<   2016年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2016年 07月 25日

星降るホテル

ふたたび奄美大島シリーズに戻ります。

い い か げ ん 飽 き た という声が聞こえてきそうですが(笑)

そろそろ完結しますので、もう少しだけお付き合いくださいませ!

前回の奄美シリーズでご紹介したホテル ザ・シーン(THE SCENE)
「星降るホテル」という異名があるそうです。


その理由は、たぶん皆さまがご想像のとおりです。

沖縄の離島もそうだと思いますが、とにかく星がたくさん見えるそうで・・・

私も奄美大島は初めて行くので、実際どの程度のものなのか体験したことは
ありませんから、夜になるのを楽しみに待っていました。






b0290189_16180850.jpg
日が傾いてきて、空も海も昼間の色とは全く違ってきます。

ちなみに、この写真はベッドの上からスマホで撮影しました。








b0290189_16184913.jpg
美味しいディナーに舌鼓を打ちながらサンセットを堪能し、
夜の帳が下りるのを待ちます。


そして、残照も消えて、人工の明かりがほとんどない奄美大島最南端の
ヤドリ浜は闇に包まれます。


月が出ていると天の川もあまり見えませんが、この日は運良く月の出が
深夜1時頃でした。


天の川が昇ってくる時間を事前に調べ、月との兼ね合いもあり
「午後11時頃がベスト!」と判断しました。


鑑賞する場所は、ここのホテルの屋上。



屋上に通じる階段はけっこう明るいので、屋上に出てもしばらく目が慣れるまでは
あまり星が見えないかな? などと考えながら屋上へ出てみたのですが・・・






そんな心配は杞憂に終わりました。













b0290189_16184909.jpg
ザ・シーン(THE SCENE)の屋上です。

「星降るホテル」の名はダテではありませんでした。

決して誇張した名前ではないと思いました。

屋上に出た瞬間に、ものすごく見えました。


フェンスが異様に明るく見えるのは、ホテルの外にある僅かな外灯によるものです。
ちなみに、屋上に置いてあるチェアーは、肉眼では最初まっっったく見えませんでした。
自分の足元すら見えず躓いて転びそうになったほどです。
それが、超高感度で長秒露光を行うことで、こんなにも明るく写ってしまいます。

もちろん1枚撮りです。
コンポジット等は一切行っていません。 やり方も知りません(笑)

ソフトフィルターは使いました。
Kenko TokinaのMC PROソフトン(A)というフィルターです。

ソフトフィルターを使うと星空が賑やかになることは知識としてありました。

調子に乗って感度を上げすぎ(4500)ノイズだらけの写真になってしまったのは
残念でした。やっぱりD7100でISO4500は無謀だったようです。

露光時間は20秒です。

写す方角とか焦点距離によっても変わりますが、広角で撮る場合ですと、
星が流れないで点として見えるのは、それくらいが限界のようですね。









b0290189_16184393.jpg
少しホワイトバランスを変えたバージョンです。
こちらも20秒露光。 F2.8 ISO4500 です。

どれが彦星(アルタイル)で、どれが織姫星(ベガ)なのか全くわかりません。

というか、知りません(笑)

もしかしたら、上の写真には写っていないかもしれませんし。

目が慣れてくると、足元も見えるようになりました。
それにあわせて夜空の星も、さらにたくさん見えてきました。


ちなみに、写真歴は長いくせに、星を撮ったのは生まれて初めてです。
(月は何度も撮ったことがありますが)

何故か、今までは星を撮ろうという気になれず・・・
1つには、私の性格上「めんどくさい」というのが理由にあります。

まぁ、実際めんどくさかったですね・・・ピント合わせが!

人工の明るい光源などがあればそれに合わせることもできたと思いますが、
そういう物が見当たらず非常に苦労しました。

最後はもう投げやりに近かったです(汗)

ソフトフィルターを使ってるし、ちょっとくらいピント外しても大丈夫だろう、
しかも星が流れてるし、厳密じゃなくても・・・

しかも、色々と指南本を読むと、ドンピシャにピントが合っていれば良いもの
ではないと知って、ますます面倒になりました。


なんだか、星撮りは色々と奥が深いようです。


そういうこともあり、かなり自分流の、非常に大雑把な撮り方なんですけども、
なんとか天の川をとらえることはできたようです。

現像の仕方とかよく知らないので、専門の方が見れば「お話にならないレベル」
なんだとは思いますが。


今回初めて星(天の川)を撮ってみて思ったことは、やっぱり星を撮るなら
フルサイズ機だな、ということです。

高感度に強いフルサイズで、明るい超広角レンズを使う。

初めて「フルサイズ機が欲しいな」と思いました(笑)


また機会があれば、もっと勉強をして星空を撮ってみたいと思います。






[PR]

by view-finder | 2016-07-25 17:11 | 風景 | Comments(8)
2016年 07月 21日

横浜にブルーインパルス

奄美大島シリーズをお休みして、先日のブルーインパルスの写真を
アップさせていただきます。

3連休の初日(7/16)、横浜で開催されたサマーコンファレンスに
あわせてブルーインパルスが飛来しました。


このブログをご覧の方でブルーインパルスを知らない方は恐らくいないと
思いますが念のためご説明いたしますと、航空自衛隊の曲芸飛行を専門に
行う飛行隊のことです。(第4航空団 第11飛行隊)




b0290189_18014453.jpg
来てくれたのはいいのですが・・・

ご覧のようなどん曇りで、予定されていたプログラムはほとんど
行うことができず、非常に残念な結果となりました。

雲高も低く、アクロバティックな曲芸飛行は1つも行うことができませんでした。






b0290189_18062564.jpg
自分の計画では、少し離れた場所から横浜の街並みと一緒に撮るつもり
だったのですが、あまりにも視程が悪かったので不可能に。

少しでも近づいたほうが良いと判断し、大さん橋の上から撮りました。

上の写真は大さん橋の上で撮影する人々が写っていますが、
この空ですからね(涙) 

まったくテンションが上がりません。







b0290189_18092449.jpg
こんなグレーの空なら、モノクロにして少しドラマチックに仕上げたほうが
見栄えが良いです。

前日の予行も悪天候のため中止になりました。

当日も一向に晴れる気配がなく、本番も中止になる可能性すらあったので、
飛んでくれただけ感謝しなければなりませんね。





b0290189_18430957.jpg
本当はさまざまなプログラムが予定されていたんです!
ループ(宙返り)や、スモークで大空にハートを描いたり・・・

そういうことは一切できず、何回か編隊飛行で上空を通過(パス)したのみです。


本番前にテストで飛行していた単独機が、結果的にもっとも見ごたえが
あったという・・(笑)


b0290189_18123557.jpg

あまりにも天気が悪かったので、行くことをやめようかとも考えたのですが、
横浜をこよなく愛する者としては、一応見ておく必要があると思って念のため
出撃してきました!

前回横浜の空で展示飛行を行ったのは、もう7年も前のことですから。

去年の横須賀沖で行われた観艦式でブルーインパルスが飛んだ後、帰投する
途中で横浜の上空でスモークを出してくれたことはありました。(サービス!)

あの時は天気が良かったので、よっぽど美しい光景だったと思います。
(生では見れませんでした)


やっぱり梅雨の季節に展示飛行は無理がありますね。


いつかまた、横浜の空で(ピーカンの空で)展示飛行を行ってください!



関連記事:



[PR]

by view-finder | 2016-07-21 18:44 | 飛行機 | Comments(5)
2016年 07月 18日

ザ・シーン(THE SCENE)

引き続き奄美大島シリーズです。

b0290189_10051305.jpg
奄美大島の最南端近くにあるヤドリ浜に、ザ・シーン(THE SCENE)という名の
ホテルがあります。

「こんなところにホテルがあるの・・?」と思うような、まるで秘境のような道を
進んでいくと、本当にありました(笑)

正確な場所はこちら

近くに他の宿泊施設はなく、宿泊施設どころか、建物すらほとんど目に入らないような
隠れ家的な所でした。

奄美空港からは車で2時間もかかります。

このホテルは、さまざまな面でとても素晴らしかったので、紹介させて
いただきたいと思います。






b0290189_10051248.jpg
ホテルのエントランスとロビー。

一般的なフロントデスクのようなものはなく、ロビーにあるテーブルで
ウエルカムドリンクをいただきながらチェックインします。

ホテル全体が白を基調として、とても明るく清潔感があり、
リゾート気分に浸ることができます。







b0290189_10051337.jpg
実際に泊まった部屋です。

去年(2015年)の9月にオープンしたばかりなのでピカピカです!

こういう時に超広角レンズは役に立ちますね。

床に影がありますが、これは内蔵フラッシュのケラレなので気にしないでください(笑)







b0290189_15343602.jpg
窓の外には奄美大島の美しい海!!

今回は眺めの良い最上階の部屋に泊まることができました。

最上階と言っても4階ですが。

ちなみに、エレベーターのボタンが4階は「SKY」と表示されていました。

1階(イッカイ)2階(ニカイ)3階(サンカイ)SKY(スカイ)

語呂が良いからなのか、ちょっとオシャレだなと(笑)






b0290189_10051387.jpg
これはホテルの屋上からの眺めです。

屋上は自由に行き来できるようになっています。

目の前の浜が「ヤドリ浜」です。


なんと、宿泊客の多くは、東京から来るそうです。それも23区が圧倒的に多いと。

ホテルの支配人も去年のオープンにあわせて東京からここへ来たそうです。
とってもフレンドリーでお話好きな支配人で、いろいろな話を聞かせていただきました。








b0290189_10051331.jpg
ホテルの前のビーチに出てみました。

まさにプライベートビーチと言っていいと思いますが、奄美大島の場合、
私の印象では島全体がプライベートビーチ状態で、むしろホテルの前に
あるだけ人が多いのではないかと(笑)







b0290189_12193739.jpg
ホテルでサンセットディナー。

奄美大島の食材をふんだんに使ったイタリアンでした。

イタリアンと和食から選ぶことができます。(要事前予約)
宿泊客にはイタリアンのほうが人気があるそうです。

とっても良い雰囲気で料理も美味しかったので、写真をパシャパシャ撮るような
無粋な真似はしませんでした(笑)

夕焼けに染まる空を眺めながらの絶品料理は、恐らく多くの人が思い出に残ると思います。


こちらのザ・シーン(THE SCENE)では、従業員の皆さん全てが
とても高いホスピタリティ精神をお持ちで、滞在中は本当に気持よく
快適に過ごすことができました。

あらゆる面でオススメできるホテルなので、東京砂漠で日々頑張っている
方たちには癒やしを得られることは間違いないと思います。

もちろん東京以外の方たちにもオススメできます。


さて、こちらのザ・シーン(THE SCENE)は、別名「星降るホテル」とも
呼ばれているそうです。

その理由は・・・次回に続きます。







[PR]

by view-finder | 2016-07-18 12:49 | 風景 | Comments(2)
2016年 07月 14日

奄美の海 #2 ~ Beautiful Sea

奄美大島シリーズが続きます。


b0290189_16540428.jpg
ヒエン浜という素晴らしい景勝地。

それを少し手前から眺めています。

場所はこちら







b0290189_16540448.jpg
あまりにも美しい海岸線が延々と続きます。

人物や船がいたら良いアクセントになるのですが、まったくもって
人影が見あたりません。




b0290189_16540475.jpg
同じ場所から。

正確な場所はこちら






b0290189_16540473.jpg
ここは焼内湾。

入り江になっているところです。

ちょっとPLフィルターを効かせすぎましたが、とてつもなく強い日差し
だったので海の色がすごく濃く出ていました。

場所はこちら








b0290189_16540463.jpg
ここはマネン崎展望台。

かごしまロマン街道という看板がありました。

奄美大島を走っていると何度かその看板を見かけました。

場所はこちら

ここは絶景です! オススメのスポットです!

目の前に見えている島は加計呂麻島(かけろまじま)の一部です。

加計呂麻島はこちら側(奄美大島)と比べても、はるかに海が美しいと
地元の人がおっしゃっていました!

その透明度は間違いなく世界トップレベルだと。

アクリルで作られた透明なカヤックを見たことはありますか?

あれに乗ると、条件が良い日であれば、水深50メートル下くらいまで見えるので
高所恐怖症だと空に浮かんでいるようで恐ろしくなるとのことです!

いつか、あの加計呂麻島に行ってみたいと新たな目標ができました。








b0290189_16540343.jpg
マネン崎展望台から少し走ったところ。

正確な場所はこちら

入り江の形がハートに見えませんか?!

さすが かごしまロマン街道 です!

車で走っていると、ご丁寧に「ハートが見える風景」という看板がありました(笑)

ここは事前に調べて行きたいと思っていたのですが、この親切な看板により
場所は難なくわかりました。




このあと、とても素晴らしいホテルにチェックインします。

次回に続きます。


撮影データ(共通): Nikon D7100|Sigma 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
絞り優先AE|+0.3~+0.7EV補正|C-PL|手持ち|RAW|Lightroom6で現像





[PR]

by view-finder | 2016-07-14 12:41 | 風景 | Comments(0)
2016年 07月 11日

奄美の夕焼け sanpo

b0290189_15492956.jpg
奄美大島で見た夕日の写真をアップさせていただきます。

方角さえ合っていれば、基本どこからでも海に沈む太陽が
見られるのが 島 の良いところですね。

こちらは大浜海浜公園

昼も素晴らしい海が見られますが、夕日のスポットとしても有名です。







b0290189_15493088.jpg
超広角レンズ(8-16mm)も持って行きました。







b0290189_15493084.jpg
あまりにも雄大で劇的な空は、超広角レンズで撮りたくなります!






b0290189_15493000.jpg
雲の様子が、ふだん東京近郊で見ているのとは明らかに違います!

以前から当ブログをご覧いただいている方であればよくご存じだと思いますが、
私は夕日や夕焼けをよく撮影しています。

しかし、この時はたまたまだったのかもしれませんが、東京近郊では
このような雲を撮ったことがありません。






b0290189_15493057.jpg
今回の奄美大島への旅行で、唯一望遠レンズを使ったのが
この大浜海浜公園でした。

東京近郊で撮影している時は望遠レンズを多用するのですが、
あまりにも美しい大自然では広角側で撮りたくなりますね。

いつも望遠レンズで切り取っているのは、周りに余計なモノ(邪魔なモノ)が
多いということの裏返しでもあります。






b0290189_15493038.jpg
水平線付近にぶ厚い雲があったので、残念ながら東シナ海に沈む瞬間の
太陽を見ることはできませんでした。

しかし、ふだん見慣れているのと違った夕焼けを見ることができたので
満足しました。

今回の写真は、全て大浜海浜公園で撮影しました。




撮影データ
ボディ: Nikon D7100(共通)
レンズ:
Sigma 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM(1枚目)
Sigma 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM(2~3枚目)
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED(4~6枚目)
絞り優先AE|-1.7~+1.0EV補正|手持ち|RAW|Lightroom6で現像



[PR]

by view-finder | 2016-07-11 16:16 | 風景 | Comments(0)
2016年 07月 05日

奄美の海 #1 ~ Beautiful Sea sanpo

奄美大島で見た美しい海の写真をアップさせていただきます。

東京に住んでいると、どうしても美しい海に非常に惹かれて
そればっかり撮ってしまう悪癖が出てしまいます。

でも、とにかく私は昔から美しい海がなにより好きなので、
なにとぞお許しください(笑)

全ての写真はクリックで拡大表示(Lightbox)します。



b0290189_13531673.jpg
車を走らせていたら突然見えてきたとんでもなく美しい海!

恐らく名前もないビーチです。
でも、ここの海の色が一番感動しました。

場所はこちら

奄美大島は日本版「天国にいちばん近い島」と言われているらしいです。

しかし、行く前は 「大げさな・・・それは言い過ぎだろう」 と正直思ってました。

ところが、実際に行ってみると、それは決して大げさではないことがわかりました!

本物の「天国にいちばん近い島(ニューカレドニアのウベア島)」にも行ったことが
ありますが、まさにあの場所を彷彿とさせる美しさでした。

違いがあるとすれば、砂の色、砂のきめ細かさでしょうか。

ウベア島は信じられないほど白い砂で、さらさらパウダー状です。







b0290189_13531600.jpg
うぉーー!!と思わず声が出て車を停めた展望台。

場所はこちら

Google Mapで見ても海の色がエメラルドグリーンなのがわかります。







b0290189_13531645.jpg
同じ場所から。

インリーフ(サンゴ礁)と、アウトリーフの境目がクッキリとわかりますね。








b0290189_13531638.jpg
さきほどの展望台から見下ろしていた海岸。

国直海岸(くになお)という場所で、有名なビーチらしいです。

ここはウミガメが産卵に来るそうです。

一部、山肌が見えている部分がありますが、崖崩れの跡だと思います。

奄美大島は台風や大雨も多いので、たびたび崖崩れが発生するようです。

場所はこちら






b0290189_13531615.jpg
同じく国直海岸。

シーガン山下という人は地元(奄美大島)出身のシンガーソングライターとのこと。

今回は、とにかく天気に恵まれました!

梅雨明け直後が最も美しいと思い、この時期を狙って行きましたが
理想的な天気になってくれて本当に良かったです。








b0290189_13531761.jpg
国直海岸から、さほど遠くない場所。

記憶が曖昧なのですが、恐らくこのあたりだと思います。


とにかく、海岸線をドライブしていると目に入ってくる海が、
どこもかしこも超絶に美しいので、頻繁に車を停めてしまいます。

奄美大島の海で最も驚いたことは、とにかく人がいないことです。


右を見ても 左を見ても 誰もいない!(笑)


ものすごくプライベート感があります。

こんな美しい海を貸切状態。 とても贅沢です。

だから「天国」のように感じるのかもしれません。



まだまだ続きます・・・


撮影データ(共通): Nikon D7100|Sigma 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
絞り優先AE|C-PL|手持ち|RAW|Capture NX2で現像




過去記事:

[PR]

by view-finder | 2016-07-05 19:52 | 風景 | Comments(10)
2016年 07月 02日

バニラエアで奄美大島へ

今週は休暇を取って奄美大島へ行ってきました。

今回は初めてバニラエアを利用しました。

海外ではLCCに乗ったことがありますが、日本のLCCに乗るのは初めてでした。


b0290189_12301706.jpg
スマホで撮影




機材はエアバスA320 (JA04VA)

ローコストキャリアといえばこの機体、と言われるほど定番の機種です。
次に多いのはボーイング737でしょうか。

日本の空で、日本のLCCに普通に安く乗れる時代がやってきたのですね。

レガシーキャリア(フルサービス・キャリア)も路線によっては競争が
大変でしょうね。

バニラエアでは「東京=奄美大島」を現在1日1往復しています。
(夏期は2往復に増便)

東京と言っても発着は成田空港。
ちょっと自宅から遠いのが難点ですが、まぁ運賃は非常に安いのでOKです(笑)







スマホで撮影





東京地方はあいにくの雨。

でも、奄美大島はすでに梅雨が明けていますので心配ありません!

現地では青い海とエメラルドグリーンの海が待っていることを期待して
いざ出発。

動画はスマホでの撮影です。
機体の振動によりお見苦しい部分がありますがご容赦ください。

エアバスA320のエンジン音は独特なんですよね。
「ビーーン」というか「ヴィーーン・・」というか・・・

語彙力が乏しくてすみません(笑)
でも知ってる方ならわかっていただけると思います。

地上から撮影している時も、この飛行機がやって来たら姿を見なくても
音だけでわかります。

CFMインターナショナルのCFM 56-5系のエンジンだと思います。






b0290189_12302649.jpg
今回の実際の飛行ルートです。

正味のフライトタイム(飛行時間)は、2時間10分ほど。

ご存知のとおり2014年に離着陸時においても電子機器の使用が解禁(電波を発しない状態)
されたので、スマホやデジタルカメラで撮影することが可能になり、飛行中の楽しみが
さらに増えました。

ちなみに、今回は「GPSロガーAndroid」というアプリを使いました。

飛行中に現在位置を確認するだけならGoogle Mapでも可能です。

GPSロガーは、現在位置、高度、対地速度なども記録されます。






b0290189_12302597.jpg
Nikon D7100|SIGMA F2.8 EX DC OS HSM|C-PL


奄美大島に着きました!

強烈な日差し!青い空!
現像で彩度やコントラストを上げる必要がありません。


ちなみに、結構ハードランディングでした。
滑走路がそれほど長くない(2000m)のと、満席だったので
確実に早くタッチダウンする為にあえてハードに着けたのだと思います。

悠長にソフトランディングをやってると最悪止まりきれないこともありますからね。

ブレーキも強めでした。(飛行機のオートブレーキには強さのレベルが何段階かあります)






b0290189_12303608.jpg
Nikon D7100|SIGMA F2.8 EX DC OS HSM|C-PL


奄美空港には展望デッキもあります。

(この写真は、実際に撮影したのは最終日です)

ほんの少しだけ撮影してみましたが、あまりの 暑さ(熱さ)により
10分が限界でした(笑)

それにしても本当に気持ちが良いコントラストです。







b0290189_12303669.jpg
Nikon D7100|SIGMA F2.8 EX DC OS HSM|C-PL


レンタカーをピックアップして、まずは腹ごしらえのために、空港から車で
15分ほどの所にある「奄美きょら海工房」というレストランへ。

ここのレストランは景色が素晴らしいだけでなく、料理も美味しくて
滞在中2回も行ってしまいました。







b0290189_12303557.jpg
Nikon D7100|SIGMA F2.8 EX DC OS HSM|C-PL


こちらのお店ではオリジナルのお土産も売っています。

私もいくつか購入しました。


というわけで、今後しばらくは奄美大島の写真が続く予定なので
飽きずにお付き合いいただければ幸甚です(笑)







[PR]

by view-finder | 2016-07-02 13:59 | 飛行機 | Comments(4)