<   2014年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 26日

黄昏ランディング

b0290189_16344711.jpg

夕焼けに染まる空を滑り降りてくる飛行機。
城南島からの眺めの中でも、最も好きなシーンの1つです。

上の写真はJALのボーイング767。
空のグラデーションがたまりません。




b0290189_16001777.jpg
こちらはANAのボーイング787-8。
岩場に居る「黄昏れている人」が見えますでしょうか(笑)
なかなか絵になっていました。

ANAは787の長胴型である787-9を近いうちに受領する予定です。
すでにボーイング社でテスト飛行は始まっており、今年の夏には1号機を
受領する予定になっています。

個人的には787-9のほうがスタイルが好きなので、とても楽しみにしています。
787-8の時のように予定が遅れまくるようなことがないことを願います。



b0290189_16132151.jpg
こちらはANAのトリプルセブン(B777)
テールのストロボが同調しました。

豆知識ですが、ボーイング777のテール部分は途中で仕様が変更になっています。
上の機体はJA8197(95年製造)ですが、テールライトが1つしかありません。
ハッキリとした時期は知りませんが、97年頃より以降の機体にはテールライトが2つあります。


以前の写真と比較していただければわかります。b0290189_17240690.jpg

知っていても何の得にもならない豆知識ですが(笑)







b0290189_16432969.jpg
JALのボーイング767

D7100はフォーカスポイントが51点なので、すごく撮りやすくなりました。
置きピンとか使わなくてもよくなりました(笑)




b0290189_16453517.jpg
ANAの767。
連続写真で。

b0290189_16461376.jpg
日没後の残照でかなり暗かったですが、一瞬だけ雲がピンクに染まりました。

やはりマジックアワーは一番美しい時間帯ですね。

本当に綺麗な時間は本当に一瞬だけ。

その「はかなさ」が良いんですよね。

共通データ:Nikon D7100|SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM|絞り優先AE



[PR]

by view-finder | 2014-05-26 17:03 | 城南島 | Comments(1)
2014年 05月 22日

バラの花

b0290189_18163622.jpg
バラ(薔薇)を撮ってきました。

場所は東京都町田市にある野津田公園のバラ園です。

バラと言えば、私が真っ先に頭に浮かぶのは真っ赤なバラです。
背景を暗くして、というより、暗い背景を選んで撮りました。

こういう場合は暗部補正の機能(Nikonで言えばアクティブD-ライティング)は
切ったほうが良いと思ったので実際そうしてみました。

現像の時に調整すればどうにでもなるのかもしれませんが、私は撮影時に
完成に近いイメージにしたいタイプなので、そのへんはこだわります。
やっぱりフィルム時代の古いタイプの人間なのかもしれませんね(笑)





b0290189_17425089.jpg
花の写真は以前はほとんど撮りませんでした。
練習のつもりで最近はたまに撮っています。

花の撮影は、状態の良い花を探すのがまず大変ですね。
見つかれば撮影自体はわりと早いのですが、良いあんばいの花がなかなか
見つからないことがあります。

今回は1時間も粘ってしまいました。私にしては長時間です(笑)





b0290189_17443801.jpg
ピンクの薔薇をシックな感じで。

背景は雑木林みたいな感じだったのですが、その向こう側に夕日があったので
ちょっとだけ木漏れ日が玉ボケになってくれました。

花の写真など滅多に見ませんし、勉強もしたことがないので、どういう写真が
「良い花写真」なのかわかりませんが、あくまでも自分が良いと感じたままに
撮っています。





b0290189_17473647.jpg
こちらは「ゆるふわモード」で。
こういう光景って良いですね。


バラの花のたたずまいは美しくて魅力があります。
昔はバラの花束を女性にプレゼントしたことが何度かありました・・・

「最近、花束くれないね」

妻にそんなことを言われたりしました(笑)


ところで、薔薇という漢字は本当に難しいですね・・・
普通に書けますか?

私は以前練習して書けるようになったこともあったのですが、また忘れてしまいました(笑)

薔薇という字に限らず、最近は手書きをする機会がとても減ったので、
漢字を忘れつつある気がします。

このままだとマズイなと自分でも危機感を覚えるレベルなので、
たまに仕事の合間などに、意識して字を書いたりしています。

共通データ:Nikon D7100|AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED|手持ち


[PR]

by view-finder | 2014-05-22 18:01 | Comments(0)
2014年 05月 17日

月とヒコーキ

b0290189_17585336.jpg
先日、城南島で撮影した写真の続きですが、この日は十三夜でした。
古代から十五夜の次に美しいとされる月です。

月の出は平均すると毎日約50分ずつ遅くなります。
十五夜の月は太陽が沈んでから昇りますが、十三夜の月はまだ明るい時間帯に
昇ってきますので、風景などと絡めるには適していると思います。




b0290189_18030712.jpg
JA61AN  全日空のB737-800
これを撮るのに、けっこう苦労しました。

引いて撮るのはわりと簡単ですが、ここまでアップにするとシャッターのタイミングが
なかなか合いません。単に私が下手クソなだけかもしれませんが(笑)





b0290189_18055835.jpg
よし!と思ったら、月と重なってしまったり(笑)





b0290189_18063597.jpg
これくらい引けば、さほど難しくはありません。




b0290189_18083747.jpg
空のグラデーションがたまりません。

1人だけ立っている女性がいます。
この女性は飛行機を撮っていて、後ろの男性はスカートの中を撮っている・・・ 
ように見えませんか?(笑)

なんだか人物の配置が面白くて、この写真は気に入っています。




b0290189_18015078.jpg
これは、あえて傾けています。
こうすると、ちょっと離陸っぽい?

日没間際の太陽が機体を赤く染めて本当に美しいです。

やっぱり、この時間帯は全ての景色が美しく見えて本当に素晴らしいです。
夕暮と日没後の数十分間は、何を撮っても絵になる時間帯ですよね。



[PR]

by view-finder | 2014-05-17 18:17 | 城南島 | Comments(0)
2014年 05月 14日

ブルーモーメント・ヨコハマ koneta

b0290189_16161834.jpg
AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 26mm(換算39mm)絞り優先AE
F9 5秒 マイナス0.7EV補正 ISO100 WB:蛍光灯(昼白色)ライブビュー 三脚


ブルーモーメントのヨコハマを撮影してきました。
5月10日の19時10分頃です。

ちょっとこのレンズだとD7100には物足りない印象があるのですが、絞って
ピントを完璧に合わせ、ブレにも細心の注意を払えば、そこそこ良い描写を
すると思ってます。

特に、この焦点距離はもっとも歪みが少なくニュートラルに写ります。
ライブビューで拡大表示してピントは慎重に合わせました。

ホワイトバランスは、都会の夜景の場合は「蛍光灯」を使うことが多いです。
オートでもマニュアル設定でも、それぞれの良さがありますが、そこは
好みの問題ですよね。


この日の日没時刻は18時35分でした。
当日の天候によって多少変わりますが、日没後30分を過ぎた頃が
もっとも美しいブルーモーメントになることが多いと思います。

先日、D7100で初めての夜景撮影をしようとした時に、三脚を忘れるという
ありえないような失敗をしてしまいました。

東京の夜景なんぞを撮ろうとしたから、彼女(ヨコハマの街)が嫉妬して
へそを曲げてしまったのだろうか・・・なんて思ったりもします(笑)

人格化してしまうほど、横浜という街が好きです。

なんとも居心地が良い。居るだけで落ち着く。

でも、気持ちがワクワク。不思議な高揚感。

言葉では上手く表現できないのですが、自分にとってそんな街です。

横浜、ヨコハマ、YOKOHAMA・・・
漢字でもカタカナでもローマ字でもサマになる街(笑)
なかなかないですよね。

この日はものすごく風が強くて、人間も風に煽られてよろけてしまうほどでした。
これは絶対にカメラがブレて夜景撮影は無理だろう・・・
そう思ったのですが、ちょっと場所を移動してみると、風がとても弱いポイントがありました。

スマホで撮った写真で恐縮ですが、この日は超大型の客船が大桟橋(メリケン波止場)に
停泊していたのです。

b0290189_16303279.jpg
セレブリティ・ミレニアム(Celebrity Millennium)という船なのですが、
その巨大さには驚きましたね。

これは、まるでマンションです。 動くマンションです!
かの有名なクイーンエリザベス2と全長・全幅・総トン数などのスペックはほぼ同じです。

この船が風を見事に遮ってくれて、うまく撮影ができたのです。

あいにくこの日は休日だったので、オフィスの灯りは少なめで寂しい感じは否めませんが。
「夜景を撮るのは平日」が鉄則ですからね。

でも、これはこれで品があるというか趣があって良いと思います。

ちなみに、私がよく使う「ブルーモーメント」という言葉ですが、
これは写真家の吉村和敏さんの影響が大きいです。

右にある「外部リンク」に吉村氏のブログへのリンクがあります。
(スマホの画面ではページ下部)

私は彼のファンでして、写真集もけっこうたくさん持っており、
写真展や講演などにもなるべく足を運んでいます。

氏の作品の中に「BLUE MOMENT」という素晴らしい写真集 があります。
世界各地で撮影された日没後の青い瞬間が本当に美しくて感動します。

印刷ではなく、写真展でオリジナルプリントを初めて見た時は鳥肌が立ったほどです。

ちなみに、マジックアワー(MAGIC HOUR) という言葉も私はよく使いますが、
これも氏の影響です(笑)

吉村さんのことについては、また機会を改めて触れたいと思います。




[PR]

by view-finder | 2014-05-14 17:00 | 風景 | Comments(4)
2014年 05月 12日

城南島でスナップ

b0290189_17504217.jpg
昨日の夕方に城南島へ行ってきました。

私にしては珍しく2時間もいたので、久しぶりにたくさんの
写真を撮ることができました。

今回はスナップ写真を主にアップさせていただきます。
撮影した順番どおりに並べています。



b0290189_17523953.jpg
ここ城南島海浜公園は、東京湾岸の憩いの場所です。
休日には多くの人でにぎわいます。

飛行機を間近で見ることができる場所としても有名ですが、キャンプをしたり
バーベキューをしたり、海で遊んだり、犬と遊んだり・・・
各々が楽しい時間を過ごすことのできるとても良い場所だと思います。

上の写真は17時半頃ですが、にぎわっていた公園も日没が迫ってくると
だんだんと帰り支度をする人が増えてきます。

この写真はなんとなく人物の配置などが気に入っています。



b0290189_17561860.jpg
みごとに飛行機がぶっち切れました(笑)
単焦点レンズで撮ったのですが、ちょっと長すぎたようです。

ま、これはこれで、飛行機がはみ出してもいいのかな?とも思いますが。




b0290189_17574416.jpg
ズームレンズに変えて、もう少し引いて撮ってみました。

実はこの飛行機、羽田では滅多に見ることができないレアな機体でした。

イスラエル・ネタニヤフ首相が昨日エルアル・イスラエル航空で来日したのですが、
この飛行機がまさにそれだったのです。

シャッターを押してる時に気が付きました!
ちょっともったいないことをしましたね。
滅多に見られない珍しい機体だとわかっていたら、もう少しアップで撮りたかったです。

機体番号は「4X-EAR」 
ボーイング767-300ERなので、機種としては別に珍しくはないのですが(笑)



b0290189_18020100.jpg
時計と着陸機。
以前にも同じような写真をアップした覚えがあります。

何故か、この時計とヒコーキの組み合わせが好きなんです。



b0290189_18045481.jpg
ちなみに、こちらはD90で3月に撮った「ゆるヒコ」写真。

あいかわらず縦構図が多いですねぇ(笑)


本日はこのへんで!



[PR]

by view-finder | 2014-05-12 18:11 | 城南島 | Comments(0)
2014年 05月 09日

京浜島でテスト撮影

b0290189_14401434.jpg
D7100による初めてのヒコーキ撮影です。
場所は京浜島ですが、本来ならばこのような空模様の日は撮りに行きません。

ですが、今回はテスト撮影ですし、自分が休みの日に都合よく晴れるのを待っていたら
いつになるかわかりませんので思い切って出撃してきました。

ガスっていて視程も良くなかったので、テストの条件としては良くないかもしれません。

レンズは全て SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM  です。
露出は全て F9 1/1000秒 ISO280 です。




b0290189_14465779.jpg
JA8984 「空のエコ」塗装機。通称 ECO JET。
もう17年も飛び続けている熟年の777です。

ノーズギアの下あたりに見えるのはアプローチ中の他機です。
羽田空港は日本一の過密空港ですから、他機が同じフレームに入ることは頻繁にあります。




b0290189_14523179.jpg
JA825A 「787」のロゴがありません。
ANAの787は、今年の2月に引き渡されたJA825AとJA827A以降は
「787」のロゴの無い通常塗装になりました。

まだまだ「787」のロゴが入った機体のほうが圧倒的に多いですが、
重整備を行うタイミングで順次通常の塗装に塗り替えられる予定ですから、
今のうちに撮っておいたほうがいいかもしれないですね。

ちなみに、ANAは777(トリプルセブン)を導入した時も、尾翼に「777」という
ロゴを入れたりしてましたね。確かその特別塗装は3機くらいしかなかったはずです。

何年くらいあの特別塗装で飛んでいたのかは覚えていません(笑)




b0290189_15031204.jpg
モヒカンが来ました! 
このレトロ塗装の機体はわずか1機しかありません。
JA602A、ボーイング767型機がそれです。

このモヒカンも近いうちに通常塗装に戻るようなことが以前から言われていますよね。
一説では昨年度(2013年3月)いっぱいで・・・という噂だったのですが。
とりあえず今はまだ飛んでいます。




b0290189_15061875.jpg
「全日空」のロゴと、尾翼の「ダビンチのヘリ」マークが本当に懐かしい気持ちにさせます。
飛行中のモヒカンを真横から撮ったのは初めてです。

ちなみに、私が初めて1人で飛行機に乗ったのは小学校1年生の時でしたが、
その時の飛行機は全日空のロッキード L-1011(トライスター)でした。

その時のドキドキ感やワクワク感は今でも覚えており、夏休みの作文にも書いたくらいです。
L-1011とB767では形はかなり違いますが、この塗装を見ると今でもあの時の気持ちを
思い出すのです。

できれば、このレトロ塗装はずっと続けて欲しいと願っています。





b0290189_15162077.jpg
JA808X ソラシドエアのB737-800 です。
ソラシドエアのペイントって、わりと好きです。 

この写真では見えませんが、機体の底部にも「Solaseed Air」とペイントしてあります。
日本の航空会社では、そういうペイントは少ないです。

ちなみに、上の写真は羽田空港 Runway22(B滑走路)にタッチダウンする直前ですが、
滑走路端のペイント(threshold/スレッショルド)の反射光によって一瞬だけ機体底部が
明るくなるタイミングがあるんです。これはその瞬間です。

昼間のトップライトでも、この瞬間だけは底部が明るくなります。
よく見ると、機体底部にスレッショルドが映りこんでいるのがわかります。





b0290189_15354574.jpg
先日もアップした フルトハンザ航空のジャンボ(B747)を遠くからですが狙っていたら
JALのB777が飛び込んできました。

というより、JAL機が来ているのはわかっていましたから、上手い具合に2機を
絡めたかったのですが、結果として中途半端な感じになってしまいました。
ピントもどっちに合っているのかわからない感じで(笑)


いやぁ・・新しいカメラのテスト撮影なのに、余計な説明が長くなってしまいました・・・
上の写真は全て、わずか30分の間に撮ったものです。
30分の間にこれだけ色々な飛行機がやってきてラッキーだったと思います。

で、実際にテスト撮影をしてみての感想ですが・・・
解像感については、2400万画素+ローパスフィルターレスの実力を出し切るには、
確かな技術が必要であり、もっと腕を磨く必要があると感じました。
「ちゃんと」撮らないといけない、ということです。

オートフォーカスの性能が明らかに良いことは飛行機撮影においても実感できました。

このレンズ(SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM)は、D90でもAFが速いと
感じていたのですが、D7100では更に速くなって、私の感覚としては「爆速」と言っても
いいくらいです。

完全なアウトフォーカスからでも一瞬でピントが合うのは非常に気持ちが良いです。

ちょっとしたピントのズレや手ブレは、すごく影響が出ます。

シャッター速度も、今まで以上に上げなければならないかもしれません。

次回は、よく晴れた日や、または夜間の撮影などを行いたいと思います。



[PR]

by view-finder | 2014-05-09 15:40 | 京浜島 | Comments(2)
2014年 05月 07日

D7100で初撮り(葛西臨海公園)

b0290189_16594629.jpg
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED 210mm(換算315mm)
絞り優先AE F5.3 1/160秒 ISO400 WB:曇天 C-PL 手持ち


D7100を持って初めて出かけてきました。
目的地は葛西臨海公園です。

本当は、真っ先に飛行機の撮影をしたかったのですが、妻が葛西臨海公園に
行きたいと言ったのでしかたなく・・(笑)

まず、上の写真を撮った時に感じたのは、オートフォーカス(以下AF)の性能が
上がってるなということでした。

狙ったところにスっと確実に合う、という印象です。
このレンズのAFは自分の中では「遅い」という感覚だったのですが、D7100に
装着すると明らかに速度が上がっており、これくらいなら不満は無いレベルです。




b0290189_17082003.jpg
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED 185mm(換算277mm)
絞り優先AE F5 1/100秒 ISO400 WB:曇天 C-PL 手持ち

幸せそうなアベック。(死語)
この1つ前のカットはもっと良かったんです!その1つ前は更に良かった!
しかし、お顔がモロに写っているので控えておきます。

ちなみに、上の2枚は逆光なのでPLフィルターを使う意味はほとんど無いのですが、
付けっぱなしにして外すのを忘れていただけです(笑)



b0290189_17292822.jpg
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED 140mm(換算210mm)
絞り優先AE F8 1/500秒 ISO320 WB:晴天 C-PL 手持ち

葛西臨海公園からは羽田空港に離発着する飛行機が見えるので、
やっぱり気になってしまいます(笑)

D90であれば、これくらいの距離とレンズの焦点距離だとハッキリとは見えないのですが、
オリジナルの写真を拡大表示させてみると飛行機の型(B777)がバッチリわかるくらい
写っていて驚きました。

このあたりはD90との差をかなり感じますね。
2400万画素はダテじゃない、ということでしょう。
画素数は、ちょうど2倍の差があります。



b0290189_17295667.jpg
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED 70mm(換算105mm)
絞り優先AE F4.5 1/500秒 ISO1100 WB:晴天日陰 手持ち

葛西臨海公園の後は、東京の夜景などをテスト撮影したかったのですが、
な・なんと、三脚を忘れるという痛恨のミスをおかしてしまいました。

よって、上の写真は手持ちで撮れる範囲で苦し紛れに1枚。

レリーズケーブルやフィルター類を忘れたことは何度もありますが、
三脚を忘れるなんて初めてのことです。

基本的にいつも車に積んでいますので・・・ 
今回はたまたま家の中に置き去りにしてしまいました。

こんな体たらくでは、写真を撮る資格などありません(笑)
アマチュアカメラマンとしても失格です。




b0290189_17390553.jpg
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G(換算52mm)
マニュアル F3.5 1/100秒 ISO1100 WB:オート 手持ち

しかたないので、お台場に寄ってガンダムでお茶を濁しました・・・
もちろん手持ちで(笑)

ちゃんとした夜景撮影はまたの機会に!



[PR]

by view-finder | 2014-05-07 17:43 | 風景 | Comments(2)