<   2014年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2014年 03月 27日

退役間近のボーイング747

b0290189_18465661.jpg
いよいよ迫ってまいりました。
完全退役まで、今日(3/27)を含めて残すところ5日です。

一昨日、最後の1機であるJA8961を撮るために少しだけ出撃してまいりました。

この日は南風運用でした。
まずは、LDA 22 Approachで降りてくる様子を城南島から狙いました。
半逆光ではありますが、このアングルで1枚撮っておきたかった。



b0290189_18533728.jpg
離陸するシーンを撮るために浮島へ移動。

15時55分発の沖縄行き。
定刻どおり出発してRunway 16R(A滑走路)に姿を現したJA8961。

16時10分過ぎ、力強くテイクオフ。

横位置の写真はクリックで拡大します。


b0290189_18594847.jpg
春霞のせいでモヤっていて視程は良くなかったですが、しっかりとその勇姿をカメラに、
そして自分の心の印画紙に焼きつけました。(クサっ!)

平日にもかかわらず、浮島にはジャンボ狙いの人がけっこう来ていました。



b0290189_19011625.jpg
この位置だけは背景の空が青くて、なんとか絵になりました。

この角度、最高にカッコイイと思うのは私だけでしょうか。

日程的に考えて、もしかしたら自分がANAの747を見るのは
この日が最後になる可能性もあると思いながら撮っていました。
そうすると、ちょっとだけ胸にこみ上げてくるものがありましたね。

航空史上でエポックメイキングだったボーイング747。
日本にとっても非常に大きな役割を果たした機体であり、語り継がれるべき
偉大なエピソードについてはあちこちで述べられていますので割愛しますが、
1つの歴史が終わったという思いがとても大きいです。


しかし、自分の中では永遠に KING OF THE SKY であり

KING OF ヒコーキであり続けることでしょう。




[PR]

by view-finder | 2014-03-27 19:16 | 羽田空港 | Comments(6)
2014年 03月 25日

画像の拡大表示の方法を変えました



タイトルの通りございます。(笑)


以前は、画像の拡大は別ウインドウで開く設定になっていましたが、
Lightbox風に拡大されるようにしました。

試してみてください。


ちょっと広告が入るのがアレですけどね・・・無料なので文句は言えません。

b0290189_11444314.jpgb0290189_11445739.jpg


わたくしからは以上です(笑)

[PR]

by view-finder | 2014-03-25 11:54 | 浮島 | Comments(2)
2014年 03月 22日

夜の空港


映画のシーンのように

すべてを捨ててく

AIRPLANE
b0290189_09595134.jpg

北ウイング

彼のもとへ

今夜 ひとり旅立つ
b0290189_10203281.jpg


いちどはあきらめた人

心の 区切りの涙(Teardrops)

街の灯り ちいさくなる

空の上で 見下ろす
b0290189_10004394.jpg

夢の中を 

さまようように

夜をよぎり

追いかけて

夜間飛行(Midnight Flight)
b0290189_10020520.jpg

Love is the Mystery

言葉をためて

ふいに 胸に飛びこむ

・・・それが返事よ
b0290189_10023162.jpg


昭和世代の人はご存じの方も多いと思いますが、
中森明菜の「北ウイング」の歌詞を使わせてもらいました。

飛行機や空港をイメージする歌は昔からありますよね。
テレサテンの「空港」、米米クラブの「浪漫飛行」など・・・
でも、自分にとっては真っ先に思い浮かぶのは「北ウイング」です。

ターミナル内の写真は最終便が出発した後で、
ほとんど人がいなくなってから撮ったものです。


~撮影データ~

1枚目:絞り優先AE(F4 1/40秒)/ISO400/WB:オート 羽田空港第2ターミナル

2枚目:マニュアル(F8 1/2秒)/ISO200/WB:オート/三脚 羽田空港第2ターミナル

3枚目:マニュアル(F7.1 1/8秒)/ISO1600/WB:マニュアル 羽田空港第1ターミナル

4枚目:マニュアル(F10 30秒)/ISO200/WB:オート/三脚 城南島海浜公園

5枚目:絞り優先AE(F5.6 1/20秒)/ISO1000/WB:オート 羽田空港第2ターミナル


1枚目の光る階段は何枚か撮ったので並べてみます。クリックすると拡大します。
b0290189_10032745.jpg b0290189_10031405.jpg b0290189_10030729.jpg 

感度の設定はいつもマニュアルです。
感度をカメラで自動制御してくれる便利な機能もあるのですが、
勝手に変わるのがどうも許せなくて常に手動です(笑)

スナップ撮影などではシャッターチャンスを逃さないために、
自動にしたほうが本当は良いのかもしれないですけどね。

そのうちめんどくさくなって露出も何もかもオートで撮るようになる可能性もありますね(笑)




[PR]

by view-finder | 2014-03-22 10:08 | 羽田空港 | Comments(2)
2014年 03月 19日

江の島と富士山

b0290189_16050595.jpg
湘南の稲村ヶ崎からの眺め。
富士山と江の島の組み合わせ。サイコーです。

もちろん、いつでもこのような景色が見られるわけではなく、
雲がなく視程の良い日にしかハッキリとは見えません。

ちなみに「江ノ島」という表記もよく見かけますが、正式には「江の島」だそうです。




b0290189_23434933.jpg
こんな眺めの良い場所だったら、ランニングも気持ちが良いでしょうね!

カメラを持っていたら 「良い写真撮れました?!」とランナーが富士山を指差しながら
声をかけてきました。

親指を立てながら バッチグー!(死語)ですよ!!と返しておきました・・・





b0290189_23441905.jpg
顔面がクシャっとつぶれたカワイイ犬がはしゃぐ。
犬も砂浜を散歩するのは気持ちが良いでしょうね。
ちなみに、うちの犬は波を怖がります。基本ビビリなんで(笑)





b0290189_16193390.jpg
一見すると、なんか面白い画というか、楽しい感じがする銅像ですが、
実は悲しい歴史があるんですよね。

1910年(明治43年)1月23日、逗子開成中学のボートがこの七里ガ浜沖で転覆して、
生徒12名が亡くなった事故がありました。

その中に兄弟で乗っていた生徒がいて、遺体が引き揚げられた際に、兄は弟を
がっちりと抱いた状態だったそうです。
兄が両腕に弟をしっかりと抱きしめ、引き離そうとしても、なかなか離れず
居合わせた人々の涙を誘った、とあります。

この「ボート遭難の碑」にはそのような悲しい歴史があるそうです。






b0290189_16335330.jpg
夕暮れの七里ガ浜。
江ノ電(江ノ島電鉄)の鎌倉高校前駅のホームから。
電車は写っていないけど、線路の輝きが美しかった・・・
風景写真としては、このほうが良いと思いました。

ちなみに、こちらは「江の電」ではなく「江ノ電」が正しい表記らしいです(笑)

この鎌倉高校前駅はドラマや映画などでよく使われますね。
朝も昼も夕方も、いつでも絵になる風景です。

この駅が頻繁に出てきたドラマで、特に印象に残っている好きなドラマに
「季節はずれの海岸物語」があります。

自分の中では伝説のドラマの1つとして位置づけています。
色々な問題でDVD化は絶望的なのが非常に残念ですが。

機会があれば、いつかそのドラマに関連した写真などもアップしたいと思います。

関連記事:披露山公園(逗子)





[PR]

by view-finder | 2014-03-19 16:54 | 風景 | Comments(5)
2014年 03月 14日

摩天楼をバックに離陸

b0290189_12394997.jpg
羽田空港 Runway 05を離陸するヒコーキ。
東京湾アクアラインの途中にある海ほたるPA から。

この日(3月9日)はガスっていて雲も多く、条件はとても悪かったです。
コントラストを上げてなんとか見られるレベルにしました。

そもそも、海ほたるから羽田空港のこの滑走路まで直線距離で約9kmあるので、
撮影場所としてかなり無理があるのですが(笑)



b0290189_12434027.jpg
JA8674 全日空(ANA)創立60周年記念特別塗装機 通称「ゆめジェット」

ちなみに、タイトルの摩天楼は大げさかもしれませんね(笑)
摩天楼というほどの超高層ビル群ではないですよね。
一応これでも日本の中では摩天楼と呼べるのかもしれませんが・・・



b0290189_13243199.jpg
JA752J JALのボーイング777-300ですが、ワンワールド特別塗装機です。
と言っても、遠すぎて写真ではわかりませんね(笑)
上空の機体に一瞬だけ光が当たって輝きました。それがとても美しかった。

なにやら空の色合いというか模様が妙な感じで、上層と下層で色が異なったり、
微妙なグラデーションになっています。コントラストを上げたことによって強調
されていますが、とても不思議な感じがします。



b0290189_12544090.jpg
JALの787です。787はこの角度がすごくカッコイイと思います。
主翼のしなり具合がたまりません。

曇天のためちょっと青っぽくなっていますが、このほうが雰囲気が良いので
あえて調整していません。

ちなみにホワイトバランスは晴天(5200K)です。
飛行機撮影に限らず、日中の屋外で撮影する時は、ほとんどの場合WBは晴天で撮ります。
オートホワイトバランス(AWB)はとても便利な機能ですが、自分はあまり使いません。
あくまでも屋外での撮影の場合ですが。



b0290189_13461557.jpg
来ました。
この日のメインディッシュ。

747をこの構図で撮ったことが一度もなかったので、なんとか退役前に撮ることができて
良かったです。天候の条件は良くありませんが、この際ぜいたくは言いません。
なかなか都合よく撮影に行けないんですよね。
サラリーマンの悲しい宿命(笑)

b0290189_13311518.jpg
海ほたるのすぐ近くまで飛んできてくれました。
これはWBが晴天だとちょっと青すぎたので、少しだけ色温度を上げてます。

ちなみに、この日は「知り合いのクルーが乗った飛行機を撮る」というミッションがありました。
それがなければ、あえてこの日は選ばなかったと思います。
この1日前はすごく条件が良かったんですよね・・・

というわけで、紹介した写真の中で1枚だけ知り合いのCAさんが乗っている機体があります。
自分が乗ってる飛行機が空を飛んでる写真って皆さん持ってますか?
私は1枚も持っていません。

滅多にそういう機会ってないですよね。
持っていれば良い記念になると思います。




[PR]

by view-finder | 2014-03-14 13:22 | 飛行機 | Comments(0)
2014年 03月 12日

いつもと違う東京スカイツリー

b0290189_12112035.jpg
先日アップした「浅草ぶらぶら散策」にも写真で紹介した東京スカイツリー。
2月と3月はいつもと違う特別なライティングが行われる日があります。

下の写真は、チョコレートをモチーフにしたライティング。
その名も「ラブリーショコラ」
b0290189_12132740.jpg
派手ですね(笑)
このライティングはバレンタインデーやホワイトデーがあるからでしょうね。

水面に映る「逆さスカイツリー」が見られる場所として有名な十間橋から撮りましたが、
なにぶん被写体が大きすぎるので超広角レンズでなければ水面の逆さツリーも含めて
全ておさめることができません。



b0290189_12241838.jpg
もう少し離れてみました。この写真は福神橋から。
個人的には、こちらのほうが好みです。

ちなみに、下の写真は通常のライティング。かなり前に撮ったものです。

b0290189_12281323.jpg
通常のライティングは「粋」と「雅」の2種類のテーマがあって、これは「粋」になります。

参考リンク: スカイツリーのライティングスケジュール


同じような写真ばかりでつまらないので、羽田空港から眺めるスカイツリーの写真も少し・・・
b0290189_12301598.jpg
退役間近のANA 747-400Dとスカイツリー。

参考リンク: 747の運航情報(本当に残りわずか!!)



b0290189_12333099.jpg
羽田空港Runway 22にファイナルアプローチ中の787-8(ANA)と東京スカイツリー。
ちなみに、羽田空港から東京スカイツリーまでは直線距離で約18kmあります。


参考までに、元祖・東京タワーの写真も載せておきます。

b0290189_12515411.jpg
東京タワー。正式名称は日本電波塔。 ← 最近知りました(笑)

スカイツリーの記事を書いておいてなんですが、正直言うとこちらの
東京タワーのほうが好きだったりします(笑)

高さはスカイツリーよりもはるかに低いですが、存在感はこちらのほうが上だと感じます。
それは色も大いに関係していると思います。

東京タワーの赤っぽい色=色温度の低い色は、遠くまで届くということも
その理由の1つではないでしょうか。

遠くから東京の夜景を撮っても、スカイツリーより東京タワーのほうが目立つことがあります。

東京スカイツリーが完成したら東京タワーはなくなってしまうのか?と心配をしましたが、
そんなことはないようです。

例えばスカイツリーが震災などにより電波が送出できなくなった場合のバックアップとしての
役目もあるそうです。それから、放送大学は今後も東京タワーから電波を飛ばすそうです。



[PR]

by view-finder | 2014-03-12 13:00 | 風景 | Comments(6)
2014年 03月 04日

タキシング中の飛行機

b0290189_17543955.jpg
飛行機は飛んでる姿が最もカッコイイと思っていて、自分でヒコーキ写真を
撮る際も空中に浮いている姿が圧倒的に多くなります。

しかし、時にはタキシング中(地上走行中)の飛行機も絵になることがあります。
ということで、今回はタキシング中の機体だけを集めてみました。

上の写真は、羽田空港Runway 05(D滑走路)へ向かうボーイング767-300。



b0290189_17592108.jpg
羽田空港国際線ターミナルの展望デッキより。
全く同じ型の飛行機が並びました。
手前の機体はタキシング中で、奥の機体は駐機中です。

ちなみに、タキシング(taxing)というのは、あくまでもエンジンの出力を使って
自力で走行中の状態を言います。

トーイングカーによりトーイング(牽引)されている状態はタキシングとは言いません。



b0290189_18041043.jpg
羽田空港第2ターミナルの展望デッキにて。

下の写真も同じく。
b0290189_18055031.jpg
一番奥の機体はボーイング767です。手前の2機はボーイング777。
767と777は遠目には形が似ていますが、もちろん細部には色々な違いがあります。
機体の後部で判別するならば尾部(テールコーン)の形状を見るとすぐに見分けが
付きます。777のテールコーンはスパっと切り取ったような形をしています。




b0290189_18122038.jpg
同じく第2ターミナルからの眺め。
羽田では見慣れた風景ですが、首都高および湾岸道路(国道357号線)の真上を
飛行機がタキシングしていくこの様子が好きです。



b0290189_18164936.jpg
所変わって、こちらは第1ターミナル。
日が沈んだ後の薄暮の時間帯。ブルーモーメントの美しい空の下、到着直後の
ボーイング737-800がタキシングしてきました。

探してみると、他にもたくさんタキシングの写真がありました。
長くなってしまいましたが、今回はこのへんで。

チャオ(笑)



[PR]

by view-finder | 2014-03-04 18:32 | 羽田空港 | Comments(0)