<   2013年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 29日

桜咲く ~ 東京目黒川(2)

b0290189_19093413.jpg
スマホで撮るだけではもったいないので、会社にカメラを持ってきました。
一眼レフはちょっと重いので、ミラーレス機で(笑)
今週の数日、昼休みにNikon 1 (J1)を使って少し撮影しました。

ちなみに上の写真・・・ まさかのカヤックが写ってますね。

たまに鼻を覆いたくなるほど臭いドブ川なのに・・・
いくら桜が綺麗と言っても、この川でカヤックをやるのは個人的には遠慮したいです(笑)




b0290189_11121578.jpg
最近、毎日この橋の上で桜並木の絵を描いている外国人がいます。
やはり外国人の目にもこの風景は魅力的に映るのでしょう。

最近の東京は天気が悪い日が続いています。
すっきりとした青い空が出る日が滅多になくなっています。





b0290189_19194117.jpg
東急目黒線と桜の構図です。
ちょっと「ゆる鉄」を意識してみました。
でも、ちょっと遠すぎるし、イマイチゆるさがないですね(笑)
どうやったら、中井精也さんような写真が撮れるのでしょうか。

まぁ、そう簡単に真似できるわけもないですよね。
そもそも鉄道写真を撮ったことなどほとんどないですし。

ちなみに上の写真は Nikon 1 J1で110mm。35mm換算で300mmです。
手ブレ補正はかなり強力に効きます。 画面がピタっ!と停止するので感動します。


続きます・・・


[PR]

by view-finder | 2013-03-29 11:05 | 風景 | Comments(2)
2013年 03月 26日

桜咲く ~ 東京目黒川

最近、生意気にも多忙な日々を送っておりまして・・(笑)
なかなかブログをアップする時間が取れないばかりか、写真撮影もあまり
行っておりません。

仕事の昼休みなどを利用して、会社の近くで桜をちょこっと撮ってみたり・・・
そんな程度でございます。しかもスマホのカメラで(笑)

今年は桜の開花が異様に早かったですね。
東京では観測史上(1953年以降)最も早い開花だったそうです。

なんと3月15日に開花宣言が出ましたからね! 驚きです!

毎年、桜の季節が近づくと蕾(つぼみ)の様子をチェックするのが楽しみなのですが、
こんなに早くに開花したことなんて記憶にありません。

b0290189_12581492.jpg
3月5日の蕾。


b0290189_12591597.jpg
3月11日の蕾。


b0290189_12594569.jpg
3月12日・・・


b0290189_130618.jpg
3月15日!


b0290189_1303622.jpg
3月19日!!


b0290189_1321756.jpg
3月25日!!!昨日!!!

続く・・・(笑)
[PR]

by view-finder | 2013-03-26 13:04 | 風景 | Comments(0)
2013年 03月 18日

魅惑のプロペラ機 koneta

b0290189_138590.jpg
海上保安庁 みずなぎ2号(ボンバルディア DHC-8-100)

プロペラ機って何気に好きです。
プロペラ機に乗ったことが一度もないという人もいるのですが、私はかなり乗ったことがあります。

プロペラ機というか、小さい飛行機の一番の魅力は、まず乗っていて楽しいこと。
飛行機が嫌いな人は、小さい機体は苦手というか怖いと思うのかもしれませんが、
大好きな人にとってはこれほど面白いことはない。
大型のジェット機とは違って、リニアに挙動が伝わってきます。
車でいえば、バスとセダン(クーペ)の違いといった感じでしょうか。

上の写真は海上保安庁の飛行機なので、乗りたくてもまず乗れませんが(笑)
救助される立場になれば乗れるのでしょうが


b0290189_13421864.jpg
ANAウイングス ボンバルディア DHC-8-300

これは定期便なので乗れます(笑)
三宅島、大島と羽田を結んでいます。羽田空港の近く、城南島で撮ったものです。
自分が知る限り、羽田空港発着のプロペラ機による唯一の定期便がこれです。

基本的に羽田のような大空港はプロペラ機の定期便を認めていないそうで、
目にする機会も必然的に少なくなります。

プロペラ機はシャッター速度を1/250以下にしないとプロペラが止まってしまうけど、
その分機体がブレやすいのでなにげに撮るのがムズイですよね?
べつにプロペラが静止していても構わないのでしょうが、なんか違和感があるんです。
プロペラ機はプロペラが回ってないと躍動感が出ません。
逆にシャッター速度が遅すぎるとプロペラは消えて写らないし機体もブレる・・
ちなみに、この写真は焦点距離500ミリで、シャッター速度は1/125秒です。


b0290189_1352725.jpg
琉球エアーコミューター ボンバルディア DHC-8-100

沖縄の宮古空港(宮古島)です。

ビルに書かれている「安全第一」という看板と、シーサーのとぼけた顔のマッチングが
自分的にはツボなのですが・・(笑)

全部ボンバルディア機になってしまいましたね!

番外編を1つ・・・
b0290189_13535623.jpg

かなり昔の写真で1994年に撮影したものです。
カナダ・ブリティッシュコロンビア州ウィスラー(Whistler)にて。

この写真を撮った後に、この飛行機に乗りました。観光用の遊覧飛行です。
機種は合ってるか自信がありませんけど、多分DHC-2 Beaver
おっと!まだDHCだ(笑)

ウィスラーは3年前の冬期オリンピックの会場にもなったところですね。
カナダは全土が大自然系・・・ このウィスラーも本当に素晴らしい所でした。
[PR]

by view-finder | 2013-03-18 17:32 | 飛行機 | Comments(3)
2013年 03月 07日

偉大なるジャンボを間近で見る ~ ANA機体メンテナンスセンター

b0290189_16594796.jpg

以前にも述べましたが、ボーイング747こそ
空の王様~THE KING OF THE SKY だと思っています。

シルエットだけでも一目見てそれとわかる飛行機は、そうはありません。
カラーだろうがモノクロだろうが(塗り絵だろうが/笑)何でも絵になる飛行機。

この美しく流麗な、それでいて力強いフォルムを表現するには
かえってモノクロのほうが良いのかもしれないですね。

b0290189_1775749.jpg

主翼の下から・・・ ヤバイくらいカッコ良すぎますね。

鼻血が出そうなほどの興奮度です(笑)

あえて、少し粒状ノイズを加えてみました。

これらの写真は羽田空港にあるANA機体メンテナンスセンターで撮影したものです。

ここは良いですよ! 
飛行機好きな人はもちろんのこと、それほど飛行機に興味がない人でも楽しめると思います。

現に、私の妻はたいして飛行機自体には興味がありませんが、初めてここへ行った時に
かなり感動したらしく 「また行きたい」 と言い出して、それから数ヶ月も経たないうちに
また行ってしまいました。

ちなみに、これらの写真は全てANA(全日空)社の許可を得て掲載しています。
基本的に、工場内で撮影した写真は事前に許可を取れば公開して構わないことになっています。
たまに申請をしても「公開NG」と返事が来ることがあるのですが、基準はよくわかりません。
セキュリティの面や、個人の肖像権の面で問題がある場合もあるのでしょうか。

参考までに・・・
JALの機体メンテナンス工場内で撮影した写真は、一切公開は不可です!

JALにいる知り合いも言っていたのですが、こういうところが・・・以下自粛(笑)

事情があるのはわかりますけど、やはり色々と難しい会社のようですね。

b0290189_17215131.jpg

あぁ・・・ウットリ・・(笑)

自分で撮った写真に酔うことなんてほとんどないですけど、
ジャンボのこのスタイルには本当に惚れ惚れしてしまいますね。

そんなボーイング747も、ご存知の通りJALにはすでに1機もなく、
ANAも順次退役が進んでおり、数年以内には日本の航空会社からは
完全に姿を消してしまいます・・・

今のうちに、空港や整備場(メンテナンスセンター)でジャンボの勇姿を
目に焼きついておいてください!

** どの機種が整備に入っているかは事前に確認することはできません **
[PR]

by view-finder | 2013-03-07 17:32 | 羽田空港 | Comments(2)
2013年 03月 04日

青紫に染まるとき

b0290189_17321686.jpg
<Nikon D90 Sigma APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM 絞り優先AE F6.3 1/160秒 -2/3EV補正 ISO1600>

JA773J (JAL Boeing 777-200) 浮島からのショットです。

日没直後、空が青紫色に染まるときです。
機体の汚れがけっこう目立ちますね・・・(笑)
それほど古い機体でもないのですが。(2007年)

日没後の色って、夕焼けにしろ、ブルーモーメントにしろ、
その日によって色合いが異なりますよね。
すごく豪快に染まることもあれば、アレ・・?というような日もある。

空は、その日の気象状況によってさまざまな表情を見せてくれるから
見ていて飽きないし楽しいのでしょうね。

まったく同じ機体(飛行機)を撮っても、バックになる空の表情によって
全然違った写真になるから面白いです。
[PR]

by view-finder | 2013-03-04 17:43 | 浮島 | Comments(0)