カテゴリ:風景( 186 )


2017年 11月 22日

Highway Junction

b0290189_16224572.jpg
<lightboxで拡大表示できます>



一口に夜景写真と言っても様々なジャンルがありますが、高速道路の
ジャンクションも1つのジャンルとして確立しているようですね。

私は今まで一度も撮ったことがなく、今回少しだけかじってみたのですが
初めて撮ってみた感想は・・・

まぁまぁ面白かった です(笑)

この場所は横浜ですが、実際に目で見ると相当暗くて、あえて立ち止まって
「わぁ~綺麗だね」などと鑑賞することは誰もやらないはずです。

EV値で言うと0以下です。

それが長時間露光で写すとアラ不思議・・・けっこう素敵な感じに(笑)

実際に目で見るのと印象がガラッと変わるのは夜景写真全般に言えることですけどね。







b0290189_16224596.jpg
ここは横浜ではなく東京で、ジャンクション写真としては有名な場所です。

こちらはもっと明るくてEV3くらいです。

超広角レンズを活かせる場面ですね。

高速道路のジャンクションは、なかなか面白い被写体かもしれません。
また機会があれば別の場所で撮ってみたいと思います。



カメラ(共通): Nikon D7100
1枚目: SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM|F8|10秒|ISO560
2枚目: SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM|F11|15秒|ISO100



[PR]

by view-finder | 2017-11-22 16:38 | 風景 | Comments(4)
2017年 11月 14日

紅葉はじまる

b0290189_17372412.jpg
関東の平地でも紅葉がはじまりました。

温暖な鎌倉などはまだまだですが、東京都下では見頃を迎えているようです。







b0290189_17372525.jpg
大混雑を覚悟して昭和記念公園に行きましたが、乳飲み子を連れて
まともに撮影することはできないほどの混雑ぶりでした!

右を見ても左を見ても人・人・人・・・かなり萎えました(笑)

以前に比べて遠方から来る人が増えてる気がします。(車のナンバーを見て)
人気が全国区になってきたのでしょうか?






b0290189_17372538.jpg
この日に良かったことは、風が穏やかで水面が磨き上げた鏡のようになっていたことです。

作品っぽい写真を撮ることなど全くできず、観光写真を撮ることが精いっぱいでした。



1枚だけ咄嗟に撮ったスナップがわりと良い雰囲気に。

b0290189_17372469.jpg

滞在時間わずか1時間ちょっとで、広大な園内のほんの一部だけの散策でした。

それでも心は十分に癒やされました。

やっぱりこの季節は最高ですね。

あくまでも東京に限って言えば、11月と12月は1年の中でも最も好きな季節
かもしれません。

とにかく綺麗です。全てが。



撮影日:2017年11月12日

Nikon D7100|SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
絞り優先AE|F2.8~F8|手持ち|一部C-PL



[PR]

by view-finder | 2017-11-14 17:58 | 風景 | Comments(8)
2017年 11月 09日

秋の夕暮れ

b0290189_16231553.jpg
週末になると天気が悪くなることが数週間続きましたが、11月に入ると
ようやく気持ちの良い秋晴れの日が増えてきましたね。

文化の日からの3連休は、天候にも恵まれて各地で行楽日和だったことでしょう。

我が家は子どもがまだ小さいのであまり遠出はできませんが、日帰りの
ドライブを2回ほど楽しみました。





b0290189_16065705.jpg
久しぶりにこの場所に行きましたが、先日の台風21号により桟橋の一部が
破壊されていました。

現在「立入禁止」になっています。




b0290189_16065755.jpg
ご覧のように真ん中部分は木製ですからね・・・
この桟橋が出来てから100年近く経つそうです。

きっと100年の間に何度も壊れたことがあったと思います。

以前にも壊れていたことがあったのですが、その時は寄付により修繕を
行うことが出来たと聞いたことがあります。

今回は復旧の見通しは立っていないようです。





b0290189_16065679.jpg
この写真を撮っている時に、思いっきり足が海の中に沈みました。

少し大きな波が押し寄せたのですが、ファインダーを覗いていて
全く気がつきませんでした。

撮影後に靴下と靴を買って履き替えました(笑)

この日は残念ながら富士山は見えなかったのですが、日没後のマジックアワーは
とても素晴らしかったです。

それはまた次回に。


撮影日:2017年11月5日

Nikon D7100

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED

[PR]

by view-finder | 2017-11-09 16:52 | 風景 | Comments(0)
2017年 10月 16日

Silhouette

b0290189_17141159.jpg
日中に見ると本当に全く何とも思わない風景なのですが、夕焼けに染まる
時間帯に見せた一瞬のマジックに心が奪われました。

何の変哲もない風景すら突如美しく魅力的な風景に変えてしまう夕焼けの偉大さ・・・






b0290189_17141167.jpg
実は、太陽が完全に雲に隠れる少し前に、ものすごく美しい光が差し込んで
いたのですが、残念ながら撮り損じてしまいました・・・

(車を停めることができず!)






b0290189_17141157.jpg
今回は全てシルエットで表現してみました。

完全に黒く潰れているわけではないので、厳密にはシルエットとは
言えないのかもしれませんが。(どうなのでしょうね?)







b0290189_16330222.jpg
バックライトによって富士山の上部だけがかろうじてシルエットで
浮かび上がっていました。

富士山の影絵をバックに釣りに興じる人たち。

とても絵になっていました。







b0290189_17141080.jpg
ここ最近は仕事や育児に追われて、撮影に行ったりブログを更新する
時間がなかなか取れません。

ここのところ天気もずっと悪いですね。

せっかく涼しくなってきたのですから気持ち良い秋晴れを見たいものです。


撮影日:2017年10月9日(最後の1枚のみ9月3日)

Nikon D7100

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED



[PR]

by view-finder | 2017-10-16 17:33 | 風景 | Comments(8)
2017年 10月 03日

SNSの影響力

b0290189_16100025.jpg
木更津にいくつかある海中電柱

先日久しぶりに行ってみたら、信じられないほど多くの人が撮影していて
かなり驚きました。

SNSの影響で有名になって最近は多くの人が来ているようだ、という話は
聞いていたのですが、まさかあそこまでたくさんの人がいるとは・・・

自分の想像をはるかに超えていました。






b0290189_17060904.jpg
以前は知る人ぞ知るスポットで、私が知ったのは木更津に住む友人に
教えてもらったからです。

それが、インス○グラム等に代表されるSNSで話題となり、あっという間に
多くの人に知れ渡ってしまったようです。

少なくとも2年前までは、いつ行ってもほとんど人が居ませんでした。






b0290189_16100224.jpg
多くの人が心和む風景や絶景に興味を持って訪れるのは良いことだと
思いますが、近ごろはそのことによる弊害も出てきていますね。

この海中電柱のある場所も、良い意味での「のんびりとした田舎な風景」に
似つかわしくないような柵が設けられていてガッカリしました。

多くの人は何も問題を起こさないはずですが、マナーの悪い一部の人たちのせいで
色々な規制をされてしまうことが多い昨今です。

いつの時代も、どこの地域にも、そのような度を越したことをする人は居ると
思いますが、分母がもの凄い勢いで増えているので今後も同じような問題が
あちこちで起こるのではないかと懸念しています。

でも、日本人は飽きっぽいところがあるので、このあたりも何年か経てば
あまり人が来なくなる可能性もありますけどね(笑)



以下は2年前の9月に訪れた時のものです。
この頃は、ほとんど人が居ませんでした。


b0290189_16595225.jpg
2015年9月の写真ですが、この頃は自分以外に写真を撮っている人など
誰もいないこともよくあったんです。

あの頃が懐かしく思えてきます。





b0290189_16100043.jpg
何事も節度を守って、ほどほどに。

それが肝要ですね。


[PR]

by view-finder | 2017-10-03 17:10 | 風景 | Comments(10)
2017年 09月 20日

台風過ぎて

b0290189_16464028.jpg
せっかくの三連休だったのに、最初の二日間は台風で潰れましたね。

ようやく台風が過ぎ去った3日目の夕方に、三浦まで海を見に行きました。

海の前のレストランで食事をして、美しい夕日を眺めていました。







b0290189_16464157.jpg
風はほとんどおさまってましたが、まだ海には強いうねりが。

それを狙って波乗りしている人も多かったです。

拡大すればサーファーが見えるかもしれません。







b0290189_16464100.jpg
残念なことに、富士山は雲に隠れていました。
(写真右側に富士山の裾が見えています)

しかし美しい薄明光線を拝むことができました。







b0290189_16464135.jpg
海上には波飛沫が舞っていて視程はあまり良くありませんでした。

この日は台風一過の劇的な黄昏や富士山を狙って、けっこう多くのカメラマンが
絶景ポイントで三脚を立てていましたが、たぶん皆さんガッカリしたでしょうね。

西の空にあった厚い雲のせいで、期待したような空にはなりませんでした。

でも、太陽が沈むまでの時間は、とても素晴らしいものでした。










[PR]

by view-finder | 2017-09-20 17:01 | 風景 | Comments(8)
2017年 09月 06日

夏をあきらめて

b0290189_18091696.jpg
記録的な空梅雨が明けたと思ったら、今度は何故か一転して雨続きだった東京の8月。

なんと、8月は27日間も雨を記録したそうで、気持ちの良い夏空を
あまり見ることなく終わってしまいました。

私自身のことで言えば、子供が生まれたばかりなのでほとんど外出することが
ないまま夏が終わってしまいました。







b0290189_18091667.jpg
つい先日、ものすごく久しぶりに綺麗な夕日を見ることができて嬉しかったです。

大好きな海、大好きな夕日、空の色・・・

海に行くこと自体とても久しぶりだったので、やたらムダに感動してしまいました。

風もおだやかで、多くの人が沈みゆく太陽と、美しい夕焼けを眺めていました。








b0290189_18091566.jpg
少しずつですが、子供も連れて出かけられるようになってきたので、
ぼちぼち撮影を再開したいと思います。

長時間の外出はまだ無理ですが、もともと私は超短時間集中型の撮影スタイル
だったので、今までとあまり変わらないのかもしれません(笑)



撮影日:2017年9月3日

Nikon D7100

Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM




[PR]

by view-finder | 2017-09-06 18:22 | 風景 | Comments(6)
2017年 08月 01日

最果ての地 #4 (キャノンビーチ)

b0290189_18052150.jpg
久しぶりに 最果てシリーズです。

ここはアメリカ合衆国オレゴン州にある海岸で、キャノンビーチと呼ばれています。

カメラメーカーのキヤノンとは関係がありません(笑)

スペルは Cannon Beach です。


前方に見える大きな岩(ヘイスタック・ロック/Haystack Rock)は
世界で3番目に大きな一枚岩らしいです。

撮影したのは1994年・・・大昔すぎて申し訳ありません。

94年から95年にかけては、ワシントン州シアトルに居ましたので、
その間は色々な場所を訪れました。







b0290189_18052110.jpg
超が付くほど果てしなく広大な面積を誇るアメリカですから、
海岸は紛れもなく「最果て」なんです。

内陸部、たとえばサウスダコタ州あたりに住んでいる人ですと、
たぶん今でも海を一度も見たことがない人がいると思います。

なんせ最寄りの海に行くのに車で20時間くらいかかるのですから・・・

南のメキシコ湾でも、西の太平洋でも、どっちも同じくらいの遠さです。

それと比べると日本はどこに住んでいても海は「めちゃ近」と言えますね。



話が変わりますが、2枚目の写真は以前にアップした写真となんとなく共通点が
あるような気がします。

故・植田正治的と言いますか・・・

全然違うよ!というツッコミは甘んじて受け入れます(笑)



カメラ:ミノルタ α-7xi
露出等:記録も記憶も無し
フィルム:ポジではなくネガ(たぶんコダック)


[PR]

by view-finder | 2017-08-01 18:24 | 風景 | Comments(6)
2017年 07月 21日

22年前のパリ(Paris)

寝不足が続いています(笑)

子供が生まれたばかりなので仕方ないですが、この死ぬほど暑い
スーパー猛暑とあいまって厳しい夏になりそうです。

出産後しばらく子供を連れて実家に戻る母親は多いと思いますが、
うちの場合はそれをやりませんでした。(色々と事情もあり)

今は赤ん坊と妻のケアで精一杯で、写真などを撮りに行くことはできません。
もちろん家の中では家族写真をそれなりに撮っていますけどね。

先日、自分が生まれたばかりの顔はどんな感じだったのかを確かめたくて
古いアルバムを漁っていました。

生まれたばかりの子供と、自分の生後間もない頃の顔を見比べたら、
少し似ているかな?と思いました(笑) でも、それほど似ていません。



古いアルバムを漁っていると、昔フィルムカメラで撮影した懐かしい写真が
色々と出てきました。

今は風景写真を撮りに行く時間がほとんどないので、苦し紛れに昔の写真を
アップしたいと思います。

フィルムから直接スキャンしたのではなく、プリントしてあった
古くて傷んだ写真を取り込んだものなので画質は悪いです。






b0290189_17234687.jpg
こちらは、22年前の冬に撮ったパリのシャンゼリゼ通り。

今のようにLEDではなく、昔ながらの電球です。

電球のほうが暖かみがあり雰囲気も良いと思うのですが。

パリでは当時から三脚の使用は禁止されていたと記憶しています。

しかし、当時のフィルムカメラでは三脚を使わないと夜景など撮れるわけありません。

コッソリと・・・ほんの一瞬だけ・・・(笑)






b0290189_17234792.jpg
同じく22年前(1995年)の冬に撮ったエッフェル塔。

ロングコートの中に三脚を隠して歩いていた記憶があります。

よく映画とかでありますよね。

トレンチコートの中にショットガンを隠し持っていて、ターゲットが
現れたらバサッ!とコートを開いて撃ちまくる。

まさにああいう感じで一瞬だけコソっと・・・(笑)



パリに限らずヨーロッパの都市では三脚NGの所が多いかもしれません。

だけど、著名なプロの風景写真家に聞いたら、パリでは注意されたことは
なかったと言っていたような・・・特別許可もいらなかったと。

実際のところどうなのかよくわかりません。


ヨーロッパは美術館や博物館も撮影OKな所が多いので、それはすごく良いですね。

ルーブル美術館も大英博物館も普通に撮影できました。


また機会があれば、昔の写真をアップしたいと思います。



カメラ:ミノルタ α-7xi
露出等:記録も記憶も無し
フィルム:ポジではなくネガ(たぶんフジカラー)



[PR]

by view-finder | 2017-07-21 17:49 | 風景 | Comments(6)
2017年 07月 04日

どんなときも。

b0290189_14312836.jpg

どんなに忙しくて時間に追われていても、夕日の時間帯になると
ソワソワして空を眺めてしまう自分がいる。

昨日も一昨日も、日中は曇っていたけど、日没の頃になると
綺麗な夕焼けを見ることができた。(写真は別の日)






b0290189_13400715.jpg
綺麗なものを見て、素直に綺麗だと感じられる時は、まだ大丈夫。

気持ちに余裕がなくなると、美しい風景にすらあまり感動しなくなってしまう。

過去に何度かあったけど、それは危険なサイン。

美しいものに感動できるかどうかが、心の健康のバロメーター。








b0290189_14005202.jpg


どんなときも

どんなときも

ビルの間きゅうくつそうに

落ちて行く夕陽に

焦る気持ち溶かして行こう



b0290189_13400827.jpg

[PR]

by view-finder | 2017-07-04 14:05 | 風景 | Comments(8)