2016年 09月 26日

【悲報】横浜から消えた花火

b0290189_17095809.jpg

非常に残念なことになってしまいました。

すでにご存じの方も多いと思いますが、横浜の夏を彩る一大イベントであった
「神奈川新聞花火大会」が、当分の間休止されることに決まりました。


休止の理由は上記リンクにある神奈川新聞からの告知に記載されているので
あえて述べませんが、個人的に今世紀最大級のショックなニュースでした。

大げさと思われるかもしれませんが、このニュースを知ってから数日間は、
あまりにもショックで気力がなくなってしまいました(笑)

若い頃から数え切れないほど何度も見に行った花火大会・・・

予定が合う限り、必ず毎年行こうと決めていた思い入れがある(ありすぎる)
花火大会・・・

不運にも、今年(2016年)はどうしても都合がつかずに行くことができませんでした。
その直後に休止のニュースが公表されたので、その時の落胆ぶりは筆舌に尽くしがたい
ものがありました。

あくまでも「休止」であり、永遠になくなると断言されているわけではないので、
いつか再び開催される日が来る可能性はあるとは思うのですが・・・

こればかりは何とも言えないですよね。
主催者側ですら今の段階では何も断言することはできないと思います。

もし、事前に、今年が最後になるかもしれないと知っていたら何が何でも
行っていたと思います。

本当に悔しいです。



そういうわけなので、今年の写真ではないのですが、過去に撮影した
神奈川新聞花火大会の写真から、いくつかアップさせていただきます。





b0290189_17095749.jpg
赤レンガ倉庫越しに。

長秒露光なので人が幽霊みたいになってます(笑)







b0290189_17095724.jpg
多くの人が動いてブレいる中、真ん中の女性は微動だにせず、
はっきりと写っていたのが面白かったのです。








b0290189_17095675.jpg
始まって間もない時間帯。

黄昏の美しい色が残る空に打ち上がる花火。

ちなみに、いつか横浜ランドマークタワーの展望台から見下ろすように撮りたい
と思っていたのですが、ついに撮ることなく終わってしまいました。








b0290189_17095608.jpg
この花火大会を思い出す時、いろいろな女性の顔が頭をよぎります(笑)

なんせ、1986年に始まった大会ですからね。

これまで何人の女性と一緒に見に行ったことか・・・いや、この話はやめておきましょう(笑)

当日ドタキャンされて独りぼっちで見た悲しい思い出もあります。(←事実です)








b0290189_17095781.jpg
最盛期は、海の日に山下公園前で開催されていた「横浜国際花火大会」と、
8月1日にみなとみらい臨港パークで開催されていた「神奈川新聞花火大会」と、
毎年2つも大きな花火大会を横浜で見ることができたのです。







b0290189_17095729.jpg
神奈川新聞花火大会は、ずっと毎年8月1日に開催されていたのですが、
いつからか8月最初の火曜日(平日)開催というふうに変わりました。

これも混雑対策の一環だったと後から知りました。
たまたま8月1日が土日に重なってしまうと大変な混雑になりますからね。

近年は、この花火大会の目玉であった二尺玉の打ち上げをやめたり、
わざと魅力を低下させて観客数を減らそうとすらしていたと聞きます。

そこまでやっても観客数は増える一方だったということでしょう。

やはり、横浜という街の魅力も理由の1つだと思います。








b0290189_17095662.jpg
最初の頃は、せいぜい6000発とか8000発規模だったと記憶しているのですが、
どんどん打ち上げ数も多くなってきた気がします。

最後のほうは15000発くらいになっていたようで、全国屈指の規模になり、
それに伴い人気と観客数も増えていったのではないでしょうか。






最後に、結婚(入籍)した当日に、自宅から撮った花火を。

10年前のことですが、当時はまだデジタル一眼を持っておらず、
銀塩カメラで撮影しました。

b0290189_17095640.jpg
家のベランダからこれだけ見えたのですから本当に良かったです。

まさに特等席であり、混雑とは無縁だったわけですから!

入籍した日は、これから毎年この花火を見てお祝いしようと思っていたのですが、
実際この家に住んでいたのは短期間でした。

しかも大雨で中止になった年もあって、結局自宅から見ることができたのは
この写真の時のみ(笑)


以上、過去写真の蔵出しだけで申し訳ありません。


東京湾の花火大会(東京湾大華火祭)も、十分な観覧場所を確保できないという
同じ理由で今年から休止されています。

2020年の東京オリンピックが終われば、再開される可能性もあると思いますが、
これも今のところ何とも言えないですよね。


ちなみに、横浜から花火が全てなくなってしまったというわけではありません。

昔の「横浜国際花火大会」は、今は「横浜スパーリングトワイライト」という
小洒落た名称に変更&規模を縮小して復活しています。

開港祭でも花火は上がりますので、来年以降も横浜で花火を見ることはできます。

でも・・・ダントツに大きな規模で、私を含めたくさんの人々に長年愛されてきた
この花火大会が終わってしまうのは寂しい限りです。

またいつの日か、見事に復活して欲しいと切に、本当に切に願っています!






[PR]

# by view-finder | 2016-09-26 18:25 | 風景 | Trackback | Comments(0)