<   2015年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2015年 10月 29日

黄昏の多摩川

b0290189_17594799.jpg
前回の続きです。

あまりにも空の具合が良かったので、日没後もしばらく撮影することにしました。

富士山が頭のほうだけ見えているのがわかりますでしょうか?







b0290189_18012904.jpg
ほんの気持ちだけ(7mm/換算10.5mm)ズームアップ。

クリックで拡大できます。

ちなみに、1枚目の写真と比べて電車の光跡がパワーアップしているのが
わかりますか?

タイミング良く上下線の電車が同時に通過したからです。

なんとなく銀河鉄道999っぽいな・・・と感じた方は確実に昭和世代(笑)







b0290189_18062254.jpg
日没後30分、ブルーモーメントの時間が訪れます。

薄暮の時間帯を撮るなら、やはり晩秋から冬にかけてが最も好きです。

雲の多い日だと日没してすぐに空の色がなくなってしまいますが、大気が
澄み渡った日は日没の30分後あたりが美しさのピーク(当社比)です。






b0290189_14325737.jpg
何の変哲もない東京の川原の風景が、まるで魔法にかけられたように
美しく変わる。

ワー(魔法の時間)

構図的に、本当は川の中へ入って撮りたいと思いました。
が・・・実際は足元も良く見えないほどの暗さだったので、
万が一のことを考えてやめておきました(笑)

周りに誰もいなかったので、万が一流されても助けてくれる人も
通報もしてくれる人もいなかったので ^^;







b0290189_18154713.jpg
ワープ!

という感じですよね。

「ワープ」と聞いて宇宙戦艦ヤマトを真っ先に思い出した人は間違いなく(以下略・・



撮影地:東京都府中市

撮影データ(共通): Nikon D7100|17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
マニュアル|F7.1~F8|2.5秒~15秒|一部NDフィルター使用|ISO100
WB:マニュアル|三脚|RAW|Capture NX2で現像




[PR]

by view-finder | 2015-10-29 13:10 | 風景 | Comments(7)
2015年 10月 26日

秋色鉄道

b0290189_17212282.jpg
昨日(25日)の多摩川沿いで撮影した秋色な鉄道です。

昨日は雲ひとつなく、とても空気が澄んで気持ちの良い天気でした。

これは絶対に綺麗な夕焼けになると確信して多摩川へ向かいました。







b0290189_17241753.jpg
秋色と聞くと紅葉を思い浮かべるかもしれませんが、
まだ東京では木々は色づいていません。

視程が良すぎて、太陽光が強すぎました。







b0290189_17321527.jpg
ほぼ日没時刻。

本当に空の色が素晴らしくて、感動しながら撮影していました。

アンダー目にして、シルエットで表現。







b0290189_17333227.jpg
日没後約15分。

本格的なマジックアワー(ブルーモーメント)の始まりです。

空があまりにも美しかったので、この後もしばらく撮影することにしました。

続きは後日アップします。



関連記事: 夕日と電車(今回と同じ場所)




[PR]

by view-finder | 2015-10-26 17:39 | 風景 | Comments(8)
2015年 10月 24日

Dreamy

b0290189_18595686.jpg


Dreamy(どり~みぃ)

【英語/English】
・空想[幻想]にふける.
・夢のような,非現実的な.
・夢見るような,美しい.
・ぼんやりした,おぼろげな.



いつもの作風とは違いますが、こういう写真も好きなんです。

この日はヘイジーで視程が悪かったので、それを逆手にとりました。


タイトルはお気づきだとは思いますが、Dreamy と Dreamliner(B787)を
かけたんですけどね・・・(笑)




[PR]

by view-finder | 2015-10-24 19:19 | 城南島 | Comments(2)
2015年 10月 20日

葉山夕景

b0290189_13555278.jpg
神奈川県は葉山からの夕焼け空です。

どん曇りだった空から、薄明光線が突如出現しました。

まさに天の光という感じでした。
鳥居を照らせば、もっと良かったのですが。






b0290189_13560666.jpg
15分少し経ったところ。

太陽は雲の中に隠れましたが、なんとも形容しがたい不思議な
空模様となりました。

夕日や夕焼けは今まで何度も撮影していますが、このような空は初めてです。

と言うよりも、全く同じ空は二度と無いから飽きないのですよね。





b0290189_13565597.jpg
真ん中部分を望遠レンズで。

光線を強調するために、かなりマイナスの露出補正をして撮っています。

とても神秘的な光景でした。

晴れていれば富士山が見えるのですが、この日はあいにく富士山の勇姿を
拝むことはできませんでした。






b0290189_14000893.jpg
この灯台は葉山灯台(別名:裕次郎灯台)です。

人が海に浮かんでいるのが見えますか?
(クリックで拡大表示します)

サーフボードの上に乗っている人が2人、さらに奥には木製と思われる
小型ボートも浮かんでいます。

ここ最近は千葉方面で撮影することが多かったですが、葉山あたりは
自分のホームグラウンドと思えるようなエリアなので、撮影していても
安心感があります。

土地勘があると気持ち的に安心できますよね。

将来は葉山や逗子あたりに住みたいと昔から思っているのですが、
実際どうなるかはわかりません・・・(笑)



三浦半島・湘南というタグを作りました。


[PR]

by view-finder | 2015-10-20 14:07 | 風景 | Comments(2)
2015年 10月 15日

羽田夕景 sanpo

b0290189_12190925.jpg
F8|1/250秒|ISO560|140mm(換算210mm)



10月13日の羽田空港第1ターミナル展望デッキから眺めた夕日。

到着してすぐに撮ったのが上の写真。

今まさに太陽が沈もうとしている時でした。

富士山は雲に隠れています。
ダイヤモンド富士までは、あと数日といった感じですね。

今週金曜日(16日)頃が、ここからダイヤモンド富士を見られる
タイミングじゃないでしょうか。






b0290189_13050384.jpg
F7.1|1/60秒|ISO800|210mm(換算315mm)



夕日と飛行機をもっと撮りたかったのですが、わずか数枚しか撮れず・・・(笑)

でも、日没後のマジックアワーが実に美しく、空が素晴らしい色に染まりました。

シャッター速度が遅すぎて(設定ミス)背景が中途半端にブレてしまいました。

写真をクリックで拡大表示されます。





b0290189_10580089.jpg
F6.3|1/50秒|ISO800|240mm(換算360mm)


トーイング中の787-8

ちょうどモノレールが通過しました。

787はアンコリと同調させるのが楽です。







b0290189_12284592.jpg
F7.1|1/50秒|ISO1600|95mm(換算142mm)


完全に日没した後に富士山を覆っていた雲が消えて
シルエットが浮かび上がってきました。

こういうことはよくあります。






b0290189_11304544.jpg
F6.3|1/40秒|ISO3200|116mm(換算174mm)


ノイズが厳しい・・(笑)

でも、久しぶりに空港で撮影できたので、ごく短い時間でしたが
すごくテンションが上がりました。

空港の展望デッキに行ったのは、おそらく8ヶ月ぶりです。






b0290189_12311962.jpg
F4.5|1/10秒|ISO3200|50mm(換算75mm)



全て時系列順です。

時間があれば、この後に久しぶりに流し撮りなどをしたかったのですが
会社に戻らねばならず無理でした。


流し撮りの感覚は完全に鈍っていそうです。






[PR]

by view-finder | 2015-10-15 12:42 | 羽田空港 | Comments(2)
2015年 10月 09日

最果ての地 #3 (北の大地)

最果てシリーズです。

今回は、これまでとは少し趣向が異なります。

下の写真は、どこの風景だと思いますか?


b0290189_19014949.jpg


答えは

北朝鮮です。

色々な意味で有名な、かの国です。

ここは韓国との国境付近です。

日本は、かの国とは国交がないし ”国” とも認めていないので
「国境」という言い方は正しいのかわかりませんが。

何はともあれ、川の向こうが北朝鮮と呼ばれる地域です。

フルサイズ換算300mmで撮影した写真です。(カメラはNikon 1 J1)




b0290189_19063290.jpg

実際は現在も「停戦中」というだけで終戦はしていません。

北緯38度線付近が軍事境界線(停戦ライン)となっています。

この茶色の川は臨津江(イムジン川)

手前は韓国、向こう岸は、かの国。

境界線には隙間なく鉄条網が張り巡らせれており、ライフルを構えた兵士たちが
見張りを行っています。

地雷もたくさん埋め込まれており、ここから先は進むことができない。
もとは同じ国だったのに。

そういう意味では 最果ての地 だと言えると思います。





b0290189_19122194.jpg
朝鮮半島の人や国のことについては、個人的には色々思うことはありますが
もともと1つの民族・国だったところが、このように分断されたということは
客観的に見れば悲劇ですよね。

日本も分断されていた可能性もあったわけで。

たまたま現在は私たち日本人は平和に暮らしていますけど、
いつ、どのようなことが起こるかはわかりませんね。


何はともあれ、平和が一番ですね。



撮影データ: Nikon 1 J1
1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6(1~2枚目)
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6(3枚目)






[PR]

by view-finder | 2015-10-09 22:58 | 風景 | Comments(0)
2015年 10月 05日

逆光とヒコーキ

先日、木更津へ行った時に飛行機の写真も少し撮りました。

ほぼ全てが逆光の写真ですが、シルエットでの表現も好きなのです。


b0290189_19033875.jpg
東京湾に浮かぶ海ほたるPAから。

薄明光線が出ています。

かなりローキーにしました。

船が3隻ほぼ等間隔で並んでいるのがわかりますでしょうか。
なんとも素晴らしい光景でした。






b0290189_19063468.jpg

JALのB777-200

バックの雲が、まるで巨大天体望遠鏡で見たはるか彼方の銀河のように
見えるのは私だけでしょうか。








b0290189_19172257.jpg
ダイヤモンド富士を待機していた場所です。

羽田空港に向かって降下していく飛行機が上空を通過します。





b0290189_19184258.jpg
ちょっと小さすぎますか・・(笑)






b0290189_19202066.jpg
500mm(フルサイズ換算750mm)でこのくらいです。

つまり、かなり距離はあるということです。





b0290189_19193628.jpg






b0290189_19213998.jpg
Boeing 737-800 同士クロス。

下は真っ直ぐに滑走路に向かっている到着機で、
上は離陸後に旋回しながら上昇している機体です。

写真だと両者は近く見えますが、実際には高度差がけっこうあります。
正確な数値はわかりませんが、恐らく3000フィート位はあると思います。
(3000フィート = 914.40メートル)


やっぱり飛行機を撮っている時は、気持ちのテンションが上がるのが
自分でもわかります(笑)




おまけ写真・・・
b0290189_19414438.jpg

1枚目の写真を撮影している私(笑)

最近、妻が面白がって撮影中の私の姿をスマホでよく盗撮してます。

集中している時はぜんぜん気が付かないことが多いです(笑2)









[PR]

by view-finder | 2015-10-05 19:32 | 飛行機 | Comments(2)
2015年 10月 03日

千葉県から富士山 sanpo

前回からの続きです。

9月23日に続いて、9月27日も木更津へ行ってダイヤモンド富士を
狙いました。

そろそろ「木更津」というタグを作らなきゃならないほど木更津で
よく写真を撮ってるかもしれません。


前回と全く同じ場所ではなく数百メートル離れていますが、
ダイヤモンド富士を期待して待機していました。




もともと天気予報が良くなかったのですが、果たして結果は・・・・・











b0290189_16433148.jpg





やっぱりダメでした(爆)

今回はあえてこの前のようにお絵描きはいたしません。

あの太陽の下に富士山があると想像してください(笑)

夕方頃から晴れ間が出てきて 「もしかして・・?」 という期待は膨らんだのですが、
西のほうにある厚い雲に阻まれて富士山は全く見えませんでした。

シルエットすら浮かび上がらないほどの厚い雲でした。


まぁ、最初から半ば無理だと思っていたので、さほどガッカリすることはありませんでした。


そもそも、千葉県から富士山までは直線距離で100km以上もあるので
よっぽど条件の良い時しかハッキリと見えることはありません。

東京からも同じくらいの距離ですね。


b0290189_17183069.jpg




参考として、これまで千葉県内(内房)から見ることができた富士山の
写真をいくつか載せておきます。

過去にアップした写真が大半ですが(汗)






b0290189_16505302.jpg
館山から(7月)







b0290189_16530342.jpg
木更津からプチ・ダイヤモンド富士(9月)







b0290189_16523321.jpg
木更津から(12月)







b0290189_16541509.jpg
木更津から(12月)






b0290189_16545934.jpg
木更津港から(1月)



やっぱり冬は圧倒的に空気が澄んでいることが写真からもわかります。

最後の写真は初めてアップしたと思います。

この時は無風に近い状態で、しかも視程がとても良く素晴らしい夕暮れでした。
20秒の露光ですが、船の文字がブレていないので無風・無波だったことがわかります。

実は、この場所にあと5分でも3分でも早く着いていれば、もっと美しい色を
撮れたのです・・・

カメラをセッティングしている間、みるみるうちに色が薄くなっていきました。

もう少し計画的に行動すべきなんですよね・・・(笑)


関連記事: 富士山夕景




[PR]

by view-finder | 2015-10-03 14:57 | 風景 | Comments(0)
2015年 10月 01日

黄昏の干潟

b0290189_17434132.jpg
9月23日、千葉県は木更津市で迎えた黄昏です。

雲と夕焼けが織りなす模様と、それを映す海面の美しさが本当に
素晴らしくて感動しました。


以前の記事でも述べたかもしれませんが、木更津には盤州干潟(ばんずひがた)
という日本でも最大級の干潟があります。






b0290189_17493079.jpg
奥の方に見えている工場のような佇まいは新日鐵住金君津製鐵所です。

ちょうどこの日のこの時間帯は潮が満ちていましたが、
干潮時には広大は砂浜が出現します。





b0290189_17541172.jpg
背後にうっすらと山のようなシルエットが見えるでしょうか・・・

アレは、かの有名な富士山でございます(笑)





b0290189_17561170.jpg
ダイヤモンド富士までは、あと数日といった感じでした。

この日(9月23日)は、木更津港からであれば、ちょうどダイヤモンド富士が
見える日でした。

夕方に木更津港の前を通ったのですが、ものすごい人でした!!

シルバーウィークということもあり、たくさんの写真愛好家が
集まっていたようです。


この場所からダイヤモンド富士が見える日は、私の計算では
この4日後(9月27日)です。

しかし、予報では天気が悪い・・・たぶん無理だろうと思いましたが
念のため9月27日も同じ場所へ行きましたよ(笑)



果たしてダイヤモンド富士を見ることはできるのか・・・




b0290189_18041431.jpg

[PR]

by view-finder | 2015-10-01 18:11 | 風景 | Comments(0)