<   2016年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2016年 11月 28日

明日に向かって

b0290189_17312498.jpg
夕焼けや夕日に向かって飛ぶヒコーキ

それが、すごく好きなんです


明日に向かって飛ぶ! 

そういう感じがしませんか?







b0290189_17312630.jpg

嫌なことも日没とともに忘れよう

明日には明日の風が吹く


そういう気持ちにさせてくれます。







b0290189_17312520.jpg
飛行機は前に飛ぶことしかできません。

後ろ向きに飛ぶことはできないのです。

そういうところも、飛行機を好きな理由の1つかもしれません。



[PR]

by view-finder | 2016-11-28 17:53 | 城南島 | Comments(12)
2016年 11月 22日

目黒川の桜もみじ

b0290189_11350438.jpg
この1週間ほど、目黒川沿いの桜もみじが見頃を迎えていました。

職場のすぐ近くなので、毎日カメラを持参して昼休みにちょくちょく
撮影していました。






b0290189_11350722.jpg
撮影日は11月16日から21日です。

ほとんどの写真は「Nikon 1 J1」+「1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6」の
組み合わせで撮影。

フルサイズ換算で、おおよそ80mm-300mmの画角に相当します。

最後の1枚のみレンズが「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」







b0290189_11350950.jpg
どうも、桜の紅葉はカエデ(モミジ)と比べるとあまり人気がないようです。

桜は紅葉しない、と思っている人すらいるかもしれませんね。もしかすると。

「桜もみじ」という季語もあるんですけどね。

春には、あれほどものすごい花見の見物客で賑わうのに、紅葉の季節は
「あえて」見に訪れる人はほとんどいない印象です。






b0290189_11350772.jpg
たしかに、カエデ(モミジ)のような鮮やかさとか、光に透かした時の
感動的な美しさなどはないかもしれません。

葉っぱが厚くて光をあまり通さない、表は色づくけど裏は地味。







b0290189_11350675.jpg
でも、私は桜の紅葉もすごく好きなんですよね。

毎日のように通る場所だから、一番の見頃を見逃さないということもありますが。








b0290189_11350810.jpg
川沿いの並木と東急目黒線。

今回、久しぶりに家で眠っていたNikon 1 J1を引っ張り出してきたのは、
会社に一眼レフ+交換レンズを持ってくるのが重たくて億劫だったからです(汗)

特に私の場合は望遠ズームが必須なので。
車なら全く気になりませんが、満員電車ですからね・・・

ふだん使い慣れているレンズやカメラ(D7100)で撮りたいという気持ちも
あったことは確かですが、想像しただけでちょっと辛くて。

完全に老化ですね(笑)







b0290189_18260738.jpg
J1はセンサーが1インチですし、5年も前の機種なので、それなりの
写真しか撮れませんが、記録写真としては使えるかもしれません。

小さくて軽いので、持ち歩くのが全く苦じゃないです。

それって、けっこう大事なことなのかもしれませんね。

とにかく常にカメラを持っていることが何より大事
なのではないかと。

撮りたいと思った時にカメラがあること!
(スマホでも別にいいのですが)

実はスナップ写真もけっこう好きなので。


そんなことをここ数日間で考えていました。

最近は小型軽量かつ素晴らしい画質のミラーレスカメラがたくさんありますね。

そういう意味では、SONYのフルサイズ・ミラーレスなんかは、とても魅力を
感じますね。

そのうち私も小型軽量機がメインカメラになる日が来るのかもしれません(笑)



撮影データ(共通):
Nikon 1 J1|1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6(最後の1枚のみ)
絞り優先AE|F3.8~5.6|ISO100~400|RAW(最初の1枚目のみJPEG)


00000010_13281537.png

[PR]

by view-finder | 2016-11-22 12:35 | 風景 | Comments(6)
2016年 11月 17日

夜の東京国際空港

b0290189_12430411.jpg
東京国際空港(Tokyo International Airport)

通称、羽田空港

夜になると特にロマンを掻き立てられる場所。







b0290189_12430568.jpg
羽田空港には第1ターミナル、第2ターミナル、国際線ターミナルと3つの
ターミナルがあります。

日没~夜間にかけては、私は第1ターミナルが一番好きです。

沈みゆく太陽と夕焼け、そして2010年にオープンした近代的な国際線ターミナルが
正面に見えることが一番の理由です。

逆に、国際線ターミナル側から第1ターミナルを見ると、建物が古臭いという
印象が否めません。







b0290189_12430448.jpg
最後の写真は、かなり前に撮ったものですが、以前にアップしたかどうか
定かではありません。

1/30秒なのでそれほどスローシャッターではありませんが、離陸滑走は
速いので「ある程度」は流れます。

ちなみに、焦点距離は180mm(換算270mm)


特別に飛行機マニアでなくても、「空港が好き」という人は意外と多いようですね。



[PR]

by view-finder | 2016-11-17 17:28 | 羽田空港 | Comments(12)
2016年 11月 12日

横浜のローカル線

b0290189_15004295.jpg
横浜市内にあるローカル線の風景です。

東急こどもの国線。

単線です!2両編成です!(笑)

横浜市内で単線の鉄道は他にあるでしょうか?? 
私はコレしか知りません。






b0290189_15004158.jpg
あまりにものどかな田園風景・・・

以前にも述べたと思いますが、横浜の北部には基本的に田舎の風景です。

決して悪い意味ではなく、私はこの風景が大好きです。

北海道から横浜北部に引っ越して来た時に感じたことは・・・
「場所によっては北海道とあまり変わらないな」 ということでした(笑)







b0290189_15004246.jpg
当時の横浜市緑区、のちに青葉区となったエリアは、私にとって
もっとも馴染みのある土地です。

この「こどもの国線」には、あまり乗ったことがないのですが、
横浜とは思えないローカルな雰囲気は昔から気に入っていました。

全部で3駅しかないのですが、そのうちの1つは 無人駅 です!







b0290189_15004172.jpg
撮影した日は立冬の2日前。

空はとても澄みわたり、日没の30分後にはこのように綺麗な
ブルーモーメントに。

本線の田園都市線沿線は、どんどん開発が進み、車窓から見える風景が
年を経るごとに変わっていき、自然が少なくなったと思います。

こどもの国線沿線は、まだまだ昔の風景が残っている貴重なエリアです。


今年の春に投稿した過去記事でも、このあたりの写真を載せたことが
ありますので、よろしかったらご参照ください。





[PR]

by view-finder | 2016-11-12 15:28 | 風景 | Comments(11)
2016年 11月 08日

よこはま・たそがれ

b0290189_17034105.jpg
ひさしぶりに横浜の夕景を。

いつもとは少し違った角度で。

休日だったので、みなとみらいの高層ビルは灯りが少なく寂しいため、
あえてそちら側は撮りませんでした。

三脚を使えず、手ぶれギリギリ高感度での撮影なので、あまり画質は
良くありません。




b0290189_17034273.jpg
中央の道は汽車道と呼ばれています。

今は遊歩道になっていますが、昔は本当に汽車が走る線路でした。
あえてレールはそのまま残されています。

手前側に進むと横浜港駅、その後は山下公園を通って、最後は山下埠頭駅まで
線路がありました。

横浜港駅のプラットホームは、赤レンガ倉庫の脇に遺構として残っています。

山下埠頭駅は跡形もないかもしれませんが、レールはまだ残っています。
山下埠頭の入り口あたりで見つけることができます。







b0290189_17435421.jpg
実は、横浜にはそのような昔の線路の名残があちこちにあるので、
お好きな方は面白いと思います。

それらの線路が現役だった頃の横浜は、今とは全く違う姿でした。

1989年の横浜博はよく覚えていますが、あの頃に みなとみらい21の開発が
始まりました。

それまでは、このオシャレな雰囲気のみなとみらい21は造船所でした。

さらにその前は、海でした(笑)

大さん橋も今とは全然違いましたし・・・とにかく、初めて横浜に来た頃と、
今の横浜を比べると、あまりにも違いすぎます。

昔の名残を残している場所の写真なども、機会があれば撮ってみたいと思います。


撮影データ: Nikon D7100|Sigma 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
マニュアル|F5.6~7.1|1/3秒~1/20秒|ISO800~1600|RAW(14bit)




[PR]

by view-finder | 2016-11-08 17:34 | 風景 | Comments(6)
2016年 11月 01日

空の旅

b0290189_13430221.jpg
ふだん見ることのできない天空からの眺め。

空の旅の醍醐味は、それに尽きると思います。






b0290189_13430058.jpg
初めて飛行機に乗ったのは、まだ赤子の頃でした。

両親の実家がそれぞれ大阪と北海道という、すごく離れた場所にあったので
子供の頃から飛行機は頻繁に乗っていました。

物心がついてからは、飛行機に乗っている最中は常に夢中で
窓の外を飽きることなく眺めていました。







b0290189_13430082.jpg
というか・・・大人になった今でも、離陸・着陸時はもちろんのこと
搭乗中はずっと窓にかぶりつきです(笑)






b0290189_13430472.jpg
ずっと横を向いた姿勢になるため、まるで寝違えた時のように
首が痛くなります。








b0290189_13430439.jpg
アンダー気味で撮ると、まるで宇宙との境目がわかるように写ります。

地球には大気の層がありますけど、まともに空気が吸える大気の厚さは、
わずか数キロというレベルなんですよね。

ふだんは無限にあるように思える大気(空気)が、実はすごく薄っぺらい・・・
と空の上から思うことがあります。

何かの拍子にペロっと大気の層が地球から剥がれたら・・・
そういうことを想像したことはないですか?(笑)

我々人間は一瞬で死に絶えてしまいますね。







b0290189_13430132.jpg
窓にかぶりついて空を眺めていると、たまに他の飛行機を見つけることがあります。

見えますか?




b0290189_13430323.jpg
こんな感じで(笑)






b0290189_13430312.jpg
最後の写真は、もう一度撮れと言われても撮れないと思います。

写っている飛行機はエアバスA380です。

お互い音速に近いスピードで飛んでいる最中にすれ違ったので、
本当に 一瞬 で通りすぎました。

撮ろうと思って撮ったのではなく、たまたまシャッターを押したら
その瞬間に飛行機が飛び込んできただけのことです。

よって撮れたのは全くの偶然でした。


でも、そういう奇跡的なことがたまに起こるから、飛行機に乗っている最中は
常に窓から目が離せないのです!







[PR]

by view-finder | 2016-11-01 14:04 | 飛行機 | Comments(8)