2014年 04月 24日

外国で見たヒコーキ

もうすぐゴールデンウィークですね。
皆さんは何かご予定はありますか?

私は特にありません(笑)
会社がカレンダー通りの営業ですし、ゴールデンウィークは仕事が忙しいので、
休暇を取って9連休とか10連休とか、そんなことはヒンシュクものです・・・
お盆休みもありません。

そのかわり、それ以外の時期であれば好きな時に有給休暇が取れますので
その点は恵まれていると思います。
超繁忙期に出かけても混んでいて疲れますからね。


というわけで、あいかわらず最近は時間に追われており、写真を撮りに行く
時間を作ることができません。

今日は趣向を変えまして、これまでに外国で見た飛行機といいますか
旅行のついでに空港で撮った写真をちょぼちょぼ紹介したいと思います。

写真のネタ切れによる苦し紛れの策とでも言いましょうか(笑)


b0290189_19121233.jpg
まずは、エアカラン(エア・カレドニア・インターナショナル)のエアバス A330-200。
場所はニューカレドニアのヌメア国際空港(ヌーメア=ラ・トントゥータ国際空港)。

こんなふうに大型機を撮れる国際空港って、なかなかないですよね。
しかし残念なことに、近年PBB(パッセンジャー・ボーディング・ブリッジ)が
完成してしまいました。

よって、今はこのような撮ることはできないでしょう。



b0290189_19173899.jpg
同じくエアカランのA330-200。
タラップで搭乗する際にパチリと。

この角度・・・たまりませんなぁ(笑)
やっぱりヒコーキはタラップに限りますね!

ちなみに、一番上の写真を見ていただければわかりますが、ビジネスクラス用の
タラップは完全に覆われちゃってますよね。
だから、このような写真は撮れないわけです。
エコノミーの特権!!(笑)



b0290189_19194896.jpg
こちらは、エール・カレドニー(Air Caledonie)のATR 42-500 という飛行機。
場所はヌーメア・マジャンタ空港。ニューカレドニアの国内線用の空港です。

エール・カレドニーはニューカレドニアの国内線の航空会社なのですが、
国際線のエアカラン(エア・カレドニア・インターナショナル)と
会社自体は同じだったはずです。たしか。

ATRというメーカーは海外ではメジャーなのですが、日本ではほとんど見かけませんよね。

ちなみに、このATRのプロペラ機に乗って向かった先は「天国に一番近い島」として
知られている ウベア島 です。(本当に天国のような所でした!!)


上記の3枚は古いコンデジ(Panasonic DMC-FX9)で撮った写真で、なおかつ
最後のはガラス越しという条件なので画質についてはご容赦ください・・・
なんか色カブリしてますよね(笑)




b0290189_19325242.jpg
こちらは、中華人民共和国の大連周水子国際空港で撮ったものです。
遼東半島にある大連の玄関口です。

JAL機の頭が切れているので構図的に中途半端なのですが、バックの街並みが
なんとなくエキゾチックな感じなので外国という雰囲気は出ているかなと。

JAL機、ANA機ともに機材はボーイング767-300ERです。

ちなみに、この写真はガラス越しの撮影なので画質についてはご容赦を(笑)




b0290189_19372762.jpg
こちらは、ホノルル国際空港。 
言うまでもないかもしれませんが、ハワイでございます。

JALのジャンボが3機もあります!!
一番手前のは767ですが、奥に見えるのは747-400です。
今では絶対に見られない光景・・・

JAL=ジャンボ というイメージがありましたよね。間違いなく。
時代は変わったものです。

ちなみに、こちらの写真はガラス越しでもなくコンデジでもないので、
画質的には一番マシです。


今回はこのへんで。
マニアであれば外国の空港で長時間ヒコーキを撮ったり、または空港以外の場所からも
撮ったりする人もいるのでしょうが、私はそこまではやりません(笑)
本当についでにチョロっと撮る程度で。

でも、一度は本気モードで撮ってみたい気もしますね。外国で。
色々とリスクもありますけどね。

その点で日本は本当に安全だと思います。治安が良すぎるほど良い。
外国に行くと特にそのことを実感しますよね。

いつまでもこのような平和な日本であって欲しいと願います。



[PR]

by view-finder | 2014-04-24 19:53 | 飛行機 | Comments(2)
Commented by hanashigai at 2014-04-27 01:07
こんばんは
僕も今年は忙しいGWになりそうです。
出国ラッシュが始まったと云うニュースを見ると、羨ましさだけが募ります。
view-finderさんは色々な国へ行かれてるのですね?
ホノルル路線はハイビスカスカラーの「リゾッチャ」が就航していたのですよね?
今でもJALで一番好きな特別塗装機です。
エア・カランは関空でも見ますが、エール・カレドニーは初めて見ました。
ATRは石垣で台湾からのチャーター機を見たことがありますが、それ一度っきりです。
どれも貴重な写真ばかりで、それを大きく見せて頂けて嬉しいです。
それにしてもパナのコンデジ、よく写りますね!
思えば僕の初デジはパナのDMC-33でした。


Commented by view-finder at 2014-04-28 11:31
▼ hanashigaiさん
リゾッチャありましたね。乗ったことがあります。
世代の古い機体を派手なペイントでごまかして・・・いや・・この話はやめておきましょう(笑)

ATRは本当に見ませんよね。でも、これから日本でも少し増えるのではないか、
というような記事も読みました。

パナのコンデジは妻が結婚前に買ったものなのですが、使わせてもらうと
存外に写りが良いことに驚きました。Leicaブランドを作っているだけあって
技術は確かなものがあるようですね。レンズにも「Leica」とありますしね。

その頃まではフィルムをメインに使っていたのですが、このLumixのコンデジの写りを見て
そろそろデジタル一眼レフを買ってもいいかもしれない、と思った次第です。

海外には旅行や出張などで以前はちょくちょく行っていたのですが、ここ最近は
どちらも機会がすごく減りました(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< Nikon D7100      Break Through ~... >>