カテゴリ:風景( 179 )


2017年 08月 01日

最果ての地 #4 (キャノンビーチ)

b0290189_18052150.jpg
久しぶりに 最果てシリーズです。

ここはアメリカ合衆国オレゴン州にある海岸で、キャノンビーチと呼ばれています。

カメラメーカーのキヤノンとは関係がありません(笑)

スペルは Cannon Beach です。


前方に見える大きな岩(ヘイスタック・ロック/Haystack Rock)は
世界で3番目に大きな一枚岩らしいです。

撮影したのは1994年・・・大昔すぎて申し訳ありません。

94年から95年にかけては、ワシントン州シアトルに居ましたので、
その間は色々な場所を訪れました。







b0290189_18052110.jpg
超が付くほど果てしなく広大な面積を誇るアメリカですから、
海岸は紛れもなく「最果て」なんです。

内陸部、たとえばサウスダコタ州あたりに住んでいる人ですと、
たぶん今でも海を一度も見たことがない人がいると思います。

なんせ最寄りの海に行くのに車で20時間くらいかかるのですから・・・

南のメキシコ湾でも、西の太平洋でも、どっちも同じくらいの遠さです。

それと比べると日本はどこに住んでいても海は「めちゃ近」と言えますね。



話が変わりますが、2枚目の写真は以前にアップした写真となんとなく共通点が
あるような気がします。

故・植田正治的と言いますか・・・

全然違うよ!というツッコミは甘んじて受け入れます(笑)



カメラ:ミノルタ α-7xi
露出等:記録も記憶も無し
フィルム:ポジではなくネガ(たぶんコダック)


[PR]

by view-finder | 2017-08-01 18:24 | 風景 | Comments(6)
2017年 07月 21日

22年前のパリ(Paris)

寝不足が続いています(笑)

子供が生まれたばかりなので仕方ないですが、この死ぬほど暑い
スーパー猛暑とあいまって厳しい夏になりそうです。

出産後しばらく子供を連れて実家に戻る母親は多いと思いますが、
うちの場合はそれをやりませんでした。(色々と事情もあり)

今は赤ん坊と妻のケアで精一杯で、写真などを撮りに行くことはできません。
もちろん家の中では家族写真をそれなりに撮っていますけどね。

先日、自分が生まれたばかりの顔はどんな感じだったのかを確かめたくて
古いアルバムを漁っていました。

生まれたばかりの子供と、自分の生後間もない頃の顔を見比べたら、
少し似ているかな?と思いました(笑) でも、それほど似ていません。



古いアルバムを漁っていると、昔フィルムカメラで撮影した懐かしい写真が
色々と出てきました。

今は風景写真を撮りに行く時間がほとんどないので、苦し紛れに昔の写真を
アップしたいと思います。

フィルムから直接スキャンしたのではなく、プリントしてあった
古くて傷んだ写真を取り込んだものなので画質は悪いです。






b0290189_17234687.jpg
こちらは、22年前の冬に撮ったパリのシャンゼリゼ通り。

今のようにLEDではなく、昔ながらの電球です。

電球のほうが暖かみがあり雰囲気も良いと思うのですが。

パリでは当時から三脚の使用は禁止されていたと記憶しています。

しかし、当時のフィルムカメラでは三脚を使わないと夜景など撮れるわけありません。

コッソリと・・・ほんの一瞬だけ・・・(笑)






b0290189_17234792.jpg
同じく22年前(1995年)の冬に撮ったエッフェル塔。

ロングコートの中に三脚を隠して歩いていた記憶があります。

よく映画とかでありますよね。

トレンチコートの中にショットガンを隠し持っていて、ターゲットが
現れたらバサッ!とコートを開いて撃ちまくる。

まさにああいう感じで一瞬だけコソっと・・・(笑)



パリに限らずヨーロッパの都市では三脚NGの所が多いかもしれません。

だけど、著名なプロの風景写真家に聞いたら、パリでは注意されたことは
なかったと言っていたような・・・特別許可もいらなかったと。

実際のところどうなのかよくわかりません。


ヨーロッパは美術館や博物館も撮影OKな所が多いので、それはすごく良いですね。

ルーブル美術館も大英博物館も普通に撮影できました。


また機会があれば、昔の写真をアップしたいと思います。



カメラ:ミノルタ α-7xi
露出等:記録も記憶も無し
フィルム:ポジではなくネガ(たぶんフジカラー)



[PR]

by view-finder | 2017-07-21 17:49 | 風景 | Comments(6)
2017年 07月 04日

どんなときも。

b0290189_14312836.jpg

どんなに忙しくて時間に追われていても、夕日の時間帯になると
ソワソワして空を眺めてしまう自分がいる。

昨日も一昨日も、日中は曇っていたけど、日没の頃になると
綺麗な夕焼けを見ることができた。(写真は別の日)






b0290189_13400715.jpg
綺麗なものを見て、素直に綺麗だと感じられる時は、まだ大丈夫。

気持ちに余裕がなくなると、美しい風景にすらあまり感動しなくなってしまう。

過去に何度かあったけど、それは危険なサイン。

美しいものに感動できるかどうかが、心の健康のバロメーター。








b0290189_14005202.jpg


どんなときも

どんなときも

ビルの間きゅうくつそうに

落ちて行く夕陽に

焦る気持ち溶かして行こう



b0290189_13400827.jpg

[PR]

by view-finder | 2017-07-04 14:05 | 風景 | Comments(8)
2017年 06月 23日

盤州干潟

b0290189_18375608.jpg
大好きな木更津から眺める夕日。

東京湾に広がる巨大な盤州干潟は、時にドラマチックな風景を見せてくれる。

今はすっかり有名になった(なりすぎた?)海中電柱があるのも、この盤州干潟。


残念ながら水平線近くに厚い雲があり、太陽が隠れてしまった。

今日は焼けないな・・・


そう思ったのもつかの間、急に空が赤くなり始めて、それと同時に
波が引き始めた。




b0290189_18375756.jpg
つい先ほどまで足元まで海水だったのに、見る見るうちに姿を現す砂浜。

まだ濡れている砂浜に反射する空の色。

まるで示し合わせたかのようなタイミングの良さに驚いた。

すっかり干潮になると、いったい海岸線がどこにあるのかわからないほど
遥か彼方まで潮が引く。






b0290189_18375602.jpg
焼けていたのは、ほんの少しの間。

時間にして10分もなかった。

何が起こるか予想がつかないからサンセットタイムは虜になる。






b0290189_18375891.jpg

【近況報告】

ここのところ、あまり撮影する時間も、出かける時間もありません。

この夏は、さらに更新のペースがダウンするかもしれません。

このような情けない状況ではありますが、ブログはまだ続けるつもりなので
今後ともよろしくお願いいたします。






[PR]

by view-finder | 2017-06-23 18:58 | 風景 | Comments(8)
2017年 06月 13日

田んぼの中の夕焼け

b0290189_18073968.jpg
今の時期特有の不気味な夕焼け空。

冬によく見られるような綺麗なグラデーションも素晴らしいですが、
たまに劇的な夕焼け空になることがあるのは夏の魅力でしょうか。






b0290189_18013027.jpg
何度か当ブログにも登場している横浜北部を走る「こどもの国線」です。

2両しかない編成がイイ味を出してるんです。






b0290189_18012954.jpg
田んぼに反射する空が綺麗だったので、全てシンメトリーの構図で・
視線を上下させて、最もよく反射する高さを探しました。

最大限に反射させたかったので、C-PLはもちろん外しています。

もっとも、1枚目はC-PLを使いたくても使えないんですけどね。
レンズの前玉が出っ張っているので。



Nikon D7100
SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM (1枚目)
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM (2, 3枚目)






[PR]

by view-finder | 2017-06-13 18:28 | 風景 | Comments(8)
2017年 06月 05日

横浜開港祭

b0290189_19192774.jpg
毎年6月2日の横浜開港記念日にあわせて開催されている横浜開港祭。

その催し物の中で一番の目玉は、やっぱり花火ではないでしょうか。

去年までは、あえて横浜開港祭の花火を見に行くことはしていませんでした。
それは毎年8月頭に開催されていた神奈川新聞の花火大会があったからです。

しかし以前にお伝えしたようにその花火大会は今年から開催されなくなりました。

一年のうち横浜で一度も花火を見ないのは寂しいので、致し方なく今年は開港祭の
花火を観に行くことにしたわけです。

前書きが長くなり申し訳ありません(笑)






b0290189_19192798.jpg
わかっていたことですが、やっぱり神奈川新聞の花火大会に比べると
どうしても物足りません。






b0290189_19184837.jpg
しかも、本当は南側から横浜らしい風景も絡めて撮りたかったのですが、
そちら側だと風下になる予報が出ていましたので、まことに不本意ですが
あまり自分的には好きではない場所から撮りました。

予報どおり、この場所からは煙が邪魔になることはありませんでした。







b0290189_19184814.jpg
それなりの人出ではありましたが、神奈川新聞の花火大会とは比べものに
ならないほどの少なさでした。

気温も暑くないですし、観覧する側にとっては非常に快適ではあるのですが・・・

やっぱり花火の内容(規模)は寂しいですね。

タダで見させてもらっているので文句は言えませんが(笑)







b0290189_19184648.jpg
それでも、フィナーレは感動的な美しさでした。

あっという間の30分。

同じ30分でも熱海の花火のほうが満足度が高いのは確かです。

風向きのために本来撮りたかった場所で撮れなかったのが残念でしたが
それなりに楽しむことができました。

来年もまた行きたいか・・・と言われると微妙なところですが、とにかく
一番の願いは(しつこいようですが)神奈川新聞の花火大会が、いつの日か
再び横浜で開催されることです。

本当に心からお願いします!!!



[PR]

by view-finder | 2017-06-05 19:39 | 風景 | Comments(4)
2017年 05月 31日

森戸の夕照

b0290189_16482088.jpg
先週、葉山の海で見た夕日。

中途半端なゴーストが出てしまったのが残念ですが、とても美しい
夕日にファインダー越しに感動してしまいました。







b0290189_16482013.jpg
こちらはゴーストは出ていません。

場所は森戸神社の近くの海岸です。

波の動く方向が1つではないことがわかりますでしょうか?
その様子がとても美しく素晴らしいものでした。

これは動画のほうが良いのかもしれません。







b0290189_16482149.jpg
かながわの景勝50選の1つ「森戸の夕照」

夕照(せきしょう)という言葉が実に良いです!

この日は残念ながら水平線近くに厚い雲があったので、最後まで太陽を
見ることができませんでした。

富士山も最後までシルエットすら浮かび上がることがありませんでした。

それでも、この空の色にはとても癒やされたことは確かです。


下の写真は以前に同じ場所から撮ったものですが、雲さえなければ
このように富士山の姿を拝むことができます。

b0290189_16482036.jpg


森戸神社から見る「森戸の夕照」 

とてもオススメです。




[PR]

by view-finder | 2017-05-31 17:04 | 風景 | Comments(8)
2017年 05月 14日

トワイライト・リバー

b0290189_01025466.jpg
黄昏の多摩川です。

薄暗くて良く見えませんが、電車も写っています。







b0290189_23090658.jpg
薄暮、黄昏、夕暮れ、薄明、トワイライト、dusk・・・

色々な言い方がありますが、全て太陽が沈んだ直後の美しい時間帯のこと。






b0290189_23073097.jpg
このあたりもそうですが、日中の風景は特別に立ち止まって眺めるほどの
ものでもないのに、日が落ちた直後の美しい色に包まれると途端に魅力的な
風景に見えてきます。






b0290189_23073116.jpg
もともと美しい風景は、より美しく・・・

なんでもないような風景すら美しく魅力的な風景に変えてしまう魔法(マジック)


日中はどんよりとした空模様で、今日はあまり良い夕焼けにはなりそうにない・・・
そう思っていたのに、日没後の極短時間だけ感動的な色を見せてくれました。

これだからマジックアワーは病みつきになってしまうのです。






[PR]

by view-finder | 2017-05-14 23:24 | 風景 | Comments(6)
2017年 05月 08日

三浦夕景

b0290189_16034713.jpg
久しぶりに三浦で夕景を撮りました。

ゴールデンウィークは特別に遠出などはせず、近場で日帰りドライブを
楽しんだり、家でのんびりと過ごしたりしてました。






b0290189_16034710.jpg
今回はAdobe系のソフトは一切使わず、長年使い慣れたNikon Capture NX2
のみで現像しました。

JPEG撮って出しに近いです。






b0290189_16034837.jpg
夕景の写真は Nikon Capture NX2 で扱うほうが楽だと気づきました。

撮影時のカメラの設定がそのまま反映されるのもメリットです。

けっこう私は撮影時にピクチャーコントロールやホワイトバランスを
マニュアルで設定するので、PCで開いた時にそのイメージのまま
表示されるのは気持ちが良いです。







b0290189_16034705.jpg
今回は風が強かったので全て手持ちです。

やっぱり三浦で見る夕焼け、そして富士山の組み合わせは絵になります!

三浦は何百回訪れても飽きません!






b0290189_16034854.jpg
Powered by HONDA と黄昏富士・・・・

サイコーじゃないですか!!(笑)



お花シリーズが長く続いたので、その反動でしばらく黄昏系の写真が
続くかもしれません。







[PR]

by view-finder | 2017-05-08 16:20 | 風景 | Comments(8)
2017年 05月 02日

昭和記念公園のチューリップ

b0290189_18451921.jpg
前回の続きです。

有名なのでご存じの方も多いと思いますが、今回のチューリップは
全て昭和記念公園で撮りました。

ここのチューリップは何度見ても壮観ですね。

これを作り上げるのは毎年大変なのではないでしょうか?







b0290189_18390546.jpg
日曜日だったこともあり、たくさんの人が来ていましたし
外国人観光客も多かったです。

混雑覚悟で行ったのですが、たくさんの人の中で撮影をするのは大変ですね。







b0290189_18390524.jpg
土日祝日は三脚の使用禁止と看板があるにもかかわらず
三脚を使ってるオジサンがいるんですよ。

マナーの悪いカメラマンが昨今とても話題になっていますが、正直
私はあまりマナーの悪い人に遭遇した経験がないんですね。

いつも短時間しか撮影しないから、遭遇する確率が少ないとも言えますが。

でも、やっぱり本当に居るのですね。 
今回実際に生でそういう人を目にしてわかりました。







b0290189_18390430.jpg
まぁ仮に三脚を使わなくても、ずーーっと同じ場所で大きなカメラを持って
何分も場所を専有していたらそれも迷惑ですけどね。

今回は日曜日で小さい子供も多かったですし、撮影中は他の人の邪魔に
なっていないか常に前後左右を確認していました。

なので余計に疲れました(笑)






b0290189_18390461.jpg
いつも、どこへ行っても30分とか、せいぜい1時間位しか撮影しないのに
今回は なんと1時間半以上も撮ってました!

私は短時間専門ですから、最後のほうは集中力が切れかけていました(笑)







b0290189_18390371.jpg
桜から長く続いたお花シリーズも、これで最後です。

次は久しぶりに私の大好きな夕景をアップする予定です。


ゴールデンウィークは概ね全国的に良い天気みたいですね。

楽しく素敵な連休をお過ごしください!



[PR]

by view-finder | 2017-05-02 19:10 | 風景 | Comments(6)