思います。

もしかすると、じっくりと丁寧に撮影できるようになった面もあるのかもしれませんが、
今年は写真を撮る時間もあまりなく、花火も1回しか撮らなかったし、クリスマスの
イルミネーションにいたっては一度も撮ることなく終わってしまいました。

正直自分としては不完全燃焼な気持ちがあります。

それでも3600枚の写真はあるわけで・・・
その中で人様にお見せできる写真は極わずかで、大半はどうでもいいような
写真ばかりです ^^;

でも、たまに何年か経ってから見返してみると、最初に見た時と印象が変わって
「意外と良いんじゃないか?」と思うようなこともあるから面白いです。



能書きが長くなってしまいましたが・・・そろそろ始めます(笑)







b0290189_16130492.jpg
1月に逗子から見た富士山はとても美しく印象的でした。

この場所は昔から大好きです。

こんな所に住めたら最高でしょうね。







よく見る定番写真ですが、撮るなら平日に限ると思っていたので、
なかなか今まで行くチャンスがありませんでした。







b0290189_16130583.jpg
4月、昭和記念公園のチューリップに癒やされました。







b0290189_16130680.jpg
同じく4月、忍野村まで花見へ

見頃のピークは過ぎていたのですが、桜吹雪と富士山が最高に綺麗でした。
この日は誕生日だったのですが、良い思い出になりました。







b0290189_16130747.jpg
今年最初の記事で、今年の目標は「超広角レンズに手を出すこと」
と宣言しましたが、その宣言どおり超広角レンズを手に入れました。

上の写真はそれほど 超広角 というほどでもありませんが...









b0290189_16130826.jpg
6月、多摩川での一コマ。

水面が凪いでいて反射が美しかったので、あえて太陽は入れず。









b0290189_18102581.jpg
ここも、ずっと撮りたいと思っていた新宿。

毎日のように通っているのに、恐らく写真を撮ったのは初めて(笑)







b0290189_16130446.jpg
今年一番楽しかったのは奄美大島への旅行でした。

天候に恵まれたおかげで、最高に美しい海と星空に感動しまくりでした。










あいにくの曇天でしたが、モノクロにするとカッコイイ感じに...

今年はあまり飛行機を撮りに行くことができなかったのが心残りです。

シャッターの回数が少ないのは、そのことも大いに関係があります。
飛行機を撮りに行くと、あっという間に100回や200回のシャッターを
切るからです。

来年はどうでしょう・・・

なんとか時間を見つけて飛行機を撮りたいです。









b0290189_11383615.jpg
8月、我が家にとっては毎年恒例行事の熱海海上花火大会

今年は花火大会を2回ほど見に行きまたが、撮影したのはこの時の1回だけです。









b0290189_13311380.jpg
真夏の浅草をモノクロでスナップしました。

食事に行った「ついで」の撮影でしたが存外に楽しくて、モノクローム
そしてスナップの面白さを再認識しました。









b0290189_16130672.jpg
夏の終わりに、日本一の星空が見られることで有名な長野県は阿智村へ

ずっと曇っていたのが星空鑑賞の時間帯になると奇跡的に晴れて
満点の星空が現れました!

日本一という謳い文句はダテではありませんでした。









b0290189_16130726.jpg
なんということもない普通の町中の風景。

東京では当たり前の光景ですが、よく考えるとものすごい車と信号の数だなと。

望遠レンズで圧縮してみると、それがさらに強調されるのが面白いです。







今はなんとも思わない風景でも、後から貴重な資料になったり、価値が
高まったりする写真もたくさんあるということを今年は学んだ気がします。

今まではカメラを向けようとすら思わなかった被写体でも、これからは
記録として残すことを心がけたいと思うようになりました。


以上です!

わりと最近アップした写真はあえて除かせていただきます。


長々とお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

来年も引き続き、よろしくお願い申し上げます。

それでは皆さま、良いお年をお迎えください。




b0290189_18014237.jpg

[PR]

by view-finder | 2016-12-30 15:15 | 1年のまとめ | Comments(10)
2016年 12月 26日

黄昏のリバーシティ

b0290189_11592169.jpg
久しぶりに大川端リバーシティの夕景を撮りました。

日没の方角的に今が最も良い時期なのです。

すでに冬至を過ぎましたから、これからは日没の方角が(上の写真で言うと)
どんどん右の方に移動していきます。






b0290189_11593692.jpg
中央大橋です。

あの橋のたもとに以前住んでいました。







b0290189_16520194.jpg
聞くところによると、バブル全盛期に建てられたので、このように
やたら豪華な造りになったそうです。

このあたりは、ドラマのロケやCMなどでよく出てきます。







b0290189_12162990.jpg
日没の40分後、もっとも美しいブルーモーメントです。

永代橋の上から撮っています。

永代橋の問題は、かなり交通量が多いので揺れることです。

だから、あまりスローシャッターにするとブレるのです。

そこが難しいところですね。



先ほど「中央大橋のたもとに住んでいた」と述べましたが、その当時は
デジタル一眼レフは持っていませんでした。

フィルムの一眼レフは持っていたのですが、「いつかちゃんと撮ろう」と
思っているうちに、けっきょく最後まで撮らずに終わってしまいました(笑)

いつでも撮れる・・・そういう気持ちが良くないのですよね。


古いコンデジで撮った写真は残っています。


b0290189_16515996.jpg
(クリックで拡大表示できます)


これが当時住んでいた家から、コンデジのパノラマ機能を使って撮った写真です。

写真のつなぎ目が見てわかりますし、画像も良くないのですが。

撮影日は2005年10月25日

聖路加タワーの明かりが煌々とついていることから平日であることがわかります。
角部屋だったのでベランダをフルに使えば270度くらいの視界がありました。

使ったカメラは、キヤノンの初代 IXY DIGITAL です!(笑)

2000年発売ですが、その頃はまだデジカメ黎明期だったと思います。

b0290189_16520022.jpg
まだ手元にあります。

たったの200万画素です(笑)

こんなに小さいのに光学ファインダーがついていたんです。
液晶は使い物にならないほど小さくて画質も悪かったので、ファインダーで
撮ることのほうが多かった記憶があります。

記録メディアはコンパクトフラッシュ(CFカード)

腕にズシンとくる金属の重みがあり、最近のカメラより高級感がある気がします。

私が唯一持っているCanonのカメラです。

このカメラで撮ることは滅多にありませんでしたが、この家からの眺めを
画質が悪いなりにも記録として残しておけたことは良かったと思います。

やっぱり写真は「とにかく撮る」こと!

「撮れる時に撮っておかなければダメだ」ということ。

今は何とも思わない景色でも、後年には非常に価値あるものとなったり、
自分自身が懐かしく思える日が来るかもしれない。

そう思うようになりました。









[PR]

by view-finder | 2016-12-26 17:37 | 風景 | Comments(8)
2016年 12月 22日

【速報】 目黒雅叙園が見頃です

b0290189_18080387.jpg
目黒雅叙園の紅葉が見頃をむかえました。

写真は全て昨日(12月21日)に撮影したものです。

今週末頃までが見頃のピークだと思います。

今日の嵐のような強い風で散ってしまわないか心配ではありますが・・・






b0290189_22403967.jpg
中庭です。

周りはビルだらけなのに、このような美しい景色が見られるなんて
素晴らしいと思います。





b0290189_18080349.jpg
滝もあります!

今の季節は、この中庭に日光が届くは午前中だけです。

午後になると日陰になってしまいます。

昨日は午前と午後と2回撮影しました。





b0290189_18075188.jpg
メインエントランスを入ってすぐの所。

和の趣です。




b0290189_18080579.jpg
この写真より以降は午後の撮影です。

このあたりは午前中は日陰なのですが、午後になると光が当たり
とても美しい色彩となります。

午後1時から2時半頃が最も綺麗かもしれません。





b0290189_18075141.jpg





b0290189_18080480.jpg


以上、簡単ではありますが、目黒雅叙園の紅葉を紹介させてもらいました。

昭和の竜宮城と呼ばれた目黒雅叙園は、紅葉のみならず、建物の造りや
豪華な内装など一見の価値があると思います!




撮影日:2016年12月21日

Nikon D7100

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM + C-PL






[PR]

by view-finder | 2016-12-22 18:25 | 風景 | Comments(6)
2016年 12月 19日

東京鳥瞰

b0290189_18525390.jpg
土曜日は仕事が休みでしたが、所用のため早くから都心に居ました。

少し時間が空いたので東京都庁の展望台へ行きました。

もう少し早く、展望台がオープンする時間(9時30分)に行けば
もっとクリアな空だったと思います。

この写真を撮ったのは、すでに11時30分頃でした。

地表あたりが少し霞んでいるのがわかると思います。







b0290189_18525361.jpg
富士山とは反対の方角。

東京スカイツリーや東京ドームが見えます。

ガスってます。

こうして見ると本当に東京はゴミみたいな街並みに思えて仕方ありません(笑)

夜はキラキラして綺麗ですけど、昼間に見ると、なんとも統一感がなくて
ゴチャゴチャと汚く見えると思いませんか?







b0290189_18525208.jpg
こちらは東京タワー方面。

東京タワーですら、この東京というモンスターの中では存在感が薄くなります。

ちなみに、東京都庁から東京タワーまでは直線距離で5kmです。

下部には、昨年から色々と物議を醸している新国立競技場の工事現場が見えます。







b0290189_18525273.jpg
まだ東京ではしぶとくイチョウの紅葉が残っています。





b0290189_18525405.jpg
ガラス越し&手持ちの撮影なのであまりシャープではありませんが、
あくまでも記録写真として残しておきます。

そういえば、私はまだ東京スカイツリーに登ったことがありません。

都庁の展望台は地上45階(202メートル)ですが、スカイツリーは
450メートルまで登ることができるそうで・・・

まさに桁違いですね!

でも、東京都庁の展望台は 無料 なのに、スカイツリーで450メートルまで
登るには3000円以上。 まさに桁違い!(笑)


私からは以上です。


撮影日:2016年12月17日

Nikon D7100

Sigma 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM + C-PL(1枚目)

AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED + C-PL (2~5枚目)


[PR]

by view-finder | 2016-12-19 19:16 | 風景 | Comments(2)
2016年 12月 13日

鎌倉の紅葉 (円覚寺)

b0290189_16313073.jpg
前回の続きです。

明月院の後は、こちらの円覚寺にお邪魔しました。

この円覚寺の紅葉も素晴らしいと以前から聞いていたので、
ぜひ一度来てみたかったのです。

このお寺を訪れたのは今回が初めてでした。





b0290189_16313277.jpg
評判どおり、境内を歩いていると、そこかしこで美しい光景が
目に飛び込んできました。






b0290189_16313161.jpg
平日って素晴らしい・・・(笑)

土日だと人が多いので、撮影にも気を使うし、人がいない瞬間を
待つのも大変だと思います。

この時も、門をくぐろうとした方が一人いたのですが、カメラを構えた
私の姿を見て、わざわざ門の影に隠れてくださったのです。

お心遣いに感謝いたしました。






b0290189_12160428.jpg
すでに夕方になっていたこともあり、もともとの色温度が高めです。

綺麗な光線状態で撮影を行うことができました。






b0290189_16313173.jpg
けっこう風があったので、被写体ブレに注意しました。

あいかわらず私は縦構図が多いですね(笑)

その場の状況と被写体によりけりですが、かなり積極的に縦を使うほうです。






b0290189_16312992.jpg
和み地蔵(ほほえみ地蔵)を見つけました!

長谷寺にはたくさんいるのは知っていますが、この円覚寺にもありました。

文字通り見ているだけで和やかな気持ちになってきます。



初めて訪れた円覚寺ですが、本当に素敵な場所でした。

他にもたくさん写真を撮ったのですが、私の拙いセンスと技術では
その魅力を伝えきれないのが残念です!

行ったことがない方は、ぜひ一度行ってみることをお勧めします!



撮影日:2016年12月9日

Nikon D7100

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM (C-PL)









[PR]

by view-finder | 2016-12-13 17:13 | 風景 | Comments(8)
2016年 12月 10日

鎌倉の紅葉 (明月院)

b0290189_13072771.jpg
時間が空いたので、ぶらっと一人で鎌倉へ。

目的はもちろん鎌倉の美しい紅葉。

上の写真は有名な場所なので、ご存じの方や見たことがある方も多いはず。

明月院の本堂にある丸窓、通称「悟りの窓」






b0290189_17235929.jpg
ふと、本堂の屋根を見上げると、可愛いリスが。

望遠レンズを付けている時で良かったです。







b0290189_17240062.jpg
明月院は「あじさい寺」と呼ばれているくらい、紫陽花の季節が有名で、
その時期はかなりの混雑です。

そして、実際とても美しい。

紅葉の時期に来たのは初めてでしたが、この季節もまた、格別に美しいと
感じました。




b0290189_17244101.jpg
平日なので、思ったほどの混雑ではなく、わりとのんびりと
撮影することができました。

やっぱり観光地へ行くのは平日に限る!! と改めて思いました(笑)




b0290189_17275615.jpg
紅葉と一口に言っても色々な木がありますが、カエデは今が見頃だと
思います。

鎌倉は温暖なので紅葉が始まるのが遅いです。

鎌倉の中でも、北鎌倉と海寄りの鎌倉では時期が微妙に異なります。







b0290189_11564206.jpg
1枚目と同じ部屋ですが広角側で。

ただ、歪みをソフト側で補正しているので、若干切り取られています。

混雑がピークのシーズンだと、ここの写真を撮るのも大変らしいです。

窓の向こう側に人が立っていることもすごく多い。

この写真も、よく見ると窓の向こうに1人だけいるのがわかります。

1枚目の写真は、誰もいない瞬間を待って一瞬のチャンスにシャッターを押しました。


この後は明月院のすぐ近くにある円覚寺に向います。

そちらは次回に。



撮影日:2016年12月9日

Nikon D7100

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM (3,4,6枚目)

AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED (1,2,5枚目)



[PR]

by view-finder | 2016-12-10 17:47 | 風景 | Comments(4)
2016年 12月 03日

妖しい夜景

b0290189_18075765.jpg
一見すると何なのかよくわからない怪しい風景。

鉄道が好きな方は、車両基地だとすぐにわかると思います。

後ろに見える光跡は、通過中の電車です。







b0290189_18100166.jpg
昼間は特別なんとも思わないのですが、夜になると途端に
怪しいというか妖しいというか(笑)
とても魅力的な空間に見えてきます。



どのように現像しようか迷う被写体でもあります。




b0290189_18114017.jpg
モノクロでもすごく良いと思います。

ちなみに1枚目と同じ写真です。






b0290189_18145860.jpg
こちらも1枚目と同じですが、HDR的処理を施しています。

どれが好みかは人によって異なるでしょうね。

日中の風景写真でHDRを使うのは好きではないのですが、
夜景とHDRは相性が良いと思います。


私はあまり鉄道関係の写真を撮りませんが、このような風景が
お好きな方もいらっしゃるのではないでしょうか。

世の中には、鉄塔マニアとか、鉄骨萌え(笑)な人もいると聞きます。

私はそれほど萌えないのですが、今回アップした写真を自分でじっくりと
見てみると、そういう方たちの気持ちも少しわかる気がします。





[PR]

by view-finder | 2016-12-03 14:50 | 風景 | Comments(14)