<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 29日

昼に流す

久しぶりに空港の展望デッキに行ってきました。
今回は明るい時間の流し撮りを初めてやってみました。

流し撮りと言ってもたいして流れていませんが・・・(笑)
b0290189_1953303.jpg
<写真はクリックすると拡大します>

暗くなれば必然的にシャッター速度が落ちるので流し撮りはできますが、
明るい時間帯ではよほど絞り込まないと露出オーバーしてしまいます。

しかし、絞り過ぎると解像感は落ちますし、フェンスのワイヤーがちょっとかぶっただけで
目立ってしまうこともあり撮りづらいと思います。

よって、NDフィルター(ND8)を使用いたしました。
最近NDフィルターの出番が多いですね・・・

通常の飛行機撮影では使う機会はあまりないので、NDフィルターとしても
使ってもらったほうが嬉しいでしょう(笑)


b0290189_20261397.jpg

それぞれ、ANAとJALの777-300です。
機体が長いので、お尻を滑走路にすらないように引き起こしや緩やかですね。

流し撮りはあいかわらず自分にとっては難しいです。
すべて1/30秒で撮っていますが、それですらブレるショットがけっこうあります。
つまり、技術がまだまだ未熟ということですね。

流し撮りが上手い人というのは、通常の撮影でも上手いと言えると思います。
1/1000秒などでシャッターを切れば、ほとんどの人がブレないで撮れると思いますが、
それでもよく拡大して見るとピンボケなんだかブレなんだかわからないんだけど
なんかパリっとしない・・・というようなことがあると思います。
実際はピントは合っていてもブレているのかもしれません。

低速シャッターで流し撮りをビシバシ決める人は、普通のシャッタースピードなら
もっとキレキレの素晴らしい写真が撮れるのではないかと。
だから、技術を磨くためにも低速シャッターによる流し撮りは練習したほうが
良いのではないか、と思いました。


b0290189_2022820.jpg
JALのボーイング767-300です。
767もダッシュ300型は長胴型なのでテールスキッドが付いているそうですが、
777と比べるとエアボーンした後にかなりの角度で上昇していきますよね。
あの上がり具合は見ていて気持ちの良いものがあります(笑)

他の写真は、また後日アップいたします。

<Nikon D90 AF-S VR ZOOM NIKKOR ED 70-300mm F4.5-5.6G IF-ED 1/30秒 ND8>
[PR]

by view-finder | 2013-08-29 20:15 | 羽田空港 | Comments(3)
2013年 08月 22日

夏の風物詩(2) ~熱海海上花火大会

b0290189_17492591.jpg
<bulb (8.6秒) F9 ISO200 ND8>

今月だけですでに2回目の花火大会です。
ほぼ毎年行っている熱海(あたみ)海上花火大会へ今年も行ってきました。

花火大会は関東でも毎年数多く行われていますが、その中でも熱海の花火は大のお気に入り。
時間は30分と短いのですが、1年の中で何度も行われるのも熱海の特徴です。
今年は全部で13回の開催が予定されています。
今回の写真は、8月20日の花火です。

まずはオープニング・・・上の写真ですが、いきなりはみ出しています(笑)
本当はもっと離れて花火全体が入りきるくらいの距離から撮影したほうが写真的には良いと
思うのですが、間近で見る迫力を味わいたくて・・・
その誘惑に負けていつも最前列に陣取ってしまいます(笑)


b0290189_17541892.jpg
<bulb (11秒) F11 ISO200 ND8>

縦位置に変えました。それでも入りきりません。
単にフレーミングが悪いとも言えますが(笑)

先日(8月1日)の横浜の花火大会と同様に、NDフィルター(ND8)を使用して、
シャッターはバルブ、合成や多重露光は一切使っていません。
合成すると、かなりバランスの良い綺麗な写真を作れるのでしょうが、
あまりそういうのは好みではありません。
やはり写真はワンショットが基本かと。


b0290189_1759364.jpg
<bulb (9秒) F13 ISO200 ND8>

熱海の花火大会は時間は短いですが、テンションが下がってしまうような長いインターバルも
ほとんどなく、矢継ぎ早に打ち上げられるので迫力があります。

熱海の港は地形に特徴があって、三方を山に囲まれた”すり鉢”のような形になっています。
そのせいで花火の音がすごく反響するのです。あの体に響く重低音の迫力は本当にスゴイ。
スタジアムのような地形なので、どこからでも良く見えます。
花火師が絶賛する地形で、打ち上げ場所としては日本一適しているとも言われているそうです。


b0290189_1875310.jpg
<bulb (4.2秒) F8 ISO200 ND8>

この写真は絞りをわりと開けて(F8)います。
花火の種類によって明るさにはかなり差がありますので、適宜絞りを調整する必要があります。

ホワイトバランスは基本的に電球(タングステン)で撮りますが、この花火のように
カラフルには発色しない白っぽい花火(和火)などは、ホワイトバランスは太陽光に
したほうが良い感じの色が出ます。

青や緑に発色するカラフルな花火(洋火)は、ホワイトバランスは電球にしたほうが
一番綺麗に見えます。 もちろん個人の好みにもよりますが。


b0290189_10144437.jpg
<bulb (13.8秒) F8 ISO200 ND8>

花火を撮影する時は、目はほとんど花火を直接見ています。
カメラのライブビューやファインダーを覗くことはほとんどなく、
縦位置と横位置を変えた時や、ピントを合わせる時だけです。
三脚にセットしたカメラを自分の斜め前くらいに置いたら、花火を見ながら
レリーズケーブルを使ってシャッターを切っていきます。


b0290189_18193515.jpg
<bulb (8.9秒) F16 ISO200 ND8>

フィナーレの大空中ナイアガラです。
これはものすごい迫力で、目の前で見ていると鳥肌が立ちます。
写真では、とてもこのスゴさを伝えることができません。
露出としては、ND8を使いF16まで絞ってちょうど良いくらいです。

機会があれば、秋や冬にもチャレンジしてみたいです。
真冬の花火は寒そうですが、空気が澄んでいると思うので、綺麗に写るのではないかと期待します。
次こそは、もっと離れた場所から、いつもと違った構図で攻めたいと思います(笑)
[PR]

by view-finder | 2013-08-22 18:30 | 風景 | Comments(6)
2013年 08月 16日

アップで迫る

<このブログにある全ての写真はクリックすると拡大します>
b0290189_18453391.jpg

久しぶりにアップで切り撮った飛行機写真です。

といっても、最近仕事が忙しくてあまり飛行機を撮りに行けてないので、
過去の在庫から・・・(笑)

1枚目はJA8944。JALのBoeing 777-300 です。
背景の関係でジェットブラストが見えますね。


b0290189_19464442.jpg
こちらはJA810A。ANAのBoeing 787-8 です。

787は長くてしなる翼が特徴なので、写真でもその特徴を生かすフレーミングをすることが
多いですが、思い切って主翼を切ってアップで迫ってもカッコイイですね。

どちらの写真も焦点距離は500mm、35mm換算で750mm で、
城南島海浜公園にて撮影。

<Nikon D90 Sigma APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM 絞り優先AE (以上、2枚とも)>



b0290189_19235852.jpg
<Nikon D90 AF-S VR ZOOM NIKKOR ED 70-300mm F4.5-5.6G IF-ED 絞り優先AE F8>

こちらは上と同じJA810A のプッシュバックのシーンです。
羽田空港第2ターミナルの展望デッキからです。
夕日に照らされたボディのテカり感が良いですね。

それにしても今年の夏は異常に暑いですね・・・
40度超えとか、ちょっともう日本とは思えないですね。
私自身、暑いのはかなり嫌いなので困っております(笑)
早く冬が来ないかなぁと毎日そんなことばかり思いながら、お盆も1日の休みなく働き通しです。
明日、明後日と久しぶりに連休なので楽しみです。

皆様も、この殺人的な猛暑で体調を崩されませぬようご自愛ください。
[PR]

by view-finder | 2013-08-16 19:38 | 城南島 | Comments(2)
2013年 08月 09日

最後のサマージャンボ

b0290189_18585754.jpg
サマージャンボと言っても「宝くじ」のことではありません(笑)

飛行機好きの方は知っている方が多いと思いますが、
全日空(ANA)のボーイング747は来年の3月までに全て退役します。

8月現在、残りは4機です。

つまり、747にとってこの夏が最後の夏になるというわけですね。
ラストフライトは3月29日とのことです。

上の写真にあるピカチュウジャンボは9月(来月!!)に退役するそうです。
いよいよカウントダウンが始まりました。


b0290189_19113858.jpg
787に追われる747・・・(笑)

まさに世代交代を象徴する写真に思うのは私だけでしょうか。

飛んでいる747と787を一緒に写すことができたのは、この時が初めてです。(7月28日、京浜島にて)


b0290189_195892.jpg
こちらは離陸した後でギアが出ていません。

ちなみに、ジャンボの最後の夏と言っても、羽田空港にはキャセイ・パシフィック(CX)の747
やってくることがありますので、羽田でジャンボが全く見られなくなるというわけではないです。

しかし、キャセイの747もいつまで運行するかはわかりませんよね。

今のうちに、できるだけたくさんジャンボの勇姿を目に焼き付けて、
そして写真に残しておきたいと思います。


<Nikon D90 Sigma APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM (3枚とも)>
[PR]

by view-finder | 2013-08-09 19:19 | 飛行機 | Comments(2)
2013年 08月 02日

夏の風物詩 ~ハマの夜空を彩る花たち

b0290189_1649054.jpg
毎年8月1日に開催される神奈川新聞花火大会へ行ってきました。
以前は、横浜の花火大会は毎年2回(海の日と8月1日)開催されていたのですが、
海の日の花火大会はいつの間にかなくなってしまったようです。
打ち上げ場所の至近距離からではなく、混雑を避けるために少し離れた場所から鑑賞しました。
離れたと言っても赤レンガ倉庫のあたりなので、それほど遠くはありません。
ですが、地上の建物が少し邪魔に感じましたね。
次回はもう少し良い場所を探したいと思います。

b0290189_16524246.jpg
花火を撮るのは難しいです。(私にとっては)
いまだに満足する1枚を撮れたことがありません。
たぶん、風向き、場所取り、露出、シャッターのタイミング・・・
あらゆる要素がカンペキに揃った時に納得できる写真は撮れると思います。
私のような中途半端なお遊び程度の写し方ではムリでしょうね(笑)

b0290189_16552992.jpg
露出はもちろんマニュアルです。
全部バルブ(bulb)で、花火の種類によって絞りを変えています。
つまり露出は絞りのみで調節するということですね。
多重露光や合成は行っていません。
写真は適宜トリミングいたしました。

カメラの最低感度がISO200なので、光量を落とすためにNDフィルターを使っています。(ND8)
拡張でISO100とかに落とすこともできますが、ダイナミックレンジが狭くなるようなので
その手法は使っていません。

もちろん、自分でそんなめんどくさいテストなどしたことはないですけど(笑)

b0290189_1791956.jpg
豪華客船の飛鳥Ⅱが停泊していました。
もちろん花火の鑑賞のためだと思います。毎年来てますよね。
この飛鳥Ⅱ、日本の船籍では最大の客船です。船籍港は横浜港です。

もういい年ですから、花火はこういう船や、レストラン、または有料の指定席などから
鑑賞すべきなんだろうなと思いました。
花火大会は若い人ばかりで、どうも自分は浮いてるなぁと感じましたので(笑)
若い人は素直で良いですね。感動の表現の仕方が。

ワーーー、キャーーー、スゲェーーーー・・・・

そういう群集に紛れていますと、昔は自分もそうだったなぁと思い出しました。
ちょっとだけ若い頃に戻れた気がいたしました(笑)
[PR]

by view-finder | 2013-08-02 17:18 | 風景 | Comments(0)