2016年 01月 27日

月の出

b0290189_18500665.jpg
東京の月の出

私にとって、こういう写真は本当に難しいです。

ほぼ1ヶ月に1度しか満月は訪れないので、仕事の休みとなかなか合わないのです!

そのうえ季節によって月の出る方角がどんどん移動してしまう・・・

満月の前後1日でも、月自体はまん丸に近いので絵になりますが、
夜景と絡めることはできません。

月が昇ってくる時間は平均して毎日50分ずつ遅くなるからです。

これよりも50分遅いと地上の景色と月の輝度差がありすぎてダメですし、
50分早ければ全く夜景になっていません(笑)





b0290189_18562453.jpg
これが1枚目の写真の30分前です。

30分前でも灯りは全くありません。

ご覧のように、日没間際には反対側の東側にある雲を見事に赤く染めて
とても美しかったです。

この分厚い雲があったので、月が昇ってきた直後は見えなかったわけです。

ちなみに、この写真は500mm(換算750mm)で、最初の写真は290mm(換算435mm)

NTTドコモのビル(代々木)とスカイツリーの間あたりから月が昇ってくれば
迫力がありそうです。

その日の天候状況、月の出る方角、月の出る時間、自分の立ち位置、
そして仕事が休めるかどうか!(笑) 

これらの条件を全て考えなければならないのが大変です。

撮影場所はいくつかピックアップしてあるのですが、撮る機会自体が
なかなかないのが悩ましいところです。

次回は、もっと迫力のある月の出を撮りたいです。





[PR]

by view-finder | 2016-01-27 19:11 | 風景 | Comments(6)
Commented by hanashigai at 2016-01-27 21:09
こんばんは
とてもインパクトのある美しい写真ですね!
蒼い街と月の黄色が補色関係でお互いを引き立て合っています。
月の出は撮れる時間・場所が街(撮る場所)によって異なりますから、
簡単なようで難しいのですよね。
多くの人は登り切ってしまった月を真っ暗な空にポツンと配置して撮りますが、
view-finder さんのように都市風景や自然風景と絡めて撮る方が断然に美しさを感じますし好みです。
これが撮れるのも記事で述べられているように理屈を理解しての事だと思います。



Commented by okino-tayu at 2016-01-28 06:17
見た瞬間、「すごい!」のひと言でした。
view-finderさんにとってはまだ満足のいくものではないかもしれませんが、こんなに美しい月と風景の写真が見られて朝からいい気分でーす。
Commented by view-finder at 2016-01-28 13:07
▼ 放し飼いさん
そうなんです!決して簡単ではなく、僕にとってはかなり難しいです(笑)
毎日ある程度時間の融通がきく人であれば撮影もしやすいと思いますが。
月を白く飛ばしてしまえば満月の1日後でも撮影可能なのですが、それだと
イマイチなんですよね。やっぱり月面の影などが見えないと雰囲気が出ません。
今回の写真は決して理想的なものではないので、またいつかチャレンジしたいと
思っています。
Commented by view-finder at 2016-01-28 13:08
▼ okino-tayuさん
お褒めのコメント大変嬉しいです!ありがとうございます。
手前の電線などがイマイチですし、月の昇る方角も自分の望んでいるものとは
少し違うので、なんとか条件の合う日を探して再度チャレンジするつもりです。
期待しないで待っていてください(笑)
Commented by colorsplash at 2016-01-31 17:35
こんにちは。
流石ですね!
私もこんな写真を撮りたいと思っていました。
月の出だとタイミングによっては輝度差が無く撮れるのですね。
少し前に"夜中の月の入り"を撮ってみましたが、惨敗しました。
よく考えたら、そりゃそうだという感じですよね^^;
Commented by view-finder at 2016-02-01 18:46
▼ colorsplash
ありがとうございます!
”満月”の月の出であれば、輝度差が少なく地上の風景と絡めて撮れると思います。
地上の風景が”夜景”ではなく”自然風景”であれば満月の1日前がちょうど良い
かもしれません。
私も月や太陽を絡めた写真で、もっと色々と撮りたいシチュエーションがあるのですが
なかなかタイミングが合いません・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 渚夕景      神が宿る山 >>