<   2014年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 27日

ひと足早い花見 ~伊豆の河津桜 sanpo

b0290189_19424691.jpg
昨日(2/26)は仕事が休みだったので、ひと足早い花見へ行ってきました。
日本一早く開花することで知られる河津桜です。
静岡県伊豆地方の河津町を中心に分布しています。

日本一というのは、あくまでも俗説だそうで、年によってはここよりも早く
開花する地方もあるそうです。

でも、少なくとも関東または本州では基本的に最も早く開花することが多いと思います。


b0290189_18405718.jpg
河津川沿いの桜並木は約4kmも続いています。

休日はものすごい人手ですが、平日の午後遅い時間帯だったこともあって、それほどの
混雑ではなく、車も難なく停められましたし、快適にお花見を楽しむことができました。



b0290189_18401993.jpg
ソメイヨシノよりも濃いピンク色をしているので、とても見栄えが良いです。
これを見た後だと、ソメイヨシノは白っぽくて、ちょっと見ごたえに欠ける気がするほどです。

今がちょうど見ごろで、今年は3月10日頃まで楽しめるとのことです。


b0290189_18441487.jpg
上の写真は午後4時半頃、太陽が山並みに隠れようとした直前あたりに撮りました。
昨日はPM2.5の影響で非常にガスっていたことも手伝って、この時点でEV値は
けっこう低かったです。(f/7.1 1/50秒 ISO400 マイナス2/3補正 C-PL)

快晴のトップライトではコントラストが付きすぎてしまいますが、傾いた太陽と
ガスった空気が良い塩梅に天然のディフューザーとなってくれました。

場所的に三脚を使えないアングルだったので手持ちで撮ったのですが、
等倍で見ると微ブレしていたのが残念です・・・



b0290189_18503105.jpg
帰りは熱海に少しだけ立ち寄って夜景を撮りました。
今回は愛犬も連れて行ったので、オシッコ休憩も兼ねて(笑)

昔は「東洋のモナコ」などとも呼ばれていていた熱海ですが、一時はとても
寂れていました。

しかし、近年少しだけ活気が戻ってきたような気もします。

確かに地形的にモナコに似ています。写真の撮り方によっては本物のモナコのように
見せることができるかもしれません!



b0290189_18565742.jpg
PM2.5のせいだと思いますが、昨日は夜になってもすごくガスっていましたね。
大阪なんてとんでもないことになっていましたよね!

しかし、そのおかげで、なんとなくソフトな感じになり、これはこれで良い雰囲気かな
とも思います。

熱海で行われる花火大会は個人的に大好きで、毎年のように見に行っています。
いつか、この場所から、この角度で花火を撮ってみたいと思っています。

関連記事:夏の風物詩(2)~熱海海上花火大会




[PR]

by view-finder | 2014-02-27 19:44 | 風景 | Comments(8)
2014年 02月 24日

浅草ぶらぶら散策(東京スカイツリー)

b0290189_16290024.jpg
昨日、久しぶりに浅草を歩いてみました。
車で通ることはあっても、町を歩くことはものすごく久しぶりのことでした。

おのぼりさん状態で思いっきり観光写真を(笑)
説明するまでもなく、高くそびえる塔は東京スカイツリーです。

上の写真は駒形橋から撮ったものです。
駒形橋は昭和2年に架けられた橋です。


b0290189_16331359.jpg
こちらは吾妻橋から。こちらのほうが定番スポットという感じですね。
吾妻橋は江戸時代の安永3年(1774年)に創られた、とても歴史の歴史ある橋です。
もちろん、当時の橋とは形態は変わっているでしょうが、歴史の重みを感じますね。

余談ですが、あいかわらずアサヒビールの施設「スーパードライホール」
通称うんこビルは目立ってますね(笑)



b0290189_17141621.jpg
仲見世通りに入ってみました。
まぁ、とにかくすごい人の多さで酔いました(笑)
外国人観光客も多いですが、日曜日なので日本人もたくさん来ています。

完全な白と黒のモノクロ写真も好きですが、白黒と普通のセピア調の
中間のような色合いも好きだったりします。

b0290189_17202586.jpg
昨年の11月、雷門の大提灯が10年ぶりに新調されましたのでピカピカでした。

大提灯は昨年の9月に一旦取り外したのですが、新しいちょうちんが取り付けられる
までの間は 提灯がプリントされた垂れ幕 でごまかしていました(笑)
ちょうどタイミング悪くその時期に観光に来た人はガッカリしたことでしょう。


b0290189_17251603.jpg
本当はもっとスナップ写真っぽいものを撮りたかったのですが、時間がなかったのと
妻が毎度のごとく「寒い寒い」と駄々をこね始めまして(笑)

私と違って寒さに弱いので仕方ないですけどね。
寒い中つき合わせて風邪をひいてしまったこともあるので無理は禁物ということで。

やっぱり写真は1人で撮りに行くに限りますね。
気兼ねなく撮りたい場所で、撮りたいだけ撮れますから。

だけど、1人の時ですら、あまり粘らずササっと撮っておしまい・・・
というのが私のスタイルでもあるのですが(笑)



[PR]

by view-finder | 2014-02-24 17:37 | 風景 | Comments(0)
2014年 02月 20日

茜色の空

b0290189_17121473.jpg
日没直前、真っ赤な光線がビルや飛行機を染めるシーン。
本当に素晴らしい瞬間です。

写真の彩度は上げていません。実際の見た目に近い色です。
いつもこのような色になるわけではなく、たまたま条件が揃った時に、
スゴイ色になることがありますよね。


b0290189_17140701.jpg
後からトリミングしたのではなく、最初から縦位置で撮りました。
この時間帯の空が一番好きです。
多少薄い雲があるほうが良い感じのグラデーションになるんですよね。



b0290189_17164651.jpg
この3機、すべて違う機種です。
ボーイング747、ボーイング767、エアバスA320で描く三角形!!(笑)

A320はANAで唯一のエアバス機ですが、順次退役が進んでいます。
747はあと1ヶ月ちょっとの命。
よって、このショットは貴重になるかもしれませんね。



b0290189_17240690.jpg
JA711A。スターアライアンス塗装の777。好きな機体です。
翼端とテールがピカったのがアクセントになりました。



b0290189_17260462.jpg
地上では地平線の向こう側へ太陽が沈んだ後でも、上空を飛ぶ飛行機には
まだ太陽光線が届いています。

ちょうど旋回中で、上手い具合に機体番号が照らされていました。

JA8978は元日本エアシステム(JAS)の機体で、すでに17年も飛んでることになります。
デビュー当時はレインボーカラー(レインボーセブン)の塗装でした。

JALは777の後継機として、エアバスA350を導入することが決定しています。
2019年からということですからまだ5年ほど先になりますが、早く日本の空で
飛ぶ姿を見てみたいと思います。



[PR]

by view-finder | 2014-02-20 17:44 | 浮島 | Comments(2)
2014年 02月 14日

縦写真の魅力

今発売中の日本カメラ2月号に「縦写真の復権」という特集があります。

いままで特に意識していなかったのですが、自分の写真には縦写真が多い
ということに最近になって気がつきました。

ただし、意識的に縦写真を多く撮っているというわけではありません。

日本カメラの特集によりますと、最近は縦位置での写真が増えてきているとのことです。

その要因としていくつか挙げられていましたが、まず一つに、デジタル写真の高画素化に
よって、後からトリミングしても画質的に問題がなくなっているということです。

つまり、横位置で撮った写真を、適宜トリミングすることによって縦位置に変えることも
できるからという理由です。

b0290189_17112187.jpg
もう一つ、携帯電話やスマートフォンの普及も要因として挙げられていました。
たしかに納得できる説ですよね。

スマートフォンも従来の携帯電話も、その形状から考えて縦位置のほうが無理なく
自然に撮れるというのはあると思います。

それと同じ理由で、通常のカメラの場合は、横位置で撮るほうが自然な構えになります。
だから、写真を初めて撮る人は、ほぼ100%の人が横位置で撮るでしょうね。
最初からいきなり縦位置で撮る人がいるとすれば、よっぽど柔軟な発想の持ち主なのか、
またはひねくれ者なのか・・(笑)

私も昔は横位置の写真が多かったのだろうと思います。
いつの間にか縦位置の写真も多く撮るようになったのでしょうね。


b0290189_17114495.jpg
もともとポートレートは縦位置が多いというか基本ですよね。
絵画でも同じで、人物画の場合は縦位置が基本なのだと思います。

対して風景写真は横位置が基本というか圧倒的に多いです。飛行機写真もそうだと思います。
もちろんそれは状況に応じて適切な構図・フレーミングは決まってくるし、そもそも
「適切」という言葉が正しいのかどうかもわかりません。

絶対に正しい構図というものはないと思っていますので、横位置にするか縦位置にするか、
それはその人の好み、どういう絵にしたいかという考えによって決まると思います。


b0290189_17115066.jpg
日本カメラの特集では、横位置と縦位置では、写真にどのような違いが出るのかまでは
述べられていませんでした。ま、そんな基本的なことは書くまでもないだろうという
スタンスなのかもしれませんが(笑)

「縦写真には力強い訴求力がある」
と書かれていましたが、抽象的過ぎますよね(笑)


あくまでも持論ですが、縦位置にすると高さを印象付けることができますよね。
それと、左右の余計なものを見せなくすることによって風景を切り取ったという印象が
強くなりますし、奥行き感も出てくる気がします。

b0290189_17113294.jpg
色々と理屈を並べてみましたが、正直そんなことをいちいち考えて撮影などしていません(笑)
ほとんど直感のようなものですね。これは横が良いとか、縦が良いとか。
横も良いけど縦も良いから両方撮っておこうということもあります。

一つ自分が強く思っていることとして、普段自分の目で見ている世界は横長ですよね?
そして、テレビや映画など映像の世界も横長です。
映像のアスペクト比がどんどん大きくなって、昔は4:3だったものが
いまや16:9もしくはそれ以上ですよね。

そんな中で、スチル写真は縦長の絵で表現することができるのが魅力だと思います。
雑誌の表紙も縦長だから必然的に縦位置の構図になります。

横位置は見慣れているし、見ていて安定感もありますが、縦位置ならではの
魅力もあるのだと再認識しました。






[PR]

by view-finder | 2014-02-14 23:35 | 風景 | Comments(2)
2014年 02月 10日

重厚感

b0290189_17592802.jpg

ANAの787を重厚感が出るように仕上げてみました。

私はこれを見ていると、子供の頃よく作ったガンプラ(ガンダムのプラモデル)を
何故か思い出してしまいます(笑)

理由はわかりません。でも、何かプラモデルのようにも見えるんですよね。

そして、宇宙船(スペースシップ)のようにも見えてきます。


「寝言は寝てから言え」と思ってる方も大勢いらっしゃるでしょうね(笑)

興味のない方にとっては、まるで意味不明の寝言のように聞こえるかもしれません。


最近ちょっと時間に追われておりますので、今日はこの1枚だけで失礼いたします!!



[PR]

by view-finder | 2014-02-10 18:07 | 飛行機 | Comments(0)
2014年 02月 04日

箱根から富士山

b0290189_16550347.jpg
今回は箱根から望む富士山です。
最近ほとんど「富士山ブログ」のようになってきていますが・・・(笑)

上の写真は箱根の大観山(たいかんざん)からの眺めです。
有名な景勝地です。
この場所の標高は1011メートル。
眼下には芦ノ湖、その背後には富士山。まさに絶景です。




b0290189_13445468.jpg
箱根はさまざまな魅力のある場所だと思います。
四季折々の美しい自然の風景が楽しめるし、温泉もたくさんある、美術館も多い。
そして、箱根から眺める富士山は本当に美しい。

この前日は低気圧が通過して、かなりの強風で荒れた天気になっていました。
翌朝は台風一過のような素晴らしい空になるのではないかと予想していたのですが、
その予想が的中したようです。





b0290189_12211432.jpg
芦ノ湖の湖畔です。

何度も箱根には行ったことがありますが、この日(1/27)のように、
雲が本当に1つもないほどの快晴に恵まれた日は初めてでした。
あたりまえのことですが、曇っていると富士山も全く見えないです。

上の3枚は全てPLフィルターを使用して撮影しています。




b0290189_16502696.jpg
こちらは箱根神社です。
湖の中や海の中にある鳥居って個人的にとても好きです。

話が飛びますが、箱根は車やバイク好きの人にとっては聖地のような場所でもあります。
今でも新しい車の試乗がよく箱根で行われていますよね。

今はどうなんでしょうね。
昔ほど、いわゆる「走り屋」みたいな車やバイクはいなくなりましたよね?
高速道路を走っていても、昔のようにバカみたく飛ばす車は減ったというか、
ほとんど見なくなったな、という印象があります。
もちろん私も昔のような無謀なマネは一切いたしておりません(笑)

峠の道で自爆したり、他社と激しい衝突をした現場は本当に悲惨です。
私も実際に目撃したことがありますが。車内でピクリとも動かない人とか・・・

皆さん、くれぐれも安全運転で!(お前もなw)



[PR]

by view-finder | 2014-02-04 14:16 | 風景 | Comments(2)