<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2015年 06月 29日

北総の小江戸~佐原の町並み


今回はいつもと少し違った趣向で、お散歩的な日記になります。

ある意味いつもお散歩程度の写真ばかりですが(笑)

千葉県香取市に佐原という地区があります。
有名なのでご存じの方も多いかもしれませんが、ここには
まるで江戸時代のような古い町並みが残っています。


b0290189_17194516.jpg
以前から行ってみたいと思っていたのですが、先週初めて行くことができました。

思った以上に良かったです!

上の写真には、かの有名な伊能忠敬の旧宅も写っています。





b0290189_17215358.jpg
この家です。

17歳の時に伊能家の婿養子となり、隠居後50歳で江戸へ行くまでの間
過ごした家だそうです。



b0290189_17431035.jpg
地図の作成を手がけるのは、佐原から江戸へ出た後になります。






b0290189_17510059.jpg
関東には【小江戸】と呼ばれた町がいくつかありますが、
この佐原も 北総の小江戸 と呼ばれていました。

お江戸みたけりゃ 佐原へござれ 佐原本町 江戸まさり

と詠われたほど江戸時代は反映していたそうです。




b0290189_17453253.jpg
こちらのお店(割烹)宮定さんは、なんと文化4年から営業しているそうです。

文化4年と言われても全然ピンと来ません。

西暦でいうと1804年です!
まさに江戸時代!

松平定信とかの時代です! 寛政の改革とかの時代です!!



ちなみに、一番最初の写真をモノクロ化してみると・・・・

b0290189_17540495.jpg
なんとなく江戸時代っぽく見えませんか?!

そう見えてしまうのは私だけでしょうか(笑)

和服を着た人などが歩いていれば、もっと雰囲気が出たと思いますが、
この日は平日の夕方だったこともあり、人はあまりいませんでした。

店の前にある階段は「だし」と呼ばれます。
船の荷揚げ場です。

b0290189_17593135.jpg
だしから降りて撮ってみました。

良い味の船が浮かんでいますね。

昔はこの運河を使って江戸まで行き来していたそうです。



b0290189_18001829.jpeg
先ほどの写真を撮影している様子をスマホで盗撮されました by 妻
(写真は私がトリミングしました)





b0290189_18010866.jpg
実は、このブログでは述べたことはなかったかもしれませんが、
私はかなり歴史好きでして、時代小説(歴史小説)などは
かなりたくさん持っています。本棚がびっしり埋まるくらい。

池波正太郎の小説などは、一般に本屋で手に入るものは、
ほとんど持っていると思います。

そんな 歴男(レキオ)の私にとっては、こういう町並みはたまらないものがあります。

長くなってしまいましたが、最後までお付き合いいただきまして
ありがとうございました。


でも、まだ次回に続きます!! (←オイ!)


撮影データ(共通):
Nikon D7100|SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
絞り優先AE|ISO280~560|C-PL|手持ち

撮影日: 6月25日

撮影地: 千葉県香取市佐原

[PR]

by view-finder | 2015-06-29 18:12 | 風景 | Comments(0)
2015年 06月 23日

サンセットタイム

b0290189_18031414.jpg
羽田空港で迎えるサンセットの写真を選んでみました。

一部を除いて全て異なる日に撮影したものです。

撮影場所は全てターミナル1の展望デッキです。




b0290189_18052563.jpg
日没間際になって、うっっっすらと富士山のシルエットが浮かび上がりつつあるのが
見えますでしょうか?

羽田空港に夕日の時間帯に行くなら、ターミナル1がオススメです。



b0290189_18064472.jpg
富士山の頂上部分が雲海の中に浮かんでいます。

日没後のマジックアワー!!

いかにも夏らしい空です。(8月)





b0290189_18084624.jpg
これも完全体ではありませんが富士山のシルエットが見えます。

雲が秋らしくなっています。(9月)





b0290189_18131869.jpg
日没後の夕焼けが分厚い雨雲の隙間から見えました。

夏至のあたりは太陽が北西の方角に沈みます。





b0290189_18155481.jpg
完全に闇になる前の薄暮の時間帯。

これくらいの明るさなら、感度を上げれば飛んでいる飛行機と
地上の様子を同時に写せます。

たまたま政府専用機がJALのハンガーの前に駐機していました。






b0290189_18181369.jpg
完全に夜。

これはタキシング中です。

走行スピードが遅いので、あまり流れません(笑)

これ以上シャッター速度を落とすとブレますしね。
手持ちなので。


ここのところ仕事があまりにも忙しくて空港に行く時間が取れません!

なんとか時間を見つけて近いうちに行きたいと思っています。





[PR]

by view-finder | 2015-06-23 18:25 | 羽田空港 | Comments(0)
2015年 06月 16日

劇的な夕焼け空

b0290189_18225876.jpg
東京の空に突如出現した劇的な夕焼け空。

この日はずっとどんよりとした梅雨空だったのですが、日没直前に
いきなり空模様が激変し始めました。

たまたまカメラを持ってぶらぶら散歩をしている最中だったので
運良く撮影することができました。

画面を横切っている新幹線はN700系でしょうか。
鉄道はあまり詳しくないもので(笑)




b0290189_18253895.jpg
こちらは新幹線の線路をフレームアウトした構図。

個人的には新幹線があったほうが絵になると思います。

それにしても凄い空だった・・・

何の前触れもなく突如このような夕焼けが出現するから気を抜けませんね!

今年の梅雨は、このようなドラマティックな夕焼けになることが多い気がします。
本当に一瞬の出来事でした。






b0290189_18283421.jpg
あっという間に夕焼けも終わりブルーモーメントの時間帯に。

ご存じ東京タワー。

こういう構図はあまり目にしたことがないのではないでしょうか?

私も初めてでしたが、なかなか絵になると思いました。






b0290189_19025981.jpg
本当は三脚を使って、じっくり低感度で撮りたいところですが、
あいにく三脚を持っていなかったので高感度の手持ち撮影です。

原寸大だとノイズが多いし微ブレしてますが(笑)
このサイズだとわりと見られる程度には仕上がりますね。

ここ最近あまり夜景を撮っていなかったので、久しぶりに本格的に
撮りたくなってきました。


撮影データ(共通):
Nikon D7100|SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM|ISO560~2200|手持ち

撮影日: 6月14日

撮影地: 東京都港区









[PR]

by view-finder | 2015-06-16 18:46 | 風景 | Comments(2)
2015年 06月 10日

アップで迫る

b0290189_19152070.jpg
久しぶりにアップで迫った写真です。

最近あまりこういうヒコーキ写真を撮ってませんでした。

情景写真が一番好きなのですが、たまにこういうアップ系も欲しくなるんです(笑)






b0290189_19174182.jpg
後ろ姿。

太陽が水平線に沈む直前の時間帯です。

何を撮っても絵になる時間帯ですね。
まさにマジックアワー

マジックアワーは、厳密には太陽が水平線に沈んだ後の薄暮の時間帯を言う
ようですが、私的には、雲が水平線近くにあって柔らかい光になっていれば
マジックアワーと呼んで差し支えないと思います。






b0290189_19221033.jpg
もはや、本当に空を飛んでるのかどうかもよくわからない写真(笑)

光の具合がすごく綺麗だったので・・・

ノーズギア(車輪)を格納する扉に「701」という数字が書いてありますよね?

これは飛行機が固有に持っている機体番号を示しています。

この飛行機の機体番号は「JA701A」ですが、JA は日本国籍の全ての機体に付く
共通のものです。

最後のAは「ANA」の頭文字。これも全てのANA機は共通。
(ただし、古い機体など一部例外あり)

従って、真ん中の「701」という数字だけで、正確な機体番号がわかるわけです。

ちなみに、701の「7」はボーイング77であることを示しています。

長くなりましたが、ちょっとした豆知識でした。






b0290189_19294912.jpg
こちらはボーイング787。

機体番号は「JA833A」

先ほどの法則のとおりです。

833の「8」は、77を意味しています。

ちなみに、ボーイング77の機体であれば「JA622A」という感じです。


上の写真の機体は787-9で、ストレッチ型(長胴型)なのですが
違いがわかりますでしょうか。

ちなみに、基本型の787-8は下の写真。

b0290189_22562748.jpg
全く同じ角度の写真はなかったのですが、違いがわかりますか?

詳しい説明は割愛しますが、ハッキリ言って、マニア以外は一瞬で
判断することは難しいでしょう(笑)






b0290189_19341533.jpg
こちらは777ですね。

今回は知っていてもほとんど役に立たない無駄なウンチクが多くて失礼いたしました(笑)



ところで、昨日の首都圏は素晴らしい夕焼け空となりました。
色々な場所であの感動的な夕焼けをご覧になった方が多いと思います。

b0290189_22564987.jpg
私は職場の近くで眺めることができました。

ちゃんとしたカメラは持ってませんでしたが、なんとかスマホで撮りました。

今まで見た夕焼けの中でも、ものすごく印象に残る空でした!
間違いなく、今年見た中では一番美しかったです。

梅雨は鬱陶しいですが、たまに梅雨の晴れ間にこのような劇的な空が
突如として出現することがあるので面白いですね。






[PR]

by view-finder | 2015-06-10 19:47 | 城南島 | Comments(0)
2015年 06月 04日

京浜島夕景

b0290189_16593460.jpg
羽田空港のすぐ近くに京浜島という島があります。

南風運用時はRunway22へ降りてくる飛行機を近くで見ることができます。
日没前後の時間帯は、たとえ短時間であっても非常に楽しむことができます。

島と言っても埋め立ての人工島です。

でも、人も住んでいるそうです。(by Wikipedia)
2人だけ(笑)

羽田で飛行機を撮影する人にとってはメジャーな撮影スポットです。




b0290189_17051482.jpg
非現実的な色に見えますが、背景の色を変えたり無理やり彩度を
上げたり、そういうことはしていません。

太陽が沈む方向とは逆ですが、日没間際の色温度の低い太陽光線が
雲を染め上げることがたまにあります。





b0290189_17171102.jpg
このように平行着陸(パラレル)で同時に降りてくることもよくあります。






b0290189_17143208.jpg
タッチダウン寸前の着陸機と、今まさに飛び立ったばかりの離陸機。







b0290189_17092075.jpg
キャセイパシフィック航空の777が滑走路へ向かいます。

金属のボディに反射する残光、タキシーライト、滑走路の灯り、夕焼け空・・・

なんかこういう景色って良いなぁと思いながら撮ってました。

これは北風運用の日です。




b0290189_17120107.jpg
同じく北風運用の日。

D滑走路(Runway05)に向かう出発機です。

距離が近いといっても、大きく写すには超望遠レンズが必要です。




b0290189_17025138.jpg


以上、京浜島夕景でした。





[PR]

by view-finder | 2015-06-04 17:22 | 京浜島 | Comments(2)