<   2016年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2016年 06月 27日

超広角レンズ

先日の記事で述べたように、今年の目標としていた
超広角レンズを4月に購入しました。

具体的なレンズ名は SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM です。

超広角レンズを選ぶにあたり、いくつか候補があって、それぞれの長所や
短所を吟味したうえで、やっぱりこの画角が決め手となりました。

もちろん、いくら画角に魅力を感じても光学性能が悪ければ買うことは
ありませんが、画質についても評判が良かったので思い切って買うことに。

以下、このレンズで撮った写真を何枚かアップさせていただきます。

超広角の世界は初めてなので、まだまだ全然使いこなせていません。

超広角らしい写真、超広角を活かした写真というものは、これから
練習を重ねてモノにしていきたいと思います。

とりあえずレビュー的に、どうでもいいような写真も含めて(笑)
いくつか載せておきます。

ボディは全てNikon D7100 です。



b0290189_18062694.jpg
8mm(換算12mm) F5.6 横浜海岸通


この画角は強烈ですね・・・
ファインダーを覗いていても、これまでに味わったことがない世界が
見えてきます。





b0290189_18154592.jpg
8mm(換算12mm) F6.3 横浜海岸通



ホテル・ニューグランド旧館のエントランス前ですが・・・
写真ではエントランスがかなり遠くに見えますが、実際は数メートルほど
先にあるだけです。

右側の女性2人は、感覚的にはかなり近くて、手を伸ばしたら触れられる
くらいの距離を通り過ぎました。







b0290189_18063889.jpg
15mm(換算22mm) F8 城南島



羽田空港に着陸するボーイング787です。

フルサイズ換算22mmなので、それほど超広角というほどではないですね。







b0290189_18203226.jpg
12mm(換算18mm) F11 横浜みなとみらい



周辺減光はあります。
特にワイド端(8mm)で顕著です。
絞ってもそれほど改善しません。

でも、それはあまり気にしてません。
周辺減光は「レンズの味」程度に考えていますので(笑)






b0290189_18224651.jpg
8mm(換算12mm)F7.1 横浜海岸通


逆光性能は悪くありません。

昔のシグマは逆光に弱い、とよく言われていましたが、
最近はどんどん良くなっていますよね。

このレンズも、とても良いレベルだと思います。






b0290189_19032288.jpg
8mm(換算12mm)F7.1 南房総市



これは以前にもアップした写真です。
ワイド端(8mm)ですが、周辺減光は見てすぐにわかると思います。
あえて補正はしていません。

ゴーストはレンズの向きなどによっては出ます。

フレアはあまりないと思います。(当社比)







b0290189_18275926.jpg
8mm(換算12mm)F4.5 横浜



このレンズは手ブレ補正がついていません。

いつもの感覚で手持ちで撮影したらブレました。

この写真も少しブレていますが、シャッター速度は1/10秒です。

暗いレンズなのが難点です。

しかし、その分とても小型で軽いのがメリットです。

コントラストが全体的に高く、ヘンな色の滲みもほとんど確認できません。

私の性格ですから、細かいことはあまり気にしません(笑)
隅々まで穴があくほど眺めたりしませんので、もしかすると、人によっては
とても満足できる画質ではないと感じる人もいるかもしれませんが、私は
これで十分だと思いました。


以上、簡単ではありますが SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM についての
私なりのレビューでした。







[PR]

by view-finder | 2016-06-27 18:42 | カメラ・写真 | Comments(4)
2016年 06月 20日

昼と夜

b0290189_18042123.jpg



若干フレーミングは異なるけど
同じ場所で撮った昼と夜の写真。

ここは横浜にある現役の貨物線。





b0290189_18043079.jpg


同じ場所でも撮影する時間帯と光線具合によって
まったく違った写真になりますね。

この線路でも、逆光、トップライト、日没間際、薄暮、完全な夜・・・
それぞれ違った表情を見せてくれると思います。

だから、写真は面白いのですよね。


ちなみに、線路の先に1つだけ背の高いマンションが見えると
思いますが、あそこに住んでいたことがあります。

その頃は横浜の夜景が毎日見られて良かったです。



[PR]

by view-finder | 2016-06-20 18:15 | 風景 | Comments(0)
2016年 06月 13日

ヨコハマ・トワイライト(超広角)

b0290189_19062967.jpg
ブルーモーメントの横浜です。

先週の金曜日のことになりますが、仕事が休みだったので久しぶりに
黄昏の横浜を撮ってきました。

写真に詳しい方が見ればわかると思いますが、私の写真にしては
今までにないほどのワイドアングルです。

しかも、ウルトラ・ワイドアングルというレベル。

以前に「今年の目標」として述べたとおり、ついに超広角に手を出してしまいました。


しかし・・・実を言いますと、すでに4月には手元にあったのです(笑)

出し惜しみしていたわけでは決してなく、なかなか超広角が適した被写体を
撮りに行く機会がなかっただけです。

でも、一度だけブログの中でコッソリ1枚だけ出していました。
ダイヤモンド富士もどき の1枚目の写真がソレです。






b0290189_19142630.jpg
同じ写真ですが、こちらはHDRではなく通常の1枚撮り。

最初の写真はHDR(3枚を合成)です。

どちらが良いかは、好みが分かれると思います。

私は、ぶっちゃけた話、どちらでもいいです(笑)

HDRもそんなに不自然な感じにはしていないつもりです。
いかにもHDRです!的なド派手は写真は好きではありません。

しかし、今回に限って言えば、たまたま空に三日月があったのですが、
HDRですと月が「3重」になってしまっています(笑)

このサイズだと気になりませんが、大きいサイズで見ると月が3個並んでいるので
ボツ(NG)写真だと思います。 月を消すという方法もあるかもしれませんが。





b0290189_17275561.jpg
もう1枚追加します。(6/14)

こちらも通常の1枚撮りですが、2枚目とほぼ同じ現像パラメーターで
ピクチャーコントロールを「風景」にしたものです。

2枚目は「スタンダード」です。

「風景」にしたことによって彩度とコントラストが上がりました。
コントラストに限っていえば、ピクチャーコントロールの中で「風景」が
最もコントラストが強くなります。(ビビッドよりも)


このレンズに対する自分なりの感想などは、追ってレポートさせていただきます。

ちなみに、今回の写真の焦点距離は10mm(フルサイズ換算15mm)です。




[PR]

by view-finder | 2016-06-13 19:21 | 風景 | Comments(4)
2016年 06月 08日

多摩川の夕暮れ sanpo

b0290189_17513545.jpg
6月5日(日曜日)の夕暮れです。

風が穏やかなせいで川面に反射する夕焼けの色と太陽がとても美しく、
あえて空はカットしてみました。

逆光がさす列車の窓も、ある程度狙いどおりです。








b0290189_18163219.jpg
実は、6月5日に関東の梅雨入り宣言が出ました。

梅雨入り初日のくせに、何故かこのような美しい夕暮れに(笑)

梅雨の時期にありがちな劇的な夕焼けにはなりませんでしたが、
まん丸な夕日を堪能できました。


余談ですが、このようなモロに太陽が入る構図では、アクティブD-ライティングの
設定は「より強め」で撮ることが多いです。

撮影時に「オート」や「弱め」にしておいて、現像時に「より強め」に変えると
露出が変わってしまいます。 同じにはならないのです。

Nikonユーザーにしかわからない余談でした。








b0290189_18252232.jpg
太陽が山に沈んだ後、マジックアワーの始まり。

この後に用事があったので、撮影を続けることはできず
この時点で撤収。

あいかわらず分刻みと言いますか、わずかな時間の隙間を見つけての
撮影になっています。

長くダラダラと撮影していれば良い写真が撮れるわけでもないですしね。

「ちょっと物足りないな」 と思うくらいが、私にはちょうどいい。
だから、長く続けられているのかもしれません。
思う存分いつも長時間撮影していたら、私の性格からして飽きるかもしれません(笑)





[PR]

by view-finder | 2016-06-08 18:07 | 風景 | Comments(6)
2016年 06月 03日

光の洪水

b0290189_18102581.jpg
光の洪水の中を泳いでいるイメージです。

私には珍しい鉄道の写真ですが、何年も前からこの場所で撮ってみたいな
と思っていて、よーーーやく重い腰を上げて撮ってきました(笑)

こういうネオンがバリバリの夜景は、AEの出た目(露出補正無し)では
暗すぎますから、かなりプラス補正します。

これはマニュアルモードでの撮影ですが、AEの出た目プラス1.7EV相当です。
もちろんハイライトは白飛びしますが、それは全然OKです。

明るさの好みはそれぞれがあると思いますが、私はこれくらいの明るさが
ちょうどいいと思っています。

冬のイルミネーションなども、かなりプラス補正しないと暗い印象になりますね。







b0290189_18171094.jpg
これは同じ場所から高感度(ISO3200)で止めた写真です。
歩道橋の上から撮ったのですが、けっこう揺れるので三脚は使っていません。
なにより通行人の邪魔になります。

仮に三脚を使っても、揺れるのでスローシャッターは使えないと思います。

余談ですが、こういう非常にゴチャゴチャした被写体だとデータ量が大きくて、
アップロードする前にかなり圧縮しなければなりません。

せめて、上限を700KBくらいに上げてもらえないですかね?(笑)
無料で使わせてもらっているので偉そうなことは言えませんが!


ちなみに、何年も前から撮ろうと思っていたのに、さっさと撮らなかった理由は
新宿という町が昔から好きじゃないというのが一番大きいです。

嫌いな理由を挙げたらキリがないのですが、ここでは割愛します。
もしかしたら新宿が大好きな人もいらっしゃるかもしれませんし(笑)

撮り方によってはとても面白い写真が撮れる町であることは事実ですが。

他にも、ずっと前から撮りたいと思っている新宿の写真はあるので
また折を見てチャレンジしてみます。








[PR]

by view-finder | 2016-06-03 18:27 | 風景 | Comments(4)