2017年 08月 01日

最果ての地 #4 (キャノンビーチ)

b0290189_18052150.jpg
久しぶりに 最果てシリーズです。

ここはアメリカ合衆国オレゴン州にある海岸で、キャノンビーチと呼ばれています。

カメラメーカーのキヤノンとは関係がありません(笑)

スペルは Cannon Beach です。


前方に見える大きな岩(ヘイスタック・ロック/Haystack Rock)は
世界で3番目に大きな一枚岩らしいです。

撮影したのは1994年・・・大昔すぎて申し訳ありません。

94年から95年にかけては、ワシントン州シアトルに居ましたので、
その間は色々な場所を訪れました。







b0290189_18052110.jpg
超が付くほど果てしなく広大な面積を誇るアメリカですから、
海岸は紛れもなく「最果て」なんです。

内陸部、たとえばサウスダコタ州あたりに住んでいる人ですと、
たぶん今でも海を一度も見たことがない人がいると思います。

なんせ最寄りの海に行くのに車で20時間くらいかかるのですから・・・

南のメキシコ湾でも、西の太平洋でも、どっちも同じくらいの遠さです。

それと比べると日本はどこに住んでいても海は「めちゃ近」と言えますね。



話が変わりますが、2枚目の写真は以前にアップした写真となんとなく共通点が
あるような気がします。

故・植田正治的と言いますか・・・

全然違うよ!というツッコミは甘んじて受け入れます(笑)



カメラ:ミノルタ α-7xi
露出等:記録も記憶も無し
フィルム:ポジではなくネガ(たぶんコダック)


[PR]

by view-finder | 2017-08-01 18:24 | 風景 | Comments(6)
Commented by vf-6127 at 2017-08-02 18:33
こんにちは。

久しぶりの「最果てシリーズ」との事なので、前のものを探してみました。
2015年に始まったシリーズなんですね。
僕がこちらにお邪魔しにくる前のシリーズ、タイトルが面白いし、写真もテーマがあると映えていい感じです。

キャノンビーチは知らなかったのですが、モノクロ撮影も合間って「最果て」のワードがぴったりのビーチですね。
Commented by view-finder at 2017-08-04 00:49
▼ vf-6127さん
こんばんは。以前の記事まで見ていただけたなんて嬉しいです。
ありがとうございました。
おっしゃるとおり写真はテーマが大事ですよね。
アマチュアカメラマンと、プロの写真家の一番の違いは、テーマの決め方や
構成力というような話を聞いたこともあります。写真の技術自体は、今は
アマチュアでもスゴイ人が多いですが、そこがプロとアマの大きな違いなの
かもしれませんね。
僕は一貫したテーマなどは全くないのですが、この最果てシリーズだけは
この先も続けて行けたらいいと思っています。今はネタが尽きてしまいましたが
また何か良い写真が見つかったり新たに撮ることができたらアップさせていただきます!
Commented by hanashigai at 2017-08-05 20:15
今回はアメリカのビーチなんですね。
グーグルのリンクで見渡してみると、本当に果てしなく続いていくスケールを感じて、
イメージの中のアメリカそのものでした。
素晴らしいのは住宅街の家々が広くゆったりして、ストリートがとても美しい事です。
こんな素敵なロケーション、日本では店舗と有料駐車場で埋め尽くされてしまいそうですね。
そういえば、アメリカのこういった場所へは皆さんマイカーで出掛けると思いますが、駐車場事情はどうなんでしょうか?
写真は前回同様に人の配置が上手いですね~。今回は動きがありますし、特に手前の二人が気になります。
そして光が凄く良いです♪潮が引いてる時間帯なのか、地面に映る反射が最高に良いです。
此れが全ての決め手ですよね\(^o^)/
このロケーションをモノクロに収めるのも、意外に勇気がいりそうです。 
Commented by view-finder at 2017-08-07 16:27
▼ hanashigaiさん
Google Mapも見ていただいたのですね。おっしゃるようにこのあたりは家が大きいし道も綺麗です。
僕が1年間お世話になっていたシアトル(ワシントン州)の家も、日本の感覚で言えばめちゃめちゃ広い家で
家の周りの道路なんて「ここは楽園か?」と思うほど美しくて広かったです。
アメリカは車社会なので駐車場はわりと整備されています。アメリカで駐車場に困ったという経験は
恐らくしたことがないです。このキャノンビーチに行った時は、どこに車を停めたのかは流石に昔すぎて
覚えていませんが、何の問題もなく停められたはずです。

この時は小雨が降っていたんです。空もどんより一面灰色だった記憶があります。
しかし、しばらくすると雨がやんだか小降りになって、そして西の空を見ると晴れ間が出ていた・・・
その時に撮ったのが2枚目の写真だったように思います。
23年も経つと記憶もだんだんと薄れていくものですね。
Commented by sarusaM1 at 2017-08-13 10:36
1年くらいアメリカにいらしたのですか?
羨ましいです。
広大な平原の中を走る道路でドライブしてみたいですね。
日本ではすべての道路に速度制限が有りますが、アメリカの平原の中の道路も速度制限が有るんでしょうか?
直線的な道路なのでかなり速度が出せそうですが。
アメリカは州によって法律が異なるそうですが。
Commented by view-finder at 2017-08-15 13:19
▼ sarusaM1さん
はい、約1年おりました。アメリカはその時以外も何度も行っていますので
馴染みがある土地です。と言っても、ほとんどがアメリカの西部です。
東部はニューヨークくらいしか行ったことがありません。アメリカと一口に
言っても、あまりにも広大で西、中部、東で景色も雰囲気も人も結構違いが
あると思います。

もちろんアメリカの大平原でも速度制限はありますが州によって異なります。
ど田舎の幹線道路でもキロ換算で80km/hくらいしか出せないはずです。
最もスピードを出せる州間高速道路(インターステート)も州によって異なるのですが、
田舎ほど制限速度は上がります。それでも最高で130km/hくらいです。
僕が1年間滞在していた1994年当時は今よりずっと制限速度が低くて、多くの場所で
時速55マイルとか65マイルでした。(90-105km/hくらい)  
その後、制限速度が随分上げられました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


     22年前のパリ(Paris) >>