<   2012年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 30日

お前にゾッコンLOVE ~ MD-90

b0290189_17415583.jpg

<Nikon D90 Sigma APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM>

先日やっとホカクしました。鶴丸のMD-90。

この機体(JA8070)は1月半ばには退役するそうです。
にもかかわらず、整備の時期に合わせただけとは言え、
鶴丸の新塗装にしてくれたJALの心意気に乾杯!!

この塗装で飛ぶのは実質4ヶ月くらい。
そんな飛行機は古今東西なかなか見あたらないのではないでしょうか?
自分の中では、すでに「伝説の機体」の1つに認定しております。


b0290189_17444169.jpg

今となっては希少なリア マウンテッド エンジン・・・
見とれますね・・・このフォルム・・・

飛行機ファンなら多くの人が知っていると思いますが、日本にある最後のダグラス機である
MD-90(JAL保有)は来年3月までに全て退役する予定です。

ダグラス社は後にマクドネル・ダグラス社となり、最後はボーイング社に吸収合併されました。
ダグラスDC-9の後継機とも言えるのが MD-80・・・そして写真のMD-90。

ついに日本の空からダグラスの系譜が消えることになります。

747ジャンボも間もなくいなくなるし、なんとも寂しいですね。

ゾッコンLOVE というのは少々大げさかもしれませんが(笑)
ひと昔前なら、色々なタイプの飛行機があったので、MD-90もその中の1つという感じで、
特別に好きな機体というほどではありませんでした。

3発エンジンの機体や、リア マウンテッド エンジンの機体もたくさんありましたね。
しかし、これも時代の流れなのか・・・気がつけば羽田空港では同じようなスタイルの
飛行機ばかりとなりました。

飛行機に詳しくない人なら、767も777も、ひょっとしたら737も、パっと見てすぐに
見分けはつかないのではないでしょうか?

だから、少し前からこのMD-90がとても愛おしく、そしてカッコ良く思えてきたのです。

この勇姿を羽田空港で見られるのも、あと残りわずかです。
b0290189_17574473.jpg

<Nikon D90 AF-S VR ZOOM NIKKOR ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF) C-PL使用>
[PR]

by view-finder | 2012-11-30 18:06 | 城南島 | Comments(4)
2012年 11月 28日

タヌキ湖の富士山

b0290189_1922957.jpg

Nikon D90 AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR

静岡県富士宮市にある田貫湖から眺める富士山です。
有名な景勝地です。

富士山はどこから見ても絵になりますが、水面に写る逆さ富士は特に好きです。



話はガラっと変わりますが・・・(笑) 先日所用で渋谷に行きました。
通勤で毎日通るので、たまに途中下車することもあります。

あと数年で見られなく風景をスマホで撮っておきました。
b0290189_19252258.jpg

渋谷ヒカリエと銀座線。 
銀座線の渋谷駅は移設工事がすでに始まっているらしいです。
今よりも表参道方面へ、この写真の奥のほうへ移設されるので、天空を走る銀座線の姿は
見られなくなる。 と言っても完成はまだ何年も先らしいですが。

このヒカリエの場所に以前あった東急文化会館は、とても思い入れがあります。
あそこに映画館が入ってました。パンテオンや渋谷東急。
中高生の頃よく見に行ったなぁ・・・ 青春の思い出です。
[PR]

by view-finder | 2012-11-28 16:18 | 風景 | Comments(4)
2012年 11月 26日

城南島で”ひねり”を狙う

JAL Boeing 777-200 (JA8982)
気がつけば、もうこの機体も16年選手のベテランです。
b0290189_17301247.jpg

週末は三連休でしたが、1日だけヒコーキ撮影に行くことができました。
昨日(日曜日)は昼過ぎまで雲一つないドピーカンで、風もほとんどなく
本当に気持ちの良い天気でした。

自分にしては珍しく3時間も撮影してしまいました。
前回は45分、その前なんてたったの10分ちょっとだったし(笑)
久しぶりに真昼間の時間帯に、ゆっくりと撮影した感じです。

もともとヒコーキに限らず、風景などでも、あまり長時間の撮影は行いません
あまり長い時間だらだら撮ってると集中力がなくなってくるというか・・・
短時間にガッ!と集中するタイプです。どちらかと言うと。
根気がない(笑)
試験勉強なんかもそうでしたね。 完全に一夜漬けのタイプです。

もちろん、どうしても撮りたい機体とか、撮りたい風景がある場合は粘ることもあります。
滅多にありませんが(笑)


b0290189_17390488.jpg
いつもボーイングの機体が多いですが、珍しくエアバス機で。
エアバスA330-300。 好きな飛行機です。

コントレール(ヒコーキ雲)をひいたジェット機が、ちょうどフレームに飛び込んできました。
成田から上がったFedEXのB777です。

羽田のような大空港だと、ある飛行機を追っているとフレームの中に別の機体が飛び込んで
くることがよくある。 でも、一瞬で通りすぎてしまう。
その瞬間を逃さないためにも、やっぱりカメラはある程度レスポンスが良くないといけませんね。

ちなみに、この機体と胴体が共通でエンジンが4発ついたA340という飛行機があるのですが、
そちらはもっと好きです。

羽田空港C滑走路(RWY34R)から離陸した飛行機は、すぐに右旋回に入ります。
その旋回(ひねり)を狙うのは、定番スポットである城南島海浜公園

機種、行き先、乗客の数、燃料の搭載量、風・・・さまざまな要因によってエアボーンする位置も、
その後の上昇角度もマチマチです。 わりとダイナミックにバンクして旋回する機体もあれば、
緩やかに旋回する機体もある・・・

あまり早く上がりすぎると、下の写真のように腹しか撮れません(笑)
これはこれで良いのかもしれませんが。
AIR DOのBoeing 767-300。 元ANA機。今年の3月に移籍しました。
b0290189_13334672.jpg

Nikon D90 Sigma APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM (3枚とも)

[PR]

by view-finder | 2012-11-26 12:33 | 城南島 | Comments(3)
2012年 11月 21日

昼休みの散歩 ~ 目黒川

b0290189_190132.jpg

今日は珍しくカメラを持って会社へ行きました。
ミラーレスのNikon 1(J1)です。
Nikonではミラーレスという言い方はせず「アドバンストカメラ」と言っていますが。
まぁ、要はミラーレスです(笑)

ライブビューで撮ることが嫌いなので、普段は使うことがほとんどありません。
やっぱりカメラはファインダーを覗いて撮るのが好きです。

このブログのタイトルは 「View Finder」
言うまでもなく、カメラのファインダーのことです。

ライブビューで撮影しても、なんだか撮った気がしない。
例えて言うなら、映画館で見る映画と、自宅のテレビで灯りがついた部屋で見る映画・・・

わかる人にはわかっていただけるのではないかと思います(笑)

b0290189_1963739.jpg

で・・・目黒川。
桜の名所として有名です。 川沿いの木は全て桜の木です。
今ちょうど良い感じで色づいています。

スマホでもけっこう良く写るけど、望遠レンズで切り取りたくて今日はカメラを持参しました。

昼休みに目黒川沿いを散歩するのが昔から好きです。
1年中楽しめます。

b0290189_19154086.jpg

Nikon 1 J1 - 1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6 (3枚とも)
[PR]

by view-finder | 2012-11-21 19:19 | 風景 | Comments(1)
2012年 11月 20日

夕日を浴びて ~ JAL Boeing767

b0290189_18104165.jpg

一昨日(11/18)は、かなり久しぶりに飛行機を撮り行くことができました。
散髪に行ったその足で、浮島町公園へ向かいました。

でも、実際に撮影できた時間は45分くらい(笑)
日没の前後だけ。

その前なんて、わずか10分くらいしか撮影できなかったし・・・
なんだか最近あまり時間が取れません。

18日の浮島は北風がビュービューでかなり寒かったし、望遠レンズは強風によって
自分の意思とはまるで関係のないところへ振られたり、なかなか厳しかったです。
案の定、ブレ写真を量産してしまいました(笑)

あとから知ったのですが、この日は木枯らし1号だったそうです。

でも、いいのです。
飛行機を撮影するという行為だけで幸せを感じました。
ストレス発散とばかりに、シャッターボタンを無駄押ししまくりました(笑)

アップした写真は2枚ともJALのB767です。
どちらもアンチコリジョンビーコンが光っています。
いつもあまり連写はしないので、たまたまタイミングが合ったのでしょう。

下の写真は、D滑走路へ向かうタクシーウェイ(Y-TWY)上の767を撮ったものです。
日没直前の夕日に照らされた誘導路の橋脚が、まるでパイプオルガンのようです。
b0290189_18202944.jpg

Nikon D90 Sigma APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM (2枚とも)
[PR]

by view-finder | 2012-11-20 18:28 | 浮島 | Comments(0)
2012年 11月 19日

横濱 ~ 夢に気をとられた街

b0290189_1793323.jpg

Nikon D90 AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR マニュアル f/11 5秒 ISO200 WB:マニュアル 三脚

"横浜"は、"ヨコハマ" であり、"YOKOHAMA"である。

カタカナやローマ字で表記されることがしっくりきてしまうところに、
この街の魅力が集約されていると思う。

古くから世界に向かって開かれ、東京では見られないエキゾチックな文化が根付いた街。
その輝きには、ある種の 哀しみ が含まれるような気がする。
現代の横浜は上の写真のように近代的でオシャレな街並みという感じだが、
一昔前、80年代頃までは確かにそのような雰囲気は残っていたように思う。

三島由紀夫の小説に 「午後の曳航」 という作品がある。
その中で作者は横浜(ヨコハマ、YOKOHAMA)について下記のように描写している。

~略~ なんとなく本物らしくない、玩具めいた感じがあった。
この街の非現実感は、街のすべての機能が航海にだけ向かって働き、
一つ一つの煉瓦(レンガ)までが海にだけ心を奪われ、海がこの街を単純化し
抽象化してしまったお返しに、今度は街が、その機能の現実感を失って、
ただ夢に気をとられているような姿に化してしまったにちがいない。


この文章は、横浜という街の本質を感じさせる。

玩具めいた・・・ 非現実感・・・ ただ夢に気をとられた街

なんという美しい言葉だろうか。

ここに、人々が横浜という街に魅了される理由の全てがある気がしてならない。



エキゾチック・ジャペーーン!!!(笑)

きっと、横浜だけでなく、長崎、神戸、函館などの港町にも同じ空気があるに違いない。

ちなみに、横浜は自分にとっては「地元」です。
今は東京都民だし、ふるさとは北海道だけど、横浜市民だった時間が人生の中で最も長いし、
今でも「地元」は横浜だと思っています。

青春を過ごした街だから、バイクや車でたくさん・・・本当にたくさん色々な所へ行きまくったので
横浜の道路はかなり熟知しているほうだと思います。

いつか、横浜に戻りたいという願いがあります。
この街とずっと一緒に暮らしたいと。
b0290189_1795447.jpg


関連記事: 街の灯りがとても綺麗ねヨコハマ
[PR]

by view-finder | 2012-11-19 17:18 | 風景 | Comments(4)
2012年 11月 16日

ボーイング747 ~ 空の王様

b0290189_16302424.jpg

Nikon D90 Sigma APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM

ボーイング747 通称:ジャンボジェット

何十年にも渡り 空の王様 として君臨してきた世界的にも有名な飛行機。
その機体サイズも、美しく力強いフォルム、飛行してる時の優美な姿も・・・
まさに THE KING OF THE SKY と呼ぶに相応しいもの。

エアバスの巨人機A380に「世界最大」の称号こそ奪われたが、
今でもまだ自分の中では747こそが空のキングだと思っている。

同じように思っている人は、きっと多いことだろう。

間もなく日本の空から(日本の航空会社から)747が全て消えてしまうという理由もあるのだろうが、
空港や空港近くで747の姿を見つけるとほぼ100%の人がレンズを向ける。

b0290189_16322118.jpg

Nikon D90 AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR

エアバスA380よりもボーイング747のほうがカッコイイと思う。
A380は最新の設計で良い飛行機であることは間違いないが、どうもあの
ずんぐりむっくりとしたフォルムは好きになれないのだ。

747-400の後継機である747-8は、残念ながら日本の航空会社に導入される予定は今のところはない。
というか、貨物型の発注はあるが、旅客型の発注は世界でもほとんどない。

一昔前までは、日本の空ではウジャウジャと747ジャンボの勇姿を見ることができたのに
なんとも寂しい限りである。
[PR]

by view-finder | 2012-11-16 16:21 | 城南島 | Comments(0)
2012年 11月 15日

夕暮れと富士山

b0290189_1811183.jpg

「夕暮れと富士山」という組み合わは、本当に言葉にできないほどの美しさがあります。
もちろん個人の好みですが、私はこの組み合わせが大好きです。

先日の記事でも述べたように、三浦半島には海を挟んで富士山を望めることのできる
素晴らしいポイントがたくさんある。

この場所は、横須賀市秋谷にある前田川の河口付近。
秋谷海岸のすぐ横あたり。

好きな被写体として、飛行機、夕暮れ、富士山、海 などがあります。

よく撮影する被写体は、これらがとても多いと思います。

富士山は日本人にとって特別な存在のような気がします。
多くの人が富士山を目の当たりにすると感動しますよね。
たいていの人は歓声をあげます。 不思議ですね。
きっと太古の昔から、富士山は日本人にとって崇拝の対象であり
パワーの源のような存在だったのかもしれません。
我々のDNAにも、それが深く刻み込まれているのでしょうか。

b0290189_18154426.jpg

Nikon D90 AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 三脚使用 (2枚とも)

急に気温が下がってきましたね。 いよいよ冬がやってきました。
職場近くを流れる目黒川の木々も色づいています。全て桜の木です。
昼休みにスマホでパチリ。
b0290189_18403620.jpg

私は暑い(高温多湿)のがなにより苦手で、寒いのは全く平気です。
北国育ちのせいもあるのかもしれません。
まぁ、一概にはそうとも言えないみたいですけどね。
北国出身の人でもすごく寒がりな人もいます(笑)

風邪やインフルエンザの季節になりましたので、皆様どうぞご自愛ください。
[PR]

by view-finder | 2012-11-15 14:04 | 風景 | Comments(3)
2012年 11月 13日

雲を抜けて

b0290189_194354100.jpg

一見、空撮したような写真ですが、飛行機写真ではよくあるアングルで
旋回中の飛行機を撮るとこのように斜め上から眺めたような感じになります。

いわゆる ヒ ネ リ と呼ばれるものです。

羽田空港C滑走路(Runway34R)を離陸したANAのBoeing777-200
スターアライアンス特別塗装機。 羽田空港第2ターミナル展望デッキから。

200ミリや300ミリのレンズでは厳しいかもしれませんが、
500ミリ(35mm換算で750mm)くらいあれば、このような写真も狙えます。

b0290189_19424910.jpg

こちらは羽田空港B滑走路(Runway22)への着陸に向けてファイナルターンを行っている
JALのBoeing777-300。 京浜島で撮影。

肉眼では確認困難かもしれませんが、超望遠レンズを使ってファインダーを覗いていると
このようなカッコイイ飛行機の姿を見ることができて感動します。

Nikon D90 / Sigma APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM (2枚とも)
[PR]

by view-finder | 2012-11-13 14:41 | 飛行機 | Comments(2)
2012年 11月 12日

東京ゲートブリッジ

江東区(東京都)に若洲海浜公園という所があります。
この公園のある若洲と、東京湾にある埋立地の1つ(中央防波堤外側埋立地)に
橋が架けられて、今年の2月に開通しました。

その橋の名前は「東京ゲートブリッジ」

まるで恐竜が向かい合っているような姿から、「恐竜橋」とも呼ばれているとか。

この橋が完成したこともあり、若洲海浜公園には以前よりも人が増えた気がします。
私にとっても、ここはお気に入りの場所の1つです。
b0290189_14105419.jpg

Nikon D90 AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 三脚使用

綺麗なグラデーションの空には良い位置に月があります。
月の地球照も見えますね。

この地球照というのが、すごく好きなんです。
満月よりも趣があって好きかもしれない。
これから冬にかけて大気が澄んで地球照が見やすい季節になるので楽しみです。

東京ゲートブリッジの写真は何枚かありますので、数回に分けてお送りいたします(笑)
[PR]

by view-finder | 2012-11-12 14:24 | 風景 | Comments(0)