<   2015年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2015年 09月 29日

スーパームーン

b0290189_19140746.jpg
昨日(9月28日)は今年唯一のスーパームーンでした。

その前日(9月27日)は、中秋の名月(十五夜 = 旧暦8月15日)でした。

なので、この2日間に多くの人が月を観察したり撮影したりしたことでしょう。

写真は昨日のスーパームーンです。

あいにく地平線近くは雲に覆われていて、「これは見えないかも・・・」と
思っていたのですが、薄いながらもなんとか見ることができました。






b0290189_19164369.jpg
雲のせいなのか、すごく色が赤かったです。

まるで皆既月食のような色でした。

最初、地平線近くから昇ってきた時は、あまりの薄さに気が付きませんでした。

ちなみに、海外ではスーパームーンと皆既月食が重なった地域もあったようですね。

昨日は事情があって三脚を持っていなかったので、全て手持ちでの撮影です。

良い天気の日であれば、残照があるので日没直後はもっと明るいのですが
昨日は非常に暗くて露出がすごく厳しかったです・・・・

高感度で撮影せざるをえず、非常に画質が悪いので、あくまでも記録写真として
アップします。




b0290189_19211367.jpg
パソコンで写真を確認している時に気が付いたのですが、
月の中に飛行機が入っているっぽいです(笑)

あまりにも小さすぎて(蝿レベル)撮影中は全く気が付きませんでした。





b0290189_19224526.jpg
最初は雲かと思ったのですが、シルエットとエンジンのブラストから考えると
恐らく飛行機で間違いないと思います(笑)


三脚がなかったのが本当に残念です・・・

全体的にあまりにもノイジーなので、低感度で綺麗に撮りたかったです。







b0290189_19260250.jpg
場所を移動しました。

ここまで輝度差がついてしまうとキビシイです。

これはダメだと思い、また別の場所へ移動。






b0290189_19264992.jpg
同じくらいの輝度の被写体を見つけました(笑)



「スーパームーンとは一体何なのか?」

ここ何年かメディアでも取り上げられているので、多くの方はご存じかも
しれませんが、簡単に言うと、月が地球に近づいている時に見られる満月の
ことですね。

月の軌道は真円ではなく楕円形なので、地球から見ると月は僅かに近づいたり
遠ざかったりしています。

地球に一番近づく時期に見られる満月がスーパームーンというわけですね。

最も近い時と、最も遠い時の大きさの差は約14%、明るさの差は約30%です。


ただ、一番地球に再接近する時にちょうど満月になるとは限りません。

もっとも近づく日から1週間以内に見られる満月は
エクストリーム・スーパームーン と呼ばれていて、
それは18年に1回しかチャンスがありません。

去年は一度ありましたね。

月の動きは太陽と違って複雑なので奥が深いです。




b0290189_19353076.jpg


撮影データ(共通):
Nikon D7100|SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
マニュアル|F7.1~F8|1/15~1/125秒|ISO1600~2200RAW|手持ち

最後の1枚のみ自宅から撮影|ISO100|三脚使用


[PR]

by view-finder | 2015-09-29 19:52 | 風景 | Comments(4)
2015年 09月 24日

静寂

b0290189_17224722.jpg
箱根の芦ノ湖です。

シルバーウィークは旅行もせず、遠出もしなかったのですが
日帰りで近場へドライブをしました。

あいにくの天候だったので、綺麗な夕日や富士山は全く見えませんでした。

しかし、風はほとんどなく、とても湖面が穏やかだったので
狙いを変えて湖の静寂さを写してみました。

NDフィルター(ND8)を使用して 73秒の露光です。






b0290189_17402414.jpg
こちらは 74秒の露光。

幽玄に湖に浮かぶ箱根神社の鳥居。

晴れていれば、この方角に富士山が見えます。
(過去記事: 箱根から富士山


何枚か露光時間を変えて撮りましたが、今回の箱根で撮ったのは
この2構図のみ(笑)


たまにはこういうこともありますね。

でも、いつもと違った雰囲気の写真が撮れたので満足しました。


撮影データ(共通):
Nikon D7100|AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
マニュアル|F11|73~74秒|ISO100RAW|ND8










[PR]

by view-finder | 2015-09-24 17:36 | 風景 | Comments(2)
2015年 09月 16日

最果ての地 #2

b0290189_17271867.jpg

階段を昇って辿り着いた場所は


まるで天空の神殿のようだった


最果の地で立ち尽くす男たち




(中華人民共和国 遼寧省 大連市)







最果てシリーズ(笑)第二弾

実際は「天空」というほど高い場所ではありません(笑2)

この人物の配置が絶妙で、なかなか狙って撮れる写真ではないような気がします。

本当にたまたまなのですが、とても良いタイミングでした。

スナップ写真の醍醐味ですね。

同じ場所ではこの1枚しか撮っていません。

モノクロにすると、なんとなくシュールな感じがして、旅行で撮った写真の
中では自分でも気に入っている1枚です。





[PR]

by view-finder | 2015-09-16 17:47 | 風景 | Comments(4)
2015年 09月 12日

横須賀美術館

b0290189_12575172.jpg
9月11日、たまたま仕事が休みだったので横須賀美術館へ行ってきました。

ずっと続いていた悪天候がようやく途切れ、この日は実に素晴らしい天気となりました。




b0290189_19033531.jpg
この横須賀美術館は、屋上からの眺めが本当に素晴らしいのです。

休日は混むので、平日でたまたま仕事がない日で、しかも良い空の日を
ずっと前から狙っていました。






b0290189_19050605.jpg
ここのところ、すっかり秋めいた天候になって「夏も完全に終わったか」
と思っていたのですが、この日はまるで真夏のような入道雲が青い空に
浮かんでいて、最高に気持ちが良かったです。






b0290189_19065854.jpg
美術館の中にあるイタリアンレストランACQUAMARE(アクアマーレ)

窓ガラスがムラになっているのはPLフィルターを外し忘れたせいだと思います。






b0290189_19101736.jpg
美術館の中は撮影できるエリアが限られますから、あまり撮っていません。

館内は吹き抜けがあちこちにあり、外からの光を取り入れるように
穴がたくさん空いた作りになっています。



b0290189_19155587.jpg
やっぱり平日はどこへ行っても人が少なくて快適ですね!!


肝心の美術館の外観ですが・・・ド逆光で全然うまく撮れなかったので
Wikipediaの写真で確認してください(笑)






b0290189_19164309.jpg
Nikonの望遠鏡(30 x 80 1°40′)が屋上に置いてありました。

無料で使えます。

千葉県の富津岬にある展望台が、はっきりと見えました。

目の前はガラスですが、この時はPLフィルターを外して撮影しました。
PLフィルターはガラスの反射を取り除くこともできますが、レンズの画角や
撮影する角度によっては逆にムラになってしまうことがありますよね。



前回の記事でも述べましたが、今年の夏は天候的に本当にハズレですね。

そしてトドメが今回のあまりにも悲惨な大雨。
関東と東北で甚大な被害をもたらしました。

今朝は東京で大きな地震(最大震度5弱)もありましたし、あちこちで
火山活動が活発化していますし、なんだか嫌な雰囲気ですね。

地球は生きているので、これも仕方のないことですが、こういうことが
起こる度に人間は自然に対して無力であることを実感します。

そして、ますます自然に対する畏怖の念が強くなります。






[PR]

by view-finder | 2015-09-12 19:34 | 風景 | Comments(2)
2015年 09月 08日

最果ての地 sanpo

b0290189_15554181.jpg

荒天の東平安名崎


宮古島の最東端


最果ての岬へ向かう1台の車









ここのところ毎日天気が悪い東京地方です。

今年の夏は、天候的にはハズレだった印象が強いです。

実際、記録的な日照時間の少なさだったそうです。

ダブル台風の影響で今週はずっと雨マーク。


写真のネタも尽きつつあるので、過去の旅行で撮影した写真などを
ちょこちょこ小出しするかもしれません(笑)






[PR]

by view-finder | 2015-09-08 17:16 | 風景 | Comments(2)
2015年 09月 03日

幻のダイヤモンド富士 (太陽の動きを知る)

気がつけば、いつの間にか9月に入っていました。

私ごとですが、ここ最近モーレツに仕事が忙しい日が続いており
なかなか写真を撮ることもブログをアップすることもできません。

そんなネタ切れ中の苦し紛れに、先月撮りに行ったダイヤモンド富士の
失敗写真を出してしまいます。

まったく狙い通りに撮れなかったので、公開するつもりは当初はなかったのですが
自分の記録として・・(笑)



b0290189_18251093.jpg


カンペキなダイヤモンド富士!!!

になる予定だった写真です(笑)

雲が厚すぎて、まったく富士山の輪郭は見えません。

どんなにコントラストを上げても、まっっっったくシルエットすら
浮かび上がりませんでした(涙)





↓ 脳内イメージ ↓
b0290189_18270356.jpg
こんな感じになるはずでした(笑)



この15秒後・・・

b0290189_18282153.jpg
わかりますか?? 富士山の頂上の輪郭が。



さらに50秒後・・・ 

b0290189_18300129.jpg
「ん? ズレとるやんけ!! これはダイヤモンド富士にはならなかっただろう!」

と思った方は、太陽の動きのことをお忘れになっているか、または
ご存じない方です(笑)


学校で習うかもしれないので、小学生でも知っている人は多いかもしれませんが、
あえて説明させていただきますと、(日本においては)太陽は垂直には
下がってきません。

東京付近(北緯約35度)であれば、太陽が沈む時における、水平線との
角度は、季節を問わず約55度になります。

b0290189_18450379.jpg
季節によって太陽は移動しますが、あくまでも平行に移動しますので
水平線との角度は変わりません。


太陽が垂直に下りてくるのは赤道直下だけです。(下の図)
b0290189_18470273.jpg



今は太陽の動きがわかるアプリ(スマホ)などもあるので、太陽は常に
斜めに動いているということは多くの人が知っていると思いますが、
正確な角度はご存じだったでしょうか?




b0290189_18354162.jpg
先ほどの写真にラインを引くと、このようになります。

わかりやすくするために上のラインは直線で引いていますが、
言うまでもなく実際は完全な直線ではありません。

こうして見てみると、一番上の写真では、天候条件さえ良好であったならば
富士山の真上に太陽が乗っかる形になっていたことがおわかりいただけると
思います。

撮影した場所は千葉県の館山市で、北緯約35度になります。
(正確には北緯35.023128、東経139.844630)


b0290189_18400469.jpg
撮影したのは約1ヶ月前の8月2日(日曜日)です。

上の地図は、その日、その場所における日の出、日の入り、月の出、月の入り、
それぞれの方位を示しています。(北海道大学のサイトより)

日曜日でしたが、他に撮影している人は誰もいませんでした。

正直言って、ダイヤモンド富士はそれほど珍しいものではないので・・・
と言うより、富士山が見える場所なら、その前後の期間であれば
毎日どこからかダイヤモンド富士が見えることになります。

この次の日であれば、もう少し南へ行けばダイヤモンド富士が見える
場所があるので。


ちなみに、水平線との角度の求める計算式は「90 ー 緯度」

北緯35度付近にいる場合なら「90 ー 35 = 55」ですね。

日本最北端の宗谷岬であれば、北緯45度ですから水平線との角度は
もっと緩くなり45度になりますし、北極点や南極点(90度)だと
「90-90=0」 

角度がありません。
太陽は、1日中水平に移動します。

夏は太陽が出っぱなし(白夜)
冬はその逆(極夜)


苦し紛れのネタとして、当たり前のことをエラそうに語ってしまいました(笑)

正確な角度までは意識していなくても、風景写真をやっている方は
このようなことは経験上よくご存じですよね。

私も写真を本格的にやるようになってから、天体の動きなどを特に意識する
ようになりました。

それでは本日はこのへんで。


アディオス(笑)










[PR]

by view-finder | 2015-09-03 19:11 | 風景 | Comments(4)