2014年 01月 22日

木更津から富士山 (富士山はどこまで見えるのか)

b0290189_13442254.jpg
千葉県の木更津市から眺める富士山です。

この場所から富士山まで直線距離で約107km。
気象条件が良ければ、これだけ大きく写すことができます。

私自身、木更津からこれほど富士山がよく見えるとは知りませんでした。
この日は富士山が目当てでここの海岸に行ったわけではなかったのですが、
ほとんど障害物に遮られることのない富士山の姿を見て驚きました。


b0290189_13475524.jpg
地平線に沈む夕日。 最高に美しかったです。
とにかく風がやたら強くて、三脚は使い物にならず、手持ちでも撮影が困難なほど
カメラ(レンズ)があおられて苦労しました。

拡大して見てみると、いまいちシャープではないのですが、ピンボケなんだか
手ブレなんだか、はたまた大気のせいなのかよくわかりません。
それほどの強風だったということです。

途中からは、車の中から撮ったりしてました(笑)
車の窓だけ開けて手持ちで撮ったほうが、よっぽど安定しまして。



b0290189_13532228.jpg
日没後30分ちょっと経った頃のブルーモーメントです。
風を遮ることのできる場所を見つけたので、なんとか撮影ができました。

これはリバーサルフィルムのベルビア風にしてみました。

ベルビアで夕焼けを撮った時の、マゼンタが強く出る色って好みなんです。
もちろん、あくまでも 「ベルビア風」 であり、同じにはなりませんけどね。



ところで、富士山はどこまで見えるのか?

富士山を見ることができる最も遠い場所はどこなのか?

いろいろと調べてみると、計算上では約236km先まで見えるそうです。

大気中の光は屈折があるので、それも考慮しての数値らしいです。

あくまでも、標高0メートルの場所からという意味だと思います。
高い山に登れば、理論上はもっと遠くから見ることも可能ですよね。
一説によると、和歌山県からも見えることがあるとか・・・


b0290189_13565881.jpg

これは、同じ場所から撮った横浜の夜景です。 直線距離で約27km。

少しだけ蜃気楼が確認できますよね?
なんだか水に反射したようにモヤモヤ見えるのが「下位蜃気楼」と呼ばれる現象だそうです。

逃げ水と同じ原理です。
べつに珍しいことではなく、いつでもどこでも見られる現象です。

これも大気中の光の屈折によって起こるわけですが、光の屈折によって
より遠くのモノが見えたりすることがあるということでしょうね。

自然は本当に奥が深くて神秘的で面白いです。

関連記事:「水平線(地平線)までの距離」


[PR]

by view-finder | 2014-01-22 14:18 | 風景 | Comments(4)
Commented by photo_by_mio at 2014-01-22 16:52
おおお~~~!
1枚目 ズームによる圧縮効果がバリバリ出ていて
すごく近く感じます。

ド迫力ですね~~~!!!

面白い情報ですね☆
和歌山だと相当遠いですよね!!!
色んなものが弊害にならないのでしょうかね・・・う~~ん。

私は 富士山はできる限り近くで見たい派なので
遠くから見れる場所なんて考えたことが無かったですよー

最後の写真もスゴイですね!!!下位蜃気楼ですか、
ほえー!って感じです(笑)
すごくタメになりました!!!^^
Commented by view-finder at 2014-01-22 17:04
▼ mioさん
コメントありがとうございました!
1枚目の焦点距離は380mmです。
何も言われなければ、一体どこから撮ったんだろう?という感じですよね!
和歌山の妙法山の上から富士山の撮影に成功した方がいるそうです。
ネットにも出ています。その距離320km以上。驚きですよね!

僕も富士山は近くで見たい派です。
でも、海の向こう側に見える富士山が一番好きなので、そうなると
わりと離れた所ということになってしまいますが。

蜃気楼は上位蜃気楼を一度見てみたいですね。
空に浮いているように見えるやつです。
蜃気楼というと、そのイメージが強いですね。
Commented by hanashigai at 2014-01-22 22:17
こんばんは
今回も素晴らしい作品ばかりですね!
海に沈んでゆく太陽は人生で数十回しか見たことがありません。
しかもその殆どは沖縄旅行で!
遠くから見える富士山の話ですが、以前訪れた大台ケ原(奈良と和歌山の県境ぐらいにある)に富士見台という場所が有ったような気がします。
真冬の美ヶ原で雲海の上に突き抜けた富士山を見て、感激した事を思い出しました。
例えば海の上の船上からだとどれ位遠くまで見えるのでしょうね?
大気の条件が鍵なんだろうけれど、水平線ギリギリに隠れるまで見えるのかな?
Commented by view-finder at 2014-01-23 12:19
▼ hanashigaiさん
コメントありがとうございました!
僕も海に沈む夕日はそれほど多く見たことはありません。
海から昇ってくる朝日については、もしかすると一度も見たことがないかもしれません・・・
いつか見てみたいです!

大台ケ原という場所は知りませんでしたが、展望台の名前からすると富士山が見えるのかもしれませんね。
貴重な情報をありがとうございました!

船上からどんどん遠ざかっていくと、本文で書いたように理論上は236kmまで見えるそうです。
それより離れると、水平線の下に完全に沈んでしまうということでしょうね。

そのことに関連する記事を今作成中なので、近日中にアップいたしますね!


名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 水平線(地平線)までの距離      ひさしぶりの展望デッキ(羽田空港) >>