2017年 01月 25日

昭和の遺構 (前編)

b0290189_17285539.jpg
いつもの私の作風とは異なりますが、以前から撮ってみたい場所があって
先日撮りに行くことができました。

長くなったので2回に分けて掲載させてもらいます。

ここは何かわかりますでしょうか?

写真を趣味にしている人や鉄道マニアなどには有名かもしれませんが、
横浜市鶴見区にあるJR国道駅です。






b0290189_17293619.jpg
昭和5年に完成した建物です。

「昭和の遺構」とタイトルをつけましたが、まだ現役の駅なので
正確には遺構とは言えませんね。






b0290189_17293792.jpg
何が凄いって、改札の位置などは開業当時と変わっているようですが、
建物自体は昭和5年に完成してから一度も改築していないそうです。

ちなみに、当時の雰囲気を出すために、あえて彩度を低くして、さらに
ノイジーにしてあります。





b0290189_17293579.jpg
改札口です。

無人駅です。

この雰囲気に「Suica」という文字や機械は似合いません。






b0290189_17293719.jpg
改札からホームへ昇る階段。

時刻表が見えますが、イメージと違ってけっこうな本数が走っているのがわかります。

地方のローカル線よりはよっぽど本数がありますね。







b0290189_17293510.jpg
スゴイものを見つけました。

土地の使用票なのですが「期間」を見てください。



拡大してコントラスを上げました。

b0290189_17293564.jpg
昭和82年です!

発行されたのが昭和62年。

その翌々年には昭和がなくなっているとは、この時点では誰も知る由もありません。

いや・・・これを発行した人も、現実的に考えて昭和82年という年を迎えることはない
と思ったかもしれませんが。

でも、日本の歴史において、これまで使われた元号の数は240以上あるそうですが、
「昭和」が圧倒的に最長だったわけで、昭和という時代が終わるということは想像する
ことができなかった人も多いと思います。

私は平成の時代になってもしばらく馴染めませんでしたし、いつまでも
「よそ者」というか「なんか別の時代にお邪魔してすみません(笑)」
みたいな気持ちがずっとありました。



話が脱線しまくっていますが・・・もし昭和が続いていれば今年(2017年)は
昭和92年になるんですかね? どちらにせよ、この使用票は期限切れです。






b0290189_17293690.jpg
駅構内にあるやきとり屋。

夜は営業しているそうです。

構内はとても薄暗いです。

人によっては気味が悪いと感じるかもしれません。

大げさに暗く写しているわけではありません。
かなりマイナス補正して撮っていますが、この写真の感度は1600です。

上の使用票の写真なんて感度4500です。

本当に暗いのです。







b0290189_18071459.jpg
駅の外に出てみます。

高架下の雰囲気がもう・・・

なんだかタイムスリップしてきた気分です。






b0290189_17293879.jpg
長くなりましたので、次回に続きます。



Nikon D7100

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

絞り優先AE|ISO400-4500|Lightroomで現像



[PR]

by view-finder | 2017-01-25 18:17 | Comments(8)
Commented by byj-kumin at 2017-01-25 21:03
こんばんは^^
このレトロ感たまりませんね〜〜!!
続きがあるのですね。
楽しみにしています(^_^)
Commented by ruolin0401 at 2017-01-25 23:30
これは一見の価値あり写真です。
大好きですねこういった写真は。
それにしても随分古い駅がありますね。
大都会横浜ですよ。
Commented by hanashigai at 2017-01-26 00:53
素晴らしい♪最高です\(^o^)/
こういう風景は必ず無くなっていきますから撮っておかなければ!と強く感じてしまいます。
一歩間違うと撮る人の思いが強すぎてコアになりがちな題材ですが、観るものに共感性を持たせやすくまとめられているのは、お人柄と・・・やはり上手いんですね~♪
昭和82年に気付かれたのも素敵です。
取り外されれば記憶から消えてしまう「手書きの記」ですが、此れを写しとめたのが僕的にはファンタスティックです。
半円弧状の装飾構造にした駅通路、当時に携わった職人魂・技術が伝わってきます。
こういうの大好きです。
遺構のタイトルは見る人によっては違和感あるかも知れませんが、今の時代に同じものは作れないのですから、
れっきとした遺構なのです。
続編があるとの事でとても楽しみです。
Commented by view-finder at 2017-01-26 11:28
▼ byj-kuminさん
ありがとうございます!
本当にレトロすぎるにも程があるというレベルでした。
雰囲気の良い写真はこの回で出し切ってしまった感があるので、
続編はあまり期待しないでください(笑)
Commented by view-finder at 2017-01-26 11:31
▼ ruolin0401さん
コメントありがとうございます。
気に入っていただけたようで嬉しいです!
たしかに横浜の一部は大都会的なのですが、横浜に長く住んでいた私からすれば、
横浜の大部分は田舎です(笑)
とくに海に近いエリアは古い町並みもかなり残っている印象です。
Commented by view-finder at 2017-01-26 11:49
▼ hanashigaiさん
お褒めのお言葉をありがとうございます!
自分の予想に反することだったので、驚きとともに
すごく嬉しく思います。

以前に述べたことですが、記録として残しておくことの大切さ、
「とにかく撮っておくこと」をさっそく実践した形になりました。
写す対象物や作風の変化があるかもしれないとも年初に述べましたが、
あえてそれを意図したわけではないですが、結果的にそのような
展開となったかもしれないですね。

「一歩間違うと撮る人の思いが強すぎてコアになりがち・・」
非常によくわかります。
たしかに実際にそういう記事ってありますよね。

放し飼いさんの昔の通学路シリーズも、場合によってはそうなる可能性も
あったのかもしれませんが、実際に拝見させていただいて全くそういう感じが
しなかったのは流石だと思いました。
どのようにすれば共感性を持たせやすく上手くまとめられるか・・・
それは正直自分ではわかりません。たまたま今回は放し飼いさんの琴線に触れる
何かがあったのかもしれませんし、まだまだ自分の中で模索中です。

おっしゃるとおり、これと同じ物はもう作れないのですから「遺構」と呼んでも
いいわけですね。とても納得しました!

今回は過分のコメントをいただくことができて大変嬉しく思います。
続編については・・・良い感じの写真を最初に出してしまった感じなので
あまり期待はしないでください!(笑)
Commented by ruolin0401 at 2017-01-26 22:00
富士への散歩道です。
白鳥の記事にコメントをありがとうございます。
温かいコメントで励みになります。
寒い富士山麓に又出向きますので宜しく。
東京生まれで育ちですが横浜は全然しらないのです、神奈川県は川崎までです。
Commented at 2017-01-29 19:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 昭和の遺構 (後編)      遠⇔近 >>