<   2014年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 28日

Nikon D7100

b0290189_16502049.jpg

わたくしごとですが、先日誕生日を迎えまして、誕生日プレゼントとして
カメラを買ってもらいました(笑)

上の写真にあるとおり Nikon D7100 です。

考えてみますと、このブログでカメラの話や、写真の技術的な話などは、
ほとんど触れたことがないように思います。

こう言っては身も蓋もないのですが、私はカメラという機械にそれほど強い
興味があるわけではないので(笑)

あくまでも写真が好き、写真を撮ることが好き、という感じでして
自分の中では「カメラはその道具に過ぎない」という位置づけなのです。

もちろん道具ですから大切にしますし、手入れも怠りません。
そして使いこなすために研究もしたりします。

ですが、カメラを眺めて
「う~ん・・カッコイイ」とか「このシャッター音がたまらん・・」
みたいな感情はほとんどないのです。

世の中には、写真そのものよりも、カメラという機械自体が好きな人もけっこう居る
ということを知りました。

カメラ好きと、写真好き、またはその両方が好き・・・いろいろなタイプがあるのでしょうね。



b0290189_17503358.jpg

と言いましても、私自身、新しいカメラやレンズを購入する際には、
色々な方のブログなどを読んで参考にさせてもらったことがあります。

ですから、このブログもそういう方たちのための参考になることもあるかもしれない
と思ったわけでして、たまにカメラなどについての話もしてみようかなと。

今までメインで使っていた Nikon D90 はまだ手元にあります。
あのカメラはとても気に入っているので、手放すことはないかもしれません。
上の写真もD90で撮りました。

D7100との違いで言いますと、外観上は、特に上の写真のように前からのアングルは
とても似ています。持ち主じゃなければ見分けがつかないかもしれません。

ちなみに上の写真ですが、カタログのように見せるならば、絞りこんでパンフォーカス気味に
すべきだと思いますが、D7100のロゴを目立たせるために、ほぼ絞り開放(F2)で撮りました。

D7100とD90は、同じクラスのカメラかどうかは色々と見解があると思いますが、
とりあえず機械的には5年の差があります。

5年分の進化はどの程度なのか・・・

まだ実際に撮影していないのでわかりません(笑)

D90については、正直いまでも大きな不満はないのですが、少しだけ頼りなかったのは
オートフォーカスの性能なんですよね。

D7100のオートフォーカスは、DX機(APS-C)としてはD300以来の51点フォーカスポイント、
視野率100%となっており、AFセンサー自体もフラッグシップのD4と同じ物を使っています。

よって、AFの性能に関してはD4と同等という謳い文句です。
あくまでも同等であり、全く同じではありませんが・・・
D3とD300の関係と似ていますね。というか同じですね。

自宅の窓から望遠レンズで車を追ってみましたが、確かにD90との違いは実感できました。

近いうちに撮影に行って、使い心地や写真の描写などをチェックしたいと思います。



[PR]

by view-finder | 2014-04-28 17:31 | カメラ・写真 | Comments(4)
2014年 04月 24日

外国で見たヒコーキ

もうすぐゴールデンウィークですね。
皆さんは何かご予定はありますか?

私は特にありません(笑)
会社がカレンダー通りの営業ですし、ゴールデンウィークは仕事が忙しいので、
休暇を取って9連休とか10連休とか、そんなことはヒンシュクものです・・・
お盆休みもありません。

そのかわり、それ以外の時期であれば好きな時に有給休暇が取れますので
その点は恵まれていると思います。
超繁忙期に出かけても混んでいて疲れますからね。


というわけで、あいかわらず最近は時間に追われており、写真を撮りに行く
時間を作ることができません。

今日は趣向を変えまして、これまでに外国で見た飛行機といいますか
旅行のついでに空港で撮った写真をちょぼちょぼ紹介したいと思います。

写真のネタ切れによる苦し紛れの策とでも言いましょうか(笑)


b0290189_19121233.jpg
まずは、エアカラン(エア・カレドニア・インターナショナル)のエアバス A330-200。
場所はニューカレドニアのヌメア国際空港(ヌーメア=ラ・トントゥータ国際空港)。

こんなふうに大型機を撮れる国際空港って、なかなかないですよね。
しかし残念なことに、近年PBB(パッセンジャー・ボーディング・ブリッジ)が
完成してしまいました。

よって、今はこのような撮ることはできないでしょう。



b0290189_19173899.jpg
同じくエアカランのA330-200。
タラップで搭乗する際にパチリと。

この角度・・・たまりませんなぁ(笑)
やっぱりヒコーキはタラップに限りますね!

ちなみに、一番上の写真を見ていただければわかりますが、ビジネスクラス用の
タラップは完全に覆われちゃってますよね。
だから、このような写真は撮れないわけです。
エコノミーの特権!!(笑)



b0290189_19194896.jpg
こちらは、エール・カレドニー(Air Caledonie)のATR 42-500 という飛行機。
場所はヌーメア・マジャンタ空港。ニューカレドニアの国内線用の空港です。

エール・カレドニーはニューカレドニアの国内線の航空会社なのですが、
国際線のエアカラン(エア・カレドニア・インターナショナル)と
会社自体は同じだったはずです。たしか。

ATRというメーカーは海外ではメジャーなのですが、日本ではほとんど見かけませんよね。

ちなみに、このATRのプロペラ機に乗って向かった先は「天国に一番近い島」として
知られている ウベア島 です。(本当に天国のような所でした!!)


上記の3枚は古いコンデジ(Panasonic DMC-FX9)で撮った写真で、なおかつ
最後のはガラス越しという条件なので画質についてはご容赦ください・・・
なんか色カブリしてますよね(笑)




b0290189_19325242.jpg
こちらは、中華人民共和国の大連周水子国際空港で撮ったものです。
遼東半島にある大連の玄関口です。

JAL機の頭が切れているので構図的に中途半端なのですが、バックの街並みが
なんとなくエキゾチックな感じなので外国という雰囲気は出ているかなと。

JAL機、ANA機ともに機材はボーイング767-300ERです。

ちなみに、この写真はガラス越しの撮影なので画質についてはご容赦を(笑)




b0290189_19372762.jpg
こちらは、ホノルル国際空港。 
言うまでもないかもしれませんが、ハワイでございます。

JALのジャンボが3機もあります!!
一番手前のは767ですが、奥に見えるのは747-400です。
今では絶対に見られない光景・・・

JAL=ジャンボ というイメージがありましたよね。間違いなく。
時代は変わったものです。

ちなみに、こちらの写真はガラス越しでもなくコンデジでもないので、
画質的には一番マシです。


今回はこのへんで。
マニアであれば外国の空港で長時間ヒコーキを撮ったり、または空港以外の場所からも
撮ったりする人もいるのでしょうが、私はそこまではやりません(笑)
本当についでにチョロっと撮る程度で。

でも、一度は本気モードで撮ってみたい気もしますね。外国で。
色々とリスクもありますけどね。

その点で日本は本当に安全だと思います。治安が良すぎるほど良い。
外国に行くと特にそのことを実感しますよね。

いつまでもこのような平和な日本であって欲しいと願います。



[PR]

by view-finder | 2014-04-24 19:53 | 飛行機 | Comments(2)
2014年 04月 18日

Break Through ~突き抜けた瞬間

b0290189_17340099.jpg

これは説明不要ですね。

ご覧のような結果になりました(笑)


突き抜けました。 THE SUN。

突き抜けたというよりは、横切っただけですが。


もっと正確にいえば、太陽と自分の間を、しかも全体から見れば
極めて自分に近い位置で、飛行機が頭上を通ったというだけですが・・・


ちなみに、この時間の太陽はレンズを通して直視できません。
日没直前とかならまだしも、真昼間でしたので。

ファインダーに太陽が入ってくるちょっと前から目をつぶって連写するだけです。
たまたまドンピシャのやつが1枚だけありました。
それがこの写真です。

わたしくからは以上です(笑)



[PR]

by view-finder | 2014-04-18 17:44 | 城南島 | Comments(2)
2014年 04月 16日

西伊豆と富士山 sanpo


更新が滞ってしまいました。
ここのところ仕事が立て込んでおりまして・・・
これまでの社会人生活において過去最高レベルの忙しさかもしれません。

まぁ、そんなことは言い訳に過ぎないのですが(笑)
どんなに忙しくてもマメに更新する方もいるんですよね。ブログに限らず何でも。
あらゆることを同時進行で行うのが、もしかしたら私は苦手なのかもしれません。


b0290189_18033111.jpg
少し日にちが経ってしまいましたが、3月下旬に西伊豆に行ってきました。
西伊豆と言えば、綺麗な海、そしてやっぱり富士山!
「また富士山かよっ!」という突っ込みは無しの方向で・・(笑)

上の写真は御浜岬(みはまさき)という有名な景勝地なのですが、
実はもっと良いアングルで撮れる場所もあるんです。

時間がなかったので、楽をしたというか、手を抜きました(笑)
また今度ちゃんと撮ってみたいと思います。



b0290189_18282711.jpg
富士山の魅力の1つに、海と一緒に見ることができる、海の向こう側に見ることができる
ということがあると思います。もしかして、以前にも同じこと言いましか?(笑)

これほど完全な美しい形をした山が、海の向こう側に見える場所は、
世界中探してもそれほど多くないのではないでしょうか。
しかも、連峰ではなく単独峰で!

富士山が 完璧 だと思うのはは、上記のような理由もあると個人的に思っています。



b0290189_18103087.jpg
外国からの観光客にも富士山は大人気。

今から思えば、メールアドレスを聞いて後からこの写真を送ってあげたら
喜んだかもしれないな・・と。

機転が利きませんでした!
どこの国の方々か存じませんが、このブログを見たら連絡ください(笑)



b0290189_18133617.jpg
黄金崎(こがねざき)から眺める夕日。
ここも有名な景勝地です。



b0290189_18170958.jpg
黄金岬から見るマジックアワーの富士山・・・
とても良い塩梅です。

週末だったこともあり、かなりの人が来ていました。
三脚を立てて本格的に写真を撮っている人も何人かいました。



b0290189_18192278.jpg
これは海に面した岬の先っちょからの眺めではなく、少し遠ざかった場所からです。
この場所で撮っている人は誰もいなかったのですが、私の好みとしてはここからの
アングルのほうが好きです。

好みはそれぞれなんだと思いました。


富士山が見える素晴らしいスポットは、あまり知られていない場所も含めると
無数にありそうな気がします。

私などは所詮よく知られた場所からしか基本的に撮っていませんが、
自分だけのお気に入りのアングル、とっておきのスポットのようなものを
見つけてみたいですね。








[PR]

by view-finder | 2014-04-16 18:24 | 風景 | Comments(2)
2014年 04月 04日

Farewell & Welcome

b0290189_19035862.jpg
3月31日 ANAのボーイング747が退役する日
なんとか最後の着陸を見に行くことができました。

前回の記事 で書いたあの日が、自分の中では最後のつもりだったのですが、
運よく最終日の最終便を見届けることができました。



b0290189_19065051.jpg
ベルビアっぽいハイコントラストにしてみました。
浮島から撮った真横ショット。

平日にもかかわらず、たくさんの飛行機ファンが来ていました。
オリンピック会場並みにシャッターの連写音が響いていました(笑)



b0290189_19083821.jpg
羽田空港 Runway 34L(A滑走路)に降りてくるJA8961

拡大してみると展望デッキにはたくさんの人がいることがわかります。




b0290189_19094717.jpg
15時13分、羽田空港に最後のタッチダウン。

背後に見える塔は東京タワーです。


で・・・
この記事のタイトルになっている Farewell & Welcome は、どういう
意味かと言いますと、この日(3月31日)ANAのジャンボは去りましたが、それと入れ替わる
ようにルフトハンザドイツ航空 のジャンボが就航いたしました。

ルフトハンザドイツ航空が羽田に就航するのは、1978年に国際線が全て羽田から
成田へ移って以来初めてのことです。

この日、フランクフルトに向けて出発する初便を城南島から狙いました。

b0290189_17025947.jpg
ここからは半逆光になってしまうのですが、角度的には好きなんです。
アンチコリジョンライトと上手くシンクロしました。


b0290189_17031151.jpg
搭乗率も高く、燃料もたくさん積んでますから、離陸した後も緩やかな角度で上昇します。
いわゆる「低い上がり」というやつですね。

羽田空港の国際線ターミナルの拡張工事が終わって、一気に発着枠が増えたことによって、
新しい路線が増えたわけです。

羽田発着の長距離国際線というと、深夜とか早朝の発着が多かったのですが、
これからは日中の時間帯でも色々な国の色々な航空会社を見ることができる
ようになると思います。

日本の航空会社のジャンボジェットは1機もなくなってしまいましたが、
海外の飛行機とはいえ入れ替わるように就航してくれたのは嬉しいですね。

ただ、採算が合わないとあっけなく撤退したりもするので安心はできないですが・・・
撮れるうちに撮っておけ、見れるうちに見ておけ、というのが鉄則ですね。

他にも撮ってみたい機体がありますので、それはまたチャレンジしたいと思います。





[PR]

by view-finder | 2014-04-04 19:24 | 飛行機 | Comments(6)