2017年 05月 14日

トワイライト・リバー

b0290189_01025466.jpg
黄昏の多摩川です。

薄暗くて良く見えませんが、電車も写っています。







b0290189_23090658.jpg
薄暮、黄昏、夕暮れ、薄明、トワイライト、dusk・・・

色々な言い方がありますが、全て太陽が沈んだ直後の美しい時間帯のこと。






b0290189_23073097.jpg
このあたりもそうですが、日中の風景は特別に立ち止まって眺めるほどの
ものでもないのに、日が落ちた直後の美しい色に包まれると途端に魅力的な
風景に見えてきます。






b0290189_23073116.jpg
もともと美しい風景は、より美しく・・・

なんでもないような風景すら美しく魅力的な風景に変えてしまう魔法(マジック)


日中はどんよりとした空模様で、今日はあまり良い夕焼けにはなりそうにない・・・
そう思っていたのに、日没後の極短時間だけ感動的な色を見せてくれました。

これだからマジックアワーは病みつきになってしまうのです。






[PR]

by view-finder | 2017-05-14 23:24 | 風景 | Comments(6)
Commented by sarusaM1 at 2017-05-15 11:46
最初の写真、電車のすれ違うタイミングがピッタリと良い感じに撮影されてますね。
黄昏時の風景はどこでも綺麗ですね。
それが都会であったり、海であったり、山であったり。
Commented by vf-6127 at 2017-05-15 19:12
こんばんは。

黄昏時の色は、本当に心に染みますよね。
この魔法の時間を表す言葉も、みな美しくて…。
たくさんの言葉があるということは、この魔法の時間に魅了された人が、それだけたくさんいるということではなんでしょうね~。

「なんでもないような風景すら美しく魅力的な風景に変えてしまう魔法(マジック)」
僕もそう思います。
Commented by view-finder at 2017-05-16 11:40
▼ sarusaM1さん
おっしゃるとおり、たまたま上下線の電車が同時に来たので、すれ違う瞬間を
狙いました。気づいてくださってありがとうございます。
本当に黄昏の色は最高ですよね。
ふだん見慣れた(見飽きた)景色すら美しく感じてしまうのですから。
Commented by view-finder at 2017-05-16 14:14
▼ vf-6127さん
まったく私も同感です。
これだけ色々な言い方があるということは、きっとそういうことなのでしょうね。
そもそも、どうして多くの人は黄昏の色が好きなのか・・・
そういうことを考えることがたまにあります。
何故これほどまでに魅了されるのか・・・

やはり、たまに見られるものだからなのでしょうか。
1日の中で、もしも黄昏時の色が普通(通常)の色だったら、それが当たり前になり
感動も何もなくなってしまうのかな・・とか、そういうどうでもいいことをたまに
考えたりします(笑)
Commented by colorsplash2 at 2017-05-21 10:10
こんにちは。
本当にこの時間帯は素敵に写りますよね。
そういえば、マジックアワーという言葉、私は三谷幸喜の映画で知りました^^;
映画の中でも説明があるんですよね。
一日のうちで一番綺麗な時間だと思います。

ブログが移動になりました。
今後ともよろしくお願いします^^
Commented by view-finder at 2017-05-23 18:36
▼ colorsplashさん
映画マジックアワーの存在は以前から知っているのですが、鑑賞したことが
一度もありません。やはり黄昏がテーマなのでしょうか?
マジックアワーが好きな人間にとっては、一度見なければならない映画なのかもしれませんね!

さっそく新しいブログもフォローさせていただきました。
こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< SQ632      三浦夕景 >>