2015年 05月 08日

木更津夕景

b0290189_18112807.jpg
ゴールデンウィークに千葉県の木更津へ行ってきました。

木更津といえば、昔は「近くて遠い場所」という感じでした。
直線距離は近くても、東京湾を挟んだ反対側にあるので、かなり遠回りする
必要があったからです。

それが東京湾アクアラインが作られたことによって、一気に東京や横浜方面からの
アクセスが向上しました。






b0290189_18154356.jpg
私は個人的に木更津が気に入っています。

以前は東京湾を渡ると、まるで 別世界か?と思うくらい景色が一変したのです。

しかし、近年アクセスが良くなったことによって観光客が増えてきていますし、
ものすごい勢いで大規模開発が進み、景観が変わってきているのが心配です・・・

とにかく道路が頻繁に変わります! 車のナビが役に立ちません(笑)
地元の人が「道は日々変わるので、市民でも行きあたりばったりのチャレンジだ」
と、おっしゃっていました。






b0290189_18265594.jpg
この日は地平線近くに厚い雲があったので、残念ながら富士山は見えませんでした。

しかし、そのぶん上の写真のように輪郭がクッキリとした、
まるで食べたくなるような、美味しそうな夕日を拝むことができました(笑)

富士山が見えるほど大気が澄んでいる日は、こういう太陽は見られません。
だからトレードオフの関係と言えると思います。







b0290189_18184309.jpg
私が木更津を気に入ってる理由は、被写体の宝庫だと感じるからです。

少し足を伸ばせば、ものすごい大自然が広がっているのも魅力ですね。
木更津というか、房総半島全体がそうですね。

木更津は特に海が素晴らしいと思っています。







b0290189_18225557.jpg
ものすごい遠浅の海です。

遠方に横浜の街がぼんやりと見えます。

ここには東京湾最大の干潟(盤州干潟)が広がっています。
潮干狩りの名所としても有名です。

上の写真はちょうど満潮時ですが、両側の2人と、真ん中の人(奥の人)は
かなりの距離があるのに水深は同じくらいであることがわかります。







b0290189_18244480.jpg
木更津には、まだまだ見てみたい所、撮ってみたい所がたくさんあります。

アクアラインを使えばあっという間に行けるので、これからも時間を見つけて
ちょくちょく行きたいと思っています。



木更津関連の記事:








[PR]

by view-finder | 2015-05-08 18:51 | 風景 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 江ノ電と江の島      離陸 >>